FC2ブログ

リンク


カレンダー

12 | 2018/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

どんぐり

Author:どんぐり
 夫と私(70代の夫婦)と息子夫婦、孫2人の6人家族です。
私達二人は夫の生家である山の家へ通い、家族の健康を願って無農薬に近い野菜作りをしています。
 孫は、11歳(小5)、7歳(小1)の男孫二人。
 ボケ防止のための、日記です。
 


最新記事


月別アーカイブ


水槽


検索フォーム

QRコード

QR
まとめ

1月31日   バッグが8分ほど出来た

 夫は、雪が降るらしいので、「また雪の重みでネットが下まで付かないようにして来る」と出かけた。

 私は、バッグの続き。

 T君を3時過ぎに迎えに行き、ユニホームに着替え。
 ちょこっとオヤツを食べ、車で。

 車中、「バァバ、ウインナかソーセージが有る?」
 「ウインナは無くなったけど、ソーセージは有るよ」  「そうなの」
 「何か食べたいの?」   「ウン」
 「だったら、セブンイレブンに寄ろうね」
 大きなウインナ、と、名前が思い出せない、ホット・・・・を買って。
 ウインナの方は、車の中で。もう一つの方は、R君の分も有るのであとで。

 サッカーをするんだから、お腹が空いていては。
 送ってすぐに帰宅。

 このお迎えはママが、5時に。
 そののち、ママが迎えに行っての帰りに又眼科へ。
 R君の学童は6時まで。
 時間が重ならない?と思っていたらママからでんわ。
 R君のお迎えに行って来た。

 夕食後もバッグ作り。
    IMG_0716_201801312124370b4.jpg    IMG_0715.jpg    IMG_0718.jpg
 あと、花を閉じつけて、バッグの口のボタンを付けたら出来上がり!

 今日も寒い一日だった。
 山の家はどうだった?話を聞く暇が無い。

 一応一段落したので、次は?
 2月2日は病院へ行く日。

1月30日   水道が凍った

 あちこちで水道が凍結して困っておられるニュース。
 ついに我が家でも。
 今朝、ママが「洗濯機の水が出なくなりました」と。
 じきに出たらしいけど。

 私の洗濯機は洗面所に有るので、何とも無いのだけれど。

 そうこうしていたら、我が家の向かいの土地(空き地)の「水道の元栓」付近から水が噴いているような感じ。
 と言うのも先日来、雨が降ったり雪が降って融けたりして、水たまりが出来ていた。

 私は何にも気付か無かったけれど、夫が「水道局へ電話して」と言って、ママが電話したらじきに来られた。
 工事やさんも忙しいらしかったが、夜までには治った。

 我が家も水道には凍らないように、保温カバー?をハメてもらっているのだけど、ママの洗濯機の箇所だけが無かったらしい。

 今日はバッグのキルト。

 午後3時過ぎには幼稚園へT君を迎えに行き、「眼科」へ。
 昨日ママが4時の予約をとっていた。
 目薬を入れるのを嫌がったけれど、ママが5時過ぎに来て交代。

 6時過ぎには二人帰宅。
 6時20分には、R君がバレーに。ママも忙しい。

 私はバッグのキルト。午後11時までして止めた。
 ミシンで縫えばもっと簡単に出来るのに、パッチワークを習っているので、ミシンで縫うわけにはいかず。

 ミシンパッチワークと言う教室も有るけれど、私は違う。

 明日は又、T君のサッカー教室。
 夫は寒いのに、山の家へお昼まで行って来たけれど、夫の話を聞いてる暇は無かった。
 (キルトが忙しい、誰に頼まれた訳でも無いけど))

1月29日   物凄く冷えた一日

 我が家の玄関(内側)はこの時期はいつも7℃。
 山の家の気温を書いているのは、玄関でも屋外(屋根の下だけど)。

 山の家へ行って来た夫、気温2℃(9時半頃)~4℃になりお昼頃は又2℃だったと。
 この頃では、2℃なら当たり前、なんだけど、風があって寒かった!そう。
 何をして来たのか知らないけど、どうせ外で植木の剪定。


 
 私は作りかけているバッグの片面のキルト。
 エアコンをかけているのに、冷えた、底冷えのする寒さ。

 タぺが終わったので、次はミシンでパンツ(ズボン)を縫おうかな?と思ったけど、次々に仕上げていかないと、中途半端な物ばかりになるし。
 パンツも裁断をしたまま。


 1時半にはT君を迎えに幼稚園へ~〇会に送り、帰宅。
 3時半には迎えに行き~帰宅。
 T君「バァバ、何して遊ぶ?」   「遊ぶと言ってもね~~」(キルトの続きがしたい)

 そうしたら、「世界中の国旗」の辞典?を持って来た。
 現在、全部で何か国有る?のかも知らないけど。
 ほとんど知っている、私は知らない。
 辞典の初めから終わりまで言って、「疲れたわ~」だって。「私も疲れたわ」

 そうこうしていたら4時半を過ぎて、ママが帰宅。

 二人で夕食を済ませ、~~キルトの時間。
 キルトだけは終わったけど、眼が痛くなって来た、夜の11時になった。

 明日もT君を頼まれている。

1月28日   タぺやっと出来た

 今朝起きて外を見たら、雪で真っ白、ビックリした。
 けど、1センチ位のもの。

 息子は早くからバレーの試合。
 R君もママに連れられて、隣りの小学校区の体育館へ、バレーの試合。

 夫は一日中自分の部屋から出てこなかった、食事はちゃんとして。
 おでんを作った。

 昨日の話を今日聞いたら、「昨日の山の家の雪、4センチ、気温は-5℃で寒かった」と。
 「この冬一番寒かったのね」

 その続きで、今朝雪も降ったらしい。


    IMG_0712.jpg    IMG_0709.jpg
 タぺの周りのパイピング、1センチを縫って出来上がり。後は先生にお聞きしてから。


 息子が夜11頃帰宅、自分達のバレーの試合のビデオを見ていたので、「どうだった?」と聞いたら「良かったよ」と。
 優勝したのかな?

