リンク


カレンダー

08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

Author:どんぐり
 私の部屋にはたくさんの布と古布の山。
 同居する孫との日々の出来事。
 時々、山の家に行って、夫に付いて農作業。
 自分達で作った野菜は安全、安心です。


最新記事


月別アーカイブ


水槽


検索フォーム

QRコード

QR
まとめ

9月30日    予定変更

 昨夜も遅くまで、藍木綿のカットをしたり、並べて色合いをみたり、手縫いで繋いだり。

 今朝起きてよく見ると、どうもパッとしない、考え直そう。


 朝ご飯にママが栗ご飯を作っていた、朝起きて栗の皮を剥いだそう。
 私達も栗ご飯をいただいた。

 雨だし、一日中家の中にいるので、栗の皮剥きをしよう。
 昨日雨に降られながら、夫が拾って来てくれたもの。
 「一回は栗ご飯を食べないと」と言っていた望みは、ママが叶えてくれたけど。

 外目にはキレイでも、虫食いがすごく多い。
 より分けて、渋皮煮用に鬼皮だけ剥いたものが2キロ。
 渋皮も剥いだのが500㌘。
 手が鈍いのか?3時間かかった。

 重曹を入れて灰汁抜きをしていたら、また悪いのが出て来た。
 拾った栗の四分の一ほどしか良品は無い。
 だから生のままではどなたにもあげられない。
 それで渋皮煮に。

 今日も山の家へ行って来た夫。
 「種蒔きをして芽が出て、大きくなりかけていたのが、雨続きで、融けて無くなった」と。
 ホウレンソウ、コマツナ、カブ等。  蒔き直しをしたそう。
 シュンキク、大根はまず大丈夫だろう、と。
 ハクサイは苗を作って植え、株もとに稲わらを切って敷いているし。


 先日テレビで、「人生の楽園」を放映していたのを偶然見かけた。
 奈良県の十津川村、農家民宿もされていた。

 我が山の家が不便だし、急傾斜の畑だと嫌っているが(私)、我が家よりも急傾斜の畑や棚田。
 山の家は、家の前まで車が入るのだけど。
 一番は、「心の持ちよう」に有るのかな?
 とっても真似は出来ない。
 けど、勉強になった。

9月29日   本でヒントをもらって・・・

 今朝の天気予報では『雨』と言っていたけど、???降りそうにも無いのに?

 しかし天気予報どうり、でした。

 夫は山の家へ。「行くか?」   「トンデモナイ!やっと自由になれた心境」

 次は何を縫おうか?本をめくっていて、閃きました。
 ワンピースか?少し長いベストに。
 藍木綿の濃淡をカットして繋ぐ準備をしています。
 時間がかかります。

 夫が『栗』を拾って来てくれました。
 今はその気になれないのだけれど、拾って来たのはショウガナイ。
 皮を剥くとしたら、『渋皮煮』に、特別好きでも無いけれど、『渋皮煮』の好きな方は多いから。

 この辺りは8月中、雨があまり降らなかった。
 そして9月は晴れの日が有ったかな?ぐらい雨の日が多かった。
 他の地方の方々のように災害が無かっただけでも、有り難い事だと思わなければ。

 山の家の畑に今有る野菜と言えば、ゴーヤ、ミョウガ、ニラ、オクラ、シシトウがわずか。
 ミョウガは秋ミョウガで、色もとってもキレイ、花が咲いた物は出荷出来ないけど、捨てるのもモッタイナイ。
 そこで目先を変えて、サラダに入れたり、ヌカ味噌漬けにしたり、お肉と炒めてみたり。
 ゴーヤも同じ。

 そうしたらついに夫が、「ミョウガもゴーヤも食べ飽きた、料理に入れんでくれ」と。
 それでも、小さく刻んで混ぜるのだけど、見破られてしまう。でも「アボカドも入っていたので良かった」そうである。

 先日、何方かのブログで『サトイモを掘った』とあったので、最近私も一株掘ってみた。
 結構イケル、美味しかった。

 今日はゴボウを掘って帰ってくれたので、サトイモ、カボチャ、ゴボウ、コンニャク、鶏もも肉と煮てみたらこれも美味しかった。

 カボチャはサルに盗られた後から生った物。ちなみにサトイモはサルが盗らない。(今までは)

9月28日   約束は果たせた

 今朝、バッグ作りの最後、口のパイピングをして出来上がり。
 これで10月5日~9日の作品展に出品する物、タぺストリー、ネコタぺストりー、ネコ柄のバッグ、パッチキルトのバッグの4点すべてが仕上がった。

 11月始めの土、日には、私達の市の文化祭。
 それには私達の火曜日教室17名、金曜日教室も17名?のパッチワーク展に全員の作品が並ぶ。
 ここ数年講座が減り続け、パッチワーク教室だけが2教室に分かれるほどの人気。
 だから広い体育館の中のブースはいっぱいもらえる。
 そこにはその他の作品も持っていける、まだ頑張る価値あり。

 午後には、同級生と約束していた作品を持って行った。
 彼女は癌を克服されて、悠悠自適な毎日。
 でも心配は尽きないと思う。

 年に数回、ご主人が作ったアンティーク作品を持ってイベントに参加されるので、自分の作った小物も販売されている。
 そこで一緒に並べる物を作って欲しいと頼まれた訳。

 最初は15㌫の手数料と決めていたのに、最近では「要らない」と。
 「取らないのなら、作らない」と言うと、
 「並べさせてもらうだけで良いから、お金は要らない」と。
 私も負けてはいない、「手数料は最初に決めた事、取らないのなら縫わない、お金も持っているから要らない」
 (お金を持っている、は冗談だけど)

