リンク


カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

どんぐり

Author:どんぐり
 私の部屋にはたくさんの布と古布の山。
 同居する孫との日々の出来事。
 時々、山の家に行って、夫に付いて農作業。
 自分達で作った野菜は安全、安心です。


最新記事


月別アーカイブ


水槽


検索フォーム

QRコード

QR
まとめ

4月22日  タケノコを掘った

 今朝は幼稚園も小学校も参観日。
 T君「バァバ、今日の参観日はママゴトをするんだよ、野菜や何か有る?」
 「急に言われてもね~」(前から言っていたら、色々と持って帰るのに)
 オランダパセリ、ニラ、菜花、キャベツの葉、葉牡丹の花など、結構有った。

 二人で山の家へ、8時過ぎの気温、13℃。
 私はゼンマイでも採ろうと思っていたけど、「玉ねぎの中の草取りをするから、手伝ってくれ」と。
 イヤだけど、だいたい草取りは女性の仕事だし。
    P1020451.jpg    P1020459.jpg
 右が玉ねぎの中の草取りをした所。
 初めて穴あきマルチをして玉ネギを植えたけれど、傾斜地だからか?マルチをしたからか?土がカチカチ。
 草も抜くと言うよりも、千切ったような。
 来年もマルチをするかどうか?
 タマネギもジャガイモも買ってもたかが知れているけれど、自分達で作った野菜にはかなわないだろうし。
 何しろ、農薬は最低限しか使わない、安全安心。

 ミニの「プチな」で少々耕してみたら、ガソリンが無くなったので、今日はもうやめ。
 ゼンマイを少し採った。
    P1020464.jpg    P1020468_2017042219342516b.jpg
 左のゼンマイ、雄雌どちらがどちらか?右の方が食べられる。
 (それで帰宅後茹でた)

 ある方と12時30分にお会いする約束をしていたので、12時に出た、のは良いが、すぐにタケノコが生えているのが見えた。
    P1020466.jpg    P1020467.jpg    P1020462_20170422193250b75.jpg


 山の家の手前の竹藪の中。
 夫が「これから会いに行くのに泥が付く」と言ったけれど、
 「明日になったら又イノシシに食べられてるわ」

 それにいつも、「ぎょうさん食べんでもええ、一度食べれば」と言っている。
 でも夫がその気になって、クワを持って降りたら、見えたのは1本だったのに、7本も有った。
 「もう良いわ」、それこそ約束の時間に遅れる。

 お会いした時間は10分ほど、大切なお話。


 1時過ぎに帰宅したら、R君の友達が8人、楽しそうに遊んでいた。皆で10人、賑やかな事。

 夕方みんな(R君の友達)が帰ってから、ゼンマイを重曹で茹で、タケノコはコメのとぎ汁で1時間茹でた。
 タケノコは、サンショウの芽を摘んで帰っていたので、「サンショウ味噌」で和えたら、美味しかった!
 タケノコは食べたので、あとはイノシシ用?
 

4月21日  ヨモギを冷凍

 この何十年、ヨモギを冷凍した事が無い。
 ヨモギを摘むのは必要にせまられて摘むので、冷凍の必要も無かった。

 しかしこの度は法要までに色々と準備が有るので、その時になって慌てないように摘んだつもり。
 今はキレイな緑色だけど、あと10日ほどで変色しないかしら?
 念のために色粉の青を買って置く?
          P1020444.jpg


 先日「ゼンマイ」を摘んできて、灰汁抜きしてみた、重曹をワラビの時より多めに入れた。
 今日バラ肉やシイタケ、フキなどと炊いてみたら美味しく出来た。

 過去に何度か試してみたが、灰汁の抜きようが少なかったのか?苦くて食べられなかったので、それからは一度も。

 しかし、茹でて、広げて、何度も何度ももみほぐして、カチカチに乾燥させて、使った事は有る。
 それを茹でもどして、料理したら、とっても美味しかった。
 ものすごく手間暇の要る仕事なので、2~3回しただけ。


 山の家あたりでも、ワラビは生えてはいるけれど、ゼンマイは見たことが無い。
 以前に農協(JA)の人が、「この辺は植物の種類がとっても多い地域です」と言われた事が有った。
 ほんとにそうかも知れない。


 午後に電話、詐欺被害が多いのでその対策に付いてと、言ったかな?
 「1分程お時間をいただいて、説明させてください」と。
 「結構です」と電話を切った、貴女の方が怪しい。

4月20日  ヨモギを摘みに

 今朝は別々に山の家へ。
 私は行きがけの田んぼで「ヨモギ摘み」それから葉ワサビも摘んで。
 長靴を山の家へ置いていたので、運動靴を履いて行ったら、田んぼに溜まった水で靴はビチャコ。

