リンク


カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

Author:どんぐり
 私の部屋にはたくさんの布と古布の山。
 同居する孫との日々の出来事。
 時々、山の家に行って、夫に付いて農作業。
 自分達で作った野菜は安全、安心です。


最新記事


月別アーカイブ


水槽


検索フォーム

QRコード

QR
まとめ

3月 2日  山の家へ、ミョウガ植え

 朝起きたら雨が降って、止んでいた。
 夫も山の家へ行くと言うし、付いて行った。

 先日掘りあげた「ミョウガの根っこ」、軟白栽培をしてみようかな?と思って。

 この間の続きをついでに掘りました。(一畝の半分ほどでホッタラカシておくのもミットモナイ。
    IMG_6387.jpg    IMG_6385.jpg    IMG_6383.jpg 
 今朝植えたのは、掘りあげた畑のすぐ上、Ⅰ,5メートル上の高さ。


 3年前に新しく植えた所、6㍍を2ウネ。
 ウネの間にビッシリ茎が出るようにと、たくさんの根っこを振りまいて。(先にウネの上に草やらゴミを除けて)

 急に雨が降り出したので、土をかぶせるつもりだったのに、除けていた草やらゴミをかぶせて置きました。
    IMG_6382.jpg    IMG_6391.jpg
 夫に「根っこが凍みてしまうかな~」と言ったら、「凍みりゃぁせん」と。
 ホント?
 次はトタンでグルリと囲い、落ち葉をビッシリ敷き詰めて、、、あとはどうしよう?

 数年前に一度試した事はあるけれど、その時は、トタンでグルリと囲い、その中にモミガラを敷き詰めただけ。
 結果的には、上に何もかぶせなかったので、半分失敗!

 今度は、トタンの周りもワラでも囲い、上にもワラをかぶせようと思っている。
 今年度分位のワラは有るらしい。
 しかし、ワラを分けてもらっていた男性がつい先日亡くなられた。ので来年はワラという訳にはいかない。

 朝から一人で色々とやっているのに、「手伝おうか?」とも言わない。
 「ヤッチもない事をして」と言っただけ。(違う事をしていて、遊んでいる訳では無い)

 私も悪いのだけど。
 「ミョウガは止めるわ」と言ってみたり、「するわ」と言ってみたり、だから。

 でも、サルに何もかもヤラレタラ、他に植える物が無い。
 それに、「ミョウガの軟白栽培」を検索してみたら、
 「1年はミョウガの株を育てて、それから根を伏せこんで、」と有るけれど、
 株を育てる事は無い、有り余るほど有るのだから。

 まぁ物はためし。
 せっかく頭がくっついているのだから、ちょこっと考えてみよう。
 結果がどうなろうと、被害も無し。(時間の無駄、と言っても、時間も有り余っているし)

 今朝の山の家の気温、9時前に5℃、12時に8℃。
 力仕事をしたので、汗が出た。
 お昼は自宅で。
 | ホーム |  page top