 私が同じ立場になった時、果たしてどうなるか?
 お店をする元気も無いと思う。協力出来る事があれば?と思うだけ。
 結局、押し問答の末、10㌫で落ち着いた。

 これで作品作りは終了!
 これからは又、ひま暇に自分の着る服やら来年に向けての物を作ろう。

 今日も蒸し暑い1日で、午後小雨が降っていた。

9月27日    パッチワーク教室

 今日は作品展に出品する、タペストリーの最終提出日だった。
 私は先生のご厚意で2枚出せる事になった。

 友人のSさんは今日もお休み。
 
 仲間のMさんは、すごく細かくて、丁寧な仕事をされる、これは一番かな?

 私の周りには、私を含めてMさんが多い、全然違う苗字だけど頭文字が同じ。
 Tさんも多い、このTさんは私よりも一回り大きい。(体格が)

 次のバッグ作りは、すでに何日もかかっているけど、午後からずっと縫っているのに、あと少しかかる。
 明日また頑張ってみよう。
 明日は28日、友人と約束した日、なんだけどもぅどうにもならない。

 午後10時すぎから雨が降っていたけど、今午後11時43分、外は静か、止んだかな?

9月26日    最後のミョウガ採り

 朝方は大雨、のち曇り。
 今日で最後にしよう、と山の家へ出かけた。
 途中の川は大濁り、まっ茶色。

 夫は、畑の多草が雨にたたかれてぺっちゃんこになり、また首をもたげているのを草刈機で。
 腰が痛くなったそうだ。

 私は秋ミョウガの最後の収穫、まだ生えるけど最後、と言うことに。
 雨が止んだから出かけたのに、降り出した。

 道端に栗が落ちている、今度はパカッと開いて栗の実が見えている。
 けど、拾わない。
 今はパッチワークの方が先。
 次に山の家へ行くころには、イノシシかサルが食べていると思うけど。

 お昼には帰宅、ミョウガの選別をして一人で市場へ行って来た。
 午後は雨も上がり、青空も見えて来た。

 市場から帰って、ゆっくり休憩。

 明日はパッチワーク教室。楽しみ。
 

 

9月25日   お昼過ぎから雨

 朝は、息子が駐車場に物置を作って?もらうと言うので、4人で片付け。
 隅の方に『イチゴ』を植えていて、苗を取ろうと伸ばしていたら、好き勝手に伸びて、グジャグジャ。
 折角の苗、山の家の畑に持って行き植えようと思ってはいるのだけれど?
 厳重にネットで囲ったりしないと、どうせ手間暇かけても、サルかカラスのエサ、どうしよう?

 「100人乗っても大丈夫」な物置らしいけど、上に乗るのは大丈夫!でも、台風に負けないように設置してもらわなくては。
 何日か先に工事に来られるらしい。

 従兄弟がお参りに来てくださった。一人で色々とお付き合い、大変だと思う。

 午後はキルト。
 一つのバッグ作りに、何日かかる?

 頼まれ物の作品を作る気になれないけど、引き受けたのだから何とかしなくちゃ。

9月24日    幼稚園の運動会

 今朝はT君の幼稚園の運動会。
 お天気は何の心配も無い上天気、でも暑い。

 朝、「T君、今日は何をするの?」(ママにプログラムはもらっていた)
    「バァバ、来たら分かるよ」

 昨年の年少組の時、かけっこで3人並んで、よーいドン! 並んだ内の二人は背の低い女の子。
 T君は横の二人を見ながら、走っていたので、3着。


 T君、「〇君と○君と3人並んで走るんだけど、何回走っても、3着なんだよ」
 私、「T君は背が高いから足も長いんだし、横を見ずに一所懸命に走ったら勝てると思うよ」

 T君「でもねバァバ、背が高いから重たいんだよ、だから早く走れないよ」
  (背の高い分だけ体重が重いと知っているんだと可哀そうになってきた)
  負けたくない気持ちはいっぱいなのに。
 私、「みんな応援に行くからね」

 そこまで言って、T君が玄関で靴を履いていたら、ジィジが2階から降りて来た。
 「T君がんばれよ、応援に行くからな、負けんように走れ」(私達の会話は聞いていない)

 「そうで無くても負けそうだと気にしているのに、変な事を言わないで!」
 「変な事は言うて無い、応援しただけじゃ」

 ここで泣いて、「行きたくない」なんて事になったら大変。
 でもママに連れられて、幼稚園に行った。

 昨年の年少さん、の時は直線で20メートル?位のかけっこ、だったのに、
 年中さんになったら、30㍍か?50㍍は無いと思うけど、カーブの付いた所をかけっこ。
 本人が、何度3人でかけっこしても、「勝てない」と気にしていたのに、1着になった!
 小さいながらこれは自信になったかな?

