FC2ブログ

リンク


カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

どんぐり

Author:どんぐり
 夫と私(70代の夫婦)と息子夫婦、孫2人の6人家族です。
私達二人は夫の生家である山の家へ通い、家族の健康を願って無農薬に近い野菜作りをしています。
 孫は、11歳(小6)、7歳(小2)の男孫二人。
 ボケ防止のための、日記です。
 


最新記事


月別アーカイブ


水槽


検索フォーム

QRコード

QR

6月30日(日)   山の家へ

 昨晩「明日は山の家へ行く?行くなら早く起きなくちゃ」と言ったら、
 「朝起きてみないと分からん」と。


 起きたら「雨が降りょうる」と。
 「じきに止むわ」で、行くことに。


          CIMG2296.jpg
 ゴデチャ。
 山の家着、6時過ぎ、気温25℃、蒸し暑い。


 雨が降っているので、水やりは無し。

 野菜の採り入れ。



           CIMG2297.jpg

 ミニトマトを又倒れないようにくくりつけたり、防鳥ネットを張りたしたり。
 明日はこの右側の緑色のネットの上にもう一段ネットを繫ぐ予定。
 コロ生えのミニトマトなので、イロイロ。
 このもぎ取った葉っぱ類は袋に入れて、外に出した方が良いらしい。

 
 夫はピーマンやシシトウを支柱にくくったり。
          CIMG2298.jpg
 ピーマン等は雨にうたれて倒れかかっているのを起こして。


          CIMG2299.jpg
 左の4本のパプリカ、今年は上手に大きくなって、喜んでいたのに、カメムシにやられている。
 「モロッコ」は先を止めた、鞘がだんだん大きくなってきた。


 時々小雨が降って来たけど、濡れるほどでは無かった。


          CIMG2302.jpg
  キウイが鈴生り、摘果すれば良いのだけれど。剪定も分かっていない(私)。


 11時には気温26℃、1℃上がっただけ。

 12時に帰宅。昼食。


 ママが「山の家では雨が降りました?」って聞いて、「小雨位は降ったけど」と言ったら、
 「我が家は9時過ぎごろ、大雨が降ったんですよ」と。
 
 我が家あたりで良かった、山の家で大雨に降られたら、折角仕事をしようと行ったのに出来ない。
 

 3時過ぎだったか?下に降りたらママが、「叔母さんがキューリをたくさん持って来てくださった」と。
 
 その後、携帯をみたら弟より着信あり、午後2時過ぎ。
 弟にお礼の電話。

 義妹が替わり、「お義姉さんは山の家でどんな野菜を作っています?」と。
 山の家で作っている野菜を言うと、「メモしている」と。
 我が家に無い野菜を、出来たら持って来てくれるそう。

 トマト、ナス、ピーマン、シシトウ、キューリ、モロッコ、ミニトマト。

 絶対に作れない物、第一に、トウモロコシ、これは毎年大量にもらう。
 サルがすごく好きらしくて、100㌫盗られる。ネットを破って食べられる。
 
 ピーマン、シシトウ、セロリ、オクラは食べないかな?
 でも少しづつ植えているだけ。


 我が家にも、ミニトマト2本、キューリ2本植えている。キューリは10本位採った。
 ミニトマトは買った苗なのに、皮が固くて口に残る感じ。もう30個位は食べた。


 今夜は「ポツンと一軒家」を見ていた、それでブログが遅くなった。

   

6月29日(土)   自宅にて

 
 今朝も5時前に目覚め。
 夫に確認に行くと、「今日は行かない、それに雨が降っとる」と。

 「雨は止んでるけど?」
 「特別行ってしなけりゃぁいけない事も無い」

 「私だって特別にする事も無いわ」   それで決まり!

 考えてみれば、買い物やら色々とする事がいっぱい有った。

          CIMG2295.jpg

          CIMG2294.jpg

 ホームセンターに行き、先日夫にプレゼントしたのと同じ「剪定バサミ」を購入(200㍉)、3,180円也。
 (普段」私が使って要るのは、同じ「岡恒製」だけど、180㍉)
 太い枝を切る時、この方が(200㍉)力が入るのでよく切れる。

 それから「虹いろ菜」、熱を加えると色がどうなるか?心配したけど、カラフルな色のままだったので、次にまた植えようと思って。
 他にも色々と購入。

 それから先日、友人と約束した「間引きメロンの料理レシピ」を、友人宅の郵便受けに入れて来た。
 お礼の電話有り。

 食材を買いに行ったり、たまに出掛けると忙しい。


 お天気は晴れていたけれど、夕方には曇って、午後7時過ぎにはパラっと雨が降って、じきに止んだ。
 それで蒸し暑い。




 夫の従兄弟85歳、折角心臓の大手術も成功して(岡山)、近くの市民病院まで帰って来てリハビリ。
 明日が月末なので、7月からは退院して(予定)、介護付きの老人ホームへ。

 ご長男は、東京の方へ家を建てて、世界を飛び回っておられる。
 次男は岡山の東の方へ家を建てて、転勤も有るとか。
 娘さんが一番近い所に、でもお勤め。(今まで一番よくお世話されていた)


 どちらにもお孫さんがおられて、皆お幸せに暮らしておられる。

 他所のご家庭の事だけど、折角元気になられても、住む先が、誰も待ってくれる人のいない「ホーム」。
 認知症でも無く、寝たきりでも無く、ご自分の事は一人で何でも出来るのに、自宅へ帰れない。
 (大きな家は空き家)

 奥さんが生前よく言っておられた、「息子達が一緒に住もうと言ってくれるけど、6畳間ひと間もらって、自分達二人で住むなんて考えられない、荷物だけでも入らない」と。

 「だから、高齢になったら、近くのいま流行りの老人施設へ入ろうと思っている」と。
 奥さんが亡くなって、ほんとに「ホーム」に住む事に。でも一人で。

 
 

 何が幸せなのか?
 高齢者になって、しみじみと考える。

 少々?日に焼けて、色は黒くなっても、夫と元気で農作業出来る事は最高に幸せなのかも知れない。
 夫婦漫才をしながら?
 
 
 

6月28日   山の家へ

 
 昨夜から、明日はどうするんだろう?って思っていたけど聞かなかった。
 雨が降ってもいいように、ちゃんと準備はしていたし。


 今朝の6時ごろ、「山の家へ行くか?」と問いに来た。
 「どうしよう、でも行こうか?」
 「行くのなら、もっと早く起きれば良かった」と言うと、「そんな事は無い、充分じゃ」と。


 朝ご飯を食べて、いざ出発、行きにセブンイレブンに寄って。

 7時ちょっと過ぎて山の家へ、気温20℃。
      CIMG2260.jpg

      CIMG2259.jpg
 早速に、虹いろ菜?他を収穫、というほどの事もないけど。
 虹いろ菜はどんな味か知らないけど、彩りはキレイ。


       CIMG2261.jpg
 セロリとかきチシャも。
 セロリはもうトウが立ってきている。



          CIMG2264.jpg


          CIMG2265.jpg
 昨年も同じ場所だったかな?と思うけど、昔の「石臼?」 「手水鉢?」を畑に出しっぱなしなので、たえず水が溜まっている。
 これは「森アオガエル」の卵?大きな泡の塊。


          CIMG2270.jpg

 菊の挿し木が生き付いて根っこが出ているので、枯れない内に、先日の続きに植えておいた。
 ここら辺りは、野菜を植えたいのだけど、たちまち植える所が無いので、此処へ。


          CIMG2274.jpg
 ほんとはこの向こうの一番端のミョウガを掘り取って、端まで野菜を植えたい。

 しかし、このミョウガも「軟化栽培」をしてみたくて、私が勝手に植えた物。
 たくさんに育ち過ぎて、私一人の力では、掘りうがすのは無理。

 夫に言えば「ヤッチも無い!」 「ミョウガなんかほっとけ、植える所はなんぼでも有る」と。

 何でも植える時には、良く考えて植えなければ、のちのち大変な目に遭う。

 ミョウガをヤッツケル方法を考えてみたけど、何しろ、根っこが蔓延っていくらでも伸びて行く。
 それに、根っこも太いので、私の「プチな」では、「刃」の方がヤラレそう。
 まぁ今年は、もうじきにミョウガが生えて来る、7月半ば過ぎ位から。

