FC2ブログ

リンク


カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

どんぐり

Author:どんぐり
 夫と私(70代の夫婦)と息子夫婦、孫2人の6人家族です。
私達二人は夫の生家である山の家へ通い、家族の健康を願って無農薬に近い野菜作りをしています。
 孫は、11歳(小6)、7歳(小2)の男孫二人。
 ボケ防止のための、日記です。
 


最新記事


月別アーカイブ


水槽


検索フォーム

QRコード

QR

7月 6日(土)   山の家へ、暑かった!


 今朝は特別にする事もなかったけど、キューリを採らないと大きくなっているはず。

 早く目覚めたけど、起きたのは6時前。
 山の家へは7時ごろ着、気温22℃、晴れ。



 キューリがたくさん生っていた。30本位、毎日収穫しなければならない程。
          CIMG2400.jpg



          CIMG2399.jpg
 ナス、モロッコ、トマト。 ピーマン、シシトウも少し。
 一度に色々と出来ても、使い道に困る。




  夫が昨日、大草の多草を刈ってくれた所。
   CIMG2396.jpg  CIMG2387.jpg  CIMG2385.jpg

   CIMG2384.jpg  CIMG2383.jpg  CIMG2392.jpg
 イノシシに荒らされて困っている上に、肝心な事を忘れていた。



          CIMG2394.jpg

          CIMG2397.jpg

 山の家地区は、「地すべり地域」に指定されていて、この工事をなされたのが「平成7年」とある。
 もっと以前に1軒の家が下に地すべりしてから、「地すべり地域」に認定された。


 それよりもっと以前に、我が山の家の、目の前の畑が「地すべり」して、土砂が母家の前まで流れて来た。
 昭和45年の事。(娘がお腹にいる時の事)
  (まだ山の家で同居していた)  
 我が山の家の畑が地すべりしてから、25年してやっと、この工事が完了した事になる。



 でもまだ、この他に、同じ工事の箇所が2カ所で、合計3か所。
 それも同じ我が家だけ、の事。
 その上に、我が山の家と、Kさんの家との間に「大きな井戸」が掘って有る。
 大きいと言っても、直径が2~3メートル、深さが15メートル位?覚えていないけど。


 何を言いたいかと言うと、4,6時中、絶えず地下水を抜いていると言う事。
 50㍍×5本が、3か所。大きな井戸が1カ所。
 我が山の家だけの事で。

 「地すべり」は治まっているのだろうけど、「地盤沈下」が起きている。

 他にも何カ所もあるけど、他所の事は知らない。
 
 だから、その地盤沈下とイノシシとの両方で、畑は荒れ放題!そこに大草の多草。
 歩いていても、靴が足首よりも深く落ちる事が有る。

 母家が、すべり落ちる事は無いけど、下に落ち込む事はあるかも知れない。
 「蔵」は岩盤の上に建っているから大丈夫らしい。
 地域を調査してくださって分かった事。



 でも良い事も有った。(我が山の家だけの事)
 山奥の地域の方は、どこのお家もそうだけど、「水」に困っていた。飲み水も、畑の水もすべて。

 しかしこの「水」のおかげで、よほどの事が無い限り、畑には「タンク」を3か所に置いて賄う事が出来ている。






 今日の仕事は他に、草取り。

 11時の気温31℃。最近には無い程、暑かった!
 そんなに仕事をした訳でも無いのに。

 12時過ぎに帰宅。

 息子達は、R君のバレーの試合の応援に行っていた。
 | ホーム |  page top