FC2ブログ

リンク


カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

どんぐり

Author:どんぐり
 夫と私(70代の夫婦)と息子夫婦、孫2人の6人家族です。
私達二人は夫の生家である山の家へ通い、家族の健康を願って無農薬に近い野菜作りをしています。
 孫は、11歳(小5)、7歳(小1)の男孫二人。
 ボケ防止のための、日記です。
 


最新記事


月別アーカイブ


水槽


検索フォーム

QRコード

QR
まとめ

7月31日  踏ん切りがつ付きそうかな?

 今朝はママに、午後1時半のT君とR君のお迎え、他の用事、3時半に又お迎えを頼まれたので山の家へは行かず。
 夫一人午前中行って来たが、36℃もあって大変だったそう。

 午前中は、「そうだお小遣をもらいに行って見よう」と、一人で市場へ。


 行って良かった!踏ん切りが付きそう。
 ミョウガはず~っと、㌔単価が最高の評価をもらっていた。
 金額はたかが知れたものだけど、品質に最高評価をしてもらっているのは嬉しかった、のだけど。
 それだけで、夫に「止めろ、やめろ」と言われながらも続けていた。

 今年は、止める、止めると言い続けたので、草刈りも草取りもせず、肥料もやらず、モミガラも入れず。
 その結果が出た!最悪!
 収穫量も今までの1割、金額も1割、これは当然の事。
 しかし評価が悪いのが一番気になる。


 と、どうのこうのと言いながら、又来年も挑戦するだろうと思える。
 ノウハウは分かっているので、又最高の品質の物を作ってみせよう?

 何もせずにいたら、ボケる、義母の認知症の世話で20年困ったのが、頭をよぎる。

 頭を切り替える他、無い。

 先日のキューリ10㌔は、10円では無く、100円だった。(10キロ=100円)
 これは面白かった。捨てる物が100円、だから。

 軟白ミョウガ(白色のミョウガの茎)作りも、来年はしない。(材料費の方が高い)

 でも色々と挑戦して見ようと考えたのも私自身だから、頭の体操になって良かった。


 夫に、もらった伝票を見てもらった、「そりゃぁ、止める言うから、何にもせなんだからじゃろう」と。
 「そりゃぁ分かっているけど、評価が気になる」
 「まぁ、何もせにゃぁ、1円にもならんから」と。
 まぁお金が目当て、じゃないけど、ね。

 同じ歳位の方々が、野菜を色々と作って、産直市に出しておられる。
 私はミョウガだけ、だから、止めてしまうのも、ミットモナイ。

 と、色々と言い訳をしながら、明日朝も早くから、ミョウガの収穫に行こう。
 

 午後6時ごろ雨。
 県北では大雨警報が出ている。

7月30日  あと一日

 今朝は別々に山の家へ。
 と言っても不便、二人で行く事が多くなったので、いつも私の必需品を夫の車に積んでいるから。
 あとから来た夫が、谷川の向こうからクラクションをんを鳴らすので、「虫よけスプレーをそっちに積んでいるので持って来て」
 と言うと、「取りに来い」だって。

 でも、しぶしぶバックしてくれた。
 雨上がりは、ブトが多い、アブも。

 1時間ミョウガを採っても、その内の3分の2は、(多草取り、アブを払い、ブトを払い)の時間。
 まだマムシには遭遇していないので、それだけはマシだけど。

 最近時々雨が降るので、谷川の水量が増して、パイプが少し移動したか?何か入ったか?で、
 パイプから出る水量が半分に。(取水口は、大きな岩と大きな石でパイプを挟んで、動かないようにしている)
 又谷川に降りて見た。
 少し泥を吸い込んだ感じなので、トントンしたら、良くなった、パイプは30㍍位の長さ。
 高低差を利用しているので、一応谷川に流して、水が出るのを確認して、また田んぼに引き上げる、感じ。
 水道の水よりも安全、カルキも入っていないし。

 まぁ子供が水遊びをしているのと同じかな?
 尻もちをついて、ビシャコになったけど、冷たい水が気持ち良かった。
 山奥の誰もいない所だから良いようなものの?

 11時には終わって、先に帰宅したけど、暑い!一日だった。
 夫は山の家まで上がっていた、けど、何をしたのか聞かなかった。

 午後4時半頃には市場へ。
 帰りに買い物、どっちが多い?
 まだ一度もお小遣いをもらっていない。

 今年は例年の1割、しか、収穫していない。
 あとは、草取りの時間に費やした、だけ。

 先日、10キロのキューリを出したけど、それが何円?10円?
 それが知りたい、面白いから?

 R君は、広島まで練習試合に出掛けた。
 往復だけでも時間がかかるので、今日一日会わなかった。

7月29日  T君誕生日 6歳

  8日にはR君が10歳。

 昨夕、自宅付近でも雨だった。豪雨では無い。

 今朝は二人で山の家へ。6時半発。
 1㌔程北の橋の上を通る時、水量が多い。

 段々北に進むと、濁り水。
 
 道中の排水路も詰まったり、道路に流れ出したり。
 山の家に着くと、大雨が降った形跡。
 畑の中も、溝が出来るほど流していた。
 夫は、排水溝の穴が詰まっているので、土砂除け。
 災害というほどでは無い。

 明日は日曜日で市場は休み。
 しかし草取りはした。
 今日は雨のおかげで良く抜けたけど、明日になったら又カチカチの壁土のようになるだろう。

 帰る途中で、昨日のKさんに会った。
 昨日は「サルは人間を襲わない」と言っていたけど、「襲う事も有る」と。

 帰る道中でお寺に寄り、我が家の墓地の掃除を二人で。

 12時に帰宅。

 パパとR君はバレーに。
 

7月28日   山の家へサル

 毎朝4時過ぎには起きている。

 今朝5時過ぎに階下に降りたら、T君がお弁当箱にご飯を詰めていた。
 自分の今日のお弁当を作るらしい、ウインナも切って。(明日が6歳の誕生日)
 何でもやってみたいらしい。(あとで聞いたら美味しかった、って)
 ママが、子供のやりたい事を何でもさせてみるので、良い事だと思う。