 出来上がったタペストリーを見てもらったら、「落ち着いた色合いで良いね」と。

   

1月27日   買い物へ

 先日から買い物に行きたかったのに、雪が降ったので、延び延びに。

 夫は山の家へ。

 車で30分余りの手芸センタードリームへ。
 一番は「接着キルト芯」の薄手を3メートル。
 他にも色々と。
 明日の日曜日まで、会員割引2割だから。

 帰りに、食品スーパーへ。
 ハクサイ半分が250円になっていた。
 ハクサイが結球してない物を(青々)野菜用のテープで巻いた物でも200円ぐらいだった。
 いつもビックリなのは、カブ1個が200円もしている事。

 大根の種は1粒でも高いけど、カブの種はすごく小っちゃい。
 だから最初から考えて蒔けば、すごくたくさんのカブが出来るんだけど。
 
 サルも、一番に食べるのは、大根、白菜。
 次にカブ、何でか?いつもそう。

 お昼に帰宅したら、丁度駐車場にいる時に夫も帰って来た。
 今日は「寒かった」とは言わなかった。

 午後は先日来のタペストリーのキルト、これで後はパイピングを残すのみ。
          IMG_0707.jpg
 115㎝×43㎝の出来上がり。
 今度は2月14日が教室なので、先生にお聞きしてから、全体を仕上げようと思っている。

1月26日   寒い

 昨夜はそんなに冷えなかったのに、今朝は雪、1センチほど。
 10時頃には消えていたけど。

 昨日、雪の畑で仕事をして冷えたためか、今日は疲れが取れない。
しかし取り掛かっているタペストリーを少しでも進めようと思って。

        IMG_0704_20180126212749f42.jpg
 絵柄の部分のキルト。
 一所懸命に縫えば出来るのだけど、根を詰めて縫えば又眼が痛くなるし。

 その後、周りに1センチのパイピングをすれば出来上がりなんだけど。

 今日の午後もT君を頼まれて、お迎え~お迎え。
 しかし、いつもニコニコなので、可愛い。
 自宅まで帰れば、丁寧にお辞儀をして「有難うございました」と。

 今日もチョコを3個くれた。
 それでT君の真似をして、「有難うございます」と。

 4月からは1年生、ジィジにはランドセルを買ってもらっている。
 つい最近ママに、自転車の話をしていた。
 R君は幼稚園のころから自転車に乗っていたと思うけど、「T君は自転車の話をしないよね」と夫と話していた矢先。

 今日「自転車はバァバが買ってあげるからね」と言うと、
 「ママが自転車は買ってくれるよ」

 「お店に買いに行くのは、パパとママだけどね、バァバはT君の欲しいのが分からないし」
 買うのは簡単だけど、一番は事故の心配。
 そんな事ばかりは言ってられないけど。 

 夫も昨日の仕事に疲れたらしい。
 何分にも、坂道を上下しなければならないから。歳だし。

1月25日   ヤラレテしまってはなかった

 今朝も寒い、晴れている。
 「山の家へ一緒に行こう」と。という事は、まだ無事なハクサイが有るからだろう。
 行きたくは無いけど、私も頼み事をするかも?なので、付いて行った。

    IMG_0684.jpg    IMG_0688.jpg
 山の家の地区に入ってもまだ誰も通っていない。
 積雪1,5センチ、このくらい。

 
    IMG_0693.jpg    IMG_0689_201801251427314c6.jpg    IMG_0690.jpg


 ヤラレタと言うハクサイ、全部でなくて良かった。その上、雪で覆われているので、被害がすべて見えないし。
    IMG_0697_20180125142728c23.jpg


 ハクサイの向こう側は「玉ねぎ」、今は雪に覆われて見えないけど、今度はこの玉ねぎをヤラレナイような対策を考えなくちゃ。
   IMG_0698_201801251437482ea.jpg    IMG_0700_201801251437466fb.jpg
 助かった白菜も、凍った上に雪に覆われていたので、カチカチの塊。

 長屋の軒裏にぶら提げて干していた「玉ねぎ」、サルが全部引っ張り落としていたので、持って帰った。
 シイタケは、小指の先ほどの物まで千切って食べている。

 タマネギの側にぶら提げていた「ニンニク」、これには手を付けていなかったので、全部持ち帰り。
 ジャガイモも持って帰った。

 何はともあれ、農家の端くれ、少なくとも冬に、大根、白菜、カボチャ、ニンニク、ジャガイモ、タマネギ位はなくちゃ。
 ゴボウ、ネギ、シイタケも。

 あとは、買ってもどうにかなる。
    IMG_0702.jpg
 帰ろうと軽トラに乗ったら雪花が舞いだした、助手席から撮った。

 10時の気温は-3℃、0時半頃の気温1℃。2時間半ほどの仕事だった。
 帰宅は1時過ぎ。寒かった。

 風邪で昨日休んだT君、今朝は治って幼稚園へ。(インフルで無くて良かった)
    



1月24日   またヤラレタ

 今朝も雪がチラチラして寒かった。
 気温も今までで一番低いと思えた。
 自宅前の駐車場に置いている、ママの車の中は、-4℃だと。

 夫は「この寒い日に山の家へ行っても、何にも出来んけど、まぁ行って見よう」と出かけた。
 T君、風邪気味だし、幼稚園のパンダ組さん(T君のクラス)の中の3名がインフルエンザで休んでいるので、ママが診療所へ連れて行った。
 予約で行ったのに、帰宅は11頃。
 「ただの風邪でした」と。インフルエンザでなくて良かった。
 サッカーはお休み。

 お昼が来たら「バァバ、丁度12時に時計を見たよ」
 ママがこしらえたお弁当を食べて、自分のお布団の中でカードを見ていたが、じきに眠った。
 午後5時前にママが帰宅するまで、眠っていた。

 私は、1階に降りて、タぺのキルト。

 その前に、ハクサイの浅漬け、簡単な漬物。ハクサイとカブ、カブが美味しい。
    IMG_0668.jpg    IMG_0670.jpg

 ハクサイの葉っパを15枚ほど剥いだ物、の半分、400㌘あまり。
 お店で売っているのは、もうこの半分で、中はスカスカで、180円以上。
 1個なら720円以上もする、有り難いわ~、と思っていた。

 寒いからお昼には帰宅した夫、「もう打つ手無しじゃ」と。気温-2℃、吹雪。
 やはり、ネットの上に被せていた、鳥除けの赤いネットが、雪の重みでハクサイの上まで落ちて被さっていたので、サルにやられてしまったらしい。

