FC2ブログ

リンク


カレンダー

04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

どんぐり

Author:どんぐり
 夫と私(70代の夫婦)と息子夫婦、孫2人の6人家族です。
私達二人は夫の生家である山の家へ通い、家族の健康を願って無農薬に近い野菜作りをしています。
 孫は、11歳(小6)、7歳(小2)の男孫二人。
 ボケ防止のための、日記です。
 


最新記事


月別アーカイブ


水槽


検索フォーム

QRコード

QR

5月31日(金)   山椒の実を摘みに

 朝の6時ごろからは仕事をしたいのに、早起きが出来ない。
 今朝も6時前になって起きた。

 夫を起こしに行くと、「今日はもう休みたい」と。
 でも起きてきた。

 6時前に階下へ降りたら、珍しくT君が起きていた、
 「エッどうしたの?早いじゃないの?」って言ったら、
 「いいから、いいから」だって、何がいいんだろうか?それから先は尋ね
 なかったけど。

 
 今朝も7時ごろ着、気温15℃。

 今朝こそ「山椒の実」を摘まなくちゃ。
     CIMG1998.jpg
 私が小さくまとめているけど、この山椒の木、結構老木。
 アルミの脚立も大きいので、結構重たい。
 夫がここまで運んでくれた。

 傾斜があるので、どっち向きに立てようか?
 下からすぐに手が届くのもたくさん有った。

 1時間ほど採ったかな?葉も付いてくる。

 夫は草刈りをしていた。


    CIMG2000.jpg    CIMG2003.jpg    CIMG2004.jpg

    CIMG2002.jpg    CIMG2001.jpg    


    
 8時半頃だったか、下のKさんがやってきて「早いんじゃなぁ」
 「暑いのが苦手だから」

 キウイの話、何年か前に、キウイをたくさんもらった。
 「雌木を何本植えてるの?」って聞いたら、「2本」だと。
 「雄木は?」   「植えてない」

 「雄木が無いのに、どうしてあんなにたくさんの実が生るの」って聞いたら、
 近くの山に「マタタビの木があるから、それで交配?するんじゃろぅ」と。

 詳しいことは分からないけど、我が山の家にも、雄木がある。
 しかしその前からKさんちにはキウイが生っているいると思う。


 それから、立派な実を生らす薬?を教えてもらった。(忘れた)
 それを使うかどうかは分からない。

 9時ごろから、雨がポツポツし始めた。 
 10時ぐらいには濡れる程度、5分ほど。

 11時には帰り支度を、気温22℃。

 帰りに、コメリに寄って、夫はキューリネット、
 私は、1メートルの角杭9本入り、鹿沼土を2袋、他買った。
 夫が「角杭なんてヤッチモナイ」って言ったけど、私が使うのだから。


 午後は、山椒の実を茹でて、水に浸けておいた。
 1,4キロあった。光線の加減、キレイな色の部分が本当の色。
 でもこれから、葉を取り除くので1キロ位かな?
    CIMG2010.jpg

 一晩、水を替えながら灰汁抜き。



 午後3時過ぎに帰宅したT君。2階に聞こえるような大きな声で「ただいま」
 毎日の事。
 
 先日凶悪な事件があった事、学校でも注意があったそう。
 ノートルダム大聖堂の火災の話。
 どうして戦争をするの?

 色々と事件や事故等の話をしてくれて、それなりにちゃんと理解している。
 
 夕方は、ママとR君に付いてバレーに行った。

5月30日(木)   今朝も早よから山の家へ

 5時半起床、6時過ぎに家を出た。

    CIMG1987.jpg

    CIMG1988.jpg

 行きがけにスーパーへ、山の家到着は7時。
 気温10℃。
 仕事にはちょうど良い。
 昨日の続き、ネットの補修。

 じきに日が当たってくる。
 ネットが細い糸なので、手袋をはめて、という訳にいかず。
 連日、日光に当たりどおし。手が真っ黒。
 歳がいっているとはいえ、こんなに黒いのは嫌!

 色々と不足を言っていると、夫が「ネットの補修ぐらい、ざっとでいい、大まかに縫えば」と。
 しかしそこは性格、というか、洋裁するし、パッチワークもする。
 今日は、ネットだからと、雑には縫えない。

    CIMG1995.jpg
  キウイの花。


 11時過ぎには出来たけど、「山椒の実」を摘むのは又今度。
 茎ブロッコリーの苗6本、植えておいたけど、生き付くかな?

 此処までして、サルに入られたら、入った方が悪い。(隙間無し)
 「サルは暇なんじゃけぇ、ショウガナイわ」
 「でも私たちも、暇なんだから、毎日連休」
 そうでないと、ネットの補修なんて。
 今までなら「即、ネットを買いに行く」

    CIMG1989.jpg
  2メートルの高さのネットで囲い、天井に防鳥ネット。
 
 11時の気温25℃。
 12時の気温28℃。


 帰宅は1時ごろ。昼食をし、や・す・み。


 R君、T君、午後4時過ぎに帰宅。
 「帰る時間が一緒だったの?」
 T君、「2年生になったから、1年生と同じでは無いんだよ」

 「ああそういう事ね」  

 「バァバ、暑かったよ~」
 「暑いね~、山の家も暑かったよ~」

 夕方からは又、それぞれに行事が有る、子供も大変だ!


 午後5時過ぎ、娘からメールが来ていた。知らなかったので、早速メールをしようと思ったその時、
 ガラケーから変な音、同時に画面が真っ黒。
 何にも出来ない、夫の携帯を借りて娘に電話した。

 その後、ママに話したら、即、ちゃんとしてくれた。
 「『電源』のところを長押しすれば良いんですよ」と教えてもらった。

 どこもかしこも押してみたんだけど、「長押し」すると良かったんだ。 
 まぁ何にも知らない事ばかり。

5月29日(水)   今朝は山の家へ、ネット張り

 今朝は5時半起き、出かけるのは6時半になった。
 結局山の家へは、7時過ぎ着、気温12度、肌寒い。
    CIMG1976.jpg
 2日経ったので、花数が少し増えていた。
 

 農作業をするのにはモッテコイの気温。
 いくらでも仕事が出来そう。

   CIMG1981.jpg
 分葱を抜いて片付け、ネギの周りをミニ(プチな)で耕し、畝立てをし、ネットで囲った。
 サル対策なんだけど、まだ取られる?


    CIMG1982.jpg
 隣のほうの、キューリ、ナス、ピーマン、他の周りをグルっと2メートルほどのネットで囲った。
 明日は天井部分に防鳥ネットを張る予定。
 ネットを噛み切っている箇所がいくつも有り、繕いをしながらだったので、時間がかかった。

 お天気が良すぎて、日に焼ける。
 何の対策もしていないし。

 10時の気温、18℃。

    CIMG1986.jpg

    CIMG1983.jpg
 山椒の木が6本有ったのに、4本枯れた、ユズの木の犠牲になった。
 ユズの木を伐った方が良かったのに。

 もう少しで採りごろかな?

 色々としていたら、12時を過ぎた、気温22℃。  エッ?22℃?   見直したけど22℃。
 暑かったのに!
 5時間も仕事をしたので、疲れた。

 帰りに、コメリへ寄り、パッカーを買った、50個入り1,000円たらず。

 帰宅は1時をとっくに過ぎていた。

 午後はゆっくりと。

 持って帰った野菜を茹でたり、色々と。

 明日はもっと早く起きて、行こうと思っているのだけど。
 歳をとると、夜中に目覚めて困る。
 この歳になると、その昔、お年寄りの言っていた事がよ~く分かる。   

    

5月28日   パッチワーク教室  小雨

 昨夜から待望の雨、といっても「小雨」
 でもとっても有り難い小雨です。

 今朝はパッチワーク教室。
 新人さんがお休み。

 今日も布を買ったり、オシャベリしたり。
 友人に、そら豆とグリンピースをもらった。

 ミニタぺ4枚でバッグを作ることに。
 だからあと一枚、縫う事にした。

 綿の種をわずかもらった。藍の実も。
 上手いこと生えてくれるかしら?

 午後は休憩。


    P1030733.jpg
 上は昨年の今頃の写真の一部。
 ミョウガを作る気で、多草取りをし、間引きもしていた。
 でも茗荷の収穫をする前に、熱中症に罹り、入院。
 すぐそのあとに、集中豪雨。

 幸いな事に、集中豪雨の被害はなかった。
 けれど、ミョウガの収穫をする気にならず、やめ!

 今年は、草刈りを少ししたけれど、この暑さ
 自分の部屋にいても、暑い!