 今朝も一人で、6時過ぎには山の家着、気温23℃。
 畑に降りて、イノシシ除けのトタンの側でミョウガを採っていたら、サルの泣き声、数匹いるらしい。
 鎌でトタンを数回叩いたら、泣き声は止んだ。

 立ち上がって見渡すと、木小屋のトタン屋根の上に。
 しかし、トタンを叩いた音ぐらいではビクともしない。
 親ザルが毛繕いをしている、子ザルが5匹。
 屋根のテッペンに居たかと思うと、軒先の端で又毛繕い。
 エッ落ちないの?

 昨日の今日、軍団は分かれたらしいけど、私を襲って来ない?
 急に怖くなった。
 もう帰ろうか?と思っていた処へ、下の家のKさんが軽トラで来られた。
 ほんとにヤレヤレ、助かった。

 Kさんの話によると、昨日は午後3時ごろ上がって来たら、サルが10匹以上いて、柿の木を渡り歩いていた。
 追っ払っても、知らん顔で、石を投げたけど、自分の腕が痛くなっただけ、だったと。

 昨日、私達が昼前にクラクションを鳴らしたら、谷川の両方に逃げたので、それが山の家の方にも来たらしい。

 「サルが怖いから、帰ろうと思っている」と話したら、「サルは人間を襲わん」と。
 「それより、トマトやカボチャは大好物じゃから、収穫しといた方がええ」と。

 赤く色づいているトマトは狙われるに決まっている、忙しいのに採り入れた。


 山の家はお気楽で良いけれど、やっぱりひと気の無いのは怖い。
 Kさんは上の方の畑で仕事をされていた、誰かが近くにおられると言うだけで、心強かった。

 4時ごろ市場へ、雨がいっとき降ってすぐに止んだ。

7月27日   ミョウガとサル軍団

 今朝は二人で、いったん山の家まで上がり、虫よけスプレーを振りかけて。
 7時の気温23℃。

 すぐに田んぼに降りて、夫は草刈機で草刈りをしてくれた。

 私は、昨日あれほどたくさんの(ブト)に噛まれたのに、スプレーのおかげか?
 全然噛まれなかった、というか、虫がいなかった。
 アブもたまに、ぐらい。

 手入れをしていないミョウガ田、多草と共にビッシリのミョウガの茎。

 昨日、谷川からのパイプ、水の出が悪かったので、今朝はやり直し。
 忙しいのに、手間取ったけど、1インチのパイプいっぱいに水が流れ出した、ヤレヤレ。

 ミョウガも時期が来て、黄色い花が咲きだした、早く収穫しなくちゃ、なんだけど。

 夫は草刈りをした後に、山の家まで上がり、キューリ、トマトの収穫。

 11時過ぎに又降りて来て、クラクションを鳴らすので、
 「鳴らさなくても、見えているのに?」
 と思っていたら、側まで来て、「サル軍団がソコまで来ている、30匹以上いる」と。

 クラクションで散らばって、写真は撮れなかった。
 「生まれたてのような小さなのもいた」と。

 カボチャがたくさん生っていたのを食べていたらしい。(何でか、ネットをされてなかったMさん)

 午前中はどうにか暑さも凌げたけれど、午後はすごく暑かった! 
 夕方は市場へ。

7月26日   えらい目に遭った

 今日の予定は忙しい。
 まず一人で6時過ぎに、田んぼに到着。

 昨日、昨夜、と大雨が降ったのに、道中の川の水量がそんなに増えていなかったのにビックリ。
 田んぼのミョウガの中は、雨で土がホコホコして取りやすかった。

 一番の失敗は、(虫よけスプレー)を山の家に置いていて持っていなかった事。
 ちっちゃなブヨ、1ミリにも満たない虫が顔の周りじゅう飛んで、追い払いようも無かった。
 顔のそこら中を噛まれて、血が出て、腫れて。

 それから(アブ)、これもいくら追い払っても追い払っても飛んできて、帽子の上からでも刺す。

 その上に多草。
 これは、夫に「田んぼのミョウガは止める」と言ったので、草が繁茂したのだから、」私が悪いのだけど。
 それでも、ミットモナイ!と言って、1回は刈ってくれたのだけど。

 でも、ミョウガは止めると言ったので、肥料もやっていなかったのに、キレイな色。

 谷川の水も、清流。
 山の家の方は、雨が少なかったらしい。
 でも先日の雨でパイプが流されていたので、谷川に降りて、少し上流に引っ張り上げたので、水は使えた。

 まぁ一人と言う事は、すべて自分でしなくちゃ。
 収穫したミョウガ、キレイにして、水で洗い、12時には帰宅。

 又、キレイにして袋詰め。

 3時半には、T君を迎えに行き、今日から(サッカー教室)へ。
 雨で公園の状態が悪いので体育館。(4時から5時、お迎えはママ)

 帰宅して、夫の運転で、市場へ。
 荷受けの方に「先日話したキューリも持って来ました」って言ったら、見て笑っておられた。
 普通のキューリがデッカクなった物だから、10円ほど?(10キロ)

 今頃だれも要らない物だから、どなたかが食べてくだされば、キューリも本望だろう。

 草が多いから手間取る、と言うので、明日は畔だけでも又、草刈りをしてくれるらしいけど。
 
 お米作りは、10アール当たりの収益?15万円だとか。
 でも農機具が1千万円ほど。
 ここら辺りでは、30アール~50アール(3反~5反)がほとんどで、農機具代の元を取るのは、一生かかってもダメ。

 ここら辺り、と言っても、山の家辺りではありません。
 大きい農機具が入るほど、大きな田んぼはありません。幸か不幸か。
 

7月25日   パッチワーク教室

 9時過ぎに自宅を出るのも暑い。
 アスファルトやコンクリート、車のエアコンをつけても、涼しくなるころには到着。
 1㌔あまりかな?

