リンク


カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

どんぐり

Author:どんぐり
 私の部屋にはたくさんの布と古布の山。
 同居する孫との日々の出来事。
 時々、山の家に行って、夫に付いて農作業。
 自分達で作った野菜は安全、安心です。


最新記事


月別アーカイブ


水槽


検索フォーム

QRコード

QR
まとめ

4月14日  山の家へ  畑の掃除とヨモギ摘み

 8時半頃二人で山の家へ、気温17℃。
 今までミョウガ畑がホッタラカシだった。

 と言うのも、ミョウガの栽培を続けようか?止めようか?いまだに迷っているので。
 たくさんのミョウガがモッタイナイ気もするし、身体が一番と思ったり(年金生活でもやっていけるし)。

 ミョウガの茎が倒れて枯れて(時期が来たので)、畑の地面にピッタリとへばり付いている。
 その上に草が繁茂して来て、よけいに面倒くさい事になってきた。

 遊び事のミニテーラーを買ったので、使おうと思っても、このミョウガの茎やら草やらを取ってしまわないと、どうにもならない。
 「夫が手伝ってやる」と言って、サレーガケ(これ方言、熊手の事)で、畑土の上を引っ掻いて、コソゲ取る。
 この厄介なミョウガの茎、テーラーの刃に巻き付かないように。

 でもシンドイ仕事。
    IMG_6778.jpg    IMG_6779.jpg
 どちらもあまり分からない写真ですが、左が取る前。
 この部分は2アールほど。
 

 このミョウガと同じ段の畑に、西条柿(渋柿で吊るし柿用)を植えて4年程、全体にネットを掛ければ収穫出来るかな?(サル用かな)。隣にイチジクの苗木を植えて今年は食べられるかな?と思っていたのに、お正月挙句にヒヨドリにすべての芽を食べられた。
    IMG_6781.jpg

 
    
 それから、ヨモギ摘み。
 何処かに大量に生えていたのに、何処だったか分からない、それでも小さなザルにいっぱい採った。
 これは、5月6日の法要の「お供え」に(白いお餅)と(ヨモギ餅)を搗くつもり。
 たいていは、法要用には(白餅)と(青餅)を搗くけれど、食紅の青はキライ。だからヨモギ。
 皆さん喜んでくださるはず。
 12時の気温24℃、暑いはず。


 そこらじゅうに植えているラッパ水仙とネコ柳。  
    IMG_6784.jpg    IMG_6783.jpg


 大好きなシダレ桜、満開になってしまった、やっぱり8分咲き位までが好き。


 帰りに下の田んぼに植えている「葉ワサビ」を採りに寄ったら、大量の「ヨモギ」。
 「あぁ、此処に有ったのに、忘れてしまってたわ」
 今度は覚えていて、採りに来よう。 

 昼食は自宅で。
 | ホーム |  page top