 早朝6時から取り掛かれば、出来るはず。
 早いのは構わない。



 雨が降ってくれて有難いのだけれど、もうちょっと、被害が出ない程度に降ってほしいんだけど?
 
 孫達二人、午後4時過ぎに帰宅。
 T君、「6時間有ったんだよ」と。(2年生なのにね)
    

5月27日(月)   自宅でゆっくりと


 私は暑いのが大の苦手!
 
 何歳ごろからこうなったか?は忘れてしまったけど。
 ちょっと寒い位の方が、仕事がはかどる。

 夫が「山の家へ行こう」と誘うのに素直に付いて行き出したのは、最近の事。
 でも家で遊んでいた訳では無い。


 「付いて来るだけで良いから、一緒に行こう」と。
 私、「付いて行くだけなら、家で縫い物をしてるわ」。
 
 それに付いて行って、ボ~ッと遊んでいる性格でもなし。(仕事もいっぱいあるし)
 常に次は何をしようかな?と思っているタイプ。(それが良いか悪いかは別にして)

    CIMG1957.jpg
 山の家の「二人静か}、いっぱい自生している。


 キレイな山の空気を吸って、緑の景色に囲まれて、誰に気を使う事も無く。
 段々畑なので、常に足の筋力も使って要る。(斜面が多い)

 これも有難い事、だと悟った。

 これはテレビでやっている「ポツンと一軒家?」のおかげもある。
 色々と脚色もあるとは思うけど。
 山の家よりも辺鄙な山奥で、それぞれに頑張っておられる。(勉強になる)


 それに、一緒に畑仕事をしていると、夫の苦労?も分かるし、
 第一、気を使ってくれるようになった。(縫い物は遊び事?)

    CIMG1960.jpg    CIMG1959.jpg
 キイチゴらしい。白糸草。どれも群生している。


 以前は、お昼まで一緒に畑仕事をし、帰宅して昼食を作り、午後は縫い物をしていた。
 でも近頃は体力も無くなって、午後はゆ~っくり。なんにも言わない。
 縫い物をする気力が無くなった。(畑仕事をしたんだから、いいじゃない?)


 作日、夫は草刈りを。
 私は、畑の草をヤッツケルためと、ウネをこしらえるのを兼ねて、ミニ(耕耘機)でグルグル回っておいた。
 それに、上の山際から落ち葉やら堆肥化した物を運んで、撒いた。

 
 それらを見ているので、お昼前、「疲れているんだから何もせんでいい」
 「これから買い物に行って来るから、何がいい?」と。

 色々と買って来てくれたので、な~んにもせずに、昼食を済ませた。

 夕食も、昨夜の残りもあったので。レタス。コマツナのゴマダレ和え等で簡単に済ませた。


 R君、T君は運動会の振り替え休日で休み。
 ママも休みを取ったそうで、3人ゆっくり出来たかな?

 一日中な~んにもせず、ゆっくりと休めた。

 明日はパッチワーク教室だと言うのに、2週間一針も縫わず。

5月26日(日)   山の家へ

 昨夜ゆっくり休んだので、今朝は5時過ぎに目覚めた。(夜中には起きたけど)

 6時過ぎ、夫に「山の家へ行こう」と起こしに行ったら「今日はゆっくりしょうと思うとったのに」と。
 「もう早く行かんと、暑くなるから」


 でも山の家に着いたのは、7時過ぎになった。気温15℃。肌寒いぐらいだった。
    CIMG1947.jpg
 本当はこのサツキ達、色とりどりに咲いてくれるはずなのに、花が咲き終わると、新芽が伸びてくるたびに刈りこんで、それも3回位。
 いくら反対しても、聞く耳持たず。「青けりゃぁ(緑だけど)ええ」。
 命拾いした花芽だけが、中の方で咲いている。


    CIMG1964.jpg    CIMG1961.jpg    CIMG1963.jpg
 これは家の上の方の畑に植えている、大きな株にすれば草刈りも少なくて済むのに。
 どこもかしこも多草、気になっている模様、だけど身体が付いて行かないんだと。


    CIMG1971.jpg    CIMG1970.jpg    CIMG1969_20190526182740cd9.jpg
 左は、オクラの小っちゃいのを此処へ植えてワラを敷いていた。その左にニンジンとコマツナの種を蒔いた。 
 中の2列は「サトイモ」を植えたのに、まだ芽が出ないと。
 ミニで草退治をしながらウネをこしらえ、あいだに枯草やら、落ち葉堆肥を入れておいた。


    CIMG1972.jpg
 家横の一番向こう、だけど、平らな場所。
 数年前に、ミョウガを植えて、軟白栽培をしてみたけれど、思ったほどには出来なかったので、軟白はやめて、普通に。
 でもミョウガはいっぱい有るので、他の物を植えたいんだけど、掘りうがすのがシンドイので、今年はこのままで。
 落ち葉堆肥を運んで入れておいた、良いミョウガが出来るはず。

 下の大畑はいっぱい空いて多草、草取りをして植えれば良いのだけれど、やっぱり側の畑のほうが便利だから。


    CIMG1968.jpg    CIMG1966.jpg    CIMG1975.jpg
 この暑さで、シイタケはもう終わりだと見に行かなかったら、これだけ生えていました。

    ?ウツギ、夏ツバキ?名前がでてこない。

 今日休んでいる時、夫に「この上に梅花ウツギ、その向こうの上にも梅花ウツギ、その周りにも梅花ウツギ、たくさん植えているのよ」と。  「ほぅ、分かった」と。

 くださった方のお気持ちは、有難くいただきました、のですが。夫に一言!(私が大事にしている花木を伐るから)


 早くから仕事をしたので、11時過ぎには「やめようよ」
 
 11時過ぎに気温25℃。そんなに高くないのに、暑い事。
 12時過ぎには帰宅、昼食。

 午後はやっぱり、休み~~。
 私の部屋の気温、30℃。夫はエアコンをかけていると。

 そう言えば例年、高齢者がエアコンもつけずに、部屋の中で熱中症になった、という話を聞く。

 それで、今年初、エアコンを付けた。


 5月25日(土)   孫の運動会

 ママは役員でもあるし、早くから出掛けた。
 それに今年は役が忙しくて、競技には出ないそう。

 8:45分からなので、車で二人8;30分に家を出た。(近~いのに)
 その上、T君が、「最初から見てね」といったから。
 

 お天気は快晴!暑い!
 敬老席の一番前に陣取って。(写真が撮りたいのと良く見えるから)
 
    CIMG1911.jpg

    CIMG1902.jpg
  今朝の来賓とかの挨拶で、一番良かったのは、ごく短い挨拶だった事

 「熱中症に気を付けて、お水を飲んだり、調子が悪いなと思ったらすぐに休んでください」、だったかな?
 それに、全体の人に対して、「クーラーの効いた部屋を用意していますので、お気軽に利用してください」と。

 
    CIMG1908.jpg
  幼稚園児の遊戯?(3才、4才、5才)、年少さん、年中さん、年長さん、の3クラス。



 本当に、見ているだけなのに熱中症が気になって。
 「土ぼこり」も凄い。

    CIMG1900.jpg    CIMG1901.jpg    CIMG1905.jpg


    CIMG1918.jpg    CIMG1917.jpg    CIMG1923.jpg
 「大玉ころがし」は、幼稚園生(3,4,5才)の競技ですね。(どこかで話題になっていたけど)
 下の右端の写真は、1,2年生の「かけっこ」です。T君がいます。(白色帽子)



 写真の下手なのはさておいて、大勢の子供の中から、孫をさがすのも一苦労。
 それにカメラを向けたら又、どこにいったやら?

    CIMG1910.jpg    CIMG1930.jpg  CIMG1899_20190526062348573.jpg


 側で一緒に見ていた方が言われていた、「運動会はやっぱり足の速い子供が良い、勉強時間は勉強が出来れば良い、誰でも何もかも出来る事は無いのにね~」

 どこでも思う事は一緒!

 お兄ちゃんのR君は、バレーもしてるぐらいだから、足も速い、地区の選手にもなる位。
 T君は、「僕は運動はイヤ」。
 何もかも出来なくて良いのだけれど。
 並んだら、一番前の子と比べて、頭一つ分違う、でもそれなりには走るんだけど。

 小学校の部の閉会式まで見て帰った。
 なんにもしてない、ただ見ただけ。
 それなのに、昼食後は午後7時ごろまで休んで夕食。


 午後は「町民運動会」
 みんな、疲れた顔をして帰っていた。
 R君、T君は真っ黒!に日焼けして。

 息子は日に焼けて、真っ赤!