 先日出来上がったタペストリー、ビーズもたくさんくっ付けた、合格。
 これで秋の市の文化祭用のタペストリーが2種類出来上がり、ホッとした。

 一枚(スーちゃん)はすでに玄関に飾っている。
 これは11月の市の広報に載る予定らしい。(生徒が順番に)

 今日はその文化祭用の、合同作品、フレンドシップキルトの製図。
 一番簡単な物が人気、皆それぞれにタぺストリーを作っているから。

 一人の方は、「サルが出て、キューリやトマトを食べられた」と。
 「ゴーヤはサルが食べないから」と、持って来ておられた。
 先生が「ゴーヤ茶を作るから」と、もらっておられた。
 製法を教えてもらったので、試してみよう。

 サルと言えば、山の家の畑には軍団で出て来て困っている。
 最近、我が家の側でも出たらしく、枝豆やらキューリを盗られたと話しておられた。
 今日の友人も住宅地。

 一匹出ただけでも大騒ぎして、パトカー出動。
 同じ市内だけど、山の家のように山の中に軍団で出て来て悪さされても、だれも警察に言わない。
 自分達で対策をとるしかない。警察に言おうとも思わないし。

 我が家はネットやトタンで対応しているけれど、電柵、ガス鉄砲、威し花火をされている方も多くおられる。

 同じように、税金を払っているのだけれど?
 と、愚痴ってもどうしようも無い。

 今日の午後、空が真っ暗で蒸し暑いと思っていたら、1時過ぎからいっとき、大雨が降った。
 災害の起きない程度にしてもらいたい。

7月24日   盆経

 毎年、1か月程前からか?お寺から盆経(棚経)に来られる日にちのお知らせの封書が届く。

 いつも思っている事だけど、日にちもそうだけど、午前中か午後、どちらかを知らせて欲しいのだけど。

 今日もその日。
 朝は4時過ぎに起きて、大きな仏壇の掃除。
 (何かヤル気が起きなかっただけ)

 茶菓の用意もして。
 朝イチと言う事は今まで無かった。(一番早いお宅は何時か知らない)
 9時過ぎから~ず~~っと待ちどおし。

 夫も用事が有るのに、何処にも出かけられず。
 と言うのも、私一人をホッテ置いて、出かけられたら困るのは私。
 私はオシャベリだけど、お坊さんは苦手。
 その点、夫は誰とでも話題は豊富、というか話を合わせられる。(社交的)
 居てくれなくてはダメ。

 私も、T君との約束事が有ったのに、キャンセルになった。


 お昼を過ぎても、まだ。
 結局、電話をして、2時半前に来られて、3時前に帰られた。

 待ちくタブれた。(疲れた)
 ご先祖様には申し訳ない話だけど、
 キレイになって(ホコリが取れて)、喜んでくださっているかな?
 果物、花の木、お花、他のお供え物。

 でも今年も無事終わって、ホッとしている。
 
 

 

7月23日   山の家へ

 今朝は二人で、7時着、気温を見なかった。
 10時半の気温は29℃。昨日よりも7℃低い。

 もう無理はしないと、自分に誓う。
 夫も草刈りをしてくれたけれど、無理はいいから、と。

 昨夕の雨のおかげで、ミョウガの葉はビシャコ。
 土はそんなに湿っていなかったけど、喜んでいるはず。
 改めて、ミョウガには、たくさんの水分が必要と知った。
 でも常時溜まっているのはダメ!

 昨日よりもマシ、とはいえ、暑かった。
 11時には帰宅。
 休んで、市場へ。

 私の出している箇所は、地場野菜のコーナー。
 また、自分の家で食べられないキューリを出しておられた。
 こんな品を出しては失礼じゃない?の品。

 でも、10円か20円になるらしいけど(全部で)。

 最近どういう訳か?洗濯物をカゴに入れていると、黙って2階のベランダに干してくれだした。
 もちろん洗濯はしないけど、多いに助かっている。

 取り込みもしてくれるけど、私の物は私の部屋に投げ込んでいる。
 まぁ自分の物は畳んでくれるので、それも良し。

 料理をしないと不足を言っていたら、友人達の半分以上は「我が家も同じよ」だって。
 それも買い物はして来てくれるので、まぁ良いか?

 
 

7月22日   夕方雨が降った

 今朝は山の家へ7時着、二人で。
 気温25℃。爽やか。  11時には36℃になった、今までで最高の気温。  

 夫は久しぶりの野菜の採り入れ、キューリがデッカクなっている。
 ナスは、サルにヤラレテから花もあまり咲かない。
 トマトとミニトマト、これはネット越しにでも赤いのがよく見えるので、心配していたけれど、採れた。

 私は、多草の中のミョウガ、草取りをしながら少し。
 やはり何でも、手入れするのとしないのでは大違い。

 ママも勤めているので、ミョウガの心配よりも、孫。
 孫は今が一番、私の小遣いが減ってもどうと言う事も無し。

 各地で豪雨災害が起き、困っておられるのに、水分不足で畑はカチカチ。
 ミョウガを採るのに、指先でミョウガを掘出すような感じ。
 この固い土の中から、柔らかいミョウガの先だけ出て来ている。

