リンク


カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

どんぐり

Author:どんぐり
 夫と私(70代の夫婦)と息子夫婦、孫2人の6人家族です。
私達二人は夫の生家である山の家へ通い、家族の健康を願って無農薬に近い野菜作りをしています。
 孫は、10歳(小4)と6歳(幼稚園年長)の男孫。
 ボケ防止のための、日記です。
 


最新記事


月別アーカイブ


水槽


検索フォーム

QRコード

QR
まとめ

片付けるつもりだったけど

 それはほんとにもう、ず~~~~っと気にしていましたが。
 時々、夫もチクリ!

 農作業が暇になったら、ミョウガが終わったら、作品展が終わったら、文化祭が終わったら。
 
 一応終わったけど、まだもう一回『柚子取り』がある。

 今朝夫が「毛玉取りを買ぅとったじゃろう」と。
 「あるある」 有りました。

 ところがスイッチを入れたら、すぐ切れた。
 「充電しなくちゃ」
 何か月も使っていない。
 充電器が見つからない。
 「もうええ」 

 もうええ、と言う訳にはいかない、探さなくちゃ!
 そのついでに、片付けもしよう!(結果的には見つかりました)

 何でこんなに布類を集めたのか?自分でも分からない。
 全部買った物。
 古幟、それを柿渋染(柿渋代だってかかっている)、藍染布、絣、紬、などなど。

 仮にあと10年元気で生きられたとしても、使い切れる量では無い。

 簡単に、山の家へ持って行って処分すると言ってもモッタイナイ話。

 そうこうしている内に、大きな紙袋が出て来た。
 中には、子供たちの『小学校時代の日記帳』とそれに『義母の日記帳』

 義母がボケ始めて、デイケアに行くのが『学校に行く』と思っていた。
 だから必ずバッグを持って。
 中にはノートや筆記用具を入れてあげていた。

 その日にデイケアで習った話を、当て字の漢字ではあるけれど、読んでいけば話の内容が分かってくる。
 母の言う『学校』に楽しみに行っていたのが分かります。
 だから、帰って来ても又すぐに「学校に行かなくちゃ」が、私達にとっては『徘徊』だったのです。

 そんなこんな事をしていたら、片付けはちょこっとで終わりました。

 今日はT君の、七・五。・三。
 4人で神社にお参りして来ました。
 「バァバ~、こんなんもらったよ!」、千歳あめの袋。

 上のR君の時は皆揃って、料理屋さんで食事したのに、下のT君は外食。
 な~んにも分かっていません、だから大丈夫(笑)。
 お祝いはしましたけど。

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://craftdonguri.blog27.fc2.com/tb.php/1636-e5742375

 | ホーム |  page top