 特にたいした事もしなかったのに、暑さにヤラレそうだった。


 先日夫が一人で行った時に、木小屋の下のミョウガの中の大草と、柚子の木の間の草刈りをしてくれたと言うので、見に行って見た。
          CIMG2286.jpg

          CIMG2287.jpg

           CIMG2285.jpg
 先日のお天気の良い時に刈ってくれたので、完全に乾いている。
 しかしこの草の中には、「ヤブジラミ」と言ったかな?人の衣服に大量にくっ付いて、どうしようもない草。

 「お父さん、草刈りをするときは着るもの考えて着てね、あの『ヤブジラミ』だけはドウシヨウモナイから」、
 「手袋は捨てればいいけど、シャツは捨てるわけにもいかないし」と言ってある。

 ところが、その「ヤブジラミ」、至る所に生えて、もう実がいって、黒くなっている。

 12時まで仕事をして、気温30℃。もっと暑い気がしたけれど。
 
 1時に帰宅、昼食。


 今日は午後も休まずに、料理、洗濯。
 
 3時にはT君が帰宅、大きな声で「ただいま~」
 可愛いね~。

 
 そうこうしている内に、夕食の準備をしなくちゃ。





 



        

 6月27日(木)   自宅にて

 
 昨夜から今朝がたは時々雨。
 今日は一日中たいしたことなかった。

 昨日持って帰った野菜達の掃除?

 先日来こしらえていた「酵素ジュース」を取り分けた。
 からだに良いらしいけど、甘い。

 先日思いだせなかったのは「タブレット」。
 今日も暇に勉強?  子供の頃に習った事は分かるのに、今覚えようと思っても無理!
 認知症の予防のため、少しは役に立つのかな?と。


 「ゴデチャ」の花、他所のお宅に作られているのを見て、キレイだから植えたんだけど、倒れるし、ツボミが沢山で花は少し、沢山は要らない、抜いてしまおうと思っていたけれど、飾ってみれば中々キレイで蕾が次々と咲いてくる。
 捨てないで良かった。


 今夕は「プレバト」がある、忘れないようにみよう。

 明日はどうなる?    山の家へ行けるかな?

6月26日   ジャガイモ掘りに


 いつも当日の朝、行く時間を告げるので少し遅くなる。

 それでこの度は、昨夜「明日朝は5時半には家を出るから」と告げておいた。
 4時過ぎに起床、家事をして朝食。


          CIMG2256.jpg
 5時半出発、6時に山の家へ到着、気温17℃。
 早速下に降りて、ジャガイモ掘り。

 おおげさに言う程の事では無い。
 18メートル程のウネを1ウネ掘るだけ。
 それも少しはちょっと前に掘って食べている。
           CIMG2228.jpg
 まぁ51年?の間に、クワを入れただけで土がホロホロと崩れるのは初めて。
 普段は傾斜地の畑なので、上から掘っていく。しかしあまりにも土が崩れるので、下から掘ってあがった。
 上から掘ったら、芋を傷つけてしまうから。

 これは異常に雨が少ないのと、夫が落ち葉をたくさん入れた為だと考えられる。   
 CIMG2232.jpg CIMG2231.jpg CIMG2230.jpg CIMG2229.jpg
 ピンクは何芋だった?二つはメークイン、北アカリ。



 昨年の今頃掘るはずだった芋、春~秋~春を越して、荒れ畑のままの箇所から掘ってみた
          CIMG2250.jpg
 まるでイノシシに荒らされたような感じ。



 CIMG2243.jpg この芋は包丁でもやっと切れる位に固い、食べられない、ちょっと透明感がある。

 CIMG2239.jpg  CIMG2238.jpg その連れ、小さすぎてどうしようかな?

 
    CIMG2248.jpg   CIMG2245.jpg   CIMG2247.jpg
 昨年ちょっと手を入れたミョウガの中は草が少ない。
 この春だったか?18メートルほどミョウガの根っこを植えようとキレイにしたウネ。
 大草が生えたので、夫が草刈りをしてくれた。結局何も植えなかった、正解。


 その後は、友人にもらった「綿の苗」、コマツナの跡に植えたけど、爪楊枝の太さの10センチ程の苗、支柱と言っても細すぎる。
 何を使おうかな?で、切って来た
          CIMG2251.jpg
  赤い実がキレイな枝、ネムの木、樫の木、コシアブラの木。
 30㎝程に切って、綿の苗に添えておいた。(画像無し)


 台風が来ていると言うし、お天気も荒れそう、大雨も降ると。
 ミニトマトのコロ生えを支柱にくくり付けておいた。

 あさの6時から仕事を始めたのに、12時過ぎまでかかった。
 草刈りをしていた夫が、一輪車でジャガイモの入ったコンテナを運び上げてくれた。

 ジャガイモ掘りは6時からしたので、涼しい間だったので、疲れなかった。
 12時の気温27℃、10℃上がっただけ。

 帰宅は1時になった。
 でもこれで雨が降っても、心配無く休める。

 午後はゆっくりと。
 



 


 


 
 

6月25日(火)   パッチワーク教室へ

 
 今朝は先日縫った、大きなバッグを持って。
 ミニタぺの縫いかけを持って行ったのだけど、裏生地を紅茶で染めて使った方が良いとアドバイスもらった。

     CIMG2113.jpg

 ミニタぺのキルトをするつもりだったけど、裏地を紅茶染めにしてからでないと、縫えない。


 で、オシャベリ。  しかしオシャベリも勉強になる事ばかりだから。


 次に何を縫おうかな?で、先生の作品を席に持って来て(見本が沢山有る)、友人達と色々と話して。


 よく見て分かったので、今度は元の位置に返しに行って置いといた。

 すると友人が、「Mさんさっきの作品はどこ?」って。
 私が、「元の位置へ、はろーといた(払ぅといた)」と言ったら、みんなが「ェツ?」と。

 私こそ「ぇっ?」。



 友人達も同じ地域か市内の人が多い、それなのに「方言?」なのか「はろぅといた」が分からない?
 すると誰かが「ぁぁ返しに行ったん」と。   意味が通じた。   (払らった→はろぅた)


 それから、イノシシやサルに困っている事。
 「フキが欲しかった」事。

 我が家には、市場へ出すほど有ったのに(出さないけど)、夫が草刈機で刈り投げた。
 フキを鎌で刈るのは夫の仕事、だから、私は刈らない。

 刈り投げしているので、また生えてきたら、柔らかいのが生えてくるので、持って行ってあげよう。


   CIMG2223.jpg   CIMG2224.jpg   CIMG2222.jpg
 自宅前のアジサイ。
 真ん中の柏葉アジサイはすでにドライフラワーになりかけ。
 山の家のアジサイよりも、小さめで可愛い。



 我が家のR君のバレーの話。
 友人のお孫さんが、R君と同じチームで、先日(一昨日)岡山の先の方へ試合に行って、友人のご夫婦は応援に行かれたそう。
 私達は行かなかった、結果を聞いただけ。

 「準優勝だった」と。

 その友人の言われるには「スゴイ試合だったのよ、惜しかった!」と。
 友人のお孫さんは、5年生だと思うけど、すごくお上手。(前に見に行った時に見た)

 「R君も、セッターでよく頑張ったんですよ」って。
 私はスポーツの事はよく分からない。(帰ったらホメなくちゃ)



 夫は一人で山の家へ行って来た、暑かった!そうである。
 「明日は、一緒に行ってくれ」と。
 ジャガイモを掘らなくちゃ、気にはなっている。

 土産は、ナス、キューリ、茎ブロッコリー、かきチシャ。


 夕方T君「行って来まーす!
 「何処行くの~?」

 「学校」   「気を付けてね~」  「ウン」 
 

6月 24日(月)   今日も休養 

 
 昨日も行かなかったし(山の家へ)、今朝、いちおう夫に聞いたんだけど。
 「今日は色々と用事があるから行かれん」と。
 JA(農協)、病院に~。午前も午後も。


 明日はパッチワークの日、だから、今日行かないと二日も行かない事になる。


 今日も又一日中ゆっくりした。
 夫も「休める時は休んでおいた方がいい」と。


 何をしていたかと言うと、?で、クイズ問題ばかり挑戦?していた。
 ?は名前が出て来ない。近頃はこんな事ばかり。

 超難問問題の漢字、もうこれにハマったら抜け出せない、大好き。


 一昨日、真竹のタケノコを取って帰っていた。
 昔は「真竹の竹の子」は食べられない、と聞いて育った、それに皮が黒っぽい色だし。
 でもそれは、竹細工に使う竹、だからそう言っていたらしい。


