FC2ブログ

リンク


カレンダー

12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

プロフィール

どんぐり

Author:どんぐり
 夫と私と息子夫婦、孫2人の6人家族です。

 ボケ防止のための、日記です。
 


最新記事


月別アーカイブ


水槽


検索フォーム

QRコード

QR

1月31日(日)   山の家へ、柚子の木の剪定

 今朝は晴れ、寒さがマシ。

 二人で山の家へ。

 道中、先日「全面交通止め」の箇所。
   IMG_0357_2021013119324097c.jpg

 この面積の工事、終わっていた。


   IMG_0370_20210201135604e18.jpg

 ロウバイ。大木なので周りじゅうが良い香り。

 
 山の家の9時の気温は0℃。   11時は8℃になった。


    IMG_0369_20210201135607cd1.jpg

    IMG_0368_2021020113560646d.jpg
 先日書いた「黒柿の板」、荒れている箇所は「根っこ」の部分、こんな状態で生きていた。



  IMG_0362_20210131182713374.jpg
 家の上の「ヒノキ林」、と言っても、苗木を植えていたのが、そのままホッタラカシで、大きなヒノキになって来ている。

 これが、「手作り柚子搾り器」の材料にならないかと?
     IMG_0371_20210131182920871.jpg  IMG_0372.jpg  IMG_0373_20210131182923ce3.jpg

     IMG_0376_2021013118312495a.jpg   IMG_0380.jpg
 大きなヒノキを伐ったら、あとで処置に困ると思って。
 途中から夫に手伝ってもらったけど。
 「チエンソー」で切ってくれたら良いのに、と思ったら、「自分のチエンソーは故障している」だと。
 1メートルの長さ。自宅に持って帰った。

 山の家の良い処の一つは、木の材料ならいくらでも有るところかな?


 そのあと、「柚子の木の剪定」。
 先日購入したハサミが、使い良かった。よく切れたし。
    IMG_0319_202101211840122b4.jpg

    IMG_0391_2021020114055444c.jpg

    IMG_0392_20210201140553d43.jpg

     
   



     IMG_0363_20210201071714c20.jpg

 上の写真は、先日買った「充電式チエンソー」で伐っても切れなかった「銀杏の木」、小指の太さでも伐れなかった。
 それがこのハサミ、難なくスパッと切れて、気持ちが良かった。
 
 ここでイチョウの木を大きくするつもりは無いので、今度は根元から伐るつもり。
 それは、となりが納屋だから。


 写真を大きくし過ぎて、困った。(少し直したけど)

1月30日(土)  寒い一日

 孫二人はバレーに。

 中一のR君は自転車で。
 小3のT君はママの車で。

 どちらも午後2時過ぎに帰宅。
 今日は珍しく、私がシチューをこしらえておいた。
 味は好き好きだから?でもママは喜んでいた。

 
 息子がリビングにいるので、「柚子搾り器を手作りしようと思っている」と話してみた。

 「それは作って見たら?」と。
 分からない所は手伝ってくれるらしい。

 でも、今すぐ要るわけでは無いので、「気に向いた時にこしらえようと思っている」と言ったら笑っていた。

 「僕らは何時でもが暇じゃないから」と。
 今日なら、付き合ってくれるらしいけど、
 私は「今日は寒い」。(寒いのは皆同じだけど)

 でも材料は車から自分の部屋へ持って来た。

 私の部屋の床の上にも、「裁断ボード?」って言うのか?
 置いているので、少々なら出来る。(木工仕事じゃ無いけど)

  IMG_0349_202101301518006e6.jpg
  IMG_0343.jpg

 だいたいこんな感じになれば良いと思っている。同じじゃ無い物が作りたい。

 作りたいと思っているとは思っていても、「電動ノコ」を使った事が無い。
 (それなのに、充電式のチエンソーを買うつもりだった)

 夫に、何かしようと思っても「それは危ない、これも危ない」と言われて続けて来たから。
 だから50年以上経っても、野菜の消毒も草枯らしの薬もしたことが無い。

 だいたい車の免許証も返納した方がいい?と思っているぐらい。
 でも車の運転が出来なければ、山の家へ行けない。
 そうすると、柚子の剪定をしても、何の価値も無い。

 老人になると何もかも思うようには行かない。
 これが現実。

 野良ネコが、ウッドデッキの上で寝ているみたい、泥だらけ、何とかしなければ。     
  

1月29日(金)   寒い、小雪がちらつく

 朝の内は晴れていたのに、お昼前から小雨、それから小雪がチラついた。


 今日ぐらい、「山の家へ行こう」と言うかな?と思っていたけど、何も言わず。
 本人も寒かったらしい。


 「柚子搾り器」を作る材料は買って、自分の車に積んだまま。
  (降ろすのを忘れたまま)

 「製図」って言う程たいした事では無いけれど、
 それをしておけば息子が暇な時に手伝ってくれるはず?

 寒くてそちらまでは頭が回らない。

 
 マスクの裁断をした物が沢山ある。
 友人と話した時に、「自宅と畑仕事に行くぐらいで、お店にも滅多に行かないので、マスクもあまり要らない」と言っていた。

 私も同じ。

 ずっと前、T君に「マスクを縫おうか?」と言ったら、
 「バァバ、バァバに縫ってもらったマスク、使い捨てに出来るほど有るよ」と。

 見たらほんとに、紙の箱いっぱい有った。
 それを毎日、日替わりで付けて行っている、可愛い。


 と言う自分は、良く忘れるので、車にもバッグにも何枚も入れている。




 マスクとは関係ないけれど、
 この歳になって、父母や義父母、義祖母の気持ちがよ~く分かるようになった。

 

1月28日(木)  1合炊きの炊飯器を買った

 お天気は晴れ。

 久しぶりに買い物に。
 郵便局~食材スーパー~電気屋さんへ。


 「1合炊きの炊飯器」を買いに電気屋さんへ。
        IMG_0326.jpg
 私用の炊飯器、壊れてはいないけど、ご飯の色がちょっと薄茶色のような。

 夫が最近特に、食事の量が減って来た。
 「ぎょうさん食べたら、調子が悪い」と。
 2合炊いてもなかなか減らない。  

 その話をママにしたら、「1合炊きのも有りますよ」と教えてくれたので、早速行って買った。

 帰宅して試してみたら、ほんとに15分程で炊けた。
 もう少し蒸らし時間を多めにしたら、バッチリだと思った。


 昨日R君に「パソコン」が届いた。
 とっても嬉しそうだった。

 今までのは、パパのお下がり?ママの?しらないけど。
 新品とお下がりでは全然違うらしい。

 私は何にも出来なくても新品。 何でも。
 タブレットも買ってもらったけど、パソコンで充分なのでT君へ~。
 みんな使いこなすので、私が持っているよりもいい。

 気になっていた「メダカ」、寒い時には「2㎝以上の氷」が張ったので心配していたけれど、無事に生きていた。
 寒い時にはエサは食べないらしい。
 何事も勉強しなければ、可哀そうなことになると思った。       