 しかしものは考えようで、これぐらいの事で騒ぐ事も無い。
 火山が噴火したり、雪道で事故が起きたり、散々な目に遭っておられる。
 たかがハクサイ、サルは喜んでいるだろうし。

 T君の風邪が早く良くなりますように。

 雪もチラチラした程度、有り難い所に住んでいる。
 だけど寒い!
 エアコンの効き具合も悪い。

1月23日   パッチワーク教室

 今朝は当番なので早く行ったのに、すでに机を並べてくださっていた。

 昨夜からキルトを始めたバッグ。
 お花を何色にしようかな?で、布を2種買った。
 それから、オシャベリをしながら「花作り」
 「これミシンで縫えばすぐなのに」なんて言いながら。

 向かいに座っているHさんに「西条柿の干し柿」をもらった。すでに1個食べて、夫に1個。
    IMG_0665_20180123220824d3b.jpg
 「山の家の柿で干し柿を作ったら、色は黒くなるし、美味しく無いし」と言っていたら、持って来てくださっていた物。
 このいただいた干し柿は、色も良く、最高に美味しかった。
 毎年、西条柿を購入して皮を剥き、作っておられる。

 お昼になって教室を出たら、雪がチラチラしていた。

 お昼に山の家から帰宅した夫、「雪が吹雪いて寒かった!」と。
 雪が2センチ積もり、気温は2℃、だったと。
    IMG_0651.jpg
 この赤いネットは天井部分(カラス除けのため)に全体に張っている。
 夫の言うに、「この赤いネットの上に雪が降り、ネットがハクサイの上に付いていた」と。

 「ネットの目は大きいのに、なんで雪が隙間から落ちないの?」
 「そりゃぁ雪が重いので、引っ付いて下がったのじゃろう」と。

 「それじゃぁサルがいくらでも上から入れるんじゃない?」
 「そりゃぁ入るじゃろう、明日行って見ればいい」と。

 私は午後お花の制作、と言う程のオーバーな事では無いけれど。
    IMG_0667_20180123220823cbc.jpg


 我が家あたりは、雪は止んでいる。

 テレビをつけていると、次々と災害が起こっている映像。
 もうこれ以上、災害が起きませんように。

1月22日   忙しい一日

 9時ごろから雨。
 今朝は郵便局へ、切手シートを3枚もらった。
 書留を送る。
 電気屋さんのカード、保証する分?年間1,058円振込。(クレジットじゃ無い)

 いつも思う事だけど、郵便局には駐車場がわずか、市の中央の局なのに。
 それで先にスーパーへ買い物。
 まぁ野菜の高い事、ハクサイがスカスカみたいに巻いていないのに、四分の一が180円。
 カブ、赤玉ねぎ、キャベツもビックリ。
 野菜を作っていて良かった!と心底感じた。

 午後1時半には、T君を幼稚園に迎えに行き、〇会に送り、3時半にまた迎えに行く。
 4時過ぎに帰宅し、T君、オヤツに小袋入りのチョコを出したと思ったら、6個入りの3個を「バァバどうぞ」と言って、くれた。

 「バァバが食べてもいいの?」と言うと「食べてね」

 ママが5時前に帰宅。
 図書館で借りて来てくれていた本を読んだ。
 夕食後も続きを読んだ。

 明日はパッチワーク教室なので、ちょこっとキルトをしよう。
 で、バッグの片面をキルト、していたら午後10時になった。
    IMG_0661.jpg    IMG_0659.jpg
 32×28センチ、手提げ部分を含むと38センチ位。
 明日はこのバッグの台布に合う色合いの布を買って、お花を作ろう。

 東京の方では大雪だそうで、お困りの事と思う。
 我が家近辺は、夕方まで雨が降っていたけれど、現在は止んでいる。
 明日朝はどうか?
 夫が現役の頃は、何年かに一度はタイヤチェーンをハメたり、わざわざ軽トラで行ったりしていた。

1月21日  一日動けば一日休み

 今日もわりと暖かい一日だった。
 R君は参観日、パパ、ママ、T君も行ったらしい。

 T君はパパと早めに帰宅。

 T君、バァバに急かされながら、運動靴、上履きを洗った。
 私がT君に言っているのを聞いて、息子は何を思ったのだろうか?
 そんなに優しくは言わないから。
 その会話。
 「バァバ、パンツが濡れたみたい」
 「それならズボンだって濡れているわ」
 「ズボンは濡れて無い」
 「パンツだけ濡れたのなら、お漏らしだね」
 「お漏らしなんかしないよ」    「それならどちらも着替えるんだね」
 「でも6歳の子供だから、靴を洗うなんて良く出来たよ」(手伝ったけど)

 普段、孫達との付き合いは夫よりも私。
 男の子だし、そんなに優しくばかり言ってられない。
 結局は言う事を聞く、と言うか効かす、聞かす?

 一日何かすれば、あくる日は疲れて休み。
 夫も最近疲れやすくなったらしくて、別に何も言わない。
 
 息子にハクサイをヤラレタ話をしたら、「もっとゴツイ垣を作らないとダメなのかな~?」と。

 先日従兄弟と話した時に、「電柵」の話をしたら、
 「イノシシは身体中を剛毛で覆われているので、鼻先だけ通れば電柵の間もゆうに通り抜けるから、役には立たんよ」と言っていた。
 もう打つ手無し?

 夫のボケ防止のためにも、山の家行きは必要。

 息子が「お母さん、ボケ防止の意味だけでなく何か新しい事に挑戦したら良いと思うよ、縫い物や野菜作りの他に」と言ってくれたけれど、考えるのも億劫。その考えがダメなんだろうけど。
 

1月20日   パッカーまで外すとは

 天気予報が「明日からまた悪くなる」らしいので、今日はハクサイを家に取り込んでおかなくちゃ。
 連れて行かれそうと書いたけど、私の運転で。

 山の家のそばまで行くと、道路ばたに柚子の噛み千切られた物が転がっている。
 さては?、が大当たり。

 上から見ても、大畑のハクサイがたくさんヤラレテいるのがよく分かるほど。
 大根をヤラレテから、ちゃんとネットをくくり付けていたのに。

 数を数えたら、50個ほど、食べられていた。
 「どこから入られたのか?見てみると、パイプとネットを挟んでいた「パッカー」を取り外している。
    IMG_0655.jpg    IMG_0645.jpg
 黄色のパッカーは4年程前に買ったかな?
 青色のは昨秋で新しい物。
 