 「ェッ、一人で運動会をしたみたいな顔」と言ったら、ママが
 「パパはすごかったんですよ」と。

 年代別の地区対抗リレーで、ぶっちぎり3人抜いたのだとか。
 でも後の人が抜かされて、1位にはなれなかったと。
 
 順位ではなくて、パパの走りが早くて良かったと。
 R君も小学生の部で選手だった。
  
 午後の町民運動会にも行けば良かったのだけど、そんな元気は残っていなかった。




 

5月24日(金)   梅花ウツギ

 今日は自宅で。
 昨日の「テッセン」、他の名前があったはず?といくら考えても思い出せなかったのに、急に出てきました。
 「クレマチス」ですよね。
          CIMG1881.jpg


 家周りの掃除、片付けをしてくれるのは夫。
 私よりも社交的、通りがかりの方ともよく話をしている。

 いつも笑顔で接しているので、相手の方も話易いんだと思う。

 昨日の夕方、写真の「クレマチス」を見た女性が、「『梅花ウツギ』が大きな鉢いっぱいになっているので、株分けをして持って来てあげましょう」と言われて、そのあと、知らぬ間に置いてくださっていたと。

 
 それが今朝の話。
 
 その話を聞いて、「梅花ウツギはTさんにもらって、山の家に植えているし、大きな株になっているのに、お父さんが小さく刈り込むばかりしてるじゃないの?それにあっちにもこっちにも有るんよ」と。

 「その時、『梅花ウツギ』と名前は聞いたけど、名前と花が一致しなかったから」と。

 そして、「会ってお礼を言う時に、我が家にもありました、なんて言ったらダメだ」と。

 親切に重い鉢植えを持って来てくださったのに、そんな失礼な事はいわないけど。

 その上、〇〇さんだと言ったけど、その奥さんのお店は知っていて、お顔も知っている。
 「よく家の前を自転車で通っておられる」と言うけど、私は家の前で見たことが無い。

 何だか夫の言う方と、私が知っている方と、違う気がするんだけど?
  (普段の買い物で行くお店では無い)

 「でも家の前を通られても、私の知っている方と違ったら、お礼も言えないじゃない?」
 そうしたら、「俺が言うから大丈夫」だと。

       CIMG1776.jpg
 この花ですが、刈りこんでいるので、下のほうに花が咲いています。ピンボケです。

 だいたいいつも、折角の好意でくださるというのに、「有難うございます、と、もらうのが礼儀」だという性格です。
 懇意な方ならいざ知らず、私とは意見が合いません。


 孫達は連日の運動会の練習でお疲れ気味。
 昨夕はR君、習い事も有ったけど、まずは「散髪が先」と言う事で、休んで散髪に行って来た。

 「その方がカッコ良いじゃないの」って。ヤレヤレ。


 明日の午前中は小学校の運動会、午後は町民運動会。
 生徒数も少なくなり、住民の数も少なくなったので、1日で両方の運動会。

 応援に行かなければ。
 熱中症が気になる。
 

5月23日(木)   最後のタケノコ

 今朝目覚めたら、太陽の光が私の部屋に差し込んでいる。
 ェッ今何時?時計をみると5時半ごろだった。

 「日の出の時間」を調べて見ると、(4:56)、なるほど。
 南東の部屋なので、日当たりが良い。

     CIMG1881.jpg
 今朝の我が家の前、テッセンがキレイに咲いています。実物の方が濃い色。

 「暑くなるから早く行こう!」と家を出たのに、山の家着は8時を過ぎた。気温15℃。

 今日の予定は、穂先タケノコを取って茹でる事。(ママに言ったら、有れば調理しますって言ったので)
 いよいよもう最後。
              CIMG1896.jpg
 1時間も茹でたら、柔らかい。美味しかった。


     CIMG1895.jpg    CIMG1893.jpg    


     CIMG1891.jpg    CIMG1890.jpg    CIMG1889.jpg
 ナス、ピーマン、キューリ、他。



        CIMG1886.jpg
  1か月前に挿し木した菊、活着した模様。

        CIMG1898.jpg
  それで今朝も菊の挿し木をしておいた。


          CIMG1888.jpg
 これは、甘柿の木。
 実が生っても、サルやカラスにやられるので、防鳥ネットを張ろうと、枝を低くするためにロープで引っ張っています。
 夫が「枝をあまり痛めたらダメだ」と言ったけど。


 ほんとなら今頃キレイに咲き揃うはず?なのに、夫が咲き終わったら、3回位剪定するので、花芽を切ってしまい、花が咲きません。
  CIMG1884.jpg    CIMG1882.jpg    CIMG1883.jpg



 12時の気温28℃、タケノコを茹でるのに火を炊いたので、よけいに暑かった!

 1時過ぎに帰宅。

 R君、今日は将棋教室の日なのに、休んで、1,100円散髪に行って来たのかな?
 カッコ良く散髪をしていた。
 毎日運動会の練習で、子供とはいえ疲れている。

 夜T君が、「バァバ、百人一首の説明が書いてあるよ」と持って来てくれた。
 「有難う、バァバもその説明を読んだんよ、それを見たらよく分かるね」
 忘れるばかりする、と言ったので、教えてくれたんですね。

 
 今度はもっと朝早く行こうと思っている。



 

5月22日   自宅にて

  昨日の午後から小学校2年生のT君と、百人一首を。
   (最近、ママ方のバァバに買ってもらったらしい)
 読み札も取り札も、全部床に広げたものだから、大変なことになった。

    CIMG1878.jpg    CIMG1879.jpg    CIMG1880.jpg

 この札だけ見て、説明書を見なかったので?これ子供向け?
 あとから説明書を見ると、8歳~大人まで遊べる・・・・・・と、書いてあった。
 やはりそうだった。


 百人一首のカルタ取りのようにしたのは、娘の所のJ君が今のR君位の時だと思う。
 それから10年以上、触った事も無い。

 その上、物忘れがひどくなって来て、勘違いも多い。

 そこで私の記憶とは違う箇所が有った。 

 田子の浦に うちいでて見れば白妙の 富士の高嶺に雪はふりつつ(山部赤人)
 この句を読んでいて、こんな句だった?ちょっと違う感じだけど?

 今朝調べて見た。
 そうしたら、私が習ったのは高校の「古文」で「万葉集」だった。
 田子ノ浦ゆ うち出でて見れば 真白にそ 不尽の高嶺に雪は降りける(山部赤人)
 「百人一首」とはちょっと違うんですね。分かってホッとした。


 それから、ボケかけた頭で色々と当時の事が蘇って来た。

 漢詩の一部
 いまださめず ちとうしゅんそうのゆめ
 かいぜんのごよう すでにしゅうせい

 エッ、これの前の部分は何だったっけ?有名な漢詩だったのは分かるのだけど。

 ネットで検索したら、出てきました。有り難い。
 「少年老い易く 学成り難し・・・・・・・」
 これまで思い出せないなんて・・・

 T君に、「覚えてたんだけど、この歳になって忘れた方が多い・・・・・」と言っていたら、
 今日二人の時に、「バァバ、折角覚えてもバァバの歳になったら、忘れるんなら、覚えてもショウガナイじゃん」と。

 二の句が継げない、と言うか、「お年寄りになったら忘れる事が多い」と、私がいつも言っている事を反省。
 歳のせいにしては、孫のためにならない。

 改めて、若い頃は漢詩、漢文、古文などが大好きだったのを、この歳になって(74歳)、思い出した。
 これも一緒に住んでいる孫のおかげ。

 ヤッチも無い本?を読む暇があったら、図書館へ行って、為になる本を借りて読もう、と思った。

 午後4時過ぎだったか?T君を1,100円の散髪屋さんへ連れて行った。
 (土曜日は運動会なので)
 R君は疲れているから、イヤだと。

5月21日(火)   山の家へ二人で

 今朝は、数日前にキューリ苗を植えたのが、傷んでいるのが有るので、コメリに寄って買う事に。

 開店が9時なので、それに合わせたら、山の家へ10時前になった、気温15℃。

           CIMG1873.jpg

 朝方少し雨が降ったので、いい塩梅に土に湿り気が有って良かった。

           CIMG1875.jpg

 夫は、キューリ苗の植え付け、ワラを敷いて。
 下の大畑にオクラ苗を植えたらしい。

 
 私は、モロッコ苗が長くなってきているので、家の横に植えた。
 ツル有りなので、ネットを張れる位置に。
    CIMG1874.jpg
 向こうの方に。

 コマツナの間引き、2度目。

 産直市場で3ポットが100円の苗を買ったのは良いけれど、何だか混じっているみたい。
 安いので何にも言えないけれど。

 する事はたくさん有るけれど、「帰ろう」と。
 12時の気温は25℃、風もそよいでいるのだけど、暑かった。

 午後4時過ぎに、R君、T君が帰って来た。
 R君は、行き先を書いて、遊びに行った。

 T君は一人で本を読んでいた。
 何の話からか?「バァバ、『百人一首』をしようよ」と、床にいっぱい広げた。

 まぁ何十年していないか?も忘れたぐらい昔の事。
 読み札も取り札も全部広げてくれた。

 覚えていたはず歌がどれもこれも、うろ覚え。
 T君、絵を見て合わせていた。私よりも早い。

 次に箱にしまう。
 番号が振って有るので、1番から順番に。
 小学校2年生のT君が、きちんと合わせているのに、いい加減な事は出来ない。
 全部ちゃんと箱に収めた。