1月27日(水)   二人とも自宅、 また猫に困っている

 今日は晴れ。
 山の家へ行きたいけれど、先日の工事個所が、何時まで通行止めだったか?
 見るのを忘れて帰った。



           IMG_0321_20210125133133d19.jpg
 この器具は「猫防止」の為に買って、置いている。(ママが買った)、効き目無しのような。


 野良猫に困っている事を書いてから、もう数年経つと思う。
 (実際は野良では無く家で飼っていた)

 その当時困っていた猫は、5~6匹だった。(夜中は家の中)

 こちらは、一日に何回か?ドアを開けて外に放していた。
 その時に排泄するので、風下にあたる我が家は困っていた。

 何年かのうちに、その猫をどこへやったやら?(捨てに行った?)



 今度は我が家の花の中を荒らして困っている。(面積はわずか)

 それと言うのも、私が「リ、ウッドデッキ」を作ってもらう時に、夫が
 「ウッドデッキは要らん、花を植えた方がマシだ」と、自分の部屋の前には作らせずに、草花を植えている。


 最近そのわずかな花の中にを猫が掘りうがして、○○○をする。
 それで夫が、黒いザルのような物を被せているのに、効き目無し。


 今朝見れば、私のメダカとデッキの下を掘ってしている。臭い!!


 「野良猫にエサをやらないで」とよく聞く話だけど、何の効果も無し。
 ネコもエサをもらう家の庭に○○○をしたらいいのにね。



 みんな不足や不満が有っても、我慢しているから、表向きは仲良く付き合っている。

 我が家は、「お隣どうし」というほどは家がくっついていない。
 前は市道だし、駐車場が有るし。

 だから、気兼ねなく、バレーボールを打ったり、大声で歌を歌っている。
 (近所には聞こえない)
 私が我慢すれば良いだけ。
 夫は何も言わないから、夫の部屋には聞こえていないんだと思う。??

 

 1月26日(火)  銘木

 今日は雨、どこにも行かず。

 まず昨日の「ナンテンの小実」は間違いだった。

 「小さい葉のナンテン」が正解。 小葉に実がいっぱい付くとキレイ。
        IMG_0108.jpg
 このナンテンです。




        IMG_0320_20210125133132a67.jpg
 こちらも実はいっぱい付いていたけど、小鳥に食べられてしまっている。雑然とした葉っぱ。

 
 山の家は、大昔から「銘木」と言われる「木」を大事にされた家です。
 だから、柿の木も700年、経っていると言われていたのだけど、誰が調べたのか?知りませんが。

 「ケヤキの木」 「栗の木」 「桜の木」 「槐(エンジュ)の木」 「棗の木」  
 「榧の木」他にも色々とあるけれど、私も女性なので詳しくありませんが。
 銘木と聞いていました。義父に


 最近ではそんな事は言いませんが。


 まだバブルの時期、田舎には「山師」と言われる人が、銘木を探しに来ていました。(山の中だし)

 そこで、山の家にも、1990年頃、バブルが弾ける丁度前位の時(私達の時代になっていた)、
 その山師さんが来て「東京の大金持ちが、もろぎの木だけを使った豪邸を建てるので、もろぎの木を買わせてくれ」と。

 1本が30万~50万円だと。

 ところがそんな上手い話、1991年を過ぎた頃、「ちょっと待ってください」と言ったまま。

 バブルが弾けて、大金持ちもパーかな?

 今でもその「もろぎの木」は、ちゃんと山に立っています。
 何しろ私が抱替える太さ、少々の干ばつには負けません。


 「将棋盤」や「碁盤」にする銘木の「榧の木」、蔵の後ろに立っていたけど、
 「蔵の屋根を擦るし、台風の風で叩かれたら、屋根が壊れてしまう」と、私が言ったら、
 夫が、中電の見回りの方に「電線にあたって危ないから」と、切り倒してもらいました。
 (もちろんタダ)

 今時、その木々を処分する車があるんですね。
 木のシュレッダー?手間が省けて良かったけれど。
 太い幹の部分は別にして、持って帰られました。

 義父が元気なときなら、絶対に伐らせなかったと思う。

1月25日(月)  孫にLINEに写真を入れる方法を教えてもらった 


 お天気は快晴、割と暖かい。
        IMG_0320_20210125133132a67.jpg
 山の家には、小実のナンテンがたくさん有るのに、我が家は大きい実しか無いので残念。
 この大きなナンテンは切り倒して、小実のナンテンの大きな株に植え替えたい。


 夫が山の家から切って帰って前の大カメに活けているロウバイの大枝。
 玄関を出たらいい香りが」します。
        IMG_0322.jpg



 今日は、昨日参観日だったので「振り替え休日」のT君がいます。


 LINEはママに教えてもらっているのだけど、写真の入れ方を習っていない。

 ママが「LINEの事なら、T君に聞いたら分かると思いますよ」と言っていたのを思い出した。


 一人でタブレットを開けて、何を見ているのか?何時間も。
 そこでT君に聞いてみた。

 「T君、バァバにLINEに写真を入れるのを教えてくれる?」
 「いいよ~」


 チャチャっと教えてくれるので分かり難い。
 「T君、その手で隠れて、どこを押しているのか分からないよ」

 「ウ~んとね、このマークだよ」
 「分かった、有難う}


 孫だから聞きやすい。
 何でも教えてくれる。(小3だけど、今時の子)
 だけど、一つ聞いたら、その一つしか分からない。

 一度に問えばいいのだけど、分からない事が分からない。
 だから教室には行けない。



 写真の入れ方が知りたかったのは、「美」に関する事を職業にして「サロン」を開いている娘に、
 セーターの上に、何色の上着と合わせたら良いのか知りたかったから。

 T君に教えてもらって、早速娘にLINE(写真付き)を送ったら、明確な色を教えてくれました。


 普段は、柚子の木の剪定の事ばかり考えているけど、
 自宅に居る時はオシャレもしなくちゃ、娘に悪いから。(母娘で違い過ぎる)

1月 24日  雨降り

 今日は一日中雨、それもかなりの雨。

 T君は参観日。ママが出席。
 息子はR君の中学のバレーに。

 みんな留守なのに電気屋さんから電話。(夫はいるけど)