 茹でて調理したら、美味しかった。
 タケノコはもう、真竹しかない。 淡竹も終わったし。(淡竹は好きでは無い)


 パッチワークのキルトでもすれば良いのに、縫う気がしない。
 先日大きなバッグを縫っているので、何もしなかった、と言う事にはならないんだけど。


 今午後8時過ぎ、下でママの声がした、と思ったら、出かけようとしている所へ、弟がまた「ビワ」を持って来てくれたと。
 先日よりも、甘くなっていた。
 実家は4㌔程の所。
 

6月23日(日)   休養日

      CIMG1991.jpg


 涼しいからと言って、調子に乗って仕事をしていたらすぐにバテル。

 今朝は、「行くのを止めておこう(山の家へ)」と言う事にして自宅。
 


 5月に心臓の手術をした夫の従兄弟、85歳。
 手術は成功で、心臓の弁を3個取り替えたそう、弁が3個もある事を知らなかった私。
 その後、1か月の入院リハビリで、近くの市民病院へ。

 今朝、夫と二人でお見舞いに行って来た。
 まずは元気そう?で一安心。

 あと少ししたら退院で、その後は「介護付きの老人ホーム」へ入所する予定だそう。


 何だか悲しくなって来た。
 奥さんを7年程前に亡くして、一人住まいだったのを、還暦近い娘さんが(夫婦でお勤め)、週一で通って介護。
 その内に自宅へ呼び寄せて。

 ご夫婦で看てくださっていたけれど、この度の手術で、日中が一人では危ないので、入所する事にされたそう。



 ほんとにピンピンコロリ!と逝きたい、と思っている。

 幸いな事に、今は二人でいる。
 無理をしないで過ごそう、と言ってみる。出来るかな?


 R君は今日、先週の日曜日のバレーで、決勝戦に残ったので、岡山の方へ親子4人で行っている。
 どうだったかな?

6月22日(土)   山の家へ、芋つるを植えた

         CIMG2211.jpg
     ゴデチャの花。 (自宅に持って帰るので、ペットボトルに入れて)


 
 昨夕夫に「明日は山の家へ行かない」と言ったのだけど。

 昨日一日中、自分の部屋でゴロゴロしていたら、今朝は元気になった。

 5時に眼が覚めたら案外涼しい。(深夜にずっと、らじるらじるを聞いているので、起きれない)
 夫に「涼しいから山の家へ行く事にするわ」と、言いに行った。

 「行かん、言うたんじゃないのか?」と。  「まぁ行こう」
 夫は昨日一人で行って、草刈りをして疲れていたらしい。


 山の家着6時過ぎ。気温20℃。
 やはり自宅とは空気感からして違う。

 心配していた、木小屋の下の「柚子の木の間」一人で大草をやっつけてくれていた。
 ミョウガの中の大草だけも。(採るかどうかも分からないのに)


 「地這いキューリ」の苗を3本買っていたので、下の大畑のネットの中へ植えた。
 これは夫に「何処に植えたらいい?」と尋ねたら、「あのカボチャ苗の失敗した所へ植えたらいい」と。

 それに、サツマイモを3個買って、芽出しをしていたのに、時期に間に合わず、今頃になって、15㎝位になったので、植えようか?と。
 これも何処に植えようかと聞いたんだけど、「同じネットの中で良かろう」と。



 「プチな」を持って降りて、「ちょっと耕さなくてはダメなんと違う?」と聞いたら、
 「そんなにせんでも、空いた所にクワでちょこっと穴を掘って植えたらいい」と。
 「どうせ、ろくな芋が出来る訳が無い」と思っているらしかった。

            CIMG2208.jpg
   ほんとにカボチャ苗がダメになった穴に植えた。

            CIMG2207.jpg
 夫の言うように、溝も切らず、手クワの先でちょこっと穴を掘りながら、15本ほど芋の苗を植えておいた。

 昨年も同じ辺りに植えたのに、サルにヤラレテしまった。方法を考えなくちゃ、なんだけど。
 

 側に植えていた、タマネギ、残り30本程は抜いて帰った。ニンニクも抜いた、あとわずか。

          CIMG2209.jpg
 サルにヤラレタ一番小さい玉ねぎは、ニンニクの一かけら、よりも小さい感じ。
 今年は早くから、タマネギを買って食べなければいけない程少ない。

 オクラはやっと、大きくなろう!としているみたい。


 ニラは2ウネ刈り取ったのに、もう食べられる位の長さになった。
          CIMG2196.jpg
 右はセロリと、パプリカの赤色2本と黄色2本。
 セロリはもう食べている。

 夫に「パプリカはこれから、赤や黄色になるんだから」と言ったら、
 「パプリカ?ピーマンかと思ぅた」だって。「今から採ったらダメなんよ」


          CIMG2214.jpg
  このアジサイは墨田の花火?だったかな?



          CIMG2213.jpg
 ありふれた色のアジサイはたくさん有るけれど、このアジサイは「赤い」、もっと赤い色なんだけど。
 この色を増やそうと思っている。



 やっぱり6時過ぎから仕事をすると、良く出来る。
 しかし、時間も長くなるので疲れる。

 11時の気温28℃。
 帰宅、昼食、休み~~。

          

6月21日(金)   やっと休めた

 昨日、休もうと思っていたのに、休めなかった。
 それも朝8時になって、山の家へ行ったので、よけいに疲れた。


 今朝は夫が「散髪に行くから」と一人で出掛けた。

 昨日の暑さで「熱中症になりかけ」位に気分も悪かったので、昨日の午後からずっとエアコンを付けたままで一日中過ごした。

 一日中ゴロゴロしていたら、少し楽になり、ホッとした。


 高齢者が部屋の中で、エアコンもつけずに倒れていた、と話題にあがる事が有るけれど、その気持ちも分かる気がしだした。
 昨年入院騒ぎを起こすまで、自分は大丈夫!と思っていた。


 仕事で疲れる、という事はあるけれど、倒れるほど働く事は無い。
 それが、暑さにはすごく弱い。
 心して過ごさなければ、周りのみんなに迷惑をかける。肝に銘じて。


 別に生活に困っている訳でも無いのに。(S19年生まれ、戦中生まれの74歳)
 夫と一緒の部屋で過ごしていれば、電気代の事なんて思わないかも知れないけど、
 わざわざ別々の2部屋で、それも私の部屋は大きい、これは私の趣味の部分が大きいのだけれど。
 それも気になる処。 


 夫は少し前から、食事の量が減った。
 「ご飯はちょっとでいい」、副菜は普通。

 料理の事は滅多に書かないけれど、それなりに気を使って、栄養面も考えて、作っている。
 夫79歳、私74歳。高齢者である。


 さっき夫が「明日はどうする?」って聞いてきた。(夕方の事)
 「そんなに毎日行かなくてもいいんじゃない?行きたければ一人で行ったら?」
 すると、「一人で行きたくない」と。
 身体の調子がイマイチらしく、一人で行っていて、「何かあったら大変じゃ」と。

 散髪の帰りに、一人で山の家へ行って来たのに。


 夫と話していたら、「去年の夏頃から、疲れやすくなって、ちょっとの事でシンドイ」と。
 「それなら私と一緒よ、熱中症で倒れた位だから」
 
 夕食は午後6時に済ませた。


 夕方、R君のバレーの日、ママとT君と一緒に出掛けた。
 そうそう、午後2時過ぎだったか?雨が降ってきて、T君が3時過ぎに帰る頃、止んだ。
 

6月20日(木)   休むつもりが山の家へ

 夫と昨夜から「明日は山の家へ行くのは止めて、自宅でゆっくりしよう」と決めていた。

 それで今朝、ゆっくりと起きた所へ、知り合いの方から電話あり。

 頼まれごと、断る訳にもいかず、O・K.