 しかし土作りをしっかりしている箇所は土もフカフカ。
 ヤッパリね。

 R君は朝早くから、バレーの試合に出掛けた。
 パパ、ママ、T君は、鬼面作りに出かけた、と。

 12時には帰宅。

 母の形見の喪服(着物)を一枚ほどいた。

 午後6時から7時の間、雨がシトシトと。
 畑にやさしい雨。(嬉しいこと)

 R君のバレーの試合の結果は良かったらしい。

7月21日   一人で山の家へ

 今朝は6時に、一人で山の家へ到着、気温25℃。気持ち良い。
 梅雨明けで、湿度も低いせいかムシムシは無くなった。

 玄関まで行くと、カラスが4羽バタバタ~と飛び去った。
 ポットを振り散らかし、孫が集めている「松かさ」も散らかして。

 私がミョウガを採っている頭の上で、しばらくの間ギャーギャー鳴いていたが、相手にしないで知らん顔をしていたら、その内にいつの間にか居なくなった。

 やはり山の中の一軒家の、畑の中に一人、と言うのはちょっと寂しい感じ。
 収穫して、キレイに何度も洗って、帰宅したら丁度12時。

 夫は、一人で行かして心配だった、とか。
 熱中症になって、倒れていても誰も助ける者がいないから。

 3時半には約束の、孫二人のお迎えに。
 車の中でR君に「毎日バレーや色々とすることが有って、大変じゃなぁ」と言うと、
 すかさずT君の方が「そりゃぁ好きな事をするんじゃから仕方が無いが」と。

 「それならT君も好きな事をすれば良いが、何がしたいの?」
 「サッカー」
 サッカーをすれば、よく走れるようになるかな?
 ママに聞けば、R君のバレーほど厳しくは無いらしいし。

 夕方は市場へ。

 R君はママとバレーに。

 夜の9時ごろになって、T君が上がって来て「一人じゃ寂しいから」と私の側に寝て、色んなお話をしてくれた。

 近頃の子供の質問は、バァバが答えるには難しい。
 テレビを見て、北朝鮮の様子、ISの問題、私自身がよく分かっていないのに、6歳の子供に説明するなんて。
 でも真剣に聞いてくる。ちょっと勉強しなくちゃ?

7月20日  モッタイナイ

 今朝はちょこっと実家へ。
 又トウモロコシを採って来て、もらった。
 甘くて美味しいトウモロコシ、家じゅう皆大好き。

 暑い!と言っても私が一番体力が無い、感じ。
 エアコンの中に居るから余計に体力が無くなったのかも?



 モッタイナイの話。
 我が家の孫坊主二人共に。

 数週間前の土曜夜市に、浴衣を着せてもらって、ママと3人で行って来た。
 私が二人に、100円玉を5個づつ、おこずかいに。

 大泣きをしたそうで、小さい方のT君に「何で大泣きしたの?」って聞いたら、
 「だって、輪投げをしたんだよ、そうしたら3回とも外れて缶バッチしか、くれなかったんだよ」

 一回が100円だったらしい。
 「でもT君、そういうもんなのよ、残念だけど仕方が無いんよ」
 「だって、300円も無駄になったんだよ、モッタイナイ!」(無駄の意味が分かってる?)

 いくら言ってもモッタイナイ!
 5歳の子供には、理解し難いかな?

 あとでママに聞けば、100均で欲しかった物を買ったらしい、それも「手錠」とか。(笑)

 
 仕組みはよく知らないけど、「夜市」は客寄せ、だろうから、小さな子供が喜ぶ事をしたら?
 (シャッター通りの商店街)
 
 私達が農産物の直売店をしていた頃は、いかにしてお客様に喜んでもらえるか?
 安全、安心な野菜を作って、買っていただく事。


 もう一つ、R君は、鉛筆が短くなったのを使っている。
 「そんな短いのを使わなくても、買ったら?」
 「良いんだよ!モッタイナイから大丈夫」

 物事を、モッタイナイから、と考えるのは良い事だとは思うけど、ね。
 私には似て無いね。


 ブログに、直売所をしていた頃の事を久しぶりに書いた。
 マッタクの偶然で、今、その頃のお客様から電話をいただきました。

 私は野菜作りよりも(夫が野菜作り)、洋裁をしていたので服、帽子、バッグを作る方が得意だった。
 それでこのお客様、物凄くベッピンさん。
 古布の大島で作ったキャップを度々買ってくださっていた。
 それを見た方が、作って欲しいと、今までに何度も。

 「でも今は縫い物も滅多にしていないから」とは言ったけど。
 それはそれでこの方に申し訳ない。
 「冬になるまでで良いから」と。

 ベッピンさんだし、首が長い、お顔はちっちゃい、モデルさんみたいな方だから、良く似合うのに。
 キャップは特にそう思う。

 縫い物もヤル気になれば、出来るのだけど、近頃ではヤル気さえオキナイ。
 ボケ防止に、そろそろヤル気も起こさないと。とは思う。

 

7月19日   倒れそうな程暑い!

 夫は今朝から1泊2日で~?

 少しは慣れたはずなのに、外に出られない程の暑さ。

 5時までにお迎えを頼まれた、T君とR君。
 幼稚園に行って見ると、T君達は園庭で走り回って遊んでいた。
 呼ぶとすぐに帰る準備。

 やっぱりこの暑さも、歳のせい?