 パパに似て背が高い、だからよけいにビりでは可哀そうだと。でも勝てて良かった。

 園庭を回るたびに私達の方をチラチラと見て気にしていた。

     IMG_5414.jpg     IMG_5422.jpg


      IMG_5429.jpg    IMG_5427.jpg

 玉入れをしたり、お遊戯をしたり、炎天下での運動会は疲れたことでしょう。

 ママのお母さんも県の東部から車で、大変。
 私達二人は、T君の出るぶんだけ見て帰宅。
 暑くて、倒れそうだったので。

 午後には階下で、R君と友人達の声が賑やかに。
 夕方からいつものように、キルト。
 

 





9月23日   お墓参り

 9時過ぎに従兄弟(夫の)の家へ、お山のテッペン。
 長男さんが、埼玉県から帰省されていた。

 普段は80歳の従兄弟が一人で、農作業をしたり、産直市場へ野菜を出したり。
 3人でオシャベリをして、失礼した。

 夫は昨日の続きをしに山の家へ、ハクサイの苗植え。

 私は帰りに実家へ寄った。
 
 弟夫婦がいた、趣味の写真撮影でよく留守にする弟だけど、理解して送り出している義妹に感謝。

 郵便局へ行き、用事を済ませて、帰宅。
 23日、忘れないようにしようと、気にかけていた事は無事済ませた。

 夜までキルト。
 友人に頼まれた縫い物はまだまだ。
 眠い!午後11時前になった。 

9月22日   一日中雨

 義妹達がお墓参りに。
 神戸からは新幹線で、倉敷からは車で2家族。

 10時に山の家へ来ると言うので、それに合わせて山の家へ。
 丁度土砂降りの最中。

 山の家へ行っても、今年は余りの暑さで、夫も私もお昼で帰宅していたので、玄関の間より中に入る事は無かった。

 昼食は部屋のなかでしようと思い、二部屋続きの部屋に入ると『カビ臭い』。
 皆が来る前に大掃除。
 夫は夫で、ハクサイの苗が大きくなり過ぎるので、畝を作っている畑に植穴を掘って、ポットのまま入れて置いたそう。
 雨でビシャコ。

 部屋には、古道具や私の手作りのタペストリー、バッグ、服などを部屋中飾っていたので、みんなビックリ!していた。

 いつもは我が家で過ごすのだけど、自分の生まれた家(山の家)の中で過ごすのも久しぶりでみんな喜んでいた。

 欲しい物は何でも持って帰って良いよ。
 「ほんとに良いの?」と言いながら、義妹3人は、バッグやら中ぐらいのタペストリーやら、マットやら。
 旦那さんに「何時間ぐらいかかって作ったのですか?」と尋ねられたけど、「全部手縫いだからひま暇に作ったので分からない」と。
 我が家のママも、娘も、「趣味が違う」と使わないので、義妹達に行った訳。
 喜んでくれたし、お土産にもなって良かった。
 皆で食事をし、それぞれに1時ごろに帰って行った。

 私達二人も帰宅。

 それから二人で市場へ。
 昨夜の寝不足で、夕寝。
 午後9時過ぎに眼が醒めた。

 友人がまた、「何か作ってくれる?」と電話。
 日にちが無いのと、毎日予定を組んでいるので、縫う暇が有るかな?~。
 明日は従兄弟の家へ墓参り。
 土曜日は幼稚園の運動会。
 次の火曜日はパッチワーク教室。(バッグはキルトをする所まで進んでいる)
 実家の墓参りにはどうしよう?お花はすでに持って行っている。 
 
 ボケる暇が無い方が嬉しいのだけれど。
 忙しくしていても、ボケたら?

9月21日    山の家へ

 今朝は18℃位だったかな?曇り空。
 午前中は秋ミョウガを採り、キレイに洗って。

 あれほどサルにヤラレタと大騒ぎした、トマト、ミニトマト、ナス、カボチャがここ最近少し勢いが出てきていた。
 ミョウガ採りやパッチワークに追われて、気になりながらホッタラカシ。
 午後やっとネットの中に入って少し収穫。

 サルも、柿と栗がたくさん食べられるので、ネットの中を荒らさなくなった。

 栗はまだ実が充実していないままで割れていないのが、台風の風で落ちてしまった。
 サルもこれは誤算だと思う。

 私は栗よりも柿の方が好き。

 2時ごろに帰宅。
 午後は絣のパッチとアップリケ、ビーズ付け。

          IMG_5406.jpg

 これらをしていたら、日付けが変わった。

      

9月20日   16号台風

 又各地に災害をおこした16号台風。
 大雨は降ったけれど、災害は無かった。

 でも孫達が学校や幼稚園に行く時間帯には雨。
 こんな時に休校にしてくれたらいいのに。

 でも大雨が降っていたので、幼稚園は1時半にお迎えに来てくださいとのメールがあったらしい。

 ママにそのお迎えを頼まれていたので、お迎えに。
 小3のR君は、学童もあった。

 連れて帰ったT君に「仲良しに行っていたらお友達と遊べたのにね」と言ったら、「お家に帰った方がゆっくり出来るからいい」と。
 いつも同じ事を言うので、ほんとらしい。
 迎えに行ったら、私の顔を見て、ニッコニコ、男の子なのに愛嬌がいい。
 
 帰宅後は一人で録画したテレビをみていた。
 私は2階で包みボタンを作ったり、ビーズを付けたり。
 時々T君の様子を見に下へ。

 一人でも安心して遊んでいる。
 
 雨は12時ごろから止んでいた。
 R君は夕方バレーの練習に、子供ながら毎日忙しそう。

9月19日

  夫は台風が来るらしいと山の家へ。

        IMG_5402.jpg

 ハクサイの苗が出来ているのが気になって、もう植えどきらしい。
 聞かなかったけど、植えたのか?