 休む気でいるところなので、気乗りがしない。
 結局、8時過ぎに山の家着、気温20℃。
 (山の家地区のかたとは、関係無い事)


 夫が頼まれごとをしている間、私は水やりなど。


 
 あれほどキレイな花が咲くものと期待して大事に育てた「ゴデチャ」、それ程でも無かった。
 倒れるばかりするし、1カ所だけ残して、全部抜こうと思っている。
  CIMG2192.jpg  CIMG2191.jpg  CIMG2190.jpg



 草取りをしていたら、松の木の下に「鳥の巣の抜け殻?」が転がっていた。
    CIMG2188.jpg    CIMG2189.jpg
 何鳥の卵が入っていたのか?
 巣の材料に、PPのロープの朽ちかけたような紐が使われていた。


 モロッコの花が咲かない,いつ咲くの?と思っていたら、咲きました!
    CIMG2195.jpg
 と言っても、花は撮れていませんでした、ツボミだけ。





    CIMG2198.jpg
 先日私が草刈りをしたミョウガの間、「刈ったのか?刈らなかったのか?分からない程多草になった」と言えば、
 夫が「そんな事は無い、刈った所は草も低いから」と。
 


    CIMG2199.jpg
 木小屋の下の多草、これがほんとの多草。 
 白っぽい花が見えている所は、ミョウガ。だけどミョウガはマッタク見えません。

 多草の大草、もう手に負えない。
 その向こう側に「柚子の木」が8本。
 1本は、イノシシが折ってしまっています。

 その柚子の中の多草、「刈るのは二人で刈る」そうです。草刈機を買ってもらったばっかりに!


 どこもかしこも多草の大草。

 10時の気温、30℃。もう熱中症になりそう。

 帰りに、山の家地区の谷川沿い、昨年の大雨災害の箇所、工事が完了したようです。
    CIMG2205.jpg

    CIMG2204.jpg

    CIMG2202.jpg

 市道ですので、人口が少ないからと言って、主要道。
 これで安心して通れます。

 しかしこれからが大変な個所、2カ所。(でも、谷川)
 山の家地区だけの事です。
  

 まだまだ復旧には程遠い。
 大川は至る所が、これから、どうなるんでしょう?

 
 今日は農作業目的で行ったのでは無いので、11時には帰宅。
 
 「部屋のエアコンを付けて休まないと、熱中症になるよ」と言われた。
 
 ほんとに気分が悪くなった。
 昨年の7月3日ごろ、熱中症に罹って、入院したのだから、気を付けないと。

 今、午後6時過ぎ、夕食も済ませた。

 T君、R君はママとスポーツ?に出掛けた。   

    
     

 

   

6月19日(水)   山の家へ、挿し木

 何の考えも無く寝たら、目覚めは6時。
 わぁ~失敗、遅すぎる!


 今朝は「資源ごみ」の日。
 いつもママがゴミ出しの準備をしてくれて、夫が収集場所に持って行ってくれる。


 夫がそんなこんなをしてくれている間に、朝食の準備。
 出掛けるのは、6時半を過ぎた。


 で、山の家着は7時過ぎ、気温18℃。
     CIMG2178.jpg

   クレマチス、?ヒューケラ?の葉挿し、柏葉アジサイ。
   CIMG2182.jpg   CIMG2183.jpg   CIMG2184.jpg


   先日の山アジサイの挿し木、藍の種を蒔いたのが少し大きくなった、綿の実を蒔いた物が双葉から本葉が覗いた。
   CIMG2185.jpg   CIMG2186.jpg   CIMG2187.jpg


 それから「ホオヅキカメムシ」とテントウムシだまし、の捕獲。
 いくらでも湧いてくる感じで、どちらもウジャウジャと。


 下の大畑に降りて、タマネギを少し、ニンニクも。
 タマネギは、植えてだいぶ経った頃に、サルがネットの中に入り、30パーセント位抜いて投げたり、かじったり。
 その中の良い物だけ又植え戻しておいたら、少し大きくなっている。
 大きいのは抜かれ無くて、無事に大きくなった物。
 
    CIMG2180.jpg

    CIMG2181.jpg

 セロリも大きくなってきたので、少し採った。
 キューリも5本は有ったかな?
    


 サルが最近出て来ないので、もうすぐ出るか?安心は出来ない。

 虫捕りやら草取りで時間が経って行く。
 やはり朝の1時間の差は大きい。
 仕事をするなら、6時からが一番なんだけど。

 たまに「雨」が降ってくれるのと、「水タンク」のおかげで、今のところ「水」の心配が無い、と言うのがとっても嬉しい!

 11時半の気温28℃。7時ごろから10℃上がった、暑かった!

 帰宅は12時半頃。
 昼食を作って。
 (疲れていても、昼食を作るのはあたりまえだから。
 (往復の運転は夫)


 午後は休み~~。
 

 孫達は「参観日」で、ママが。

    
  

6月18日(火)   自宅、買い物

 夫は午前中、家周りの草花の手入れ、抜いたり切ったり、削ったり。

 私は久しぶりに買い物。
 まずATMのコーナーへ。クリーニング屋さんへも。


 ホームセンターへ着き、車の中で、今出した現金とカードを財布のそれぞれの位置へ。

 お店の中へ入り、バッグの中を見たら、財布が無い。
 そんなはずは無い、良く確かめた。でも無い。


 車に戻り、助手席を確かめたが無い。
 そんな事があろうはずが無い、のに、無い!


 少々慌てたけど、落ち着いて探した。
 何の事は無い、助手席とドアの間に滑り込んでいて、有りました!


 挿し木用の土、鹿沼土の小粒、パーライト、赤玉土の小粒、鉢底石などを購入。
 オキシベロン、メネデールを探したけど無い、ルートンは以前に買ったのがある。
 店員さんにお聞きしたら、「ルートンで大丈夫ですよ」だって、他が無いだけの話。


 それから昨日、夫と話していて、「剪定ハサミの大きいのを買おうと思っている、手が小さいので、ハサミも小さいのを買っているんだけど、太い枝を切る時はやっぱり大きい方が力がはいるから」と。

 夫は夫で、「ハサミのキレが悪くなったから買おうと思っている」と。
  (剪定ハサミはすでに6丁ぐらいは有る、切れなくなると買うから)
 

 それを思い出して、大きい方の剪定バサミを購入、3,180円也、岡常製。

 他にも色々と買って、帰宅。丁度12時。


 そのハサミを見せると、「父の日のプレゼントか?」だって。
 そういうつもりでは無かったけど、まぁ夫の方が使う頻度が多い。
  (私が使うのは主に野菜だから)

 「プレゼントにするわ」と言うと、「冗談じゃ」だって。
 母の日にはいつも、貰っているし、父では無いけれどプレゼントするのも良いでしょう。

 帰宅後、昼食を作っただけ。

 夕方になって、「酵素ジュース」を作ろうかな?
 山の家からの「梅」、実弟にもらった「ビワ」、どちらも無農薬。
 
 ママはすでに他の野菜や果物で作って飲んでいると言う。


 1週間ほどで出来上がるらしい、
 身体に良い事をしなくちゃ!
 梅酒は良いんだけど、いつもは飲めない、飲酒になるから。

 そんなこんなで、特に何もしないで、一日が終った。

6月17日(月)   山の家へ

 昨日行ったから、今日は山の家へは行かない、と思っていたら、
 「ちょっと山の家へ行って来るから、朝食だけ作ってくれ」と、言って来た。

 朝6時の事。
 「行くならもっと早く起きるんだったのに」
 「それに行くなら一緒に行くから」

 慌てて朝食を済ませて出かけた。


 山の家着、7時、気温15℃。
 付いて来たのには訳が有る。


 昨日の「柚子の枝」、片付けていなかった枝が有る。
 枝、とはいえ、私の腕の太さ。

        CIMG2150.jpg
 家よりも手前の道路ばた、右側。
 道路の左側の上の畑に柚子の木。

       CIMG2147.jpg
 このトタンの道路側に昨日伐って忘れていた、柚子の枝(太い)。
 これはバレない内に片付けた。



 夫は家の上の方の草刈りをすると言う。

 それで昨日は、脚立を持って行かなかったので、よけいに伐るのがむずかしかったので、脚立の古いのを持って行き、又3本伐った。
 計6本だと思うけど、大きな1本の柚子の木の枝。