 R君は学童の教室で、みんなと宿題をしていた。
 「あと少しだから、ちょっと待って」て。
 「暑いわ~」と言うと、先生が「中に入ってお待ちください」と。

 そういう訳にもいかず、外で待った。
 T君はサッサとR君の側に行った。

 そう言えば学童の先生も、外で遊んでいる子供に付き合っておられた。
 子供だけを遊ばせる訳にもいかないからでしょうけど。

 自宅に帰り、「エアコンをつけようか?」と言うと、R君「ウン」と。
 やはり、暑いのは暑いんだ。

7月18日   カラスの仕返しは怖い

 今朝は夫が一人で山の家へ行って来た。

 私は買い物~。

 お昼に帰って来た夫の話。
 「野菜を盗られるから、どれもこれもネットで囲っているので、カラスが食べる物が無いから怒って、家の前に置いているポットなどを振り散らかしていた」
 「それから、発泡スチロールの箱の上に草をかけていたら、草を除けて発泡スチロールを食い千切っていた」と。

 サルもサルだけど、カラスはイジワルと言うか、仕返しをする頭脳を持っているらしい?
 数年前にも、悪さをするので追い払ったら、次の日にたくさんの苗を植えているポットをひっくり返し、漬物用の塩を置いていたのを、そこら中に撒き散らしていた。
 サル、カラスだと、馬鹿には出来ない、怖い、こわい!



 お昼過ぎにチャイムが鳴るので出て見たら、弟が「トウモロコシ」を「今採ったから」と言って、たくさん持って来てくれた。
 この歳になっても、まず一番に気にかけて色々と心配してくれるのは嬉しい事である。


 次に、セールスマン風の若者。
 「おかあさん、リホームする物はありませんか?」
 「「リホームはしたばっかりで、必要ありません」て言ったら、
 「そのリホームじゃ無くて、金とかのアクセサリーの要らない物が有ったら買い取りをします」だと。

 夫が2階に居るので、怖い事は無い、「アクセサリーの要らない物は無いですよ」
 そしたら、
 「この向こうのおかあさんは、無いと言いながら出して来て、39,000円にもなったんですよ」だと。

 この近くの奥様連中で、こんな事に引っかかる女性はいない。

 それで、「アクセサリーを売らなくちゃならないほど、困っていませんよ、お金ならたくさん持ってますから」
 (この言葉はちょっと失敗、と思ったけど)
 すると、「皆さん、お金が要るから売るんじゃないんですよ」と。

 「まぁ何でも良いけど、結構です」
 それで、帰って行った。

 今はお中元のシーズン、入れ替わり立ち代り、訪問者が多い。

7月17日   ミョウガの収穫

 今年から、田んぼに植えているミョウガは止める事にしたのだけど。

 夫の性格からして、「草刈りをせにゃぁ、ミットモナイ!」と。
 田んぼのアゼ草はもちろん、ミョウガの間もキレイに刈ってくれて。
 しかし、元の木阿弥、刈ったかどうか分からないほどの多草の大草。

 と言うのも、田んぼは皆が通る道路から丸見えの場所だから、と思っての事だったのに。

 山の家の周りの畑に植えているミョウガは、行き止まりなので誰に見られる事も無い。
 最近こそ災害が起きるほど雨が降ったけど、畑がカチカチだった。
 そうなれば畑は傾斜地なので、不利。

 その点、田んぼの方が有利。

 今朝一人で8時過ぎに、田んぼのミョウガを見に行って見ると、畑のミョウガよりキレイで大きい。
 2時間ほど採った。
 しかし草取りの時間の方が多い。

 11時ごろに帰宅。 ミョウガをキレイにして。

 午後4時ごろ、夫の車で市場へ。
 「今年初めての入荷」だそうで、仕入れに来ておられた方が、早速購入された。
 蒸し暑い毎日なので、ミョウガの需要は多いはず。


 そんな事を考えていると、やっぱりヤメラレナイ?
 でも我が身が一番!


 「今年は止める!」事にしていたので、発酵鶏糞もモミガラも入れていない。
 その上、草取りも一度もしなかった。
 草刈りをしてくれたとはいえ、背丈の多草。

 もうあとの祭り!
 熱中症に何度もなりかけたけど、暑さに少し慣れたかな?状態。

ジャガイモ掘り

 大雨が降るよりも前から、ジャガイモの茎部分は切っていた。
 サルが出て悪さをしたと言って、ネット周りを調べたり直したり。

 ジャガイモの畝を、サルにも踏みつけられたが、私達も少しは踏んだかも?

 夜中に目覚めて、「ジャガイモの事を忘れている訳じゃ無いけど、ネットの外なのに」と、急に心配になってきた。
 今年は、たまたまだと思うけど、ジャガイモの被害は無かった。(何の囲いもしてないのに)

 今日は山の家に行く予定では無かったけど、
 ジャガイモまでヤラレタらドウシヨウモナイ。

 夫に話したら、「ほんなら一緒に行って掘ろう」

 と言う訳で、7時過ぎ着。気温23℃、風も微風で気持ち良い。
 しかし、傾斜地の芋掘りは案外しんどい。
 20メートルを2ウネ、ほとんどを夫が掘った。

 私はバケツ2つに入れて何度か運び上げて、納屋の下で乾かすために転がしておいた。
 
 10時過ぎには、気温30℃、暑い!
 そこで帰宅。
 今日の仕事は終了。

 息子はバレーの試合に。
 ママと坊主二人、映画を見に行くと言っていた。

 私はテレビの映画も見ない。
 時代劇も韓国ものも。
 人それぞれで良いんじゃない?