 私は朝8時過ぎに娘の家へ、お彼岸の花を持って。
 旦那さんが出て来て応対。娘は家事をしていたらしいけど、会わなかった。
 「呼びましょうか?」と言ったけど、「別に用事は無いから」と。

 スーパーに古新聞を持って行く所が有るとママに聞いたので持って行った、ポイントが付くそう。
 それから買い物。

 午後になって、次のパッチを。
 友人にバッグを作ってあげようと思って。

          IMG_5403.jpg
 一所懸命に繫いでいます。

 そうそう作品展の案内状を友人達に送付。一人に10枚づつもらったから。
 午後11時58分になった。
 今になって、やはり娘に会えば良かった。残念。

肝心な事を書くのを忘れてた。
 あさイチに、R君とT君が私達二人に「敬老の日、おめでとう」って言ったかな?
 手作りのクッキーをくれました。
 ママと3人で作ったらしいけど、パッチばかりしていて気付かなかった。ありがとう。

9月18日   タペストリーの仕上げ

 昨日先生から電話をいただき、「作品展の和物の部分のスペースを空けましたから、タペストリーを出品してくださいね」と。
 すでにレイアウトを組んでおられたのに、時間をかけてくださり申し訳ない事でした。160×160。

 そこで今日は、手直しをしたい箇所をすべて縫っていました。
 視力が弱っている上に、藍色などの濃い色、見え難くて困りました。
 でも仕上がってホッとしています、疲れもドッと出て。

 台風の影響で、一日中雨が降ったり止んだり。

 次は何を縫おうか?とワクワクしています。
 タペストリーを縫う事を思えば、何でも縫えると・・・・・
 
 安心して午後寝をしていたら、(夕食は作って食べたけど)10時過ぎ。


 またお彼岸がやって来た、けれど掃除も済ませているから大丈夫。
 なかなか写真を撮る時間が有りません。(昼寝の時間は有るのに)

9月17日   今日も忙しい日だった

 朝7時ごろからママと二人で駐車場の草むしり。
 むしり取ったり、鍬で削ったり。雑草は強い、あの連日の暑さにも負けず大きくなって。

 10時前に、もうそろそろお店が開くかな?と思って行ったら、電気屋さんの前で20人ほど並んでいる。
 何事かと思ったけど、そういえばハガキが来ていた?
 「記念品をあげます」みたいな物。記念品だけをもらいに行く人も有るんだとビックリした。
 私なんか、ヤッチも無い!の口。

 私の部屋の天井の蛍光灯2本が切れて、買いに行っただけ。
 「広島カープ優勝セールで1割引きです」と、2,215円。

 ミョウガに振り回された数日で、ガソリンを入れに。
 レギュラー22、94リッター、@109.  2,500円。


 山の家へ行き、お墓掃除。
 お花を祀るのは夫と二人で。

 お昼過ぎて、一人帰宅。
 短時間ではあったけれど、あちこちに動き廻ったら疲れた。
 それに今日は暑い一日だったし。

9月16日   今日も山の家へ。

 今朝は8時過ぎに山の家へ。
 秋ミョウガももう少しぐらい。
 でもキレイな色なので、収穫していても気持ちが良い。

 それに最近は、茎の間引きもしている。
 茎がギッシリと生えているので詰まりすぎて、ミョウガが出て来難い。
 この作業が、来年の為になるのかどうか?疑問。
 それにしても、よくも枯れあがったものだ、もちろん根っこもダメ。
 補植するには有り余るほどの地下茎が有るから大丈夫。
 夕方一人で市場へ。
 8月末で近くの本屋さんが閉店、不便。ツタヤへ寄って買い物。

 夕方R君はママの車でバレーの練習に。
 お留守番のT君、色々とキャラクターの話をしてくれる。
 聞いていても、カタカナの主人公?の名前、何度聞いても覚えられない。
 「バァバ~、何で覚えられないの?」
 「何で~って、おばぁちゃんになったからよく忘れるんだよ」
 「紙に書いたらいいよ」
 「そうだけどね、T君だってバァバの年齢になったら分かるよ、でもT君がバァバの歳になる頃にはバァバは生きていないけど」

 今、9歳と5歳、20年先に結婚してくれたら、式に出られるか?もうあの世かも。
 J君は10月に20歳!なっちゃんは4月に17歳になっている。
 こちらは、10年先でも出席出来るかも?元気でいなくちゃ。

9月15日   スダチの収穫

 今朝夫は、山の家地区の草刈りに参加。
 
 私は朝、ミョウガの収穫。
 午後は、1本植えているだけのスダチの収穫、
 柚子の方が好きなので、毎年ホッタラカシだけど、市場へ行くついでに持って行こうかな?ぐらい。
 時々私にヤラレテいるけど、2㍍四方に広がって邪魔でしょうがない。

 小さなスダチがたくさん生っているので、剪定ばさみで伐るのはいいけれど、トゲトゲだし枝が太くなっている。
 私の腕力ではやっとの事、2センチ以上の太さ。
 生っている枝も、邪魔な枝も伐った。
 結果、スダチの盆栽のように、こじんまりとした木になった。
 枯れはしないと思うけど、来年は生らないと思う、ヤレヤレ。