 2時間のお付き合いだった。
 でも思った、こんな時間も大切な時間なんだと。
 最後の方はR君も帰宅していたので、一緒にした。

 R君はじきに、バレーに行った。

5月20日(月)   休み

 昨日、甥の結婚式。
 ゆったりと車に乗せてもらい、ご馳走をいただき、オシャベリをしただけなのに、疲れた。
 歳ですね~。

 昨日の運転手さんのお話によると、「観光バスで同じコースを通るのに、車酔いをされる方が有る」と。
 「ェッ、マッタクそんな感じにはならなかったのに」

 カーブが多いので、酔うのだとか。

 夫は補聴器を付けているぐらいだから、3人の会話にはほとんど加わらなかったけど、私と義妹の2人はおシャベリのしどうし。
 時々弟が加わるぐらい。
 4人とも酔わなかった。「気を使う人がいなかったからかな?」

 雨も、自宅に着いて、車から降りるときに小雨だったぐらい。

 弟夫婦は疲れている事と思う、電話もしなかったけど。
 ほんとに、結婚してくれて、ホッとした、ヤレヤレ。(お嫁さんの方も同じ事を言っておられた)


 我が家にはまだ、もう一人、秋には41歳になる夫の姪がいる。
 両親には言われている事だと思うけど、私も会った時には「結婚をしないと」と言っていた。

 「勝手でしょ!」と思っていると思うけど、誰も言わないと、どんどん歳を重ねていく。

 我が家の娘は23~4年程前に、息子は12~3年前に結婚した。
 多くの方々にお祝いをしていただいて、こちらもお返しをしないと申し訳ない、という気持ちからでもある。

5月19日(日)   四国の松山へ甥の結婚式に

 朝6時過ぎ、お迎えのタクシーが。
 10人乗りのマイクロバスへ、弟夫婦と私達夫婦の4人。
 まぁゆったりとしたもの。

 山陽道~しまなみ海道を経て、松山へ。
 しまなみ海道を初めて通った。
 多島美と言われるが、ほんとにその通りで、快晴の空、波は穏やか。

    CIMG1789.jpg    CIMG1786.jpg

 車の中から撮ったので、上手く撮れていない。
 弟の後ろに乗っていたので、私のシャッター音を聞いただけで、「今のは良いように撮れていないじゃろぅ」

 弟は、アマチュアのカメラマン、全国各地へ。
 ここ何年かは、自治会の役員なので、何処へも行けてないとか。
 (義妹も定年後は一緒に付いて行っていたと)
 今日もあのデッカイカメラを提げて。
 

 休憩を入れながら、9時前には式場へ。
 義妹と姪は着物に着替え。(姪夫婦は尾道から自分の車で)

 写真を撮ったり色々と、10時半から受付、11時から挙式。
 12時から披露宴~。
 大勢の親戚、友人達に祝福されて、無事終了。

 花嫁さんもとっても綺麗だった。
 39歳と40歳。ともに末永く幸せになって欲しい。

          CIMG1816.jpg

 
 おばぁちゃん(私の母)が生きていたら、どんなに喜んだことかと思う。
 ちっちゃな頃からとっても優しい子供だったけど、今でもその優しさは変わらないらしい。



 帰りの車の中で、義妹が「ほんとにホットしました」と言ったけど、
 「私もホットしたわ」。ず~っと気にかけていたから。

 運転手さんが、「いっとき大雨が降ったんですよ」と言われていたが全然知らなかった。

 「来島海峡サービスエリア」に寄り、孫達にお土産を買って。

 運転手さんも気さくな優しい方で良かった。
 帰宅は午後6時過ぎだったと思う。
 

5月18日(土)   毛虫が少なくなった

 今朝は窓を開けていたら寒かった。
 外に出て見ると、「毛虫」はわずかしかいなかった。

 もう終わりに近づいた?寒いから?
 でも駐車場の「モッコウバラ」は丸坊主。
 ブルーベリーも丸坊主にされたのに!

    CIMG1766.jpg    CIMG1691.jpg
    これらは山の家の花。


 美容院へ行った。
 話を聞くと、「毛虫」がたくさん出た地域もあるらしい。

 色々と理由があるらしいけど、ハッキリとした理由は分からない。



 明日は甥の「結婚式」、大型のタクシーで四国まで。

 娘に色々とアドバイスをもらいながら、支度は出来た。

 その時、「お母さん、着物を着ればいいのに」
 「おばぁちゃんの形見の着物をたくさんもらっていたけれど、紬の着物を残して、友人に全部上げたから無いの」

 娘はおばぁちゃん子、だったので、もしかして形見が欲しかった?
 問いもしなかったけれど、あとの祭り。相談もしなかったし。

 「それに着物を着るつもりも無いしね」(50~60代に、帯を締めると腰が痛くて困ったから)

 娘が結婚する時に、嫁入り支度として、着物もちゃんと誂えたけど、あまり着ないので、要るとは思わなかった。
 嫁入り箪笥は、お気に入りらしく、その前で写真を撮ったのを、よくブログに載せている。

 何はともあれ、明日朝は早い、よく休んでおこうと思う。

5月17日(金)   山の家へ、ネコが留守番

 昨日は自宅で過ごしたので、山の家へ行って水やりをしなくちゃ。

 暑くなったので、早めに家を出たら、山の家に着いたのが、7時半。
 気温16℃。今朝も爽やかな風が吹く。

 玄関の戸を開けたら、中の板間の座布団の上に「猫」がまぁるくなっている。
 ェッ、いつから居るの?
 「もぅお家へ帰り~」と言ってもマッタク動く気配なし。

 昨日は自宅だったので、山の家は留守。
 それなのに、食べ物はどうしたのかしら?

 一昨日、と言ってもいつもだけど、戸を開け放しておかないと、家じゅうが湿気る。
 夫が行く度に、アチコチの戸を開けて、風を通している。
 その間に家に入り、縁の下に隠れていて、気付かないままに戸を閉めて帰ったらしい?
 
 誰かが飼い猫を山の中に連れて来て、捨てて行ったのではなかろうか?と話している。
 (キレイだから)

    CIMG1759.jpg    CIMG1760.jpg    CIMG1761.jpg
 挿し木は上手い事いっている模様。
 インゲンの仲間?モロッコの種を蒔いたのは順調に大きくなっている。
 オクラの方が早く蒔いたのに、育ちが遅い。


    CIMG1762.jpg    CIMG1765.jpg    CIMG1764.jpg

    CIMG1772_201905171710422fb.jpg    CIMG1771_201905171710418d0.jpg    CIMG1774.jpg
 黄にら、コマツナの間引き、ブロッコリー。


    CIMG1775.jpg    CIMG1773.jpg    
 シイタケ1個、ミョウガの軟化部位、ネギはまだまだだけど、どうせサルにヤラレルから今から食べようと。  

 11時の気温28℃、暑い!
 朝が早かったから、もう帰ろう。


 「憎き毛虫」
 今日も退治したけど、終わりに近いかな?