 黄色のものを外されて、ネットを持ち上げて入っています。
    IMG_0646.jpg    IMG_0651.jpg

 土についている下側のパイプとネットを繫いでいました。



    IMG_0657.jpg
 正面の大きな木は、Kさんちのスモモの木で、それに左側から登っているのはキウイ。
 キウイもサルのエサになってバラバラ落ちています、まだ数百個は生っている。
 そのスモモの木に登った「大きなサル」が、私がネットとパイプをくくっているのをジッと見ています。
 数十匹のサルの泣き声や喧嘩をする声。

 上の方では「カラスが2羽」カーカー鳴いて。
    IMG_0656.jpg
 パッカーを外すならと、紐で、20㎝から25㎝間隔でくくりましたが、どうする事やら。


 ハクサイの苗を280本植えて、ちゃんと大きくなったのが250個以上は有る。
 50個位は、あげたり食べたりしたかな~?ぐらい。

 200個は多すぎるし、品薄だと言うし、市場へ持って行ってみようかな?
 と、思っただけで終わった。

 最初はちょっと腹が立ったけど、その内、残っている物だけでもちゃんとしなくちゃ、と思い直し、紐でくくった。

 夫も「腹を立ててもどうにもならん、他に食べる物が無いんじゃけぇ、ショウガナイ」と。
 そう言えば、周りに野菜は無い、私達の畑の野菜だけ。
 それに、告別式の準備やら、帰っても疲れて、3日間山の家へ行かなかったし。

 目の前に、美味しそうな物がいっぱい見えるんだから、これをどうにかして食べなくちゃ、と思ったのでしょう。

 12時を過ぎて帰る頃、山の家の気温8℃。暖かいから仕事が出来て良かった。

 午後はお休み~。
 

1月19日   疲れて休み

 普段、家では何処へ行くにも車。
 しかし昨日は、電車かタクシーか、歩き。

 新幹線のホームも長い。乗り換えも歩き。
 何年ぶりかにたくさん歩いたので、疲れてしまった。

 一日中休んでいた。
 明日は山の家へ連れて行かれそう。

 我が家の近くの畑、ハクサイの上部をくくって有るのは大丈夫らしいけど、他は山の家と同じく外側の葉は凍みて傷んでいる。
 今更仕方が無いので、収穫するらしい。

 最近では漬物も全然しない、塩分の摂り過ぎを防ぐため。

 今日は一日中何もしなくても良いように、色々と買い物をして来てくれたので、助かった。

1月18日   神戸へ告別式に

 今朝は暖かそうだけど、万が一の為に、首元、腰、お腹に大きいホッカイロ、両足には小さい物。
 (自宅を出たのが午前7時前~帰宅は午後7時過ぎ。12時間以上。)

 出発地点は、広島県の東部の「福山駅」~新幹線で二人。
    IMG_0642.jpg
 2階の新幹線のホームから撮った「福山城」、目の前に有ります。

 JRに乗り換え、タクシーで行ったら、充分間に合った。
 神道なので、我が家のようにお坊さんではなく、神主さん。

 全部の行事?にお付き合いしました(お骨あげまで)。
 大阪から2組の弟夫婦、倉敷からも2組の妹夫婦、こちらは4人、車に乗り合わせて来たそう。

 突然の事で、義妹も甥達もビックリで、これから気落ちして、ドット疲れも出ると思います。
 幸いな事に、ご近所さんや友人達に恵まれているらしいので、それは救いかな?

 2月21日が結婚50年だと、あと少しだったのに。
 でも、金婚式は済ませたし、旅行は好きで年中行っていたらしい。
 息子夫婦たち親子4人は、一駅先のマンションを買って住んでいるので、一軒家に一人と言うのはどうなのか?

 私も他人事では無い、文句を言う相手がいるだけマシ、だと思う事にしよう。

 ブログに書けない珍道中でもありました。それに汗が出るほど暑かった、ホッカイロのせいでもあるんだけど。

1月17日  訃報  

 今朝8時過ぎに義妹より電話。(夫の妹)
 朝早くから悪いんだけど、と。
 昨日の夕方旦那さんが、亡くなったと、夫と同じ歳で77歳。

 悠々自適な生活を送っていたのに、病気はどこからでもやって来る。
 金婚式を迎えたか、もうすぐか位。
 明日、告別式に神戸まで、二人で。

 今日はT君の参観日、ママが出かけてお昼に二人で帰宅。
 サッカーの日。

 雨がほとんど一日中降っていたので、体育館へ。
 4時から5時。

 「T君今日は楽しかった?」   「幼稚園の先生にも叱られなかったから、愉しかったよ」
 「ぇっ、叱られる事があるの?」
 「そりゃぁあるよ」
 「何か悪い事をしたの?」   「バァバ悪い事なんてしないよ」
 「そりゃぁそうだよね~、なんで?」
 「言われた事を忘れる事があるからだよ」  

 「バァバもよく忘れるから、T君の事を言えないけどね」

 「ママは無量大数大好き」だと言っていたのが、今日は「無限に好き」なんだと。
 次はR君、パパの順で、次をジィジにしようか?バァバにしようか?迷っている、と。
 ジィジは野菜を作って食べさせてくれるし、バァバはお迎えをしてくれたり、時々物を買ってくれるし、と。

 物を買って、孫に気に入られようとは思って無いけど。

 

1月16日  パンツの裁断と刺繍   

 今日は暖かかったらしいけど。
 私の部屋が広い、という事もあるけれど、エアコンを点けてもなかなか暖まらない。
 エアコンの掃除をした方が良いのかな?と思いつつ、午前中は調理実習。
 
 大量に有るハクサイ、でも雪にヤラレテ、外葉は部屋に取り込んでいても凍みている所がダメ。
 5~6枚は捨てて(畑ですでに5~6枚は剥いでいる)、中心部分はキレイ黄色だし。

 カボチャも大量に有るのに、傷んでいる物もたくさん。
 ニンニクも小さいけど皮を剥いでおけばすぐに使えるので、たくさん剥いで、レンジでチンして冷凍庫へ。

 出来た物は、シチュー、鶏のから揚げ、サラダ。
 お昼過ぎても夫は帰らず、一人で昼食。

 3時過ぎに帰宅した夫、顔をのぞかせて「今日は暖かかったじゃろう」と。
 山の家は、0℃~7℃だったと。久しぶりの気温。
 植木の剪定をしていたとか。
 「私はエアコンが効かないのか、寒いわ~」