        CIMG2155.jpg
 上手い事、私に当たらずに落ちて来た。



        CIMG2156.jpg

        CIMG2158.jpg
 

        CIMG2162.jpg
 この柚子の木の間の上の方に見える「丸い葉っぱ」が「柿の木の葉」

 この柿の枝が、道路の向こう側からこちらの柚子の木の間に垂れてきているのに、柚子の木が邪魔になって、「柿」が取れません。

 それで、柚子の枝を伐って、隙間から柿の実を採ろうという算段です。
 どうせ、大きな脚立に上がって、高枝切りでないと、採れませんが。


 この柿が、干し柿にすると、とってもキレイな色になり、甘すぎず、美味しいのです。
 30個位しか作れませんが、お金に替えられない贅沢?です。


 なぜ、内緒で伐っているかというと、自分は私の大事な花木を勝手に伐るくせに、同じ事をすると文句を言うから。



 今朝もケッサク?
 私が数か月前に勝手に伐った木の事で、
 「あれは大事な木だったのに、勝手に伐ってから、目を話したら何をするか分からん!」だ・と。


 それで、「ほんとに、ほっといたら、何の木を伐るか分からんよ!」と言ったのだけど、
 まだユズの木の大きな枝を6本も伐られた事に、気付いていない。
 まぁ柚子が、100個ぐらい少なくなったって、たかが知れている。


 それに、本気で怒る事は無い性格だから。
 その時は「お父さん、柚子の枝を伐っておいたから、柿の実を採ってくれるのが楽になったよ」と。


 冗談は別にして、大きな固いトゲは有るし、周りじゅうがトゲだらけ、私の身体にキズ一つしないで済んだものだと思っています。



 茎ブロッコリーに、「テントウムシダマシ」がブルブルするほどくっ付いて、どうしようかと?
 ぼ―ルに洗剤を溶かし、その中に落とし入れてみたけれど、ちょっと枝に当たったらすぐ土に落ちて、逃げる。

 手で捕まえて、ひねりつぶす、のが一番早い。
      CIMG2166.jpg
 

 先日から何回か捕獲している、ピーマンやシシトウにくる虫、「ホオズキカメムシ」でした。
 今朝もいっぱい潰しました。
 カメムシと言っても、家周りに来るカメムシはすごく臭いけど、このホオズキカメムシは潰しても臭くありませんでした。



 余談の話ですが、私は3~4才頃から、蝶々やトンボを取るのがすごく上手だったそうです。(祖母の話)
 だから、みんなに嫌われながら、「ゴキブリ」も手で捕まえます。その方が早い!
 もちろん後でキレイに洗いますが。

 12時の気温、28℃。
 買い物をして帰宅は1時半、昼食。

 4時前にはT君を〇会へ。

 今日はほんとに疲れました!
 明日は一日自宅で過ごす予定です。 
  
   

   

6月16日(日)   父の日、山の家へ


 「父の日」だっていつもと同じ。

 朝4時半起床、朝食の準備をして、夫を起こす。

 5時半ごろに出発、6時過ぎに山の家着、気温17℃。

   CIMG2133.jpg


   CIMG2138.jpg


   CIMG2139.jpg


 山の家の標高はよく分からないけれど、250㍍位?
 谷底から霧が沸き上がってくる感じ。
 そして全体が霧に包まれた。
 

 昨日の雨のおかげで、野菜はいきいきしている。

 残りのオクラ6ポット、トマト3本を植えた。

 モロッコと言う豆を始めて植えた、ツルが180㎝位に伸びているのに、花が咲かない。
 こういう種類なのね?

 梅を採った、全部で1㌔位。
 夫が強剪定したのが2~3年前、それで物凄くたくさんの枝が茂って「実」どころでは無いのだろうと思う。
 枝を少し切ったけど、本気で剪定しなければ、実はなりそうにない。

 CIMG2142.jpg

 ピーマンとシシトウに先日と同じ虫がついていた、ボールの水に洗剤を溶かして入れたらと。ウジャウジャ
 そして葉裏には、この卵が付いていた。


 色々と仕事をしても、朝早くからなので、良くはかどる。

 夫に内緒で、柚子の木の太い枝を伐った。
 夫に内緒(離れた所で仕事をしている)なのに、下のKさんに見つかった。


 私の大事な「干し柿用の柿木の枝」が、柚子の木と一緒になっているので、柚子の木の太い枝が邪魔。 
 その邪魔な枝を3本伐っただけ、竹藪に突っ込んでおいた。


他にも色々としたけど、忘れた。

12時には帰宅。


 ママとR君、T君は、岡山の東の方へバレーの試合に、息子は何か?のコーチの??

 息子達には、「父の日」のプレゼントを色々ともらった。

 娘からは電話があり、「今日の講演会は無事おわりました」と。
 プレゼントは後日と。

 私とは母娘なのに、いろんな事がマッタク違う。
 講演会が好きだと。
 「大勢の人の前に立っても恥ずかしく無い」と。

 これは父親に似ている。
 ママも同じく堂々としている、息子も同じ。
 私だけ?

 娘に言うと「それぞれに取り得があるんだから、良いんじゃない」と。
 まぁそう思う事にしときましょう。

 R君の今日のバレーの試合、決勝に残ったので、今度の日曜日に、決勝戦をするんだと。
 みんな頑張っている、私も頑張らなくちゃ!
    
 父の日なので、少し豪華な夕食にした。

 

 今日山の家から帰ったら、玄関に「ビワ」が置いてあった。
 実弟からだろうと思い電話した。
 「たいてい甘いと思うんだけど、又持って行くから」と。
 いつも気にかけてくれて、有り難い。  

6月15日(土)   一日中雨

 昨夜から雨が続いている。
 天気予報では、大荒れ、との事だったけど、時々雨と風が吹く程度。

 R君はバレーに行った模様。

 夫は今日はゆっくりすると。

 私も、な~~んにもしなかった、ゆっくりと休めた。


 窓を開けているだけで、蒸し暑くも無い。

 朝、昼、夕、ちゃんと食事もした。

 明日の天気はどうかな?


 娘の講演会が明日、聞きには行かない。(聞いてみたい気もするけど)
 

6月14日(金)   涼しい朝、山の家へ

 今朝もとっても涼しい、山の家へ行かなくちゃ!
 起床は4時半頃。

 朝食を作り、夫を起こして。

 昼食の材料を買いに行き、山の家へ。(帰りに行くのはイヤだから)
 山の家の冷蔵庫へ入れておいて。(忘れないようにしなくちゃ)


   今日のブログも又、変な事になってしまった! 

続きを読む »

6月13日(木)   自宅でバッグの仕上げ

 今朝起きてみたら、とっても涼しい。
 夫に、「今朝はどうするの?」って聞きに行ってみた。

 「今日はもぅ良かろう、行くつもりか?」って。
 「あまりにも涼しいから、農作業には丁度良いかも?」

 「何かする事が有るんか?」   「別に無いけど」
 「そんなら今日は家でゆっくりしょう」


 と言う訳で、パッチのバッグを仕上げる事に。

 夫は、買って来ていた「花苗」を家の周りに植えていた。



 夕食前までに、もう一枚。
 秋の文化祭までの課題、インターロック・スクエアー。出来上がりが、26×26.

 先に5枚作ったのは、大きなバッグにしたから、追加。

    CIMG2120.jpg
 これをひま暇に、キルトをし、周りに1センチのパイピングをしたら完成。




 出来上がったデッカイバッグ。縦が26㎝、横が26㎝、マチが26㎝。
 課題の物と同じ大きさを5枚使用、大きすぎる。
 それに、バッグの口をファスナー開きに。
 9㎝×26㎝のキルトした布を2枚でファスナーを付けた。
 もう少し幅を狭くすれば良かった。何もかもあとの祭り。


   CIMG2113.jpg  CIMG2115.jpg   CIMG2116.jpg
 マチの上部に大きなマジックを付けた(黒色)


   CIMG2117.jpg  CIMG2118.jpg  CIMG2119.jpg
 バッグの口部分(開口部)、ファスナーを長く付けているので、全部開く。26×4=108(㎝)
 普段使いにはデッカイので、パッチワーク教室に行くとき用に。