7月15日   山の家へ

 昨日の夫の話が気になって、付いて行った。
 7時の気温、22℃。気持ち良い気温。

 サルに侵入された箇所は、(モグラ)が大穴を空けて土が流れた所から。

 ナスは全部食べられていたけれど、ナスの木は傷んでいなかったので良かった。
 トマトは青いのも千切っていたが、10個ぐらい。
 凛々子も踏みつけていたけど、まだ青いのがいっぱい生っているから大丈夫。

 又、頑丈にネットを張った、サルとの戦いは続く~。

 敵はサルだけでは無い、カラスが3羽待ち構えている。
 山の家の前に置いている、発泡スチロールの箱、行く度に噛み千切っている。
 これは、カラスの仕業?分からない。

 有り余っているのはキューリだけ、何方かにあげようと思っても、今の時期には何処の家にもいっぱい生っているし。
 ママが、キューちゃん漬けを上手に美味しくこしらえて食べさせてくれるので、助かる。

 それよりも暑さが身に堪える、歳だからショウガナイかな?

 R君はバレーの試合に。

 パパ、ママ、T君が応援に。
 ひとあし先にパパとT君が帰宅。
 体育館の中は物凄く暑かったとか。

 夕方帰宅したR君とママ、試合は3勝3敗と言ったかな?

 そうそう、2時ごろに美容院へ、スッキリ!した、ショート。 

7月14日   今度はサル軍団

 私は昨日山の家へ一緒に行き、草取りや野菜の収穫。
 多草を引き抜いたりしたので、昨夜から右の肋骨が痛くてサロンパスを貼った。


 今朝は夫一人で、草刈機で草刈りに行った。
 最近はず~っと、お昼には帰宅していたのに、帰って来ない。
 熱中症にでもなって、倒れているのか?と心配していたら、1時を回って帰宅。

 「サルの軍団が出て来て、ナスをほとんど取られた」と。

 「あれほど厳重に囲っているのに?」
 「斜面の下側のパイプを持ち上げて入ったらしい」

 思うに、この度の大雨で、畑土を流してミゾが出来て、そこから手を突っ込んで持ち上げた?
 大勢で来るので、連携も慣れたもの。
 トマトは昨日私が、赤い色はよく目立つのでサルに狙われ易いので、ほとんど採っていたいたので助かった。
 ニンジンも早くネットを被せなくちゃ、と思っていた矢先のこと、食べられた!

 下の家のKさん、「トタン屋根の上を、たくさんのサルが駆け回っていた」と。
 被害は我が家だけでは無く、みなさん困っておられる。

 被災されてお困りの大勢の方々の事を思うと、取るに足らない小さな出来事。

7月13日  熊が出た!

 7月 9日の朝、県道沿いをクマ1頭が歩いていた、との情報。(山の家より5㌔ほど手前)
 通勤途中の男性が目撃されたそうである。他にも10㌔ほど離れた箇所で目撃されたとの事。

 12日に注意を呼び掛ける看板を設置されたと。(今朝の山陽新聞から)



 今朝は8時ごろだったか?二人で山の家へ。
             IMG_6914.jpg



 結婚して50年近くなりますが、「熊が出た!」という話を聞いた事がありません。
 たま~に、「鹿を見た」という話は聞きましたが、「ウソ~」でした。


 イノシシが出るのに困っているけど、被害はタケノコだけで、トタン一枚を並べた囲いだけで被害は無かった。
 「イノシシなんて可愛いもの」と、冗談にでも言っています。
 憎いのはサルとカラス。

 それなのに、「クマ」だと。対処のしようも分かりませんし、デッカイので怖い!(現物のクマは見た事も無い)

 心配ばかりしていてもショウガナイ。
 今朝の収穫は、キューリ、トマト、ミニトマト、ナス、ピーマン、アスパラ。空心菜、モロヘイヤ。

 ミョウガももうボチボチ収穫が近づいてきたので、見に行って見た。
 草取りをして、キレイにしていたのに、大草、多草。
    IMG_6911.jpg
 もう少し、あと10日ぐらいかな?

 お昼前には帰宅。


 午後1時半には、T君のお迎えを頼まれていたので、幼稚園へ。
 この孫は、いっつもニコニコ、教室の中から私を見つけて手を振りながらニッコニコ。

 なんて可愛いのかな?

 そうそう帰りに、ビーズの不足分を買いに、一緒に。
 「バァバ、ビーズを何に使うの?」
 「今作っているタペストリーに付けるのよ」
 「毛糸も売っているんだね」
 「T君は器用だから、冬になったら何か編んでみようね」


 今までで一番暑い日、だったような気がした。

7月12日  昨日も今日もキルトばっかり

 昨日、11日の火曜日は、パッチワーク教室。
 いつもは先生にお聞きしたら、その後はオシャベリしてたのに、一所懸命にビーズ付け。
 帰宅後も続き。足りない分を買いに、90歳過ぎの店主のお店へ。

 昨日の夕方、パソコンを開けたらこの画像。
     IMG_6902.jpg
 何の事やら?どうすりゃ良いの?

 ママはパートの他に、色んな役員をして忙しくしている。

 夜に、階下に降りたらママは居なくて息子が帰宅していた。
 それでこの写真を見てもらって、「次に進んでも良い?」と聞いたら、「良いよ」と。

 自分の部屋に戻って、次に進んだ画面が、何の事やらチンプンカンプン。
 まぁ私は趣味の事だから、明日で良いわ。
 それで、タペストリーのキルトやらビーズ付けやら。

 今日一日も、パソコンを見る事も出来ないのでキルト。
 おかげでキルトが終わりました。
      IMG_6907.jpg    IMG_6906.jpg
 グルリは、母の形見の帯です。刺繍が豪華。
 帯を粗末にしないで、役立てて良かったです。
 