 4時ごろに昼食を食べた夫、「夕飯は7時過ぎでいいから」と。

 私は、自分のパンツ(ズボン)の裁断。
 タペストリーの刺繍の続き。

 ケッサクだった事、T君にある物をあげたら、最敬礼して「バァバ有難うございます」と。
 わずかな物なのに、思わず吹き出して、「ご丁寧に、どういたしまして、恐れ入ります」
 やはりこの子はR君とはちょっと違う。
 お笑い芸人になる練習をしているのかな?
 この子達二人のおかげで、幸せな毎日が送れているのかな?~

1月15日  帽子

 今朝の寒さはわりとマシだった。
 夫は山の家へ。

 私は今日も帽子一つ縫った。
    IMG_0638.jpg    IMG_0639.jpg    IMG_0640.jpg
 表は古布大島の茶色、8枚ハギのパッチワーク。
 ツバ裏は同じく大きい柄の古布大島、裏地は現代の物。
 58㎝。

 夫は2時半ごろに帰宅、「豆餅を食べただけ」だと。早く帰ればいいのに。

 ママから電話で、Rくん、Tくんを迎えに。

 今日は小正月だとかで、ママが「小豆入りおかゆ」を作ってくれた。
 ママは小まめにするタイプ、私とは逆。

 夕食に、ママのお母さんにいただいた「鮭」を。
 お店でこんな味の良い鮭は滅多に手に入らない。
 夫と二人、美味しくいただきました。

 二人別居と書いたけど、別に大喧嘩をした訳ではありません、それぞれの自由を尊重して。
 食事はすべて私が作っています。(当たり前だけど)
 洗濯をして籠に入れておけば、何時からか?夫が干してくれるようになりました。
 が、頼んだ訳でも無く、でも「干してやっている」と思っているようです。
 キレイに干しているので、文句は言いません。

 今夜も10時を過ぎました。

   
   

1月14日  息子達と5人で・・・

 昨日から今朝は冷えて寒かった。
 気温は見なかったけれど、道路の水たまりに張った氷が、お昼過ぎでも融けていなかった。
 こんな事は初めての事。

 夫は一人、山の家へ出かけた、この寒いのに。

 今日はご町内でイベントのある日。
 昔は商店街だった通りが、寂びれて久しい。
 そこで活性化しようとの事らしかった。
 空き店舗で色々と趣向をこらしていた。

 ママが昨日から「一緒に行きませんか?」と誘ってくれていた。
 寒いんだけど、「帽子の展示」もあるらしいから、行って見た。

    IMG_0622_20180114224858bdc.jpg    IMG_0632.jpg    IMG_0635.jpg
 帽子と言っても、イベント用。

 次々に歩いて回る仕組みで、次に竹でこしらえた風車で、R君とT君が挑戦していた。
 その方が、綿菓子もしておられたので、2人が生まれて初めての経験で、竹の棒をクルクルまわして作っていた。
 袖も綿菓子もぶれ。

 ひな人形の着物は、デニムで出来た物。

 電気屋さんだった2階で、ダンスのショウ?何が何だか訳の分からないダンスだった。(私が)
 卓球台のコーナーも有り、60年ぶり位にやってみたが、マッタクダメ。

 10時半から12時ぐらいまで。
 「先に帰るわ」と言って、歩いて帰ったのは良いが、足の痛い事。(行きは息子の車で)
 全行程、1㌔位のものなのに。
 夫にいつも「歩かないと駄目だ」と言われているのを痛感した次第。

 夜の所さんの番組で、「山の中にポツンと一軒家」?の番組を見ていた。
 山の家も、従兄弟の家も似たような環境だと感じた。
 まぁ山の家は、住んでおられなくても家は有るけれど。

 夫がいつも「時々に家の中に風を入れないと、じきに家が傷んでしまう」と戸を開けて風を入れている。
 それと、一時期蔵荒らしが流行った、と言えば言葉が悪いけれど、他所から来た人に住んでいないとバレルと何をされるか分からないので、外周りの掃除をキチンとして、箒の目が立つぐらいにしている。(夫が)

 先に帰ったので、ママがお土産を買って来てくれた。

1月13日   帽子が出来た

 今朝、夫は一人で山の家へ出かけた。
 9時過ぎの気温-3℃で、12時には-1℃だったそう。
 
 息子達はママの実家へ年始に。
 R君、冬休みに入る日に足首を捻挫し、石膏で固められて松葉杖だったのが昨日の夕方、やっと包帯だけになった。

 私はエスカルゴ型の帽子を縫った。
 古布の大島を使うので、裏には洋服地用の薄い芯地を貼っている。
    IMG_0619.jpg    IMG_0618.jpg    IMG_0621.jpg
 自分用だからと簡単に考えて帽子のツバを裁断して、厚芯を貼ってから気が付いた。
 やはり古布だけあって、生地の傷んだ箇所が数カ所。
 普通なら裁断し直すところだけど、まぁ自分用だからとそのまま進めた。
 ところが、傷の箇所を隠さなくちゃ、で丸い包みボタンを貼り付けた。
 裁ち替えた方が早かった。
 裏は普通の生地。58㎝。

 そうそう、キャップをプレゼントしたSさん、すごく気にいってくださってお電話をいただいた。

 私は圧力ナベを滅多に使わない。
 それで牛筋を煮たのは良いが、良く煮えて美味しいのは出来たけど、煮えすぎ。
 夫は何も文句を言わなかった。

 黒豆も、娘の家のお義母さんがたくさん下さったので、煮豆をこしらえた、2回目、でも普通のデッカイ鍋で。
 友人達は「圧力ナベで作るよ」と。
 圧力ナベぐらい、使いこなさないとね、歳が歳だから。

 階下で孫達の声がしている。無事に帰宅したらしい。(道路が凍って事故を心配していた)

1月12日   最低の気温

 今朝はこの冬一番の寒さだそうで、岡山市でも-5、5℃らしい。
 山の家はもっと寒いはず。

 ママの車の中の温度計は-4℃だったと。
 今朝は幼稚園の「自由参観日」(とんど祭りも)
 ママが誘ってくれたけど、「寒いから・・・」と。
 帰宅したママ、園児用のお餅は幼稚園からだけど、保護者のお餅は持ちより、だとか。
 お餅を買って行ったそうで、私達にも焼いた餅をもらった。
 これで、無病息災、寒さも元気に乗り越えられそう。


 娘がずっと前に日帰り旅行に誘ってくれていた。
 (内心、1月12日だなんて、一番寒い時期なのに)と思っていたけれど、折角なので連れて行ってもらう事にしていた。
 先日の新年会のあと、「ちょっと行事が入って行けそうに無いんだけど」と連絡有り。

 「又暖かい時期に行った方がいいわ」と、ヤレヤレと思っていた矢先、昨日今日のこの寒さと大雪。
 キャンセルしていて、ほんとに良かった!