 良い悪いは別にして、出来上がったのでホッとした。


 今夕は、孫二人とも習い事へ。





6月12日(水)   山の家へ

 
 昨秋頃までは、「何もせんでもええから、一緒に行こう」と言われて、渋々付いて行っていたように思う。

 ところが今年に入り、自分でもよく分からない心境の変化?
 自分から「山の家へ行こう」と言うようになって来た。

 それも朝早くから、なら。


 夫は昨日、私がパッチワーク教室へ行っている間、一人で山の家へ行って来た。
 それで今日は自宅で休む予定だったらしい。

 5時半ごろに朝食を済ませ、「山の家へ行く事にするわ」と言って見た。
 「一人じゃぁ危ないから、一緒に行くから待ってくれ」と。


 山の家着、6時半、気温14℃。(昨日は13℃だったと)

 最初は水やり。
 ジャガイモを3株掘った、小さな物ばかり、水不足だったのも影響している。
 タマネギも小っちゃい、これは苗の時、サルに抜かれて、植え直したからかな?
 ニンニクは多草の中。
 茎ブロッコリーを少々、かきチシャを数枚。

 
 畑はいっぱい空いているのに、便利な所と言えば「家の横」、狭い。

 ニラを4畝(黄ニラもⅠ畝有ったけど止めた)、滅多に必要無し。
 そこで、2畝切ってしまって、他の物を植えることにした。

    CIMG2100.jpg

  ニラの隣りに、サトイモ2畝、その向こうにオクラ、ニンジン、コマツナ。

  CIMG2102.jpg

 ワラを敷いているので、それが「プチな」に巻き付くので、ワラの向きを変えたりしながら。


 ニラの間に1ウネづつ作り、何か?植えよう。



 サトイモとオクラの間は発酵鶏糞を撒いて、「プチな」で耕し(草退治)、改めて、畝作り機を取り付けて、ウネ立てをした。
 此処には、落ち葉堆肥を入れようと思っている。案外深いウネ。
   CIMG2106.jpg

 夫は「何を思って、急に野菜作りを本気でやりだしたか?」と、思っているらしい、口には出さないけど。


 縫い物ばかりしていると、眼が痛い、山の家に居ると健康的、一番の理由はそのことかな?(私も口には出さないけど)

 11時の気温、24℃。もっと暑いはず?と思ったのに。

 12時前に帰宅、昼食作り。


 午後はゆっくりと。

 3時過ぎに帰って来たT君、知らぬ間にソファーの上でお昼寝をしていた。
 疲れたんでしょうね。

6月11日(火)   パッチワーク教室


 「インターロック・スクエアー」のパターンで、約25㎝角を5枚。
 一枚を底部分、あとの4枚をグルリ。
 大きなバッグになる。

 今朝、先生にお聞きして、どんな形になるか、決めた。
 持ち手も購入。


 いつもの事ながら、少しは手も動かしたけど、オシャベリ。


 この「インターロック・スクエアー」のパターンを最初に習った時、
 皆ノートに書き取るんだけど、布の繫ぎ方とか、順序だてての方法も書いた。


 Kさんが一番に、きめ細かくノートに書いて教えてもらわれていた。
 その後、別の大きなバッグ等を作られた。

 ちょっと期間が空けば、皆同じ年代で忘れてしまう。
 「私がした失敗と同じ失敗をしたんね」


 そのKさん(79歳)、ちょっと前にも書いたけど、美容室で髪をカットし、パーマをかけて、毛染め、セット。
 その上に「カツラ」を買って、かぶっていた。

 最近そのカツラをかぶるのを止めて、自然のままのスタイル。
 ほとんど白髪、毛染めした部分が少~しふわりと、残っている程度で、とってもキレイ!上品だし。

 「毛染めを止めたら、毛が生えてきた」と。
 全体に普通なんだけど(禿げていない)、前の生え際は生えてきているのが分かるほど、だと。

 疑っているわけでは無いけれど、「そんな事が有るのね~、ほんとにフサフサだもの」
 79歳になっても、自然に髪の毛が増えるとは。

 ちなみに、髪の毛がフワッとした時、水の代りに手で「ツバキ油」を付けるとか。


 「パッチワーク教室」なのですが、その失敗をしながらも、話は色々と違う方向に。

 帰り際にそのKさんに、ジャガイモ、キューリ、エンドウ、ニンニクをもらって帰りました。
 (夫に、他人の好意は素直に頂く事と、いつも言われているので)


 山の家へ行っていた夫、12時過ぎには帰って来た。
 何をして来たかは聞かなかった。


 午後はバッグの続きを少しだけ縫った。


 今夕はR君、バレーの日。
 
 


6月10日(月)   自宅、午後雷雨


 今朝はちょっと肌寒い感じ。


 夫は、「自分の部屋のエアコンの調子が悪いから、電気屋さんへ行って来る」とでかけた。
 
 リモコンの電池を入れ替えても??
 聞いても、こちらが訳が分からない事。

 じきに帰宅したかと思うと、「リモコンの電池のバッテリーは有るけぇど、電池そのものが、だいぶ前の物」だったらしい。 
 電池の新しい物に替えたら良くなった、と。

 「それなら、電池もその時その時に買った方がいい、と言う事ね?」
 「そういう事」

 私は昨日、ヘイゼイ使わない箇所の筋肉を使ったために、今日は疲れが出た。(ノコやらツチ、クワを使った)
 で、キルトを少ししただけ。


 午後3時前に、北の空が暗くなってきて、風もあやしい感じ。
 慌てて洗濯物を取り込んだ。

 間一髪で、雨が降り出した。

 3時過ぎに大雨が降り出した。
 その中をT君が帰宅、ビシャコ!

 「バァバ、寒いよ」   「びしょ濡れだから、すぐに着替えをしてね」

 その内に、大雷!!  「雷注意報」が出た。

 今日は○会に行く日。  
 「T君どうする?雷注意報が出てるんだけど、行く?」

  「ウン、行くよ」
 それで、送って行った。
 4時ごろまで降っていた雨も、雷も止んだ。ヤレヤレ。
 

 明日はパッチワーク教室。

6月 9日(日)   水タンクの設置


 気持ちの良い涼しさなので、山の家へ行く事に。
 朝7時に着いた、気温16℃。

 私は「水タンクの設置」、一人で。


 夫は最初何をしていたか知らない、自分の事で精いっぱい。
  CIMG2082_20190609141302233.jpg  CIMG2081.jpg  CIMG2080.jpg

 大畑の上の段の畑のゲシの内側(70㎝位)に設置する事に決めた。
 つい先日、私が草刈りをした所。

 このタンクのバルブには、昨日購入して今朝、夫が普通サイズの水道パイプを取り付けてくれた。

 一人で畑を掘って、1メートルの角杭を打ち込み(3本)、トタンの有り合わせを使って、トタン用の鉄筋杭を打ち込んだ。

 そこへ夫が見に来て、「傾斜地へタンクを据え付けるのなら、奥側が低くなる位に掘り込んでおかないとダメ、設計が悪い」んだと!
 私は生まれて初めて、こんな仕事をしているのに、最初に言ってくれない?

 でも、「それはそうだ」、確かに設計は悪い。
 もうタンクを据え付けていたので、あとになったけど、後ろ側をクワで掘り込んだ。
 いい塩梅になった。


 このタンクは、夫が定年退職をする前に、私が勝手に購入して、納屋の外にホッタラカシにしたまま。
 20年以上も経っているので、新品だけど汚れている。


     CIMG2083.jpg  CIMG2090.jpg  CIMG2091.jpg


    CIMG2084.jpg CIMG2085.jpg CIMG2086.jpg


 夫は、下の大畑に「カボチャ」の苗のヒョロヒョロしたのを4本、植えていました。
 私が、タンクを据え付けて、500㍑溜めた水を使って。


 11時の気温26℃。
 一所懸命仕事をしたので、暑かったけど、風が爽やかで助かりました。

 まだこの畑の草刈りをしなくちゃ、なんだけど。

 寄り道をしながら帰宅したら、昼食は2時過ぎになった。





 昨日息子に、「ブログが書けない、と言うか?全体的に閲覧出来ない?どうなっているのか訳が分からない」
  などと色々と話して、ブログが書けるようにしてくれた。

 ところが、慣れないので、使い方がよく分からない。

 書いたのに、どうなった?
 話があとさき?
 その内に慣れるとは思いたい。

 それで、こんな最後に写真、となってしまった??
   CIMG2089.jpg



  CIMG2088.jpg

 上の青いタンク(700㍑)に入れた水を、下の黄色のタンク(500㍑)に入れて、下の大畑に植えた野菜に水をやる。

 昨秋までは、青いタンクから長~~くパイプを引っ張って、同じように水やりをしていました。

 折角、水タンクが遊んでいるのに、モッタイナイ!と、やっと使用出来る事になりました。

 青タンク~黄色タンクまでのパイプは、草刈りをする時に刈ってしまわないようにと、パイプを丸管に通したり、土に埋め込んだり。


 と、こういう事です。情けない!





