fc2ブログ

リンク


カレンダー

06 | 2022/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

プロフィール

どんぐりの介護日記

Author:どんぐりの介護日記
 80代の夫、70代の私、息子達。
 ある日突然、寝たきりになった夫の介護日記です。
 


最新記事


月別アーカイブ


水槽


検索フォーム

QRコード

QR

 5月24日(火)   忙しい一日

 お天気は晴れ。

   IMG_3840.jpg


 まだ体調が優れない。
 あさイチに、福祉用具のお店に、オムツやら食事用のエプロン、手袋などを。

 10時には、初めて利用する「訪問散髪」、夫はスッキリしてご機嫌が良い。
 散髪代金3,900円+出張料1,100円で、5,000円也。

 14時半には訪問看護師さん、11時に一度オムツ替えをしたのに、又たくさん出してもらった。
 その間看護師さんが「私が居る間は、休んでいてください」との言葉に甘えて
 ベッドで休んでいた。

 そして、体調がスッキリしないのでもう一度、昨日のO病院へ行く事に。
 しかし事故を起さないように、タクシーを頼んで、600円也。

 順番が来て、昨夜の院長先生に診てもらった。
 しかし何処も悪い事は無い、「病人の看病によるストレス」

 「血液検査をしますか?」で、してもらう事に。
 血液検査は先日、市民病院で受けて、余り悪い箇所は無かったが。
 でも、いざという時には近くのO病院、受けていれば、いざと言う時に役に立つ。

 帰りはタクシーを止めて歩いて、スーパーへ寄り食材を。
 買い物を袋に入れて出口へ向かったら、向こうを歩いているのは娘のKじゃない?

 少し向こうを颯爽と歩く娘の姿。
 近くに寄り声を掛けると振り向いた。
 明後日、買い物に連れて行ってくれる約束をしている。
 熱中症に罹った事を告げた。
 けど、「本人が居る方が洋服を合わせやすい」と。

 ちょっと様子を見て、又連れて行ってもらえるか?体調次第。

 やっとの事で自宅に帰ると、夫がたいそうに心配していた。
 タクシーで行ったので、心配は無いはずなのに。

 今日も「エアコンは15℃にセットしろ」とウルサイ。
 看護師さんも「15℃なんて、それはいくら何でも低すぎるでしょう?」と。
 「掃き出し窓を開けて、エアコンは15℃、換気扇は回して!」
 いくら優しくしようと思っても、ちょっと考えが違うのじゃないの?

 だからストレスが溜まって、疲れが取れない、シンドイ。
 | ホーム |  page top