 T君が「ジィジは耳が悪い、バァバは眼が悪い」と言ってくれるとおり、ジィジは息子達に補聴器を買ってもらっている。
 20数万円の品。これは夫に話すのに(威す?)丁度良い値段。(自分で買えるのに!)
 補聴器を耳に入れると耳障りでもあるらしいけどこれは理解出来る、しかし息子達の気持ちを汲み取らなければ。

 私は眼が悪い、というよりも、老眼だから。


 今朝夫は「免許証をもらいに行って来る」と出かけた。
 「何処へでもどうぞ」 事故さえ起こさなければ、お好きにどうぞ!
 じきに帰宅、タコ焼きをお土産に。美味しかった。

 皆さんが野菜が高いと言っておられる。
 昨日スーパーへ行ったら、ハクサイが600円以上、大根が1本350円ぐらい。
 ビックリ!した、この片田舎のスーパーで。

 大根はサルにヤラレタけれど、100㌫ではなかったので、まだ買わずに済んでいる。
 聖護院大根も未だに直径3㎝位で食べられない。
 ハクサイは数にして、まだ200個位は有るはず。
 ところが昨秋の9~10月の天候不順のため、巻きが悪く、芯まで巻いていない。
 昨日見に行って見たら、葉の一枚一枚の間に雪が入っている。
 これでは売り物にならない。
 
 いま一番欲しいのは「ネギ」なんだけど、これも私の作り方が悪いのと、サルに食べられるのとで、わずか。

 この春からはもっと頑張って、ネギぐらいは立派に育てたい、願望。
 苗を買って、植えといたら、夫がどうにかしてくれるでしょう。
 悪いところ、ばかりではありません。(笑)

 今日の私は、午前中はタペストリーの刺繍、眼が痛くなったので止めて、
 午後はエスカルゴ型の帽子の裁断。
 古布の大島で、茶系、自分用に。

 

1月11日   山の家へ竹を伐りに

 2人で山の家へ、9時半の気温-2℃ 
 積雪4センチ(我が家は5ミリ)

 写真を撮ろうと思ったら、(カードがありません)だって、残念。

 明日、幼稚園の「とんど祭り」、竹を4本頼まれていたので。
 しかし写真を見せてもらっていたけど、竹の太さとか長さがイマイチ分からない。

 「太すぎる」だの、「長すぎる」だの、「竹の笹が多すぎ」だのと、二人で言いながら。

 11時半に気温-1℃。2時間で1℃上がっただけでほんとに寒かった。
 少し風が吹けば、雪吹雪きになって、全身が雪まみれ。

 帰ってから、ママと持って行くつもりだったのに、夫は「これから帰りに幼稚園に寄って、竹を降ろす」と。
 幼稚園に着くと、丁度お昼の給食の時間。
 T君が私を見て「バァバ、竹ジャー」と。竹を持って行く事を知っていた。
 一番忙しくしておられる時間に行って、ご迷惑をかけて。
 夫のこんな性格が大嫌い!
 それでも「幸せ」と言えるのは、2階で別居、食事も別々だから。
 朝食は下で一緒だけど。

 一緒にいて、不満話ばかりする友人に「別居はいいよ」と。
 あと何年生きられるか分からないし、横着をしている訳でも無く、2人で了解している事だから。

 午後の我が家あたりは、雪も無くなり、私の部屋からの眺めは「暖かそう」
 

 

1月10日   パッチワーク教室へ

 9時半には教室へ行き、友人への約束の物はバッチリ!だったのに、
 肝心の自分が今日する予定のタぺは忘れた。

 それで急遽取りに帰った、所要時間は13分。(信号にかかりながら)
 私の座る席は、日が射してポカポカ、有り難い。

 友人7人グループで話していると、苦労した時代の話になる事も。
 「いつもは忘れている事なのにね」
 「今が一番幸せ!」みんなの意見。
 今度は自分達の番だから。

 夫は自分の部屋で休養中、お昼に帰ると「何処へ行って来た?」
 私は、我関せずなのに。

 午後はSさんへのプレゼントを贈りに郵便局へ。
 午後2時ごろから小雨がパラパラ。

 3時20分には、サッカー教室へ行くT君を迎えに幼稚園の仲良しへ。
 物凄く寒かった!
 自宅でユニホームに着替えるのに、肌着もTシャツも脱ぎ捨てて、ユニホーム1枚に。
 「そんな恰好では寒いでしょ、肌着は着ていないと」
 でも言う事は聞かず、「こんな寒い日に風邪を引いたらどうするの?」
 上にパーカー?を羽織ったけど。

 リフレッシュ公園に連れて行くと誰もいない。
 そこで体育館へ。近いけど。

 5時過ぎには二人で夕食。
 疲れて眠り、目覚めたら午後11時40分。

1月 9日   プレゼントの帽子

 気になっていた帽子(キャップ)が出来た。
    IMG_0615.jpg    IMG_0614.jpg
 頭周りが54~55㎝の方。
 いつもお世話になっていて、その上プレゼントまで送っていただいたので。
 明日送ろうと思っている、柚子味噌、ショウガの佃煮、柚子ジャム、黒豆と共に。
 これではずみが付いて、作品作りが出来れば良いのだけど。

 明日はパッチワーク教室。
 前回から何にもしていない。
 友人が、パッチワークでタペストリーを作っておられて、金貨を作るのに「金布」が要るらしくて、 「私がたくさん持ってるわ」と。
 忘れないように持って行かなくちゃ。

 夕方NHKの「シブ5時」で魚を取り上げていた。
 私達も瀬戸内海に近い所に住んでいる、のに、魚をお安く売っている所が無い。
 大好きなのに。

 漁港と言える港が無いからか?
 友人は、ご主人と息子さんと3人で時々海釣りに行かれる。
 船も持っていて、年間いくらか?必要らしい。(係留代)