 帰宅後二人で夕食を済ませ、疲れてグッスリ寝ていたら、ママとT君が「中秋の名月」のお団子を作って持って上がってくれた。
 山の家のラジオで、今日は中秋の名月だと言っていたけれど、すっかり忘れていた。
 季節季節にちゃんと行事をしてくれるので、嬉しい。

 それからも又休んでいたら、日付けが変わりそうになって目覚めた。
 剪定鋏を使ったら、腕中が痛い。
 

9月14日   やっとピンク色が出来た

 今朝も別々に山の家へ。

 私は昨日に引き続き秋ミョウガ採り。
 ずっと、どうしたらピンク色ばかりのキレイなミョウガが作れるか?と色々と試していたが、そう甘くなかった。

 植え場所は田んぼと家周りの畑。
 ハウス作りでは無いので、全体はピンクでも先の方だけは緑色がかかる。
 畑は傾斜地ばかり、これはこれで重労働では有るけれど、野菜にとっては水はけが良い。
 特にイモ類には打って付けのような気がする。

 それが今朝収穫したミョウガは、ピンク一色、ヤッター!
 此処も傾斜地だった。それに量としては少ない。
 袋に詰める時にも全部混ぜて1㌔袋に。
 これで満足、では無いのだけれど。

 3時ごろに一人で市場へ行って来た。
 カープの優勝セールも終わっていた。
 食料品を買って、手芸材料店のドリームへも寄って。

 今日も1日暑かった。
 
 ミョウガの茎が枯れて、ほとんどが茶色。(特に夏ミョウガ)
 8月に雨が降らなかったのが原因。
 ひとりでに間引きが出来た、と思うが?どうだろうか?

9月13日   パッチワーク教室

 昨夜まで頑張って落としキルトをしたタぺストリーを持って。
 先生にもう少しお聞きして直そうかな?の気持ちだった。

 先生が「作品展のレイアウトは終わっているんだけど・・・・」と。
 私、「作品展には間に合わないと分かっていたので、文化祭の方へと思っています」

 先生ちょっと考えて「『和』の方の作品だから、どうにかして見ましょう」と。
 『和』物の方は、藍木綿、絣、大島紬などを使った作品。
 私はいつも『和の作品』
 私は他に、ネコのタペストリー、ネコのバッグを出品。
 
 何しろ先生の各教室の生徒、100名ほどの合同作品展、2年に一度だからみんな気合いを入れて作っておられる。
 2016年10月5日(水)~10月9日(日)の5日間。前日の4日には準備に出かける。
 先生の個展も同時に開催される。

 あと少し手直しすれば良いだけ。 

 お昼に帰宅して、さて午後はどうしよう?
 福山へ買い物に行くか?山の家へ行き秋ミョウガの収穫をするか?
 で、山の家へ行きミョウガの収穫。

 毎年『イノシシ肉』をもらう下のKさんに会ったので、先日黒豆の枝豆をいただいて美味しかったお礼を言うと、
 「あくる日に自分の家に持って帰ろうと思って畑に行ったら、イノシシにやられて全滅」だと。
 数か月の苦労が何にもならないなんて、我が家がいただいただけ。
 電柵をしておられるんだけど、電気を通していなかったかな?
 

9月12日  やっと・・・

 今朝は9時ごろから小雨。
 夫は早くから一人山の家へ。

 私は昨日も今日も、落としキルトの続き。

 2~3日前、電気屋さんから電話で、「日立のエアコンの件で・・・・・・」(夫が話を聞いた)
 今日の午後3時~6時の間に来られると。

 結局4時ごろに来られて、夫の部屋のエアコンを見て帰られた。
 夫の話によると、「28日にまた来て、エアコンの掃除をしてくれる」とか。
 「代金が15,000円」だと。
 「その日は空けといてくれ」と。
 「エッ、自分の部屋のことだから、自分が居たら?」
 「主婦じゃろぅ」。

 こちらから頼んだ訳でも無いのに、どういう事?
 夫に詳しい事は聞かなかった、面倒くさいから。

 私の部屋のエアコンも同じ日立、なんだけど。
 他人に入られるのもイヤだから、あえて言わなかった。

 明日はパッチワーク教室、だから一所懸命頑張って、先生に見てもらおうと。
 やっとの事で、あとわずか、ヤレヤレ、ホットした。
 180×180にするつもりだったけど、そうするとまだまだ時間がかかるので、160×160にした。

 これで又好きな小物作りが出来る。

 夫の話によると、先日二人で山の家の上の方の山に車で上がっていたら、土砂崩れで通行止めで、引き返した箇所。
 そこは土砂を取り除いてくださった話を聞いていたので、今日また上がったら、今度は太い竹が通せんぼ。
 ノコギリで切って、土砂崩れが有った箇所を通り抜けて、ズンズン上がったら、また通行止め箇所。
 「土砂崩れに囲まれたらどうにもならん、もうすぐに引き返した」と。

 「だいたい、人っ子一人いない山の中、おまけに小雨まで降っているのに、何かに遭っても誰にも助けてもらえんし」
 と言っておいた。
 

 カープの優勝セールを岡山県でもあちこちしているらしいけど、まだ何処にも行かず。
 と言って、特に欲しい物もないし。
 明日、出たついでに福山まで出かけてみようかな?
 