    
 もう上の家に上がろうと車に乗って、エンジンをかけたとたんに携帯に電話。ママから。
 「今日は、幼稚園の預かり(なかよし)が無いので、お迎えに行ってもらえますか?」と。
 8時40分位の事、今朝は早くから出ていたから。
 「11時40分までに幼稚園に行けばいいのね、OKよ」

    P1020426.jpg    P1020427.jpg    P1020429.jpg
 八重桜が日に日に咲いて来た、シャクナゲも咲き始めた。
 次に、1ポット@70のネギを買っていたので、ミニで耕して植えた。
 サルに食べられるからと言っても、植えとけば何とかなる。
 ニンニクの中の草取りも。

 10時半頃、気温17℃、肌寒かった。
 「お迎えが遅れんように、早めに帰った方がええ」と言うので帰途に。

 お迎えはちゃんと間に合いました。

 T君、お昼はママに作ってもらったお弁当を食べて。
 年長さんだし、7月の終わりには6歳、何の心配も無い。
 ビデオを掛けて、次はテレビ。

 オモチャを出していると思ったら、次々に。
 「おもちゃ箱をひっくり返したような・・・」と言う表現が有るけれど、そのまんま。
 「T君、足の踏み場が無いわ、ちょっと片付けたら?」

 ママの帰宅した5時まで、お弁当は半分食べただけで、遊びに夢中。(それも一人で)

 私は、T君がホットイテも一人で遊ぶのでクリスマスローズの手入れ。
 今年はどういう訳か?上手い事出来たので、花を全部切って、部屋部屋に飾りました。

 ヨモギをキレイにこしらえて、後は灰汁抜きして、冷凍庫に入れるだけ。

 葉ワサビはご近所さんにもおすそ分け。

4月19日  孫の家庭訪問

 家庭訪問は孫達の事。

 夫は書類の整理。

 「ちょっと山の家へ行って来るわ」
 「何をしに?」
 「土が要るから」

 そればかりじゃぁないけれど、11時過ぎに一人で出掛けた。
    P1020407_2017041917410916e.jpg    P1020419.jpg    P1020418_20170419174404683.jpg

    P1020416_20170419174403cb4.jpg    P1020413.jpg    P1020414.jpg
 気持ちの良いお天気。

 パッチワークでこしらえた物を飾っているので、半分程持って帰る事。
 何しろ住んでいないので、物騒。いつ何が無くなってもドウシヨウモナイ。

 それから10年前に実母が亡くなって、形見分けの着物をたくさんもらっていたのに、それから何年かして義妹が
 「お義姉さん、私も着物を着る事が無いので持って帰って着て」と。
 「私も着物は着ないし、私がもらったら、全部ほどいてリメイク服になるわ」と言いながらもらって帰っていた。

 我が家にも物がいっぱい有って困っているのに、箪笥と共に。
 それで箪笥ごと、山の家へ持って行っていた。

 着物道楽?の母、今の私の年代にコシラエタと思われる高価な着物たち。
 どう見ても、こんな高級な生地でこしらて、シャナリシャナリと遊んでいる訳にもいかず。
 と言うか、そんな性格では無い。

 それから本題の「土」、これを取りに行ったのだから。
 バケツ2杯、持って帰った。

 1時に帰宅、T君が帰っていた。
 「バァバ、どこに行ってたの?」  「山の家よ」
 「ジィジは?」   「ジィジは2階で書類の整理よ」
 「いつもと反対なんだね」  「??」
 「いつもはジィジが一人で山の家へ行って、バァバがお家なのに」
 最近はそうでも無いんだけど、行ったり来たりで疲れた。

 幼稚園の先生、小学校の先生、お会いしないので、どんな方だったのか?


4月18日   山の家へ、苗を植えた

 昨夜から明け方にかけて、大雨が降っていたと思ったら、大川は増水で濁り水を出していた。
 山の家へ二人で。

 苗を植えた、と言ってもカラーピーマン2本と、ママが応募して当てたトマト苗の「凛々子」4本。
 そのうちの2ほんもらって植えた。
    P1020383.jpg    P1020384_201704181455153b3.jpg

 雨続きで畑はビチョビチョ。
 先日種蒔きした、コマツナ、バジル、パクチーの芽が出ていた。


 今咲いている花達。リキュウバイ、濃いピンクの八重桜(これから)、庭ウメ、
 オオデマリ(これから)、八重ツバキ、次は忘れた。(あとで調べたら、トキワマンサク、だった)
    P1020376.jpg    P1020374.jpg    P1020372.jpg

    P1020370.jpg    P1020373.jpg    P1020377_201704181501193eb.jpg

 ソメイヨシノが散り、シダレ桜も散り、寂しくなった。
    P1020364.jpg
  
 上の竹藪に上がって見たら、小さなタケノコが2本顔を出していた。
 けどクワも何も持っていなかったので、そのまま。イノシシが喜ぶでしょう。
    P1020402.jpg
 私達の口に入るのは、イノシシが食べ飽きた(連休明け)になる事でしょう。


 
 
«  | ホーム |  » page top