 昨日息子夫婦が洗濯機を買いに行ったのに、都合よく今日配達してくださる事は聞いていたが。

 私の洗濯機を裏に出して、買った洗濯機を洗面所に。
 裏に置いていたママの洗濯機は、処分。

 二層式の洗濯機は色々と便利に使えるので、裏に並べて置いて。


 この時間帯は、よりによって大雨が。

 業者さんは慣れたもの、チャチャっとやって帰られた。


 今度の洗濯機は、乾燥機付きの大きな物。
 ママは便利になると思う。

 
 テレビで「黒柿の板」の事をしていた。(なんでも鑑定団?)
 山の家には、「西条柿の大木」が有った。

 最近私が柚子の木の剪定をしているすぐ側の道路端に。
 20年程前の台風の時、倒れて道を塞いだ。

 枝も広く張っていたので、片付けるのに難儀した。
 もちろん柿の木の本体も、大人二人で抱かえるほど。
 700年の大木だと義父が言っていたけど。

 倒れた根本を見ると、根っこがわずかに生きていただけ。
 この根っこだけで、毎年何百個という柿を生らせてくれてくれていたんだと、ビックリした。

 知り合いの製材所の人が運んで、胴体部分を10㎝厚さの板に引いてもらって、山の家の納屋のほとりで乾燥させている。
 長さは1,5㍍?テーブルに加工出来る」ように。

 軒下に置いたまま。「黒の模様がある」けど。
 10㎝の厚さに引いたのは、「ねじれたり、よじれたりしても、10㎝有ればテーブルには加工出来るから」
 との助言をいただいたから。

 今時、黒柿のテーブルも必要無いので、ホッタラカシ。モッタイナイ。

1月23日(土) 雨降り、免許を取った日がやっと判明。

 私が車の免許証を取った日が判明した。
 
 今と違い、昔はうっかりしていると、免許を失効した。

 私は2度も失効し、そのたびに手続きをしに行った。
 それも昔の事なので、忘れてしまった。

 一度は、夫の車に乗せてもらい、倉敷市児島にある、免許センターだったか?

 ハッキリと覚えているのは、息子が生まれてじきの事。

 学校を探すのも、「赤ちゃんのお守りをしてくださる方がおられる学校」

 上の4歳になる娘を保育園に預けに行き、(息子は自転車の後ろに)
 息子のオムツと哺乳瓶を持って、自動車学校の車で。

 でも子守りをしてくださっているので、安心して勉強が出来た。
 おかげで一発で合格した。
 費用は10万円で足りたと思う。

 ここまで覚えているのに、免許証をもらった日が思い出せない。
 (2度も失効したため)


 今日、他の探し物をするのに、ゴソゴソそこらじゅう探していたら「頂きものを記したノート」が出て来た。
 それは何度も、もう必要ないだろうから捨てようと思ったノート。

 そこに、免許証を取ったお祝いに、夫の祖母からお祝いをもらった事。
 昭和49年11月30日。「祖母からお祝いに2,000円いただいた」と書いていた。

 その時、義祖母が言ってくださった事はハッキリと覚えている。
 「稲刈りを済ませて、H君を連れて、よく頑張ったものじゃなぁ」と。

 車の免許証を取って、お祝いをもらったのは、この義祖母だけ。

 私が免許証を取ったのは、30歳の時。 
 息子が1歳。

 46年も前のこと。
 ずっと気がかりだった事判明して、スッキリ!

1月22日(金)  お天気は悪く小雨。休養

 先日からお天気が悪くなると言っていた、予報どおり。
 小雨も少々。


 いつもの通り、一日動いたら次の日は休み。


 でもいくら考えても、やっと見つけたお気に入りになる「チエンソー」だったのに。
 残念な事この上なし。


 夫は「ノコでボツボツ伐ればいい」と言うけれど。
 ボツボツがイヤ! サッサとやってしまいたい。


 だいたい夫が手術してからと言うもの、シンドイとか色々と言って、暇さえあれば寝ている。
 まぁウソを言っている訳では無いけれど。81歳だし。



 それに、柚子の枝の間引き、だけでは無い。
 道路端の「竹」もヤッツケたいと思っていたのに。(孟宗竹)

 男の人には分からないだろうけど、「腕力」が違い過ぎる。
 「ノコで伐ればいい」と簡単に言ってもらいたくない。

 それも平素から鍛えていない。

 いくら言ってもどうにもならないけど。



 代わりに千吉の「太枝&高所」楽々ハサミを買って帰ったのを見て、「ああこりゃぁ便利でええわ」。
 両手使いで挟むので、今まで持っていた長柄のハサミとは違い、力の入れようも良いと思う。

 ケガはしないと思うし。



 
 昨日の山の中で見つけた草、名前が思い出せないけど、小っちゃくて可愛い。
 花が終わったあとに、このピンク色の綿毛?みたいなものになる。
       IMG_0293_202101211836163f9.jpg
 周りの雑草がなければ、もっとキレイなんだけど。

 夕方6時半過ぎに、T君はママとバレーに出掛けた。

1月21日(木)  充電式のチエンソーが私の手に負えなかった

 お天気は晴れ。朝は寒かった。

 9時頃二人で山の家へ出かけた。
 昨年の暮れ頃?、市役所から電話が有り「山の家地区の災害復旧工事をするから、8時~5時まで全面通行止めにします」と。

 「そんなバカな、その時間帯に何か有ったらどうするの?」と、家では言っていた。
 ところが、その話は市役所の人が地区を勘違いしておられたらしかった。

 それでずっと、通行止めは無かった。
 なのに今朝、その場所まで行くと(9時過ぎ)、「レッカー車が道全部を塞いでいますので通れません」と。

 「何分待ったら通れます?」と言って見た。
 そうしたら「夕方5時までです」と。

 あと2キロほど、5分程。(山の家まで)
 「どうする? 家に帰る?」
 結局2㌔ほど後戻りして、そこから山のテッペンまで上がり、尾根ぞいの道を通っていく事にした。
    IMG_0317_2021012118401188a.jpg  IMG_0292_202101211836150f7.jpg  IMG_0290.jpg
    IMG_0284.jpg  IMG_0282.jpg  IMG_0280.jpg
 どこも車一台がやっと、その上、崖と反対側は断崖絶壁等。
 対向車が来たらどうするの?
 対向車と言っても、猟師さんだけだけど。


 やっと山の家の上の位置へ。
    IMG_0301_20210121183824a30.jpg
 同じ山なのに、もっと上の方から見ると、景色が違う気がします。


 そうまでして行った山の家なのに、「充電式のチェンソー」が私の使い物にはなりませんでした。
 1~2センチの枝を切るのに、切れません。
 と言うか、枝の上で暴れる?ス~っとノコ刃が枝を切って行きません。