 今朝ママが、「広島県の県北にも毛虫の被害が有り、昨日の中国新聞に載っていましたよ」
 と言ったので、中国新聞を見てみた。
 CIMG1784.jpg

 我が家も、もう10日ぐらいにはなるかな~?
 毎日まいにち、毛虫退治が大仕事、その後の掃除。
 こんな事は生まれて初めて、の気がする。

5月16日(木)   自宅にて

 毎朝、新聞を読んでいる。

 でも私の読むのは、地方に関係のある政治、経済、スポーツ欄。
 証券部分は除く。

 特に、文化関係は興味がある。
 私達は地方紙の「山陽新聞」。(ママ達は「中国新聞」)地方紙を2部取っている。

 今朝の山陽新聞、「情報ひろば」欄で面白い言葉の表現を見た。
  「バラ色未来創造大学講座」
 加齢を華麗に生き、高齢期を『幸齢期』にする!人生100歳二毛作時代の幸せ探し」をテーマに。マナー講師の平松幹夫さん(ハピーライフ創造塾)

 「加齢」は、皆同じように歳を重ねていくので、ここでストップ!という訳にいかない。

 高齢になっても、「華麗に」生きて、尚且つ「幸齢」としたい。


 今日は二人とも自宅で過ごした。
 でもやはり、毛虫退治。
 ちょこっと少なくなってはきたけど。(気持ち悪くて・・・・・)

 自宅に植えているスナップエンドウはお味噌汁に入れたり、彩りに使う程度に生った、それだけで充分。
 ミニトマトは2本植えている、だいぶ長くなってきたので、支柱にくくり付けた。
 山の家の野菜は、まだまだこれからだけど。

 ブルーベリーを大きな鉢?3個に植えている。
 もう数年経って、実もなっていたのに、毛虫にヤラレテ丸坊主になった。
 モッタイナイ事をしたけれど、どうしようもない。

 今年に限って、こんなに大量発生した原因が知りたいと、ネットで検索したけれど、分からない。
 バラ、柿の木が好物らしいけど、我が家にはモッコウバラがあるだけで、柿の木は無い。
 ご近所にも無い。

5月15日(水)   山の家へ 

 まず第一に先日、「息子の車に乗せてもらったのは、3~4分」と書いた記憶がある。
 今日何か考え事をしている時に、フッと思い出した。

 そんな失礼な事を書いたんだと、反省。
 今年の1月頃だったか?夫の義弟の1周忌に、神戸まで連れて行ってくれたんだと。
 T君と私達と4人で。
 このブログを見ていないとは思うけど、ゴメンナサイ。
 (同じ日に、R君とママは、高知県へバレーの試合に行っていた)



    CIMG1754.jpg
 そこで今日、「暑いんだから早く行こう」と、山の家着が8時。気温15℃。
 やはりカメラの明るさの調節が悪い。ベニウツギだったかな?


 特に何かをする事がある訳では無く、花苗や野菜類に水やり。
 タケノコは生えていた。「タケノコを掘るんじゃ無かろう?」と。

 「もう止めた、わざわざ茹でて、欲しい人を探すにも疲れたし」

 でも又、伐っておかないと困る事になるけど。

    CIMG1741.jpg    CIMG1740.jpg    CIMG1739.jpg
 ゴデチャ、ナデシコを植え替えたポット。
 菊の挿し木をしたのは、着いていそう。
 オクラとモロッコの種を蒔いたのは芽が出た。

 苗ものを植えたのだけど、キューリは失敗みたい。
 又植え直すらしい。

 10時には20℃、11時には25℃。
 だけど、爽やかな風が吹いて、暑いけど気持ちよい。

 「今日はもう帰ろう」と、している所へ、Kさんが軽トラで。
 少し話して、別れた。
 これから農作業をするそう。

 帰宅後、裏の「毛虫退治」、もう疲れた!
 今日でこの毛虫退治は何日になるのか?

 ご近所さんも同じらしいけど。

 午後は休み!
 今、午後7時半を過ぎた。

5月14日(火)   本年度の始まり パッチワーク教室

 10時からの教室。
 当番の人は9時過ぎから。

 今年度は、新しくお一人入会されて、16人。
 それで、まずは自己紹介から。

 だいたいは分かっている人ばかりだから、「簡単にしましょ」と言う事に。

 「まずは、Mさんから行きましょう」って。
 「ェッ何、私から?簡単に?」

 急に振られたので、「M〇N子です、74歳です、宜しくお願いします」

 (エッ、年齢も言うの?って声も)、
 みんな嫌がる年齢を言ったら、面白いだろうな、と。

 だいたいは、名前と住所、年齢を言った人が3名。
 「70歳になりました」  「76歳になり、後期高齢者です」の人も。

 私、「もう隠す必要も無いほどの年齢だから」これは個人差があるけれど。
 60代の人が多い、90歳過ぎがお一人。87歳がお一人。

 新しく入られた方は、56歳。
 
 この建物、「働く婦人の家」とか言う名称。(市の施設)
 それで、「働いている人が多い方がいいらしい」と、昔聞いた事が有る。
 (収入が有る人)

 勤めている方が、3人+私。(働きには行っていないけど、働いている、多い方がいいって言うから)
 同じように、農作業をされている方がお一人、おられるんだけど、もちろん手は上げない。
 (でも今年からはミョウガも止めるかも知れないので、働いている内には入らないんだけど、まぁいいか?)


 友人のお一人にビックリ!した。ほとんど「白髪」。
 以前は「カツラを被っている」とは聞いていたけど、止めたって。

 ほんとにその方が良く似合っている。(78歳)
 いままで、美容室へ行って、パーマをかけ、白髪染めをして、その上にカツラを被っていたんだと。

 「まぁそんな面倒くさい事をしてたの?」  「そうよ」

 それに、「白髪が多くなって、髪の毛が生えてきた」と。
 「ェッ、そんな事あり?」  本当だと。

 「私ももう染めるのを止めようと思って、我慢してたのよ、あと少しの我慢と思っていたら、主人が『そんな恰好をするなら何処へも連れて行かん!』って言うから、又染める事にしたのよ」


 どうせ何処へも連れて行ってもらわないんだから、言う事を聞かなくても良いんだけど。
 でも自分ながら、白髪が似合う人と似合わない人は有ると思い、私は似合わないと確信した。

 娘に話した時、「お母さん、私も染めた方が良いと思うよ」って言ったし。


 本年度初めての教室で、ずっとオシャベリしていた。

 しかし、ペンケースとミニタぺ4枚は仕上げて持って行っていた。
    CIMG1244.jpg
 このケース、私も色合いが気に入っていたけど、友人に「これ欲しいわ~」と言われたので、あげた。
 喜んでくださっていた。又縫おうかな?

 この人、あとでタケノコの茹でたのを持って行ってあげた。
 そういうお付き合いの有る方です。

 他にも「そのミニタぺ頂戴」って言われたけど、それはだめ。

 
 12時に帰宅したら夫は、裏の側溝の掃除をしてくれていた。
 それというのも、毎日まいにちの大量の毛虫で汚れたりしたから。

 教室でも、毛虫の話は出ていなかったから、地域性によるもので、我が家あたりに多く発生したのでしょう。 


 眼鏡屋さんから「出来ました」と電話有り。もらいに行って来た。
 少し早く出来上がった。
 
 

5月13日(月)   毛虫退治

 今日は蒸し暑い一日だった。

 朝早くにはそれほどいなかったのに、日が当るようになると毛虫がだんだん増えてくる感じがする。

 取っても取っても、湧いてくる、落ちて来る?


 夫は一人、山の家へ行って来た。
 今日は誘われず、ヤレヤレ。


 お気に入りの薄~い羽織り物。
 捨てたはずは無いから、どこかに入り込んでいるはず。

 あっちもこっちも引き出しを引き出して探していたら、有った!

 それはそれで良いのだが、丁度今頃着るチュニック?がたくさん出て来た。
 昨年それも探したはず?

 何年振りか?新品のままのも数枚有った。

 自分が着る物はすべて縫って来た、それが職業だったし。
 毎日着替えても大丈夫なぐらい。

 農作業に重きを置いていたら、それらは着る時がなかったので、だんだん奥の方へ追いやられた感じ。

 無ければ、縫おうかな?と思っていたので、今すぐに縫う必要はなくなった。
 しかし、その縫おうかな?のために又、布をたくさん引っ張り出している。
 片付けなくちゃ!になった。


 昨日娘の家へ行った時、娘が「お母さん、今日の服装はいいね、似合っているよ」と言ってくれた。

 娘のブログを読んでくださっている方々の中には、娘と私が、母娘である事をご存じのかたも多い。
 ますます、いい加減な恰好は出来なくなった。心しておかなければ。
 だから、何の事も無い、私のブログ、公表は出来ない。

 以前のブログでは、知り合い~知り合いに知れて、困ったから。(削除してしまった、5年分ぐらい、モッタイナイ事をした)


 午後は何度も外に出て、毛虫退治。
 夫は1時過ぎに帰宅して、何かいもスプレーを掛けていた。
 それはそれで臭い!