 今夜も階下に降りたら、息子が帰宅していた。
 パソコンを持って降りて、ちゃんとしてもらいました。

 T君が階下から「バァバ~、直ったよ」

 ヤレヤレです。
 ママや息子なら一瞬で出来る事なのに、知らないと言う事は・・・・・。

7月10日   蒸し暑い1日

 物凄く蒸し暑い1日でした。
 気温が高いのに、洗濯物がスッキリと乾きません。
 エアコンの効いた部屋の中にいます。

 九州北部を襲った豪雨により、避難されている多くの方々。
 エアコンも効かない部屋で一緒の生活、本当に大変なことだと思います。
 帰宅されようにも、自宅は流されたり、土砂に埋まったり。
 
 田畑も土砂や大量の流木に埋め尽くされて。 
 これからの生活を、何処が保証してあげるのでしょう。
 一刻も早く、生活全般を助けてあげてもらいたいです。


 今日は、銀行に行ったり、お中元の手配をして、買い物をして来ただけです。
 パッチワークも少々、明日が教室だから。

 こんな何の変哲も無い日々が、どれほど幸せな事なのか、思い知らされます。


 とはいえ、山の家の地区の家々は、急峻な山肌に建っています。
 20年以上前には、その中の一軒の母屋が流れ落ちました。
 母家と並んで建っている「蔵」は、そのままで。
 それで、「地すべり地帯」に認定され、工事もしてくださいました。

 

7月 9日   山の家へ

 今朝は5時から、自宅前の駐車場の草取り。
 1時間ほどで終わり、と言う事にした。



 8時を過ぎて、夫が山の家に行くと言うので一緒に。
 昨日のネットの具合を見るために。
 サルが入った気配は無かった。
   IMG_6884_20170709175830d4f.jpg
  ネットを丸めて有る所の右下部分を、私が出入りするために、くくっていなかったので、ネットを持ち上げて入られたらしい。
 それで昨日は、ネットをくくり付けて帰った。


    IMG_0381_20170709180221809.jpg    IMG_6896.jpg    
IMG_6897.jpg
 同じように、800×600サイズにしたのに、なぜ大きさが違う?
 るり柳はピンボケ。

 11時ごろに帰る事にした、気温27℃。
 出発してからじきに、大雨。
 「こんなに大雨の時に、山の中を一人だったら気持ち悪いわ」と夫。
 「私が一緒で良かったね」、わざと言ってみた。
 辺りは薄暗く、山中ではあるし、大雨、男性でも気持ち悪いらしい。

 5㌔ほど走ったら、雨は無し。

 10キロ位で又大雨。

 自宅まで帰ったら、雨の形跡はマッタク無し。
 しかし、午後4時ごろだったか?いっとき大雨。

 山の家でも草取りをしたので、疲れた。

 6時半頃、四国の方までバレーの試合に行っていたR君が帰宅。
 どうだったのかな?良ければ教えてくれるはず。

7月 8日  R君の誕生日だけど

 一緒に住んでいる孫二人、R君とT君。
 なのに、誕生日を間違える、昨年まではそんな事は無かったのに、いよいよ・・・・・?
 二人とも7月生まれで、T君は義母が亡くなった日の夕方生まれた、7月29日。

 お兄ちゃんのR君は、七夕の次の日で7月8日。(先日の6日に「おめでとう」って言ったら、「8日です」と。

 今朝お祝いを渡そうと思ったら、朝早くからバレーの試合に四国の方へ出かけてしまっていた。
 T君、「R君はとっくに試合に出掛けたよ、泊まりがけだから、明日にならないと帰らないよ」

 夫が「山の家へ行くから、一緒に来てくれ」と。
 この暑いのに、行きたく無いけど?
 でも行って良かった、サルにヤラレテいたから。

 どこもかしこも、ネットを張り巡らしているから、ヤラレルはずは無いと安心していたのに。

IMG_6884.jpg IMG_6883.jpg IMG_6881.jpg   IMG_6880.jpg
 20メートル×7メートル位を、縦1.5㍍位の緑色のネットで囲い、天井になる部分を防鳥ネットで被せています。
 侵入する部分は無いはずだし、侵入した形跡も無い、それなのに、ナスを10個以上とトマトをネットの外側に出してまで食べている。
 夫と二人でグルッと見回りしたけど分からない、あとは私が収穫するのに出入りする部分だけ。
 キレイに納めているはずだけど?今日はシッカリくくって帰りました。

 盗られたと言っても、高々知れているので、小さなサルが1~2匹の仕業でしょう。
 良い勉強になりました。

IMG_6885_20170708150956cc1.jpg IMG_6887.jpg IMG_6891.jpg   IMG_6894.jpg

 真っ赤なトマトは凛々子です、これは調理用なので生食では食べられないらしいです。


 アスパラもわずか採って、草も取って。
 ピーマンに支柱立て。

IMG_6877.jpg IMG_6874.jpg IMG_6889.jpg   IMG_6895.jpg
 アスパラの根元には「樫の木の苗」のようなものが、い~っぱい生えています、100本や200本ではありません。
 いくら取っても生えています。
 先日植えた、ダイズの苗も大きくなって来ています。
 パクチーも実が出来てきて、わさわさしています。

 春先に、イチジクの芽が出た頃に、サルかヒヨドリか知れませんが、すべて食べ千切られていたのに、又いっぱい芽が出て、枝が大きくなっています、実は出来ていませんが。 


 今午後4時、雨が少し降っています。



7月 7日   七夕

 我が家の玄関前に、七夕飾りをしています。
 ママと一緒にT君、R君が、お願い事を書いて吊るしています。

 それから、昨日先生に頼まれた「キューリ」をT君が喜んで持って行きました。

 福岡県、大分県、熊本県、この酷暑の中の激甚災害、早く道路や電気や水道だけでも復旧してほしい。
 健康にはくれぐれも注意していただきたいです。
 
 