 今日は暖かだったのに、明日から寒くなるそうである。
 

 

 1月 8日  1日中雨

 気温はそんなに低くなかったと思う。
 外に出ないから分からない。

 家族6人、みんな家で。
 
 私もテレビをつけたまま。

 何か縫おうかとも思ったけれど、何にも手を付けず。

 今日は成人式。
 人生一度の成人式の振袖、騙す業者がいるなんて、許せない。

 27年前の娘の成人式、娘が京都の大学だったために成人式には出席出来なかったけど、実家の父母が孫娘のために「振袖」を買ってくれたのを思い出す。
 写真はこちらに帰って「前撮り」をした。
 高価な振袖で、両親に申し訳なかったが、卒業式、友人の結婚式に何度も。
 本人が結婚したあと、その自治会の挨拶回りなど、何回も着ているのでモッタイナイ事はなかった。

 今日のテレビの報道では、借りるのに40~50万円、その上騙されて、式にも出られない。
 ご本人とご両親の気持ちを思うとやりきれない。

 明日からお天気も悪くなるそう、雪が降りませんように。
 

1月 7日   ブログ

 今朝パソコン周りの探し物をしていたら、ホームページを作ってもらった頃の記録が出てきた。
 2005年の4月の終わりごろの事。
 その中の「日記欄」をちょこっとコピーしていた、すでに記憶の中にも無くなっている事柄。
 懐かしかった。
 
 訳あって、2009年にはヤメている。 
 と同時に、ママがブログを作ってくれて、今に至る。
 2009~2010年は、隠れている。

 3年程前だったか?パソコンを数か月習いに行っただけで、訳の分からないまま。
 分からない所は、いちいちママか息子に教えてもらって。
 有り難い事です。

 今日もお昼過ぎまで夫は山の家へ行って来た。
 必ず「一緒に行くか?」と尋ねる。
 落ち葉をかき寄せたり、する事はいっぱい有るけれど、、この寒い日にわざわざしなくても。

 家に居ても、出来上がった物は何も無い。寝ていた訳でも無い。
 大量の布類をゴミ袋に少し詰めた、燃やすつもり。(新品)
 資源ごみに出せるのかと思ったけれど、そういう項目が無いから。
 自分の部屋を片付けたら、快適な生活が送れるのに。
 まさか棺桶の中に、花の代わりに布を入れてもらう訳にもいかず、困った事、困った性格。

 

 

1月 6日   コンニャクの続き

 コンニャクに挑戦しようと思ったのには訳があります。
 何を植えても、サル、カラス、イノシシに荒らされて、(鹿や熊も出るとかで)植える物が限られています。
 コンニャクはこの地域でも昔から植えられていた事でもあります。


 それで夫も多少の知識は有るので、私が植えたら、どうにかしてくれるでしょう。(何でもこの調子、植えといたら・・・)
 
 コンニャクにしたってトタンで囲わないと、コンニャク自体は食べないけれど周りのミミズを食べるために掘りうがしますが。

 画像をお借りしました。
    konnya4.jpg    IMG_0607.jpg
 左はお借りしたコンニャク芋の画像ですが、従兄弟はこの芋が10キロで、芋の周囲が90㎝有ったそう。
 右の画像もお借りしたコンニャクの茎葉、従兄弟は、この茎葉の丈が170㎝位になって、人が隠れてしまう程の長さになったとか。

 夫の話でも、コンニャク畑に入っていると人の姿は見えない位だったとか。
 今では、コンニャク芋の種芋も購入しなければ有りませんが。


 次にミョウガです。
 唯一私が本気で作っている野菜です。

 下の画像のような色、形の物を作りたいと頑張っていますが、なかなか思いどおりに作れません。(借りた画像)
    IMG_0037_201801061627534de.jpg

  私のミョウガ、ちょっとプックリし過ぎていて、先の方の色合いが、イマイチ。(ハウス栽培でも無いし)
  パック詰めには大き過ぎ。
    IMG_0093_201801061532144f1.jpg

 お正月も過ぎた事だし、ちょっとヤル気にならないと、思っているのですが。


1月 5日   T君と二人で

 学校は9日からだけど、学童は今日からでR君は学童へ出かけた。(連れて行ってもらった)
 T君は「仲良し」、だけど行っても午後からは一人になるので、お休み。

 1時間ほどはテレビ。
 それから「ムゲン、ベイスタジアム」とか言うおもちゃでお付き合い。
 早い話が、コマまわし、だと言うと、「バァバ、コマ回しとは違うよ」

 このT君とは飽きる事が無い。
 私が何を教えてもらってもすぐに忘れる、と、「バァバは何でそんなによく忘れるの?」

 ところが今日は、自分で折り紙を四角垂に折って、私に教えようとしたら、「ぇっ、忘れちゃった」と。
 「いつもバァバにどうしてすぐに忘れるの?って、言ってるんじゃなかったの?」

 「バァバはT君よりも67も大きいお年寄りだから忘れるけど、T君が忘れちゃダメでしょ」
 と言うと、
 「バァバ、67も大きいんだから、物凄くよく知ってるって事でしょ」

 「そんな事無いよ、パパ位までは何でもよくお勉強出来るけど、それからは忘れる方が多くなるの」
 6歳の孫を相手に、いい訳ばかり。

 昼食をして。
 次は「しりとり」。

 「T君、バァバはちょっと自分の部屋に上がってもいい?」
 「そんなのダメだよ、T君が一人になっちゃうよ、一人なら仲良しに行ってるのと同じだよ」
 「でも、仲良しでの一人は先生と二人だよ、それに同じ一人、と言ったって、自分のお家だからゆったり出来るでしょ」

 「それはそうだけど」
 でも結局一人にさせるわけにもいかず。
 午後4時過ぎからは、T君、疲れてソファの上でうたた寝。(ひざ掛けを巻いて)

 夫も自分の部屋に居るんだけど、孫に関知せず。

 夕食後は、年賀状の整理。
 夫の従兄弟(昨日お邪魔した従兄弟の弟さん、80歳)が、東京の東久留米市に50年程前に家を建てて住んでおられる。
 その方の賀状に「コンニャク芋の10キロの重さの物が採れました」と。(証拠の写真は、4日に従兄弟の家へ年始に行った時に見せてもらった)