 

5月12日(日)   母の日、   一人相撲を取った

      CIMG1717.jpg 
    昨日の山の家のシャクナゲ。
 

  今日は母の日。息子達にプレゼントをもらった、有難う!
  先日は娘に。

 
  今朝9時から少年団の廃品回収。
 パパ、ママ、R君、T君の4人+軽トラ。
 一家総動員の感じで。
 
 ある大きな邸宅からは、すごくたくさんの「廃品回収品」をもらったそう。
 たくさんのご協力をいただいたのも有難い事なんだけど、「その大量の品々を保管出来る倉庫が有る」と言う事。

 私達が役をしていた頃(38年程昔)も、大勢の方々のご協力が有って、少年団活動が成り立っていた。
 その頃は、この地域だけでも「運動会」をしていた。(家数が400軒ほど)



 夫は薬局へ行って、毛虫退治のスプレーを買って来て、一人自宅裏で虫退治。
 「手伝え」って言うけど、「何日もヤッツケタんよ」と。

 ご近所で、「樫の木の大木」(数百年)に毛虫が湧いて、個人ではドウシヨウモナイので業者を頼んで駆除されたとか。

 地域によるものらしく、昨日の山の家では、一匹も見なかった。
 でも毎年のように、「蛾」が大量発生して飛び回るので、気持ち悪い。

  廃品回収から帰宅したママが、夫がヤッツケタ「蛾}を掃き寄せたら、塵取りに山のように有ったと。

 でもものの2時間もすると、又たくさんの「蛾」
 又スプレーでヤッツケていた。

 私は午後3時半頃だったか?
 娘の家へ「茹でタケノコ」を。
 娘はアレルギーで食べられないそうだけど、調理したらお義母さんと旦那さんが美味しいと。


 娘の家の駐車場に私の軽四を止めれば良かったのに、ちょっと先まで行き、Uターン。
 バックするのに、下手をしたら後ろは深い側溝、切り返してバッグしたら何かイヤな音。

 降りて見れば、畑の角の「立て水栓?」40~50㎝?が倒れている。
 これは困った事になった。(左前のバンバーも壊れている)

 私の車はどうでも良いけど、他人様の「立て水栓?」なのに。
 娘の家に行き、現場をみてもらった。

 娘は、倒れた「水栓」を起こして、周りを踏み固めた。
 「もう大丈夫よ」
 「大丈夫な訳無いわ、旦那さんにみてもらってね、地下に埋めてある水道管が壊れていたら、水が出っ放しで水道料が大変だから」
 「言っておくわ」

 で、途中買い物をして帰宅。

 娘からメールが来ていた。

 「あの水道栓は、お義父さんが?十年前に、農作業用に設置された物で、使っていないし、元栓を締めているから気にしないでね」と。(お義父さんは、癌で20年前に亡くなられた)

 まずは、ご近所さんの物で無くて良かった。
 娘の家の物だから良い、という事はないけれど、明日にでもお詫びに行こうと思っている。

 娘、明日は大阪へ勉強に行く日。

 夫に話さない訳にもいかず、
 バンバーは、前進で止めるからバレないけれど、バレなければ良いと言うものでも無し。

 「何事も起こさない内に、免許証を返そうかしら?」
 友人で免許証を持っていない人もいるし、今まで自由に出来ただけ有り難い事だから。

 それにしても、「一人相撲」で良かった! 

5月11日(土)   山の家へ二人で

 私の山の家での仕事は一応済ませたつもりだった。 
 それでも3日行っていないので、苗ものの水やりが気になって一緒に行った。

 夫はいつも我が家での、草とか落ち葉をコンテナに入れて行き、山の家の手前の竹やぶに捨てている。

 それで今朝もそこで車を止めた。
 一緒に降りて、タケノコを見ようとしたら、??何?

 動く気配も無い、でも夫に「そ~っとして」と。
 夫は、何やら訳の分からない顔だが、カメラを出したので???
     CIMG1707.jpg
 道端の草むらの中、「フクロウ」ですよね。赤ちゃん
 車のドアを閉めても、夫がコンテナのゴミを移しても、マッタク動く気配なし。


 8時過ぎの気温、13℃。
 
 次にタケノコを掘りに行ったらもういなかった。

 家の側で何かをしようとしたら、急に「ニャァ~ン」とネコが飛び出してきてビックリした。
 飼っていないので、居るとは思わなかったから。
 でも何を食べて生きているんだろう?
 それに何処の猫?

 ず~っと手前の家のMさんちかな?
 手入れされてキレイな猫だから。

    CIMG1711.jpg


    CIMG1724.jpg
 もうちょっとキレイに写真が撮れない?習いに行こうかな?
 と、言ってみるだけ。


 苗ものに水やりをして、次には上の竹藪に行って見た。
 掘り頃のタケノコが有り、掘って帰った。

 「そが~に茹でても、処置が出来んじゃろぅ」と言ったけど 
 次の火曜日はパッチワークの日、「15人もいれば誰か要る人が有るはず」と。

 手前の竹藪で20本、上の竹藪から10本ほど。

 10時の気温20℃に。
 
 カマドで茹でたので、側に居るだけで気分が悪くなるほど暑かった。

 12時には気温30℃。
 暑いはずだわ。

 それからじきに帰ることにした。

 帰っても誰もいない。
 今日はR君のバレーの試合日。

 応援に行きたかったけど、
 明日は少年団の「廃品回収」、で、「軽トラを貸して」と。
 親子4人で廃品回収の世話。
 
 だから今日山の家へ行った。

 あまりの暑さにヤラレタ!
 午後は休み。

5月10日(金)    断捨離

  大量の布の断捨離。
 気にはなっていても、なかなか出来ない。
 必要だったから集めた。

 
 尚その上に、実母が亡くなって、12年。形見にもらった着物類。

 実家の義妹も着ないし、「お義姉さんがリメイクでもして着たら?」と言うので持って帰っていた。

 高価な着物ばかり、それが邪魔でショウガナイ。
 色留袖や訪問着など?

 紬なら普段に着る服にリメイクするのだけれど。


 今朝、リメイクする友人に電話。「要らない?」
 「捨てるのも勿体ないし」と持って行った。(何枚も)
 「物が良過ぎても困るよね~」

 
 母が今の私の歳ぐらいの時に、孫の結婚式などに誂えた着物だと思う。
 ?十万円もする物を何枚も、よくもコシラエタものだと思う。
 オシャレさんにかかったら、キリがない。

 (娘がその母に似て、オシャレなんだと思う。本人も言っている)


 その友人の旦那さんも「我が家の夫とよく似ているなぁ」といつも話している。
 畑仕事にばかり連れて行かれて。
 服をたくさん縫っていれば「そがぁにギョウサンの服を縫って何処へ着て行くん?」と。


 「何処へも連れて行ってくれんのは、誰?」  「一緒じゃわ」

 友人に言い忘れた!   
 「我が家と一緒じゃ無い」
 友人夫婦は息子さんと3人で、よく「海釣り」に行かれる。
 それでその魚をもらう。

 私はほんとに何処にも行かない!
 それに慣らされたし、今では行きたくもなくなった。


 娘に話すと、「連れて行ってもらおうなんて思わずに、さっさと自分で行けばいいのに」


 そうだ、夫ばかりが悪いんじゃ無くて、60才代には、ネットで色々と探して、
 一人で新幹線に乗って、アチコチと習い事をしてたんだわ。(思い出した)
 現在の事ばかり考えて腹を立ててもショウガナイと思った。



 夫は朝、眼科へ行き、帰宅後は草削りをしている。
 手伝わされたけど、暑いので中へ入った。


 マッタク違う話だけど、ここ最近、1週間ほど前から、大量の「毛虫」に悩まされている。
 取ってもとっても、湧いてくるほど。
 気持ちが悪くてショウガナイ。

 これは気候によるものなのか?
 今までこんなに湧いた事は無い。ホウキで集めて処分している。
 コンクリートの擁壁からビン、木箱、プラスティックの物、箱等、あらゆる物に行列している。

 T君と二人でよく処分するんだけど、「バァバ、人間の数と毛虫とどっちが多いかな~?」
 「そりゃぁ毛虫の方が多いよ、ウチには6人しかいないのに、毛虫は何千匹もいるんだから」

 「そうだよね」
 我が家だけでなく、ご近所もホウキではいておられる。

5月 9日(木)   今日は眼鏡を買いに

 昨日は娘に靴を買いに連れて行ってもらい、お気に入りだったので大満足。

 靴売り場で写真を撮れば良かったのに、自宅で撮ったら暗く写ってダメ。
    CIMG1698.jpg
 1足だけは撮れたのがこれ。
 
 色々と試着?ではない、試履?しているときに「お母さんは案外足が細いのね~」
 いわゆる足の甲の事?

 下に敷いている布は、ブラウスを作った残り。
 でもまだワンピース分は有るので作れるんだけど、ちょっと若くなり過ぎ、だからスカート?