    

6月 8日(土)   二人で山の家へ

 今朝は6時半前に出発。
 行きに「セブンイレブン」に寄り、ネットで購入の代金を支払い。


 山の家へは、7時過ぎ着、気温18℃。

CIMG2066.jpg CIMG2072.jpg CIMG2077.jpg CIMG2078.jpg

 綿の種、藍の種、菜の種を蒔いた物の上に「寒冷紗」を掛けていたら、その中に「蛾」が入っていて、側に行くと「乱舞」する。
 気持ちが悪い、しかし、どこから入ったのだろう?

 家の上の畑の「ツツジ類」、満開を過ぎている。

 オクラが中々大きくならない。

 コマツナはみるみる大きくなっている。
  



    CIMG2075.jpg

 昨日の雨で、野菜達がイキイキとしている。
 私も嬉しい!

 この緑色のネットで囲っている。
 しかし、網目の糸が細いのか?サルが食い千切る。
 それで、補修をしたけれど、今度はその側をまた、食い千切る。
 そこで、下の方にはトタンを巻いてみた。

 上の方で「サルの泣き声」がする、私達が帰るのを待っている。




  CIMG2069.jpg
 「セロリの軟化」まではいかなくても、少し柔らかく作ろうと、「畔並みシート」?だったかで囲ってみた。





  CIMG2070.jpg

 大畑の上の段の畑に「水タンク」(500㍑)を置いた。(夫にイヤがられながら)
 今日の帰りに、コメリに寄って、水を出す箇所の「バルブ」から~普通の水を出すパイプまで、パイプの大きさをだんだん替えて。
 上手い事いくと思うんだけど。



 2時頃だったか?帰宅。(1時過ぎの山の家の気温、28℃)



 息子にパソコンが使えない事を言って(私が)、直してもらった。
 聞いても訳は分からない、けど、使えるようにしてくれたので、ブログが書けました。

 今まで使っていたのが、「I E](インターネット エクスプローラー)で、
 今度のが「エッジ」だとか。
 
    
   

6月 7日(金)   待望の雨!ゆっくりと

 8日に書いています。

 六月7日は、久しぶりの雨!
 昨日までに、色々と準備をしていたので、「今日はゆっくりできる」と。

 1日中何もせずに、それぞれに自分の部屋で過ごした。
 しかし、パソコンが「言う事を聞かない」ので、ブログも書けず。

 昨日、丁度パソコンが言う事をきかなくなる前に、
 ママに頼んで、ネットで注文した物を、セブンイレブンで支払いが出来るようにしてもらっていた。
 それで助かった!

 もういくら考えてもドウシヨウモナイ。
 自分では何も出来ないんだから。

 明日、みんな忙しくしているんだけど、パソコンをどうにかしてもらおう!

6月 6日(木)   山の家も暑かった!

 今朝も山の家へ行こうか?どうしようか?迷ったけれど、
 金曜日から雨だそうなので、「今日は行こう」という事に。

 山の家着、7時過ぎ、気温18℃。
 野菜達に水やり。草取り。

 じきに日が当たってきた。暑くなる。
 坂道を上へ下へ。

 20年以上前に購入して、そのままにしていた「水タンク」、何百リッター入りだったかも忘れた。
 水不足で困っているのに、このタンクを使わないと言う手は無い。

 夫に言うと、「タンクは今有るだけで十分だ」と。
 手伝ってくれないなら、自分一人でも運べるはず?

 買った当時は、若かった、一人でどうにでもなったはず?
 しかし、10メートルそこらなら、大丈夫なんだけど、狭い箇所も有り、坂道も有りで、
 どう考えても、一人ではダメ!

 夫に頼んで、手伝ってもらった。
 最初は一輪車に乗せて、難しい所は二人で持ち上げて。
 
 大畑の上の段の畑まで運んだ。

 


 此処からは、8日の午後に書いています。

 此処まで書いて、次に進もうとした頃に、「急」

 書けなくなった?

 色々と試してみたけど、いつものように出来ない。

 「このWebページに問題があるため・・・・・・・・」


 「インターネットExplorerlはこのWebサイトの復元を中止しました」とか。

 「Webサイトに継続して問題が発生している可能性があります」とか。

 「表示されていたページに戻る事ができませんでした」とか。

 分からないままに、あちこち触りまくっていたら、余計に訳の分からない文面が出て来て困った。

6月 5日(水)   自宅で

 昨日、涼しい間に農作業をしたので、疲れはそれほどでも無いと思っていた。
 しかし、そこはやはり高齢者。
 今朝は行く気にはならなかった、二人とも。


 涼しければ、いくらでも仕事が出来る気がして、頑張るんだけど、疲れた!


 昨日、夫は藏の下の草刈り~これは男松を数本、フキがたくさん生えている、ユズの木が10本ほど有るので、私には無理!

 私が刈った所~面積的には少し広いけれど、邪魔物が無いので楽。

 そこで、夫が「フキがモッタイナイから、先に切って束ねておいた」と。
 これは、(フキの料理をしてくれ)と言う事。

 疲れて帰ったのに、と思って、昨日はそのまま。


 午前中は何にもせずに、ボケ~ッと過ごした。よけいに疲れが出た感じ。
   (朝食と洗濯はしたけど)

 昼食後、それでも「フキ」をどうにかしようかな?
 茹でて、皮剥きをし、灰汁だし~~佃煮風にした、美味しかった。




 草刈り機も、広告に出ているのを見れば、もっと安いのが色々と有るのに、4万円も出した(農機具やさん)。
 軽くて扱いやすいけれど。

 ミニの耕運機?「プチな」、「これは軽いから、畑の上でピョンピョンするので、
 危ないから気を付けてくださいね」と農機具屋さんに念押しされていた。

 けれど、この「プチな」、とっても使い易い。
 これのおかげで、草退治に溝切りに多いに活躍してくれている。

 我が家のように、狭い畑やら、段差のある畑、方向転換が危ないかな?
 と思ったら、両手で持ち上げてクルッと回す。
 いとも簡単に。

 だから気軽に畑仕事をしようかな?と言う気になっている。
 夫も「これが7万円なら、安いもんじゃ」と。
 ( 私が農作業の手伝い?をするからだけど)

 夕方5時、もう夕食を済ませた。
 で、暑い!
 私の部屋の気温を見たら、30℃
 4か所の窓を開けているので、風は通っている。なのに?

 夫はエアコンをつけている、けど、私はつけていない。
 どうしようかな?

6月 4日(火)   草刈りに

 
 5時起床のつもりが、4時過ぎから目覚めた。

 でも朝食を済ませて、5時半出発のつもりが、少々遅れ、山の家着は6時10分。
 気温16℃。

 私は堆肥舎の段のミョウガの中の草刈り。
 夫は、蔵の下の草刈り。


    CIMG1999.jpg この状態の箇所を


    CIMG2036.jpg
 始めて草刈り機で刈った、まだ多草だけど。
 1時間でここら辺りを済ませた。

 昨年は手で、草取り、間引きをして、大きくなったのに、ミョウガは取らずじまい。
 そのうえ、肥料をやっていないそうで、ミョウガの茎が貧弱。

 上の方で、横1列なのは「お茶の木」、新芽が出揃っているので茶摘みをすれば良いのだけど?


 
   CIMG2037.jpg
 ネットの中の野菜たちに水やり。
 雨が降らないので、水不足。

 ピーマン、シシトウ、全部で10本植えているだけ。
 それなのに、カメムシ?が鈴なりにくっついている。
 ボールに洗剤を落とし、その中にカメムシを落とし込んだ、上手いこといった。
        CIMG2021.jpg 150匹は居たと思う。



    CIMG2038.jpg
 ジャガイモの孫芋、これを夫は「栗」だと思い込んでたべたので、「ちっとも美味しくなかった」と。
 そりゃぁそうでしょうよ、実が充実してないので。


    CIMG2033.jpg    CIMG2032.jpg    CIMG2030.jpg
 スモークツリーだったかな?