 山の家でも、昔はコンニャクをたくさん植えていたとか、それで大きくても、「5~6キロ位じゃった」と夫。
 庭木の剪定枝(梅、柿、他の植え木)やら落ち葉を入れて、腐葉土を作り、コンニャクを育てられたとか。
 それにしても「10キロ!」
 私も挑戦しようかしら?東京の土地と違い、有り余る土地と腐葉土。(山の中だから)

 ママのお母さんが毎年「牡蠣」をたくさん送ってくださいます。
 その上、「網焼き用の牡蠣」も一斗缶いっぱい、ママ達がレンジで焼いて(蒸して?)、オリーブオイル漬けや佃煮にして食べさせてくれました。美味しかったです、有難うございました。

1月 4日  年始に

 義父母が健在の頃は、いつも我が家に20数名が集まっていた。
 長男の嫁としてはそれはそれは大変だった。

 私が70歳を超えてからは、我が家と娘家族だけ。
 年始も、従兄弟と我が家とだけにした。

 今朝は従兄弟の家へ年始に。
 先客がおられた、その方も従兄弟にとっての従兄弟。
 夫とは、ほんの少し血が繋がっているかな?位の関係。
    IMG_0589.jpg    IMG_0588.jpg
 お山のテッペン近くなので、ドコモ、AU、ソフトバンクの3基の鉄塔が建っている。
 携帯はよく繋がる。
 しかし、電磁波の悪影響は?


 次にお寺へ年始に。
 従兄弟の家と我が家のお墓参り。(どちらもお寺の墓地にお墓を移している)


 次に山の家へ。
    IMG_0590.jpg    IMG_0591.jpg                                   サザンカ、ロウバイ、寒いので中々満開とはならないけど。

    IMG_0599.jpg    IMG_0597.jpg
 柚子の苗木畑、5年位は経っている?
 周囲をトタンで囲っているのに、イノシシが掘り返した形跡有り。
 でも出入りした跡が見つからない。
    IMG_0595.jpg
 デジカメのレンズの中央にキズが付いているので、曇っている。
  

 お昼過ぎに帰宅。

 お客さんからのプレゼントがレターパックで届いた。
 お礼状を書いて、郵便局のポストに投函。
 駅前通りが、LEDの飾りでキレイ、クリスマスの飾りだったらしい。

 私は夜暗くなったら外に出ない、雪が5ミリ降っていても家から出ない。
 だから、キレイに輝いているのを知らなかったし、見てビックリした。

 
 夜、T君が上がって来て、「バァバ、ジィジのお誕生日ケーキが出来ているから降りて来てね、ジィジも呼びに行くからね」と。

 二人で降りて、ケーキをいただきました、写真を撮らなかったのは失敗。

 いつもジィジが何かの時に「一言メッセージをどうぞ」と言っているのを聞いているからか、
 T君が「一言どうぞ」と。
 「ジィジの誕生日のお祝いだから、ジィジが言ったらいいでしょ?それとも皆言うの?」
 「でもバァバが先に言うわ、ジィジのお誕生日に、こんなキレイで美味しそうなケーキを作ってくれてありがとうございました」
 このケーキは、ママとR君が昨日から作ってくれていた。
 ママは、今日は仕事だったし。
 次にT君がお祝いを一言、次はジィジが挨拶。
 ジィジの挨拶は慣れたもの。
 皆の気持ちが嬉しい日、でした。
 やっぱり家族が一番。


 昨日、今日と2日がかりで祝ってもらったジィジでした。

1月 3日   新年会

 一昨年までは我が家でしていましたが、夫が1月3日生まれという事もあり、昨年は喜寿の祝いをフランス料理店でしてくれました。
 その時、「来年からの新年会は、どこかの料理屋さんでしよう」と言う事に決まり。

 今日1月3日は、夫の誕生会も兼ねての新年会。
 魚がメインのお店で。私は魚が大好き。

 21歳のJ君は私達の初孫でもあり、なっちゃんは孫の中でただ一人の女の子、と言っても18歳。
 J君は今年は大学4回生、何処に進むのかな?
 なっちゃんは、小さい頃から勉強大好き、この春は何処の大学に進むのかな?と楽しみにしていた。
 「京都から東へは行かない」とも言っていた。

 ところが、進路は専門学校。
 ビックリ!。大学へ行けば良い、というものでは無いし、専門学校が悪いとも思わないけど。
 家族もビックリ!だったらしい。(そりゃぁ両親の方がビックリだけど)
 なっちゃんの父さんも反対してたらしいけど。(周りはお堅い職業ばかり)
 オープンスクールへも父さんとなっちゃんと二人行き、父さんも納得して決まったそうである。

 18歳で自分の成りたい職業を決めている方が、スゴイと思った。
 73歳まで生きて来て、いまだに自分に向いている事は何だったのか?の私とは大違い。
 何はともあれ、健康と幸せを祈るのみ。

 我が家の孫二人、現在は年齢が違い過ぎて(10歳以上)会話が合わないけれどもう10年経てば?
 「R君、T君のふたりが全然喧嘩をしないの?」と、「マッタクしないのよ」
 それはT君が「R君は、よく教えてくれるし、よく遊んでくれるから大好き、といつも言っているの」と。

 T君の大好きの順番、①ママ、②R君、③パパ、④ジィジとバァバ。
 ジィジとバァバをどちらが先に大好きと言うのは、悪いから、と思っているらしい。

 いくら仲の良い友人が大勢いても、何かの時には、姉弟が一番だと思う、私もそうだから。
 
 今日は「良い時間を過ごさせてくれてありがとう」の日でした。幸せ。

 

1月 2日   年始のお客さん

 身体の調子がすぐれなかったら、夫が玄関飾り、床飾り等を全部してくれた。
 トイレの花まで飾ってくれていたのに、今朝気が付いた。
 気が付いた時に「有難う」ぐらい言えば良かった。

 夫の従兄弟が午後に年始に来てくださった。
 83歳位なのに、普通車を新車に。
 
 息子達4人は公園に出掛けて、凧あげ、サッカーなど。

 夫の兄弟達は、それぞれに自分の家族と過ごす、50年も経ったのでいいでしょう。

 明日は娘家族と会える、楽しみ。
   
 | ホーム |  » page top