 私は写真を撮るのが下手、食事に連れて行ってもらったのに、写真は無し。

 ところが今日の娘のブログの写真に、私の食事風景写真が。
 まぁ顔無しなので、いいか?


 今朝10時、側の眼鏡屋さんへ。
 住所、氏名を書いたら、娘の小学校の同級生だと。わが家へも遊びに来られた事があるそうだった。

 出来上がりに1週間だそう。(老眼もあるかららしい)

 昼食前、夫が「今日は何も仕事をせんから、少ししか食べられん」と。

 私は、仕事をしてもしなくても、時が来れば食事は普通にするんだけど。
 それに先日草刈り機を使ったので、「しんどいじゃろぅ、無理をするな」って。

 珍しい事に、草刈り機の疲れは出なかった。
 日頃夫に付いて、農作業をしているから、慣れたのかな?
 
 「今度はもぅあまり当てにしないでね」と言ってある。
 

5月 8日(水)   母の日、娘と二人

 大阪まで勉強に通っている娘が、昨夜遅く帰宅したらしい。
 まずは第一段階を通過。終了証?認定証?をもらったらしい。

 毎日忙しくしている娘、働いているとはいえ自由に過ごしている私。
 
 「母の日」を気にかけてくれているらしく、急遽連れて行ってくれた。
 「私は、デパートへ買い物に連れて行ってもらいたいの」と言って。

 普段山の中で過ごしているので、一人でデパートへ行くのはちょっと。
 いつも「欲しい物は無い」と言っているけど、「靴」を買いたかった。

 普段履きではなく、ちょっと高級?娘の目で見てもらいたかったから。
 色合いとか、形とか、服との取り合わせ?アドバイスしてもらい、2足買った。

 「エッ、2足買うの?」   「そう、2足買うの」
 やはり自分だけでは選べない物、良かった!満足。ヒールは5センチ。

 車に乗せて行ってもらうのに、トヨタの何?デッカイ車。
 上がり降りするのに困る、「トラックに乗るみたいじゃわ」(トラックに乗った事はないけど、それに乗せてもらうのに、文句は言えないんだけど)

 お義母さんは88歳になられるので、「お義母さんは何も言われないの?」って言うと、
 「何にも言われないわ」と。(乗せてもらうんだからね、一緒)


 ほんとはそれ以上に困る事。
 何を着て行く?今朝はすごく寒かったし。
 スタイル良く、オシャレ、付いて歩くのだからそれなりの恰好をしなくちゃ。

 「いつもブログを見て、勉強してるのよ、だから少しはオシャレにも気を使っているつもり」と言ったら、
 「それはいい事ね、年齢に関係なくキレイにしてね」と。


 お昼の希望は、「和食の方がいい」と言って。
 いつもは予約で連れて行ってくれるけど、今日は予約無しで言ったけど運よく入れた。


 2時過ぎに帰宅したかな? 夫は山の家から帰っていた、草刈をして。


 昨日友人に「茹でタケノコは要らない?」って聞いたら、「今年はたくさんいただいたから、要らない」って言った友人。

 なのに、友人から「タケノコを要るっていう人があるんだけど、まだ有る?」と電話が掛かってきた。
 「まだあるから、持っていくわ」

 「今日は5時まで仕事」と、途中で待ち合わせ、無事渡してホットした。
 (看護師さん、仲間の人が要ると)

5月 7日(火)  山の家へ、苗の植え替え

 今朝は一人で出かけるらしい夫に、
 「私も行くから」

 行きがけに、お墓参り。

 今朝も8時半ごろに着いた。気温10度。 
 お天気は快晴。


 ゴデチャ、とナデシコの苗がぐちゃぐちゃに生えて、大きくなっている残り。
 ポットに植え替えておけば、誰かにあげられるから。
      CIMG1687.jpg    CIMG1685.jpg

 行きがけの竹やぶや道端に「タケノコ」、やめようと思ったけど、良い物があるので、掘った。
 竈もそのままだったので、茹でた。
     CIMG1679.jpg

 30本以上有った、鍋が35センチなので半分は山の家で、残りは午後自宅で茹でた。
 
    CIMG1694.jpg    CIMG1691.jpg    CIMG1683.jpg
 コデマリ。シャクナゲ、クロロウバイ。

 夫の仕事。
    CIMG1660.jpg    CIMG1659.jpg    
 写真に撮ってなかったけど、苗ものを支柱にくくりつけた。(ナス、トマト、キューリなど)
 セロリだけ。
 隣の畝には、ニンジンを撒いた。

 下の大畑の野菜が、どれも菜花になったので、抜いて片づけた。
 これが案外しんどかったそうである。

 10時の気温が15℃、12時に20℃。

 1時ごろ帰宅。

 ご近所さんに声をかけてみた。そうしたら「今年はどこからももらっていない」と。
 有難い、もらってもらった。(一軒)

 そこへママが仕事から帰宅。
 今夕はR君のバレーの日。
 「みんなに声をかけるからと、小分けにして持って行ってくれた」
 ヤレやれ。 

 でもまだたくさん有る、昨年「干しタケノコ」をこしらえたのも、そのまんま。

 保存方法を研究してみなくちゃ。

    

五月 6日(月)   義従弟のお見舞いに⑤

 お見舞いの時間は午後1時~、と決められているけど。

 10時過ぎに夫と二人で行った。5回目。
 食事制限があるとの事で、お見舞いの品が難しい。

 話題にも困る。
 でも兄弟姉妹よりも懇意な間柄。

 私達の山の家、よりも、不便な所。
 奥さんが亡くなって、7年以上、一人住まい。
 娘さんが、年中通ってお世話されている。

 明日、岡山の大病院へ転院されて、手術をするかどうか?決まるそう。(娘さんの話)
 本人には、詳しい話をされていないそうだ



 私達は昨日、田んぼの草刈りをしたので、今日はゆっくりすることにした。
 仕事はいくらでも有るけれど、いくらしてもキリがない。

 その田んぼの「ミョウガ」、今年採れるかどうか分からない、私の体調次第。
 大草、多草を生やしたままでは、近くの道路を行き来する人達に見えるので、ミットモナイ。
 だから草刈りをしただけ。


 「フキ畑」になった所も。
           CIMG1668.jpg
 フキもミョウガも根っこが蔓延って増えていくので、競争しながら大きくなる。
 これだけフキが蔓延っていても、立派なミョウガが生えるんです、不思議だけど。

 でもフキに肥料をしないので、あまり大きくならない。
 私は、ミョウガを採るのは好きだけど、フキの収穫は苦手。

 夫が「ミョウガを採る方が大変じゃないのか?」と言うけれど、「ポコポコ生えてくるのが面白いわ~?」
 理由なんか無い、それだけ。
 しかしそれも、元気だから言える事。

 今年、あの昨年のような暑さに耐えられるかどうか?
 家の中でエアコンをつけて過ごすのもいい加減なもの。

 まぁなにはともあれ、準備だけは出来ている。

 昼食と夕食の準備はバッチリ!
 あとは、ゆったりと。


 そうそう、午後1時ごろ~2時半ごろまで、強風が吹き、雷が鳴った。
 天気予報でも、「雷注意報」がでていた。
 雨も降った。
 ママの洗濯物を取り込んだ。
 私たちの洗濯物は2階のベランダ、夫が取り込んでくれた、いつもだけど。

5月 5日(日)   草刈りに

 R君は3日連続でバレーの試合に。ママと。

 T君一人がリビングに。
 「パパは?」   「書斎でお仕事をしているよ」

 私達二人は、田んぼの草刈りに出かけた。
 身ごしらえはして行ったけど、二人の草刈り機は山の家。

 で、まずは山の家へ行って。8時過ぎの気温は20℃。
 道端に(山の家の)、タケノコが数本生えている。
 「取るか?」   「要らない」


 草刈り機に「混合油」を入れてもらって、無くなったら終わりにしよう。
 夫の草刈り機の方が、大きい。


      CIMG1653.jpg     CIMG1652.jpg
 最近と言っても2~3か月前位?から、この猫と白色の猫が交互に山の家へ来るようになった。
 「飼い猫」らしく、ニャァーと言いながら近寄って来たり、わざわざズボンにすり寄ったり。

 夫が「ォゥ分かった、分かった、ウチへ来ても何にも無いから、自分の家へ帰れ」と。

 飼い猫と言っても、下のKさんの家も誰も住んでいないし(通い)、上のNさんの家は10年以上前から空き家。
 他には周りに家は無いのだけど。(だからラジオを大音量)