 表現が難しい。
 夫がやってくれても同じ。
 「こりゃぁ切れん上にノコ刃が暴れて危ない」
 1~2センチの幅で右へ左へと。

 もう止めて、ゴミだけ焼いて、帰る事に。

 9時過ぎの気温が-1℃、11時の気温が3℃。

 来た道を通り、家路に。
 この道は、夫の従兄弟が通る道。

 12時過ぎに帰ると、風邪気味で休んでいたT君、お昼ご飯の準備をすると、
 「バァバ、食欲は有るんだよ」と。
 「食欲が有ればじきに良くなるよ」


 お昼を済ませて、購入したお店へ。
 色々と説明して、「76歳の老人だから危なくて使えません」
 と言ったら、ご自分でも「試し切り」などされて、納得された様子。

 返金してくださいました。

 でも重さも丁度良かったし、気にいっていたのに残念でした。
 帰りにいつも行くホームセンターにも寄って見たけど、お気に入りのチェンソーは有りませんでした。
 「重たい」のは有るのですが。

 それでも何か良い物は無いかと物色。
        IMG_0319_202101211840122b4.jpg
 これを購入。




 

1月 20日(水) チェンソーを買い、コンニャクを作った

 お天気は快晴。
 今日は燃えない物の日、夫が出してくれた。

 つい最近の事、ネットのどこかで、「日記のような物を書いてどういうつもりでネットに上げるのか?」みたいな記事を見つけた。
 そう言われて見れば確かに。


 物を売るでもなく、一億何千万人の内の一人が、日記を書いて上げる必要は無い。
 私は何にも分からずに書いているから特に。


 個人の日記なら日記帳に付ければ良いのに、と。

 まぁ私が個人的に責められている訳では無いけど。

 私は物事をすぐに忘れるし、パソコンは目の前に有るし、ブログに書いておいて、あとから日記帳に書いている。
 けど、一度書いているので、日記帳には使った金額を書くのがメイン。



 今日は、折角コンニャク芋をもらっているので作ろうと。
 お昼前から午後にかけて。
         IMG_0271_20210120184337660.jpg
         IMG_0272_20210120184339bf3.jpg
 大ナベは山の家へ持って行ったままなので、困った。
 1,5㌔の生芋を使ったので、二つの鍋にやっと入った。


 でも今日は2か月位前だったかに作った時よりも、上手に出来て美味しかった。
 これも、「ポツンと一軒家」の放送で、コンニャクを作っておられる映像を見て、思いだしたから。     
        

 午後、自分のパソコンの前に戻ったら、パソコンの上に、柚子部会からの「栽培管理について」のプリントが置いてあった。
         IMG_0273.jpg
 この記録を見れば、最後に柚子苗を購入したのは、平成26年3月25日、とある。20本。
 6年前の事?
 そうしてみれば、苗を購入してから4年目位から実が生りだした事になる。     
 これは、昨夜私が柚子の剪定をするのに「充電式のチエンソー」が要るので見に行った話を夫にしたから。
 

 今日も午後3時過ぎにホームセンターに行って購入。
        


 明日は夫が山の家へ行くと言うから、付いて行こう。
 ノコやら剪定バサミやらを入れる袋も買った事だし。

 いつまで元気でおれる事やら?だけど。
 おられるか?でなく、元気でいなくちゃ!
        
        

1月19日(火)  ホームセンターに行って見た

 お天気は晴れ。寒い。

 今日は生ごみの日。夫が出しに行ってくれて、その足でウォーキングに。

 これはいつもママと、「ゴミ出しをしてくれて助かるよね~」と。


 R君は風邪で休み。
 お昼に「何か食べられる?」と聞くと「食べれる」と。

 そこで喜びそうなものを買って来ておいた。
 食後、「ごちそうさま」と言いに来た。中学生だから。
 熱が下がって良かった。


 夫も寒いからか?一日中自分の部屋で過ごしている。
 (山の家の事は言わない)


 
 午後3時過ぎに一人で、ホームセンターへ買い物に。
 出がけに夫の部屋を覗いたら、眠っていた。


 目的は、電動チエンソー。
 普段は行かないホームセンタ―へ行き、色々と見た。

 何としても軽いのが一番。
 充電式チェンソーが一台。これが一番軽かった。(私の気に入る物)

 次に電動チエンソー。

 エンジン式のは重たくて、私の手にはおえない。

 過去の経験から、充電式の物はあまり力が無い気がする。(あくまでも私の意見)


 でも電動式は電気のコードが要るし、距離が長い。
 それにチエンソーの重さの上に、コードが付きまとうので、それも厄介。


 「柚子搾り器」の材料だけを買い、その店は出た。



 次にいつも行くホームセンターへ。
 ここでもチエンソーを色々と見た。
 けれど悲しいかな、口は元気でも体力が無い。 


 やっぱり分りもしないのに、内緒で買ったら、どうせ後悔するのは分かっている。
 帰って夫に相談しなければ。


 5時半ごろに帰宅。黙って出て行ったのに「ただいま」と言うと、
 「お~出掛けとったんか?」と。


 そこで、「充電式は力が無いけど、一番軽かった」
 「電動式はその次」と言うと、


 「電動式は長いコード要るので、それは厄介じゃろう」と。


 「それに2~3㎝の物なら、充電式でも切れる、
 何を切ろうと思うて、チエンソーが要る?」と。


 「柚子の木を伐るの」。   ヤッチも無い!とは言わなかった。


 午後6時頃の話なので、まだ買い物に行ける時間だったけど、暗くなって出掛けるのも危ない。


 それに反対しなかったから、又買いに行こう。(内緒にしなくて良かった)


 電気のコードも、木小屋の下の柚子畑まで引っ張ると、100㍍は要るかも知れないし。


 買うのが楽しみ。(女性らしく無い?)

1月18日(月)  ご近所の下水道工事が始まった

 お天気は晴れ。寒い!

 先日工務店から、「下水道工事をするのでお願いします」のチラシとタオルが入っていた。

 それが今朝から始まった。
 (これは同じ組内の事、でも組は脱退されているけど)
 「組」と言っても、8さんではありませんが。


 3軒先にも工事をしていない家が有る。(こちらは組が違うけど)


 私達の市で、下水道工事が始まったのは、昭和56年の事。(調べました)
 
 だいたい何でも市役所周りから。
 だから我が家もこの頃から下水道が使えるようになったと思う。 
 ハッキリとは思い出せないけど。

 今日工事が始まった家は売り買いがあったけど、下水道無しのまま。
 周りの家々はあの臭いニオイを我慢していたわけ。
 ヤレヤレである。


 その上、自治会から脱退しておられる、独り者。(一軒家)
 もう一軒、自治会を脱退した一軒家が有る。(こちらは80代の夫婦者)

 「近所の付き合いをしたく無い」、と言う理由と、「自治会費を払いたくない」という理由。

 常人には考えもしない事だと思うのだけど。




 話変わって、この冬の寒さと言ったら何年振りの寒さ?
  
