FC2ブログ

リンク


カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

どんぐり

Author:どんぐり
 夫と私(70代の夫婦)と息子夫婦、孫2人の6人家族です。
私達二人は夫の生家である山の家へ通い、家族の健康を願って無農薬に近い野菜作りをしています。
 孫は、11歳(小6)、7歳(小2)の男孫二人。
 ボケ防止のための、日記です。
 


最新記事


月別アーカイブ


水槽


検索フォーム

QRコード

QR

6月17日(月)   山の家へ

 昨日行ったから、今日は山の家へは行かない、と思っていたら、
 「ちょっと山の家へ行って来るから、朝食だけ作ってくれ」と、言って来た。

 朝6時の事。
 「行くならもっと早く起きるんだったのに」
 「それに行くなら一緒に行くから」

 慌てて朝食を済ませて出かけた。


 山の家着、7時、気温15℃。
 付いて来たのには訳が有る。


 昨日の「柚子の枝」、片付けていなかった枝が有る。
 枝、とはいえ、私の腕の太さ。

        CIMG2150.jpg
 家よりも手前の道路ばた、右側。
 道路の左側の上の畑に柚子の木。

       CIMG2147.jpg
 このトタンの道路側に昨日伐って忘れていた、柚子の枝(太い)。
 これはバレない内に片付けた。



 夫は家の上の方の草刈りをすると言う。

 それで昨日は、脚立を持って行かなかったので、よけいに伐るのがむずかしかったので、脚立の古いのを持って行き、又3本伐った。
 計6本だと思うけど、大きな1本の柚子の木の枝。


        CIMG2155.jpg
 上手い事、私に当たらずに落ちて来た。



        CIMG2156.jpg

        CIMG2158.jpg
 

        CIMG2162.jpg
 この柚子の木の間の上の方に見える「丸い葉っぱ」が「柿の木の葉」

 この柿の枝が、道路の向こう側からこちらの柚子の木の間に垂れてきているのに、柚子の木が邪魔になって、「柿」が取れません。

 それで、柚子の枝を伐って、隙間から柿の実を採ろうという算段です。
 どうせ、大きな脚立に上がって、高枝切りでないと、採れませんが。


 この柿が、干し柿にすると、とってもキレイな色になり、甘すぎず、美味しいのです。
 30個位しか作れませんが、お金に替えられない贅沢?です。


 なぜ、内緒で伐っているかというと、自分は私の大事な花木を勝手に伐るくせに、同じ事をすると文句を言うから。



 今朝もケッサク?
 私が数か月前に勝手に伐った木の事で、
 「あれは大事な木だったのに、勝手に伐ってから、目を話したら何をするか分からん!」だ・と。


 それで、「ほんとに、ほっといたら、何の木を伐るか分からんよ!」と言ったのだけど、
 まだユズの木の大きな枝を6本も伐られた事に、気付いていない。
 まぁ柚子が、100個ぐらい少なくなったって、たかが知れている。


 それに、本気で怒る事は無い性格だから。
 その時は「お父さん、柚子の枝を伐っておいたから、柿の実を採ってくれるのが楽になったよ」と。


 冗談は別にして、大きな固いトゲは有るし、周りじゅうがトゲだらけ、私の身体にキズ一つしないで済んだものだと思っています。



 茎ブロッコリーに、「テントウムシダマシ」がブルブルするほどくっ付いて、どうしようかと?
 ぼ―ルに洗剤を溶かし、その中に落とし入れてみたけれど、ちょっと枝に当たったらすぐ土に落ちて、逃げる。

 手で捕まえて、ひねりつぶす、のが一番早い。
      CIMG2166.jpg
 

 先日から何回か捕獲している、ピーマンやシシトウにくる虫、「ホオズキカメムシ」でした。
 今朝もいっぱい潰しました。
 カメムシと言っても、家周りに来るカメムシはすごく臭いけど、このホオズキカメムシは潰しても臭くありませんでした。



 余談の話ですが、私は3~4才頃から、蝶々やトンボを取るのがすごく上手だったそうです。(祖母の話)
 だから、みんなに嫌われながら、「ゴキブリ」も手で捕まえます。その方が早い!
 もちろん後でキレイに洗いますが。

 12時の気温、28℃。
 買い物をして帰宅は1時半、昼食。

 4時前にはT君を〇会へ。

 今日はほんとに疲れました!
 明日は一日自宅で過ごす予定です。 
  
   

   
 | ホーム |  page top