 じきに猫が見えなくなった。
 「猫は?」    「帰れ、と言ったから帰ったんじゃろぅ」。



 田んぼに降りて、「周囲の畔」を刈る事に。
 夫は何十年も刈っているので、状況はよく分かっている。
    
 私は、田んぼの草刈りなんて初めてだと思う。
 多草の下に、石が隠れて見えない箇所がある。

 時々、石を切る音が響く。「チ~ン」とか何とか、音の表現は難しい。

 慎重に慎重にと進むのだけど、何回も石を切った。
 「草刈り機の刃がこぼれて、ダメになるんじゃぁないか?」と心配をしてみたり。
    CIMG1666.jpg
 黒いパイプが丸まっている所から上へ、谷川。

    CIMG1668.jpg
 左の方も、違う谷川。

 だいたい段々の田んぼ。
 草刈り機ごと、下の田んぼに落ちたら、大けがをする。

 「中ほどは良いから、周りだけ」と言われていたので、そのように。

    CIMG1670.jpg

    CIMG1667.jpg



 それから、私が大切にしている「葉わさび」を植えている箇所に安全に通れるように、刈り進んだ。
 これって「葉ワサビの所に誘導する道?」と思いながら。
    CIMG1669.jpg
 右の方の荒らされた感じの場所はイノシシが駆け下りたり、駆け上がったりするから、道が無くなってます。
 こんな所がすごく多くて危ない。
 
 せっかく私がトウグワで歩ける道にしていたのに、イノシシにはかないません。
 石もゴロゴロ、大小。
 上の方の薄暗く見える所に「葉ワサビ」を植えてます。


 「熊」が怖くて、何年も山に行っていない。
 自分の山なのに、ワラビもタラの芽も、何年も採っていない
 
 コシアブラやゼンマイは、家の側に有るからいいけど。

 草刈りは一応済ませた事にして、山の家まで上がり、草刈り機を納屋に収めた。

 一休み。

 「緑の景色を見ながら、誰に気を使う事もなく、最高じゃ!」と、夫。
 「そう、一文にもならない物ばっかりだけどね」と、私。
     CIMG1662.jpg    CIMG1663.jpg    CIMG1664.jpg

 休んでいたら、12時になった。気温25℃。
 帰宅は1時ごろ、昼食を作り、午後はお決まりの休み!

 そうそう、R君も帰宅したので、今日は「こどもの日」だから、二人にお祝いを。

5月 4日(土)    山の家へ苗物を植えに

 今朝は8時過ぎに到着、気温22℃。
 お天気は快晴。
    CIMG1649.jpg    CIMG1644.jpg    CIMG1647.jpg
 シャクナゲ、園芸品種の藤の花。

    CIMG1643.jpg
 
 オオデマリがやっと白色になってきた。

 昨年、夫もあの暑さにやられて、毎年、年に3~4度、植木周りやら、畑の草刈りをしてくれるのに、春先に一度刈っただけ。
 それでどこもかしこもオオグサ。
 気になっているらしいけど、「草なんて気にしてもショウガナイわ、健康の方が大事だから」 
 
 シイタケの見回り、時期を過ぎたらしい。
 タケノコは見るのも止めた。
 ゼンマイは、調理して食べ、美味しかったけど、一度食べたら気が済んだ。

 苗物を植えなくちゃ、萎びかけている。

 家横の畑に植えたけど、あまりにもお天気が良くて、大丈夫かな~?


 ラジオをいつも大音量でかけている。
 
 横の畑で仕事をしているので、内容も良く聞き取れる。
 「子供の電話相談」。小さな子供さんでもしっかりした受け答え、感心する。


 その音量を超える大きな声で、お客さん。

 連休で誰か遊びに来た?って思っていると、男性二人。
 側までは来なかった。

 夫も傍にいたのだけど、気にもせずに、私が対応。
 「〇〇に在る、〇〇という・・・・」、不人気の宗教団体の名前。
 「宗教のお話なら、結構です!」

 何か言ってたけど相手にせず。
 「お邪魔しました」と、帰って行った。


 補聴器を付けている夫、「何者じゃった?」
 「あの近所の宗教団体」
 あるお金持ちの奥さんが、ご主人が亡くなられて、入信されたと聞いた。
 
 「信仰の自由」だから、他人が何の信仰をされようと関係無い。
 


 「この炎天下で苗物を植えたのは、よくなかったんじゃない?」
 と言うと、「大体は夕方植えれば良かった」と。

 12時の気温、29℃、暑いはずだわ!(玄関の軒下)
 熱中症に気を付けなければ、昨年のように入院するハメになる。


 帰宅は1時過ぎ、昼食。
 島根土産に、「ソバの色んな種類」をもらったので、二人で美味しくいただいています。

 もうずっと、午前中仕事をしたら午後は休憩。(夕食を作るまで)

5月 3日(金)   自宅にて

 今朝R君はママとバレーに行った。
 
 T君の話にると「島根への旅は楽しかった」そうだ。
 雨にもそんなに会わなかったと。

 島根県の観光キャラクター「しまねっこ」のぬいぐるみを買ったそうで、
 二人に3,000円のお小遣いをあげたので、1800円したから、300円足りなかったらしい。

 「300円あげようか?」   「いい、いい、バァバ、ママにもらったから」
 

 そうこうしている内に、夫は友人の告別式に出かけた、11時30分から。(88才)
 昨年の「岡山県の豪雨災害」で自宅裏の大川が氾濫して、水回りのリホォームされて間もないのに、流されてしまった。
 (母屋は残っている)
 そんな災害により、病気だけでなく、精神的なものが大きく、病気が悪化したのかも知れない。

 1時前には帰宅した。

 3時ごろだったか階下に降りると、パパとT君が何やら話していた。
 聞くともなしに聞いていると、マッタク違和感無し。
 すると息子が「同レベルで話している感じ」と。

 「T君は小さな時から、語彙が豊富だから・・・・」

 いつまで続くか分からないけど、この時期に興味の有ることを習わせたら上達するのではないか?
 というのは、バババカ!

 夕方6時前、娘にメールして「茹でタケノコ」が要るかどうか?尋ねたら「有りがとうございます」と。
 「でも留守にしているけど、J君は居ると思う」と。
 早速、家まで行って来た。

 J君が出てきた。「バァちゃん、また一緒に食事に行こうね」と。
 今までのお礼を込めて連れて行ってくれるらしいけど。

 「その気持ちだけで、充分だよ」って言ったけど。
 気持ちは有難くいただかなければならないでしょうね。

 友人にも「茹でタケノコ要らない?」って電話したけど、たくさんもらいものが有るらしい。 
 イノシシが飽きるぐらいだから。

 今日も1日、何にもせずじまい。

5月  2日(木)   山の家へ、

 今朝は8時過ぎ着、気温13℃。

    CIMG1634.jpg


 夫は野菜の苗植え。

 私はシイタケ採り、とタケノコ掘り。

 家の上の方へ。
 イノシシが飽きてきたらしく、其処ここにあった。

 今日は掘ったタケノコを山の家で茹でて帰ろうと。
 すぐ上の竹やぶからなので、30~50メートル位下。

 掘って10分もしないうちの事だけど、ヌカを入れた。
     CIMG1623.jpg    CIMG1624.jpg    CIMG1628.jpg

 私は一番大きい窯は重た過ぎて、2番目の窯を出して。

 左は一段多過ぎて炎が鍋底に届かない。
 そこで真ん中のように一段低くした。
 1時間近く茹でたので柔らかい、洗って水に浸けた。



 それから山の斜面の「ゼンマイ」を採った。
 もう伸びすぎているのが殆ど。
     CIMG1627.jpg    CIMG1630.jpg    CIMG1640.jpg
 ゼンマイは帰宅後、あく抜きしたら水がキレイな赤色。    

 サンショウの葉も採って。

 12時半ごろ、気温24度、汗が出た。
 
 帰りに「産直市」に寄って、苗ものと手作りこんにゃくを買った。
 そこで偶然に、親戚のTちゃんが声をかけてくださった。(夫の従弟の娘さん」

 Tちゃんと言ったって、教頭先生。
 「茹でタケノコを食べてくれない?さっき、山の家で茹でたばっかりなのよ」
 食べてもらう事になって良かった。
 多すぎても困る。

 コメリにも寄って。

 夕方ホームセンターに行った、
 コメリでは「セロリ苗」が148円だったのに、ホームセンターで69円だった。
 同じ程度の苗、なのに。お店によって売り出す物が違うのでしょう。

 出たのは午後6時過ぎだったのに、帰宅は7時半ごろ。(暗くなってきていた)
 黙って出たので、心配していた。

 
 夜の9時過ぎにみんな無事帰って来たらしい。
 疲れて降りなかったから。

続きを読む »

 | ホーム |  » page top