7月 6日   豪雨災害お見舞い申し上げます

 テレビ報道での映像に心が痛みます。
 被災された方々にお見舞い申し上げます。
 未曽有の大災害、1日も早く復旧出来ますようにお祈りします。



 我が家の夫は山の家へ。
 孫に頼まれた「竹」を採ってきました、明日は七夕。

 今日の幼稚園のお迎えに。
 先生が「明日の七夕飾りに使う、ナスやキューリが有る人は持って来てください」と。

 「T君、ジィジが山の家からキューリをたくさん持って帰ってくれたからね、幼稚園に持ってこようね」


 タペストリーの続き~。
 毎日暑いです、エアコン無しでは過ごせません。
 まだまだ何日も同じ事を繰り返します。




 

7月 5日  自宅で

 孫達が学校へ行くのは、7時40分過ぎ。
 集合場所に集まって、みんなで登校。

 先日、大雨警報が出た時は、すでに雨は止んでいたので、大喜びだった。
 (7時の時点で、大雨警報が出ていれば、休校)
 今朝は違って、10時前になって大雨が降って来た。
 大雨警報が出たが、すでに勉強をしている時間。
 
 大雨が降っているのに、お迎えと言われても危ないけど。
 そのまま、普通の授業で、学童もあり。
 お天気も回復。

 今日も私はタペストリーの続き。

 夕方になって、娘の家へ、バジルとキューリを持って行った。 
 今まで野菜を持って行く事はほとんど無かった。
 それと言うのも、義叔母さんが作っておられるから。

 そして、ニューカレドニアのお土産をもらった、チョコと~。

7月 4日  山の家へ

 台風がこちらに向かって来ている。
 朝5時半過ぎに自宅を出て、6時ごろには着いた。

 タマネギを穴あきマルチに植えて、上や周りにネットを張っていたおかげで、サルにヤラレズにすんだ。
 これを利用して、ダイズの苗を植えた、30本ほど。

 夫が植えてくれている、トマト類、ナス、ピーマンなど、時々雨が降るおかげで、野菜達も大きくなっているが、多草の大草。

 でもこれらもネットで囲っているので、今の処被害は無し。

 写真を撮ろうとしたら、「カードが入っていません」だって。

 キューリが食べきれないほど生って来た。
 実家の義妹が、「お義姉さん、キューリが生ってる?」と電話をくれたけど、「今年はどの野菜もネットを張ったおかげで、今のところ、サルやカラスの被害は無いのよ」と。
 先日は、ビワをたくさん持って来てくれた、美味しかった!

 毎年、サルにヤラレタ、カラスにヤラレタ!と私が言うので、いつも心配してくれて有り難い事。

 パプリカの苗を2本だけ買って、トマトの凛々子2本と一緒に植えていた。
 私が夫に説明不足だったのだと思うけど、大きなのを一つ採って来た。
 「これ何処のを採ったの?」   「あそこの2本の中」
 「あれはパプリカなんよ、色付くのを楽しみに待っていたのに」
 
 凛々子は別の所に、8本植えている、ネットで囲った。

 サルが出ているのか?分からないけど、何もかもネットで囲われて、食べる物が無い!と思っているかも。
 でも、カラスが狙っている、油断は出来ない。

 10時半には帰宅した、台風が来ているわりには、雨も風もひどくなかった。有り難いこと。

 今日の収穫は、キューリ、ナス、ミニトマト、青シソ、ピーマン、バジル。

 今年初めて植えて食べてみた?(食べなかったけど)、カメムシの臭いがするパクチー、全部が花が咲き実が付き始めている。
 抜いて処分しようか?とも思ったけれど、我が家が食べないからと言って、種が出来ればまた今度は市場へ~?
 

7月 3日  物凄く暑い!

 昨日も暑かったけれど、今日はもっと暑かった!
 エアコンの中から出られない。

       IMG_6868.jpg
 総絞りの絵羽織のリメイク。
 90×70㎝のタペストリーを作っています。

 周りはグルリと、亡き母の形見の帯で仕上げようと思っています。
 まだまだこれから~。

 熱中症にかからないように、気をつけています。

 娘にメールをしてみたら、「今、大阪に来てる、勉強よ」だって。

 夕方夫が買い物に行って、「ウナギを買って来た」と。
 「何でも良いから助かるわ~」

7月 1日  また始めました

   
    IMG_6865.jpgIMG_6866.jpgIMG_6863.jpgIMG_6862.jpgIMG_6861.jpg

    IMG_6859.jpgIMG_6860_20170701185851778.jpgIMG_6858.jpgIMG_6857.jpgIMG_6856.jpg



 6月 4日から休んで約1か月、私的には特別の事は何もありませんでした。
 備忘録なので、ブログを続けていないと毎日何をしたか?振り返る事もできません。(よく忘れるから)

 (ニューカレドニア)へ10日あまり、一人で旅行してしていた娘は、「6月5日に無事帰国しました」とのメールが有りホットしました。
 
 46歳の娘、学生時代の4年間を京都で過ごし、こちらに帰って来てくれて、自宅から徒歩2~3分の所へ。
 同じ市内に嫁ぎ、J君は大学3回生、なっちゃんは高校3年生。
 24年間勤めた所を、3月いっぱいで退社。(挨拶回りで、羨ましがる方も有り、市議選に出るの?と言われた方も有り、とか)
 
 「一度しかない人生だから、1年間はゆっくり休んで決める」そうである。(しっかりした旦那さんがいるから出来る事)
 
 今の時代、20年先に年金がもらえるかどうかも分からない。
 今からなら、次の人生も生きられるはず。

 とにかく健康で幸せな人生を送ってもらいたい。


 我が家のR君、バレーの練習へ、午後は家族ぐるみでバーベキュー。
 昨日は「大雨警報」で、学校は休校、二人とも大喜び!
 
   
 | ホーム |  page top