9月10日   広島カープ優勝

 「広島カープ優勝」おめでとうございます!
 普段は野球に詳しくも無く、ファンでも無いけれど、お隣の県の事だし嬉しいです。

 午後10時すぎに、夫の部屋のテレビがすごく大きく騒がしい音、優勝を伝える大歓声でした。
 明日、いつも行っている福山市のお店に行ったら何か良い事が有るかも?ですね。

 今日は1日中ゆっくりと休んでいました。
 落としキルトを少々したぐらい。

 今朝大失敗の出来事。
 昨夜書いたT君との事の続きで、紙の裏にボールペンで漢字、「門、間、連、中」を書いていたのです。
 その時、「ぅわぁ~、キレイな字が書けたなぁ、誰に教えてもらったの?」
 なんて言ったのに、朝起きるとその紙が下に落ちていたのでゴミ箱にポイ!
 その上に他のゴミも入れて。

 起きてきて「ギャ~~」と泣くので何事が起きたのかと思うと「T君の大事な紙がゴミ箱に捨てられてる~」と。
 5歳の子供にすれば大事な物だったのです。
 「バァバが捨てたんよ、ゴメンネ。汚れたのは水でキレイに洗ったら直るからね」
 「ダメ!キレイになんかならない」と。
 でも洗ったらキレイになったし、冷蔵庫に貼り付けておいたら、元通りに。

 これも勉強になりました。
 物の価値観は人それぞれ、私にはゴミでも・・・・・。
 これからは気を付けよう。
 

9月 9日  山の家へ

 今朝は「一緒に行くか?」の夫。
 「一人で行く」

 野菜の種を蒔こうと畑の準備をしているから、私に種蒔きをさせたいらしかった。

 「行くのはミョウガを採るため」

 買い物をして、同級生宅にちょこっと寄り、田んぼへ。
 キレイな大きな秋ミョウガが、適度な湿り気で育っている。

 家まで上がると、一人で蒔いていた。
 お昼には先に帰ったので、キレイに洗って帰宅したのは3時ごろ。

 夕方市場へ乗せて行ってもらい、帰宅するとT君が帰っていた。
 お兄ちゃんのR君は、バレーの練習に。

 「バァバ遅かったね、何処に行ってたの?」
 「市場だよ」

 ママが立て替えたお金をくれた、そうしたら「バァバ、たくさんのお金だね」
 お札や100円玉などの価値がまだよく分かっていない。
 お札に、100円や50円、1円など数はほんとに多い。

 「バァバ、お金を持ってるの?」  「持ってるよ」
 「一万円は?」  「持ってる」
 「10万円は?」  「持ってる」
 「100万円は?」 「持ってる」
 いくらまで言うつもりかな?と思っていたら、そこで止めた。

 急に「バァバ、『そよぐ』って漢字を知ってる?」
 「『そよぐ』ねぇ?」 いくら考えても思い浮かばない。
 「テレビの番組でやってたよ、林先生の」
 「あぁ分かったよ、ジィジも行ってた、『ほてる』の漢字を知ってるか?とね」

 『ほてる』はあとで調べたら、火照る、熱ると分かったけど、『熱る』の方は知らなかった。

 『そよぐ』もあとで調べたけど、『戦ぐ』だなんてマッタク分からなかった。

 何日か前の番組だと思うけど、バァバを試してみたんだね。

 5歳になったら、こう言う会話も出来るんだ、と。

 午後8時前、ウトウトしていたら上がって来て、「バァバ、仕上げみがきをして」と。
 もぅ眠たくて、「ジィジの部屋に行って頼み?」(ママはRくんのお迎えで留守)

 それから先は眠ってた、ジィジに磨いてもらったのか?どうか?目覚めたら午後11時30分。
 慌ててシャワー。
 それにしても、4時間近くうたた寝。
 
 ブログを書いたら、10日の0時35分になった。

9月 8日  落としキルト 

 今朝の9時ごろだったか?雨が降っていました。

 1日中、落としキルトで眼が痛い。
 友人はベッドカバーを作っている。
 90歳前後の仲間の人は、数年前までにお孫さんのは作り終えて、ひぃ孫さんの「おくるみ」まで縫われている。

 友人曰く、「同じ事ばっかりするのが好きなの」。
 私、「同じ事ばかりはしたく無い」

 しかし手掛けた物は最期まで縫って、仕上げなくちゃ。
 タペストリーでなければ、数日も有れば出来上がるのに。
 「パッチワークを始めて、根気強くなった」と別の友人が言うけど、まったく同感。

           IMG_5379.jpg
 まだまだこの作品に惑わされている。
 2センチ幅の布を繫いで、キルト綿を入れて、裏布。
 3枚一緒に落としキルトをしているので、チャッチャと縫うわけにいかない。

 10月始めの作品展には間に合わない、のは分かっているのだけれど、
 11月始めの、市の文化祭には出品しなくちゃ、間に合わせなくちゃ!

 パッチワークをしない友人が昨年の文化祭の私の作品を見て、「何を表現しているのか分からなかった」なんて。
 「そりゃぁ先生と私しか分からない物を作ったの」って言ったけど、負け惜しみ、結果がそうなっただけ。

 だけど友人のその言葉が勉強になった。
 教室に入っているからには、先生に恥をかかせるような物を作っていてはダメ、だと。
 だから、いま頑張って、間に合わせよう!(文化祭の方に)

 じっと1日中座って、熱中症になっては大変と、飲んだり食べたり、体重計に乗ってビックリ!
 2キロも太った!
 やっぱり農作業もしなくちゃね。

 午後11時20分になった。
 

9月 7日   直った

 今朝はまだテンプレートとか言うものが消えたままだったのに、お昼ごろには?また勝手に直っていた。
 これは誰かが勝手に操作するもの?