 ここ何年も「鉢植えのアロエ」を軒下に置いたままだった。
 大きな鉢植えなので、動かし難いと言う事もあり。
 凍みるかな?~、でも凍みずにそのままで大きくなった。


 でもこの度は、大きなナイロン袋をかぶせている。
 蒸気が溜まって、余計に夜に凍る感じがしているけど。


 それから寒菊も凍みているし、
 アジサイの挿し木をしたのが、土の上部から凍みている、立ち直るのかな?
 根っこは生きているかも?だけど、葉っぱは完全にダメのよう。


 この冬は余程寒さがキツイのだと思う。

 1月17日(日)   書く事が無い

 お天気は晴れ、わりと暖かい一日だった。

 孫達は相変わらず、バレーに、それも午後も。

        IMG_0262_202101172232493f4.jpg
 パッチワーク教室で1年半ほど前に縫った物。
 私の「ベッドカバー」にしようか?と思って、作りかけたのだけど。

 止める気になったら、大き過ぎて縫う気になれないでいる。
 芯貼りをして裏地を付けて、キルトをすれば良いんだけど、それが大変。

 地味なものばかり縫っていたので、老人になった自分のベッドカバー位少し派手にしてみようかと。

 その内に又、友人に上げるかも知れない。

 「ポツンと・・・」を見た。
        

1月16日   今日も休み

 お天気は晴れ。

 特別にしなければならないと言う事も無し。
 今日も休んでおこう。

 R君は自転車で部活に。
 T君はママとバレーに。

 夫は自分の部屋で一日中。

 洗濯機、持って帰ったのは良いけど、
 やはり便利な生活を続けて来て、途中で脱水機にかけたり、洗濯槽に入れてすすいだりは面倒。
 手は冷たいし。

 何時まで続くかな?

 明日は何をする?

1月15日(金)   今日は休養日

 今日は一日暖かな日、だったらしい。
 なにしろ一日中休んでいたので。

 昨日半日ほど仕事をしたら疲れた、やはり歳ですね~。

        IMG_0238_2021011417121809e.jpg
 ロウバイの蕾がいっぱい付いているのに、枝がウジャウジャしているのしか見えない。
 夫が大枝を切って帰り、玄関外の大カメに活けている。

        IMG_0239_20210114171219922.jpg
 これは、何とか柳、名前を忘れた。ネコ柳?
 大木になっている。
 
        IMG_0248_20210114171223551.jpg
 これはキンカン、南高梅の大木の下に植えたら、日陰になって実がまばら。
 その上寒さで、実の表面が白っぽい。


 夕方から、T君はママの車でバレーに、今夕は市内でも20㌔位は離れた学校へ。

 1月14日(木)   二人で山の家へ、洗濯機

 今日の天気は晴れ、暖かい。
 とは言え、山の家の9時半の気温4℃、11時半7℃だった。

        IMG_0237_20210114171216aa3.jpg
 我が家には、雪のかけらも無いのに、山の家にはまだまだ残っている。


 まず一番に「二層式洗濯機」を出して、軽トラに積んだ。
 これで今日の仕事の半分は終わった?

 その後、帰るまでに夫が何をしていたか知らない。

 私は、行きがけの「柚子畑の柚子の木の剪定。
 剪定と言うよりも、太い木をバッサリ伐った。
        IMG_0252_20210114172057644.jpg
 こんな調子で3本ほどを伐った。

        IMG_0253.jpg
 この箇所の木々はまだまだ、一番最後に伐る予定?(と言うかここまでは手が回らないと思うけど)

  
 この冬の出荷時、た~くさんの柚子を残したまま、なので、
 「この枝を伐ったら来年の生りが少ない」なんて言わせない。


 なるべく高枝切りを使わなくても柚子の収穫が出来るように、低~く仕立てたいので。
 又見たら、何を言うやら、だけど。

 私が困るのは、杉の木を伐るのと違って、柚子は「大きな長いトゲ」が有り、
 そう簡単に腐る訳も無く、一番に伐り枝の処理をしなければならない事。
        


 今日使ったノコは折り畳み式の小さな物。
 すごく力が要った。
        IMG_0260_20210114171440387.jpg

 だからやっぱり、小さくても「チエンソー」が必要。
 「電動のチェンソー」は買おう。


 柚子畑に行く時に、カゴと剪定バサミやら、ノコを持って行くのは夫が見ていた。
 それで柚子は5個採っただけ、何千個も生っているのに。
       IMG_0259_20210114171439363.jpg

  
 今日は私達にしたら早く、11時半には山の家を出た。
 その時に、柚子が5個しかないのを見た夫「採った柚子はコンテナに入れて、畑に置いているのか?」と。

 「いいや~、5個採っただけ」と言うと、怪訝そうな顔をしていた。
 それで、畑の側を通る時に、柚子の木々の方を見ていたが。

 有る訳無い、ほんとに5個だけだから。
 私の目的は、柚子の木を伐って、枝を透かす事だから。


 12時過ぎには帰宅。

 休んで洗濯機を入れ替えてくれた。

 持って帰ったのはいいけど、私が二層式洗濯機を使うのは何十年ぶり?
 
 夫は、もちろん洗濯機なんて使った事が無い。 
 いちいち水を止めたり入れたり、え~どうするんだった~?

 柔軟剤を入れる所が無い。

 「こりゃぁ、洗濯が終わるまで、洗濯機に付いとらにゃぁおえん?」(方言が分かります?)

 だけど、そう言うだけで、洗濯をする事は無いと思う。(私にもしもの事がない限り)

 「そうなぁ、ヒマなんだから、その方が良いかもよ」(私もヒマ)

 何時まで続くやら?(不便だし)

