FC2ブログ

リンク


カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

どんぐり

Author:どんぐり
 夫と私(70代の夫婦)と息子夫婦、孫2人の6人家族です。
私達二人は夫の生家である山の家へ通い、家族の健康を願って無農薬に近い野菜作りをしています。
 孫は、11歳(小6)、7歳(小2)の男孫二人。
 ボケ防止のための、日記です。
 


最新記事


月別アーカイブ


水槽


検索フォーム

QRコード

QR

6月 3日(月)   疲れて自宅

 昨夕、ママたちが帰宅、お土産をもらった。
 「大久野島へ行って来ました、ウサギのたくさんいる島」だと。

 私達は早くに山の家へ出掛けたので、いつ出発したのか知らないんだけど。
 しまなみ海道を通った、とか。カーナビ通りと。

 「若い」って良いね!   

 私達は遊びに行くのも億劫になった。

 その点、山の家は良い。お小遣いも要らなければ、好き勝手に出来る。



 今朝は、昨日の疲れが出て、夫は1日中休むそうだ。79歳!
 私は、する事がいっぱい有る。 
 水替えをしているとは言え、「山椒の実」をどうにかしなくちゃ。
 これは、ちょっと目を離したすきに、最後の最後で、焦がした。

 自分の使うぶんにはどうでも良いんだけど、友人達にはあげられない事となった。
 
 花苗を植えておいた。


 「ジャガイモ」の話。
 昨年のジャガイモ、時々野菜の収穫に降りたとき(大畑から)、ついでに中ぐらいのバケツに一杯、手で掘って持って上がっていた。何度も。

 ジャガイモの中に大草の多草が生えてきた。
 例年ならば、夫が「ジャガイモ掘りをしよう」と言うのに、言わなかった、でそのまま時が過ぎた。

 自分の掘ったジャガイモが有ったので、忘れてしまった。
 秋頃だったか?
 「お父さん、ジャガイモを掘らなくてもいいの?」と言うと、
 「お前が全部掘ったんじゃないのか?」

 そんなバカな!  15メートル程の畝、9畝ほど有った。
 私が掘ったのは、2畝ほど。

 残りが⑦畝。モッタイナイ事をした。
 不思議な事にサルも、そこここをツツイテいるだけで、掘った物も散らかしている。

 あれほど何もかも食べられて困っているのに、ジャガイモはあまり好きでは無いらしい。
 イノシシは、トタンで囲っているので入らない。

 「秋ジャガ」を植えなくても、出来るかな?と思ったけど、そのまま。
 昨日、そのままのジャガイモの「コロ生え」を引っ張ってみたら、小さなジャガイモが付いて出てきた。
 「孫イモ」になるのか?  春~秋~春。だから。

 「モグラ」が、そこら中大穴を空けている。
 その上にぶら下がるように、小さな子芋。
 面白い、と言えば、面白い恰好、だった。


 勿体ないから食べてみたら、結構美味しかった。

 お昼には、カレーを作った。
 それに、そのジャガイモの小っちゃいのと、ニンニクを唐揚げした。
 キューリの酢の物。

 午後、「あのカレーは美味しかったよ、でも栗はイマイチだった」と、言ってきた。(食事はそれぞれに自分の部屋)
 「エッ、栗? 栗なんて使ってないけど?」

 「栗じゃぁ無い?ほんなら何?」
 「ぁぁジャガイモの小っちゃいのを唐揚げにした物の事?」
 「ジャガイモだったんか、そうじゃろぅ、美味しゅうなかった」

 私としては、結構イケたんだけど、好みの違い。


 午後4時前に、T君を〇会へ送って行った。

 今、午後7時過ぎ。夕食を済ませ、ブログを書いた。



 夫が「明日朝は早く行こう」と言ってきた。
 私、「明日朝は、5時起き、山の家での草刈りは6時からにするから」

 「ぉぉそりゃぁ早い」
 「早くないと、草刈は無理」
 で、決まり!
 

トラックバック

http://craftdonguri.blog27.fc2.com/tb.php/3247-3e211bb3

 | ホーム |  page top