 
    CIMG2029.jpg
 少し花数が多くなってきたけど、今度は散り始めた。


    CIMG2027.jpg
  この「蛾」が、乱舞している?
  物凄い数、とっても気持ちが悪い。(写真にはこれだけ写すのがやっと)
  県道筋に出ても、すごい数が舞っている。

 
 11時には26℃、蒸し暑かった。

 コメリに寄って帰ったら、12時前帰宅。

 午後はゆっくりと。


 
 

6月 3日(月)   疲れて自宅

 昨夕、ママたちが帰宅、お土産をもらった。
 「大久野島へ行って来ました、ウサギのたくさんいる島」だと。

 私達は早くに山の家へ出掛けたので、いつ出発したのか知らないんだけど。
 しまなみ海道を通った、とか。カーナビ通りと。

 「若い」って良いね!   

 私達は遊びに行くのも億劫になった。

 その点、山の家は良い。お小遣いも要らなければ、好き勝手に出来る。



 今朝は、昨日の疲れが出て、夫は1日中休むそうだ。79歳!
 私は、する事がいっぱい有る。 
 水替えをしているとは言え、「山椒の実」をどうにかしなくちゃ。
 これは、ちょっと目を離したすきに、最後の最後で、焦がした。

 自分の使うぶんにはどうでも良いんだけど、友人達にはあげられない事となった。
 
 花苗を植えておいた。


 「ジャガイモ」の話。
 昨年のジャガイモ、時々野菜の収穫に降りたとき(大畑から)、ついでに中ぐらいのバケツに一杯、手で掘って持って上がっていた。何度も。

 ジャガイモの中に大草の多草が生えてきた。
 例年ならば、夫が「ジャガイモ掘りをしよう」と言うのに、言わなかった、でそのまま時が過ぎた。

 自分の掘ったジャガイモが有ったので、忘れてしまった。
 秋頃だったか?
 「お父さん、ジャガイモを掘らなくてもいいの?」と言うと、
 「お前が全部掘ったんじゃないのか?」

 そんなバカな!  15メートル程の畝、9畝ほど有った。
 私が掘ったのは、2畝ほど。

 残りが⑦畝。モッタイナイ事をした。
 不思議な事にサルも、そこここをツツイテいるだけで、掘った物も散らかしている。

 あれほど何もかも食べられて困っているのに、ジャガイモはあまり好きでは無いらしい。
 イノシシは、トタンで囲っているので入らない。

 「秋ジャガ」を植えなくても、出来るかな?と思ったけど、そのまま。
 昨日、そのままのジャガイモの「コロ生え」を引っ張ってみたら、小さなジャガイモが付いて出てきた。
 「孫イモ」になるのか?  春~秋~春。だから。

 「モグラ」が、そこら中大穴を空けている。
 その上にぶら下がるように、小さな子芋。
 面白い、と言えば、面白い恰好、だった。


 勿体ないから食べてみたら、結構美味しかった。

 お昼には、カレーを作った。
 それに、そのジャガイモの小っちゃいのと、ニンニクを唐揚げした。
 キューリの酢の物。

 午後、「あのカレーは美味しかったよ、でも栗はイマイチだった」と、言ってきた。(食事はそれぞれに自分の部屋)
 「エッ、栗? 栗なんて使ってないけど?」

 「栗じゃぁ無い?ほんなら何?」
 「ぁぁジャガイモの小っちゃいのを唐揚げにした物の事?」
 「ジャガイモだったんか、そうじゃろぅ、美味しゅうなかった」

 私としては、結構イケたんだけど、好みの違い。


 午後4時前に、T君を〇会へ送って行った。

 今、午後7時過ぎ。夕食を済ませ、ブログを書いた。



 夫が「明日朝は早く行こう」と言ってきた。
 私、「明日朝は、5時起き、山の家での草刈りは6時からにするから」

 「ぉぉそりゃぁ早い」
 「早くないと、草刈は無理」
 で、決まり!
 

6月 2日(日)   山の家へ

 昨夜遅くまで縫って、袋部分だけが出来た。
 まだキルトをしていない箇所が有るけど、又ひま暇に縫っていこう。

    CIMG2020.jpg
 底部分が25センチ角。周りは25センチ角を4枚繋いだ。
 袋の口部分は、30センチのファスナーを付けようと思っている。
 持ち手はどうする? 先生に相談してみようと思っている。


 今朝は5時過ぎに起きて、朝食の準備。
 日曜日だし、昨夜遅かったので、山の家へはどうしようか?と。

 夫が「どうする?行く行かない?」と問うので、「涼しいから行こうか?」


 山の家着、7時。 気温17℃。
 夫は、キューりにネット、モロッコ豆にもネット。

 私は、菊、ゴデチャ、ナデシコが倒れかかっているので、買ってきた1メートルの角材を打ち込み、竹をくくった。

 夫が「花に、そんなにまで頑丈にせんでも良かろう」と言ったけど。

    CIMG2018.jpg
 アジサイをたくさん植えているのに、一番早く花を付けたのは、この山アジサイ、ピンボケだけど。

 11時の気温22℃、7時から5℃上がっただけ。

 ニンニクを食べる分だけ収穫? まだ実が充実していない。
 先日、特産所で購入したら、1個が250円だった。(一塊)  それならと。

 12時過ぎに帰宅。
 みんなは何処かへ出かけていた。
 



 昨年の集中豪雨災害で、山の家地区、近くでも災害は遭った。
    CIMG0429_201906021755127ca.jpg
 谷川の本筋に左手の谷川が流れ込んでいる箇所、市道が無くなりかけていた所を補修してくださった。
 (ここは、数か月前に改修済)



    CIMG0411_20190602175400a55.jpg
  ここも谷川の本筋、現在改修してくださっている。市道。(2人で)。

 山の家、関係だけでも、まだ何箇所も有る。
 谷が深いので、、なかなか大ごと。

 
 大災害の遭った個所は、まだまだ手付かず状態。
 いちおう、土嚢、では無く、土の代わりに大きな石の入った黒色袋、を積み重ねて有る。

 我が家から山の家まで、正確に測ったことはないけど、だいたい20キロ足らず。車で30分。
 川沿いの道路、昔からの護岸は石積みが多い。
 その一番底部分が崩れている箇所が多数。

 また大雨が降れば、石垣ごと流されそう。
 被害の少なかった箇所が、そんな状態。


 

6月 1日(土)   自宅にて縫物

 今朝の起床は5時半、6時前に朝食。
 夫が「今日も行くんか?」   「さすがに疲れたから、行かない」

 「それなら持って帰っている花苗を植えたら?」
 「分かってるけど、気が向いたらね」

CIMG1999.jpg
   昨日のホッタラカシのミョウガ畑。
   その内に、草の方が生い茂る。

    P1030733.jpg
 上は、昨年の今日、同じ畑の草取り、間引きをした所。
 手入れをしたのとホッタラカシではこのような違い。

 でもこの多草を取る気にもならなくなった。




 今朝は涼しい。

 そろそろ縫物でもしようかな?


 先日のパッチワーク教室で、
 Fさん、92歳が、今度は何を作られているのか聞かなかったけど、
 200枚ほどのピースを縫ってきて、色合わせのため床に広げて、先生に教えてもらわれていた。

 「他に何もする事が無いから、縫物をしているんよ」と言われていたけど、マネは出来ない。
 気力も凄い。
 眼も強い、というか、疲れると思うんだけど、普段は眼鏡無しで。

 88歳のTさんも、最近車の運転をヤメラレタとか。
 縫物は、この方もスゴイ。

 凄い先輩達がおられるので、参考にさせてもらおうかなと。

 
 午後、布を広げて、4枚縫っていたミニタペと同じ大きさのミニタペをもう一枚縫った。
 大きなバッグを作ろうと思って。
    CIMG2013.jpg
 下の2枚見えているのは、4枚を巻きとじで繋いで、バッグの側面に。
 上の一枚が午後縫ったもので、底の部分に。

 側面4枚と底を又巻とじで繋げるつもり。
 大きなバッグになるから、パッチワーク教室へ持って行くバッグにするつもり。

 もう眼が疲れた!
 やはり農作業をしている方がいいかな?日焼けはするけど。
    
 | ホーム |  page top