1月13日(水)   自宅で

 今日は一日中曇り。

 朝、ウオーキングに出掛けた夫、山の家へ行くとは言わず。

 でも洗濯機の話しはした。

 山の家には、新品同然の洗濯機が有る。
 30年程前の物だけど。

 義母がまだ認知症にかかる前、買い替えたばかり位の物。
 二層式洗濯機だけど。

 洗濯機も、新しいのが出る度に便利になっていくのだろうけど、
 複雑になってきて、以前の簡単な物が懐かしいと思っていた矢先の出来事。

 明日それを持って帰る事にした。
 夫も小腸の手術をしてから、ジーンズを穿かなくなったので、
 脱水部分が狭くても大丈夫となったし。

 二層式の方が思うように使えて便利な気がする。
 
 壊れていない洗濯機は、私の物だから、別に気を使っている訳では無い。

 ただ今午後4時半、冬至が過ぎて、だいぶん日が長くなって来た。
 それだけでも嬉しい。
 T君は帰宅している。

 ちなみにこの壊れた洗濯機は、ママが卒業して、就職した時の物だとか。
 物持ちが良い。

1月12日(火)  次々にネタが出来る


 今朝も雪。 ボタン雪。 この度は最高で1㎝位。

 やっぱり昨日、私が雲を見ての感想が当っていた。

        IMG_0233_202101121614108b1.jpg
        IMG_0235_20210112161411805.jpg

 ボタン雪だから、じきに消えて無くなるだろうと思っていたら、9時過ぎには無くなっていた。
 それで外は案外寒くは無かった。
 けど、家の中は寒い。


 今日、電気の検針日。
 我が家の使用量は、12月よりも2万円以上高かった。
 仕方が無い。
 6人家族だから。

 それぞれにテレビ、パソコン、タブレット、スマホを持っているから。
 息子はパソコンもテレビも2台以上持っている?(書斎にも有るし)

 いま問題になっているけど、停電でもしたら凍え死ぬる?
 台所はオール電化だし、お風呂も給湯器。
 暖房はエアコンだけ。それぞれの部屋でフル回転。


 そんな事を思っている矢先に、洗濯機が故障した。
 (私が使っている外の洗濯機、むろん屋根は有るけど)

 つい先日、洗濯機の水道のパイプから水が噴きだして、辺りじゅう水浸し。
 その時に気づけば良かった。
 これも何時間、水が出っ放し、だったやら?

 春に息子達と、2階と1階を変わる時に、ママと「洗濯機はそのままで変わろう」と。
 ママが「私の洗濯機は時間が経っているので」と言っていたが。(大学時代に使っていた物だったか)

 「その時はその時よ」と、私が言った。その時が来た。

 まぁ1台が壊れても、もう1台が有るのだから、次のが来るまでは使えるし。
        

 寒い!寒い!と言っていてもロクな事は無い
 明日夫が、山の家へ行くと言えば、付いて行こうかな?

 運動不足と電気代、おまけに、何もしないでもお腹が空くので、食べる。
 良い事は一つも無い!

 柚子の木の剪定でもしていた方がいいかな?
 (雪がいっぱいで畑に入れないかも?)

1月11日(月)   偽サイトだったらしい  

 今日は晴れのち曇り。

 お昼前に外に出たら、日差しが暖かかった。珍しい事。
 家の中はエアコンが効かないぐらいなのに。

 今朝もT君はママとバレー。

 R君は自転車で部活に出掛け、後から息子が応援?指導?に出掛けた。

 夫は山の家へ。


 ママとT君はお昼過ぎに帰って来た。



 ママが「代引きが出来ない所は一応不審に思った方が良いですよ」と教えてくれた。

 私も、代引きの方が、少々手数料がかかっても、便利だと思っている。(ちょっと意味合いが違うけど)

 今度からは欲しい物が有ったら、ママに相談してから決めようと思った。
 どうせ一人では何にも出来ないんだから。

 でも夫には言わない。どうせ「ヤッチも無い!」と言うだけ。

 いい勉強になりました。


 午後3時ごろから、空全体が曇って来た。
 雪が降る前兆のような感じ。

 1月10日(日)   寒さは少しマシだった

       
 今朝もT君はママとバレーに。
 R君は中学のバレーの部活。

 夫はウォーキングに。

 私はマスクの裁断を3枚分しただけ。


 寒さがマシとは言え、エアコンをかけても肌寒い。
 自由に動ける気温でないと、縫い物をする気にはならない。

 
 午後、ママが「外の水道の水が出っ放しになっていました」と。(洗濯機の所)
 水道栓は止めていたはずなのに、どうなったのか?

 外の水道栓は「6箇所」有る。
 凍って破裂したのでは無いから良かった。


 「メダカを入れた深いカメ」、覗いて見たら、厚さの厚い氷が張っていた。
 棒で突いて見ても、割れない位。
 生きているのだろうか?

 1月 9日(土)   今までで一番冷えた日

 一日中、肌を刺すように冷えた。

 寒いと言うよりも冷たい?

 こんな日でもT君はママとバレーの練習に。
 R君は休みだった。

 
 洗濯をしようとしたら、水道が凍って水が出ない。(屋外)
 ここ何年もこんな事は無かったので油断していた。
 ママのは、洗面所にあるから大丈夫。

 午後には出だしたけど、今度はバスタオルでグルグル巻きにしておいた。
 水が出ないよりも、水道管が破裂したら困る。



 昨日出来上がった「スマホ入れ」。
 前からパッチワークで縫っていた「犬柄」。
 それから「スーちゃんの刺繍」をしていた物を両面に使った。
        IMG_0207.jpg
        IMG_0206_20210109180413f3a.jpg
 スマホと小物が入る位。  これはMさんにプレゼント。

 パッチワークをやめたので、もうパッチワークしたような物は作らない。
 これが最期と思っている。


 昨日スソあげをしたJ君のズボン2本。
 今日のお昼前にJ君が取りに来た。

 「この生地、とっても縫い難い生地だったね」
 「そうなんだよ、安い生地を使っているんだよね」

 「大量の制服を購入するから、安くあげたいんだよ」
 喜んで帰って行きました。

 
 一日中雪がヒラヒラと舞い落ちていた。   

 外気は何度?と思って調べたら、5℃。
 そんなに有る?
 
 私の部屋は22℃に設定している。
 夫は20℃にしているそう。

 エアコンも色々で、私の部屋のはちょっと効きが悪い気がする。
 そろそろ買い替えの時期なのか?
 

1月 8日(金)   ボケ、一直線?

 今朝、すごく冷えているなぁ、とカーテンを開けると、
 外は昨日よりも少し多い雪。
        IMG_0204_20210108184105a25.jpg
        IMG_0203.jpg
 

 寒い朝、T君もR君も今日は始業式。

 息子に「路面が凍結してるから、気を付けて」と言ったら、笑っていた。(子供扱い?)

 その後、J君のズボンのスソ上げ。

  IMG_0181_20210108183614fff.jpg  IMG_0183.jpg  IMG_0184.jpg   
 一番右の写真、インターロック?で縫ってあるのは良いけど、生地の割合いに糸が太く、針目がすごく小さい。
 これを解くのにすごく困った。
 その上、縫い代が5㍉程しかない。出来上がり線で折りあげるには、縫い出すのに、縫い代が少なすぎる。

      IMG_0188_2021010818471111b.jpg
 最後にオーバーロックをかけて、千鳥がけをして、終了。

 又、生地がテロテロの感じで、とっても縫い難かった。

 こんなに困る縫い直しは滅多に無い。
 と言うか、縫い直しなんか孫の事だからするけど、絶対にイヤ!
 とは言いながら、預かった2本のズボンは出来上がり、LINEをしておいた。



 さてさて、困ったのはこんな事ではない。

 年末に「柚子の搾り器」を見つけ注文のメールをした。
 今までは、じきに「注文有難う」のメールが来た。

 それなのに、すぐには来なかった。
 来た時はお正月前だったか?