 左手の人差し指、「化膿したら大変だから病院へ行ったら?」と言い残して夫は山の家へ。
 だけど今まで化膿した事が無い、だから行かず。
 
 ゆっくりと休んで、午後一人で市場へ行って来た。
       IMG_5374.jpg
 こうやって1㌔入りの袋入り。

 夫は恒例の山の家地区の草刈りの日が近くなったので、山の家への道を500㍍位かな?刈って来たそう。
 今日は蒸し暑い日だったと。

 「野菜を作り過ぎ」と毎年言っていたら、このたびやっと半分ほど、ハクサイの種を72穴のセルトレイに。
        IMG_5372.jpg   IMG_5373.jpg
 110本出来る?それでも多いけど。 


 指のキズテープをめくって見たら、血も出ないし、化膿もしていない。
 それでもキズ口からばい菌が入ってもダメなので、またテープを巻いておいた。
 痛くも何とも無い。
 でもやっぱり、野菜の薄切りをする時にはテープは邪魔。

 思い起こせば10歳位の頃?実家の下の道で自転車に乗っていて、道下に落ちた。
 2メートル位下の畑にイチジクの木、自転車ごと落ちたら、私が先に落ちてその上にイチジクの木に引っかかりながら自転車が落ちて来た。よく大怪我をしなかったものだと、今でも思い出す。
 キズ負けはしない。

 夕方ママにテンプレートの事を話した。ママに作ってもらったブログだから。
 ママも、勝手に無くなったり、また貼り付いたりは分からないらしい。

9月 6日   不覚にも・・・

 今朝は西に向かい、友人の家へ佃煮を持って。
 「煮詰めていたら、少し味が濃くなったけど」

 「Mさんの料理はいつも美味しくて、優しい味だから大好き」だと。
 そんな事を言ってもらったのは、初めて。
 「美味しい」って、誰でも言う言葉だけど、「優しい味」だなんて、嬉しくなった。


 次には、山の家へ向かって行く道中の同級生の家へ。
 同じ佃煮を持って。

 山の家の田んぼ、ちょこっとミョウガの生え具合を見て。
 夫は近くでホッタラカシている田んぼ、荒れ放題で草よりも、雑木が大きくなっている。
 側の田んぼの迷惑になるから、定期的に刈っている。これが大変らしい。


 私は家まで上がり、秋ミョウガ採り。
 量としては、夏ミョウガの方をたくさん植えている。

 お昼になって、夫は先に帰った。
 「私は洗ってから帰るわ」

 最近、ミョウガの元を切るのに包丁を止めて、オルファカッターを買って使っている。
 これが軽くて、良く切れるので重宝している。
 最後のさいごになって、左手の人差し指をスパッ!とやってしまった。
 千切れてはいないが、先の方だけ2枚おろし。(爪の反対側)

 まぁビックリする程血が出た。
 キズテープは常時持ち歩いているので、水で洗い流してティッシュで拭き、テープでグルグル巻き。
 手袋をして、運転して帰った。

 夕方になって、貼り替えたけど、血は出なかった。
 ピッタリくっ付いたのだろうか?

 だいたい昔から、傷には強い、痛くも無い。
 カッターが良く切れたから良かった?

 左手で良かったけど、キーを打つのにちょこっと不便。(テープを何重にもグルグルしているので)

 「お父さん、料理が出来んわ」って言ったら、お寿司とお惣菜を買って来てくれた。
 料理は何一つしないけど、買い物に行ってくれるだけ有り難い。

 料理が出来ないなんて事は無いのだけれど、ビックリして疲れが出ただけ。

 テンプレートって言うのかな?分からないけど、勝手に消えている。
 またママに話してみよう、どうにかしてくれる。

 

9月 5日   雨

 今朝~お昼過ぎまで、静かに雨が降っていました。
 台風も九州から日本海に抜けて、災害が無くて・・・・。

 災害が少なく、晴れの国、岡山県。
 とは言えど、平成3年の19号台風はものすごく悪い事をしました。
 物忘れがひどい私でも、忘れられない記憶です。

 それより以前も、その後も、河川が決壊したり、瀬戸内海の潮風が強風にあおられて、ヤラレタリ。

 違う所は、面積が狭い事です。(市の全体の面積も狭い)
 私が田んぼにミョウガを植えている箇所も、山のテッペンからの土石流で土石が盛り上がりました。
 この田んぼは、元通りにしてくださいました。県の仕事?

