FC2ブログ

リンク


カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

どんぐり

Author:どんぐり
 夫と私(70代の夫婦)と息子夫婦、孫2人の6人家族です。
私達二人は夫の生家である山の家へ通い、家族の健康を願って無農薬に近い野菜作りをしています。
 孫は、11歳(小5)、7歳(小1)の男孫二人。
 ボケ防止のための、日記です。
 


最新記事


月別アーカイブ


水槽


検索フォーム

QRコード

QR
まとめ

明日からお彼岸

 昨日、敬老の日、だった。

 孫坊主のR君、「じいじ、ばぁば有難う」と、色紙をくれました。

P1020626.jpg



 R君5歳、身長 106,6センチ
      体重 16,8キログラム


 T君1歳、身長 80,6センチ
      体重 10,7キログラム


  二人の写真と二人の手形、足型付きで。


 それから、ママの誕生日でもありました。

 孫坊主のR君が色々と、セッティングしてくれて、「ケーキ」をみんなでいただいて。
 美味しかったです~。


 そうそうパパさんが、スープを作ってくれました。(炒めたり、ミキサーにかけたり、裏ごしをして)


 
 
 明日が「彼岸の入り」なので、今日、山の家に行きお墓掃除をしてきました。

 先日来の雨で、たくさんの草。それに「蚊」。

 これで、親戚の方々がお参りに来てくださっても大丈夫。


 「お墓掃除」と言えば、95歳で亡くなった夫の祖母が、数日かけて、お墓までの道の草削りをしてくれていました。

 15年位前までは「花立て」も既製品の筒では無くて、「大きな竹」を切り倒し、寸法に切って、鎌でナナメに切っていました。

 祖母が出来なくなったら、義母ではなくて、私と夫の二人が「お墓掃除」の係りに。


 今どきの「墓地」にしたいけれど、夫がウンと言いません。

 まぁ、したらしたで(作ったら)、ウン百万円、かかるらしいですけど。
 過疎地というよりも、絶滅地区になりそうな地域なので、次々と便利な土地に、墓地を移動されています。


 我が家は息子達が帰って来てくれたので、息子の代までは、大丈夫なのですが、

 親戚や知人の家で、跡取り息子がいても、都会に家を建てて、帰って来ない。
 折角新しい墓地を購入したのに?という家がだんだん出て来ています。

 時代が変わって行くので、どうしようもない事なんですね。


 墓地の心配よりも先に、ピンピン、コロリ、をお祈りしましょう。


 変なブログになってしまいましたが、本人はピンピンしております。 

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://craftdonguri.blog27.fc2.com/tb.php/909-a9a4e281

 | ホーム |  page top