 1月4日にママが、代金を振り込んでくれた。
 その時も、入金いただきました?のメールも無し。

 ママが昨日、「振り込んだお金が、返金されています」と。
 色々と説明してくれたけど、忘れた。

 「何処の会社か名前が分かります?」と聞くのだけれど記録していない。
 メールを全部、破棄していた。ゴミ箱も全部。

 ママが確かめてくれようにも、証拠がすべて無し。

 今までこんな事をした事は無かったのに。
 頭がどうかしている。

 でも、「振込手数料」の220円を損しただけで終わったけど。


 何でも買いたい物を、相談せずに買って来たけれど、心して考えなければ。
 チェンソーも夫が一台持っている。
 私用を買う必要は無い!と思った。 

 それに欲しかった「柚子搾り器」、あとでいくら探しても無い。
 ブログが削除されている感じだった。



 昨夜0時を回っても、同じような式の「柚子搾り器」が無いかと探していたら、やっと見つけた。
       IMG_0191_202101081841087ae.jpg
 上に似た物だった。似ているだけ。




 しかし良く見ていたら、下の搾り器の方が、理に適っていると思う。
       IMG_0190.jpg
 でもこれは、搾り汁が出るにはいいけど、搾りかすの柚子やら、種が落ちる場所が無い。
 手前に搾りかすやら種が出る所をつくってもらわないと。

 どなたか考えて作って下さったら、売れると思うんだけど。

 ちなみに、私が買おうと思った器具は、7335円だったと思う。(税抜きで)
      
        

1月 7日(木)   ズボンのスソ直し

 今朝起きたら、雪が5㍉ほど積もっていた。
 写真を撮ろうとした時にはすでに融けていた。


 その内にまた降って来た。
    IMG_0185.jpg
    IMG_0186.jpg
 雪国の方の事を思えば、申し訳ないほど。


 その後、J君から預かったズボンを2本。
 黒っぽい色なので、ホントは苦手。
 だけど可愛い孫の事、イヤだなんて言えない。

 寸法を測り、切って、アイロンはしている。
 だけど、解くのが難儀。黒色は見えにくいと言うよりも見えない。

 本体にキズを付けないように、解いて、アイロン、縫って、アイロン。
 オーバーロックまでは出来た。

 これからシツケして、クロスステッチを掛ければ良いのだけど今夜は止め!
 眼がもうダメ!


 これから「プレバト」を見なくちゃ。

1月 6日(水)   パソコンが私の手に負えない

 今朝ママは4時頃から起きていた。

 昨夜「明日はT君が一人になるからお願いします」と言っていた。
 その前に、何?か言ったんだけど、聞こえなかった。

 7時半ごろにリビングに出たら、T君が一人。
 「ママは?」   「R君とバレーの練習に出掛けたよ」

 行き先は岡山の方の学校だと。  「それで早くから起きていたんだね」

 
 T君は一日中自宅。
 でも洗濯物を干したり、畳んだり、ママに頼まれた事をしていた。



 私は自分のパソコンを立ち上げたのだけど、何度してもダメ。


 小さな袋を縫っていた。
    IMG_0179.jpg
  スマホと財布が入る位、持ち手はまだ。  


 何度もパソコンを開けようとしたけど、娘のブログを見れないし、自分のブログも開けない。


 ママは帰りが遅いだろうし、遠くまで行っているので疲れているので、
 パソコンは頼めないなぁ、と。


 今日のブログは書けない。
 そう思っていたら、息子が帰宅した。

 「DNSサーバーへの接続がタイムアウトになりました、と出て、私の手には負えない事になっている」
 「何の事かも分からない」

 すると、パソコンの元の辺りへ行ったと思ったら、何かした?
 「1分ほどして、変わらなかったら言って」と言った。

 1分程してパソコンを入れたら、何も無かったかのように、元に戻っていた。
 助かった!

 ママか息子が居なければ、何日経ってもブログは書けない。
 有り難い事である。


 その前に、J君が来宅。
 「制服のズボンの丈を直して欲しい」と、頼まれていた。
  (制服を着る職業)

 ちょっと会わない間に、ますます色白のイケメンになって。
 「身長が伸びた?」   「ちょっと伸びたかも?180㎝は有るね」
 
 「お父さんもお母さんも背が高いからね」、おばあちゃんもなっちゃんも。
 背高家族。

 新年会は出来なかったけど、会えて良かった。
  

 1月 5日(火)   お寺参りと墓参り

 お天気は晴れ。

 あさイチに夫は生ごみ出し、袋入れはいつもママ。

 R君は午前中バレーの部活。
 息子とT君は、自宅でバレー。

 9時半ごろに自宅を出て、寺参りとお墓参り。
 お寺の墓地を買い、お墓を建立しているので、一度に済む。

 本堂にお参りし、お茶を頂いた。
 お寺には、妹さんやお姉さんが代わりに留守番をしておられる。
 毎年の事。

 それから、同じお寺の墓地に有る、従兄弟の家の墓地にお参りした。
 従兄弟(夫の)はケアハウスに入所しているけど、コロナウイルスの関係で、
 1年前にお見舞いにいったきり。

 それから夫が入院、手術した事は告げていないので、知らない。


 それから山の家へ行った。
 道中、年末から工事をしている「崖の吹き付け」をしていた。

 県道から市道に入り、山の家までの距離は4㌔近くあるかな?
 谷川位の川だけど、どこも「西日本豪雨」の関係で、10カ所以上の工事個所がある。
 まだまだこれからの箇所が有る。

 倉敷市の真備地区が甚大な被害を被られたけど、他の箇所がどの位有るのだろう?
 私達の山の家地区の周りが、ホッタラカシにされなくて良かった。


 夫の軽トラに乗っているから、写真が撮れない。

 少し暖かくなったら、自分の車で行って、半分ぐらいでもいいから、
 写真を撮って、記録に残そうと思っている。

 住人は7~8人。
 と言うのも、分からない家が1軒あるから。





       IMG_0156.jpg       IMG_0166_20210105184945c9b.jpg
 我が家では1月1日にうっすらと雪が降ったけれど、山の家ではまだ少し雪が残っていた。
 我が家では、その日のお昼に融けたのに。



     IMG_0167_20210105185203d87.jpg
 正面に見える「杉林」、これが山の家から言うと、南に位置する。
 だから冬には、日当たりが物凄く悪い。
 私が「チェンソー」を買おうと思うのは、この杉の木たちを伐り倒そうと思うから。

 数年前に夫に言ったら、「伐り倒したら、後片付けを綺麗に出来るのか?」と。
 普通そんな事を女性である妻に言う?