 ひま暇に、落としキルトをしていますが、写真に撮るほどのことはしていません。
 ひと針、ひと針、時間がかかります。眼も痛い。
 眠気と根気との戦いです、でも幸せな事です。

 夫は午後、整形外科へ。
 ブログを見ないからいいけど、「自分の事だけ書け!」と言われそう。
 「背中と腰が痛い」そうで、ず~っと掛かっています。貼薬をもらって。
 76歳で、よく働くので、仕方がありません。
 
 

 

9月 4日    一時大雨

 今朝の仕事は、ミョウガの佃煮作り。
 ミョウガを切り刻んだ物を1、5㌔、ショウガの千切り150㌘。
 これに調味料を加えて、汁気が無くなるまで煮詰めて、削りカツオたっぷり、出来上がりが800㌘。

 ゴーヤの佃煮。
 ゴーヤの千切りが800㌘、調味料を入れてこれも汁気が無くなるまで、削りカツオをたっぷり。
 出来上がりが400㌘。

 あとは、落としキルトを。先は長い。

 午後4時ごろ、大きな音がするので外を見たら、突然の大雨。
 それまで静かで蒸し暑かったのに、風も吹き、ベランダの奥までビシャコ。
 ものの15分位で終わり、明るくなって来た。

 直後ぐらいに、山の家へ行っていた夫が帰宅。
 山の家は全然降らなかったと。
 それより「畑の土が固くてミニテーラーの刃が立ち込み難い」と。

 日本列島どうなっているんでしょう。
 これ以上の災害が起きない事を祈ることしか出来ません。

 被災された皆さま方にお見舞い申し上げます。


 バレーの試合に行って来たR君、大雨が降っている時に帰宅。
 「負けた」と。
 人数が少ないので、小2、小3も選手なので仕方がありません。

9月 3日   休日

 今日は1日中、これといった事もせずに終わった。
 まぁ家事はしていたけれど。
 夫も自分の部屋で。

 70歳を過ぎると、新聞でもテレビでも老人扱い。
 老人だなんて言ってほしく無い!なんて自分が思っているだけ。
 やはり疲れが取れて、元どうりになるのに時間がかかる。

 息子達家族は何処かにお出かけ。(行き先は聞いている)
 夕方には帰宅。
 私達はとっくに夕食も済ませて、それぞれに好きな事を。


 市場に通う道すがら、いつも気になっている事が。
 直線道路で、左に120度位のカーブで進む方が優先?で、直線で進む車の方が右にウインカーを出す仕組み。
 けど、その道路標識が無い。ウインカーを出す車も有ったり無かったり。
 その道路をよく通る車には分かっているはずだけど、初めてだと非常に危険。
 みんな思っている事だと思うけど、死亡事故も遭ったらしいのに。

 その近辺は大きな田んぼが連なっている。
 稲穂が大きくなっている最中。
 その中に「ヒエ」が大量に大きくなっている田んぼが有る。
 雑草よりも厄介な「ヒエ」、周りの田んぼの人が大迷惑なのに。
 今は田んぼでの稲作りを止めているけど、経験者としては非常に気になる事。

9月 2日   病院へ

 今朝は70日に一度の検診に、市民病院へ、10時の予約。
 血液検査、尿検査、毎回同じ事。

 先日、折角予約をしてもらって行ったのに、私の思惑?と違いキャンセルして帰った話をしたら、先生少々ご機嫌が悪かったみたい?
 「内科でMRIを撮ってもらうのとの違いは何なんでしょうか?」と尋ねたら、
 「内科でMRIを撮るのは、脳梗塞とかの時です、同じMRIの画像を見ても認知症の事は分かりませんから」と。
 へぇ~そうなんだ、と納得。私に事前にその説明をしてもらっていたら無駄足は踏まずに済んだのに。
 まぁ私の知識不足だけど。

 夫は山の家だけど、先に一人で昼食を済ませて、市場へ。ミョウガも少々だけど持って。
 「物は試し」と20パックだけ持って行っていた(8月31日)ミョウガの単価が知りたくて。
 別に1㌔入りの袋詰めした物も。

 結果は、袋に1㌔詰めたのも、わざわざ手間暇かけて100㌘入りのパックに詰めたのも同じ単価。
 その上、パック詰めにした物の方がキレイな品。
 「お試し」は成功!
 次からは、やっぱり袋詰めに限る。
 キレイにした物を1㌔量り、袋に詰めるだけと、100㌘に量りながらパックにキレイに並べるのとは大違いの手間。
 どちらも目減り分を増量してますが。

 同じ市場へ出荷されている男性が、いつもパック詰めで出荷されています。
 時々お会いするのですが、お二人で来られる時も有り。
 いつも100~200パック出されて、女性も手伝っておられるのだと思う、そうで無ければ間に合わない。
 私は一人でしているので趣味ぐらいなものだけど、男性の仕事には安すぎないかな?
 要らぬお世話、だけど。

 もう少しの間、ミョウガ採りは休める、と言うかもっと大きくならないと採れない。。

9月 1日   日付けが変わった~

 あさイチ、夫は山の家へ行くと言う。
 「どうする?」って聞いてきたが、涼しそうだしあとから行く事に。

 自分の仕事の段取りを考えて、一応田んぼと畑を見て廻り、雨不足でミョウガの生えは悪いけど、採り入れた。
 でも少ない。

 夫をいちいちチェックしていないので、毎日何をしているのか?知らない。
 発酵牛糞を一輪車で運んだのは聞いていたが、それらを全部ばら撒いて、石灰?もばら撒いて、今朝はミニテーラーで耕していた。
 広いのに、何でミニを使うのか知らないけど。

 ゴーヤとキューリをわずかに収穫。
 ツルムラサキは滅多に食べたくない味、だから採らなかった。

 そうそう朝の気温は18℃。(山の家)

 お昼には帰宅、シャワー、昼食。
 昨日出荷出来なかった大きくて大量のミョウガを切り刻んで、洗った。
 夕食後、テレビを見ながら休んでいたけど、目覚めたら日付けが変わって、午前0時半。

 最近毎日、この繰り返し。
 | ホーム |  page top