 ほんとなら、夫が一人ですればいい事。
 家のすぐ側で、そんなに危ない所でも無い、私がしようと思う位だから。
 「ポツンと・・・」を見ていて、「私でも出来るわ」と思った次第。

 それに後片付けなどしなくても、杉の木だからその内に腐って無くなる。



        IMG_0161_202101051849511c0.jpg
 これは「もち柿」の木。
 細くみえるけど、2~300年の木。とっても美味しい渋柿。

        IMG_0160_20210105184949789.jpg
 これは500年以上の「西条柿」、私が抱かえられない程の太さ。
 これも熟したらとっても甘い、それに干し柿にしても羊羹のような感じ。

 どちらも、枝分かれした位の位置で、上部を切り離したい、脚立を使って。
 でもこれは言って見るだけで、とっても危ない!
 杉林の調子にはいかない事は分かっている。
    
        

 「ポツンと・・・」の家が、山の家から4~5㌔北の山の中に有る。
 わが山の家よりも、もっと不便な所。
 その上、80歳過ぎの女性がお一人で住んでおられる。

 私は、近くまで行ったことはあるけど、家は知らない。
 「ポツンと・・・」の番組が取材に行かれたら良いと思う。


 私は「ポツンと・・・」の事は書いているけど、取材なんて100㌫無理。
 夫は話し上手だし、人当たりが良いけど。(良い処も有る)

 1月 4日(月)   今日も休み

 朝から一日中、底冷えのする日だった。

 R君は今日も朝から部活へ。
 ママは仕事へ。

 
 年末に何処かのテレビで「柚子搾り器」をしていた。
 私は握力が弱いので、便利な物は無いかと常に気にかけていた。

 それで早速ネットで探して注文した。
 だけど普通はすぐに「注文をお受けしました」のメールが入るのに、入らない。
 私の事だから、どこかが間違っているのだろう、とあまり気に留めなかった。
 年末でもあるし。

 ここからがボケの始まり~。
 何処に注文したのかも分からない。
 2~3日して、次々にメールは入って来るのだけど、
 うっかり開いて詐欺に会っても困るし。

 それでも同じメールが入っているのを開いてみた。
 私が注文した所らしい。

 昨夜ママに頼んで、入金してもらう運びに。
 その時にママが「お義母さん、我が家の電話番号を間違っていますよ」と。


 「え~っ、家は何番だった?」すると「○○番です」と。
 我が家の電話番号を間違えて、山の家の電話番号を書いていた。
 それでメールが来るのが遅れた?


 つい先日は、自宅の番地を山の家の番地と間違えて書いていた。
 これは本当に困った事になった。
 「本物のボケ」が始まったかな?

 義母の認知症で20年も介護して困ったのに、
 血の繋がりは無いのだから、ボケては困る。
 周りに私と同じ苦労はさせたくない。


 今朝も息子がT君に、バレーボールの「スパイク」とやらの特訓をしている。

 隣りの居間で。

 「お母さん、ゴムが無い?」と。
 「どんなゴム?色々と有るけど」

 「だいたい何に使うの?」
 柱から柱の間にゴムを張るのに使うと。
 「バレーボールのネットの高さ」に張るんだと。

 T君が走って、新聞紙を丸めてこしらえたボールをゴム越しに投げている?
 何十回も、上手に見えたけど。

 12時過ぎにR君がバレーから帰宅。
 今度はR君も。

 息子も良く練習をしてやるものだと思った。
 私達は、娘にも息子にもそんなに何もしてやれなかった。

 R君の飛んでいるのを見ると、「R君天井に手が届くんじゃぁないの?」
 って言うと、「届くよ」と。


 午後、気が付くと息子達は誰ももいない。

 私達二人は明日、お寺へ新年の挨拶に行き、
 その墓地にあるお墓参りをしようと思っている。

 

1月 3日(日)   夫が81歳になった。

 お天気は晴れ。
 今日の寒さはたいした事なかった。


 R君は朝早くからバレーの部活へ、お昼まで。
 お正月3日間ぐらいゆっくりすれば良いのに。

 強豪校でもないし、先生方も家庭がおありになると思うのに。

 毎年なら今日の3日を、夫の誕生日会と新年会を兼ねてするのだけど。
 息子達から、プレゼントを貰った。
 娘は先日、持って来てくれた。
 私からは、ナシ。


 来年からは、何も無しで、家でそれぞれ好きに、ゆったりと過ごしたい。


 今夜は「ポツンと一軒家」が有る。
 今朝も放映していたので、夫のテレビを「ポツンと・・・」にしておいた。

 ヤッチも無いテレビ番組を見るよりも、山の家が同じような状態なので、参考になる事がいっぱい。
 私よりも高齢な女性が、重労働をされている。

 今度は、私用の「チェンソー」を買おうと思っている。(相談せずに)
 夫に頼むまでも無く、自分用が有れば、好きに出来る。
 「ノコ」を使うのも案外疲れたから。


 息子は歌のレッスン???
 近所の家がくっついていないから、大丈夫だけど。
 夫は何も言わないから、聞こえていない?
 「ヤカマシイ」とは言えない。

 
 年賀状の件、全部印刷で、一言のコメント、メッセージも無い物。
 他人ならともかく、夫の弟妹。

 お正月そうそう、イヤな事を書いたけど、現実問題、いつも感じている事。
 
  

1月 2日(土)   孫達はママの実家へ

 雪が降らなくて良かった。
 凍ってもいない状態。

  
 「夕方には帰る」と言うのに、T君は大きなリュックを」背負って。
 「そのリュックに何が入っているの?」と問うと、「勉強道具だよ」

 そんなに勉強家だった?

 バレーボールの出来る施設にも行くのかな?

 夕方7時ごろだったか?皆帰宅無事に帰宅。

 いつもそうだけど、道路状態が悪い時期なので心配していた。

 私達はそれぞれに過ごした。
 一日中、テレビをかけて、見たり眠ったり。

 
 隣りの部屋からは、息子の歌声が聞こえて来る、毎晩。
 
 今夜はまだだけど、息子がT君にバレーを教えている声やら飛び上がる音が聞こえる。
 嫌がらずに、よく言う事を聞いている。
 身体もガッチリしてきたように思える。
 小3年生、身長145㎝位。
 

 

 
 | ホーム |  » page top