リンク


カレンダー

02 | 2016/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

どんぐり

Author:どんぐり
 私の部屋にはたくさんの布と古布の山。
 同居する孫との日々の出来事。
 時々、山の家に行って、夫に付いて農作業。
 自分達で作った野菜は安全、安心です。


最新記事


月別アーカイブ


水槽


検索フォーム

QRコード

QR
まとめ

3月31日  今日もT君と山の家へ

 夫は一人で先に山の家へ。
 今日はちょっと早め、9時過ぎだったかな?気温15℃。

 自宅で使う土を持って帰るために。
 それこそ腐葉土を商売に出来るほどの量が有る。
 でも重い、何処を掘っても腐葉土。

      IMG_4193.jpg    IMG_4201.jpg
 下までは引っ張って降りたものの、平地になると動かない。
 それでプランターに入れて。


 一日で桜が開きかけて、遠く眼にも全体にピンク。
      IMG_4196.jpg    IMG_4202.jpg


 玉ねぎの上に金網やらネット、その上に又金網。
 サルは来ていないらしい。

 カブの菜花を摘んで、別々にお昼には帰宅。

 そうそう孫坊主二人の春休みのお手伝い。
 お兄ちゃんのR君は、洗濯物を干したり、料理の手伝いをしたり、日に寄って違います。
 T君は今朝、「バァバ、お風呂掃除をするから待ってね」とお風呂掃除。
 あとで手直しをしますが、「お手伝いをする」という気持ちを植え付けなければ。

 夕方には取り込んだ洗濯物をT君なりにたたみます。

 



    

3月30日    T君と一緒

 朝霞市の女子中学生が誘拐され、2年ぶりに保護されました。
 恐ろしい事件、無事自宅に帰られたことだけが救いですが。

 そこで、「外側から鍵を掛けられていた」と報道されていますが、
 本当にその「鍵」が有るのです。

 我が家の義母が痴呆症で、20年ほど介護で困ったと書きましたが、
 家族会を作って(介護保険が始まる前のこと)色々と活動し、家族会も一か月に一度開いて。

 その当時、昼夜を問わず、徘徊をするので、家族会でその話をしたら、
 「介護者がちょっとの用事で出掛ける時(ホッタラカシには出来ない)、ドアの外から鍵を掛けたら、中にいる者はドアノブを回しても開かない」という鍵が有る事を教えてもらい、ドアノブを取り替えた経験が有ります。

 我が家は一軒家ですので、他の箇所にいくらでもアルミサッシの窓、掃き出し窓が有るので、箇所ごとに色んな対応をしていました。

 この事件は、 マンションの3階だとの事で、出口は玄関のドアだけだと思いますので、このドアノブを付けられていたら、逃げられなかったと思います。
 それにしても、取り返しのつかない2年間、どうしようも無い時間ですが、せめても周りがそ~っとしてあげてほしいです。




 ソメイヨシノです。
    IMG_4146.jpg   IMG_4145.jpg


 薄墨サクラです。
    IMG_4148.jpg    IMG_4155.jpg

 今日、明日は、幼稚園の仲良しクラブがお休みなので、T君と。
 二人で山の家へ行き、サルの取り残しのシイタケ採り。
 先日みんなが植えた「クルミの木」を見に行ったり。

 10年以上前に植えたと思う「薄墨サクラ」に花が咲いていた(夫)と言うので見に行ったり。
 ソメイヨシノはツボミが大きく膨らんで、一気に満開になるのでは?

     IMG_4143_20160330175403307.jpg    IMG_4177.jpg    IMG_4163.jpg


 お昼には帰宅。
 午後は二人で買い物、T君ニッコリ!

3月29日   キルトを少し

 4日前にシイタケ菌を植えた時、夫が何か言ってGパンの上をさすっていた。
 「エッ、何か言った?」と言ったら「いや何でもない」

 その後洗濯したら、Gパンのスネ辺りが千切れている。
 「ケガをしなかった?」と言ったら、してないと。

 乾いたGパンを持って来て、「若者なら、いま流行りじゃけど、年寄りが穴あきはまずかろう」
 「もう捨てたらええが」   「まぁ百姓用ならえかろう」

 今まで、わざわざ穴あきを直してまで穿かなかった。
 でも、古布に興味をもってわざわざ古布を取り寄せてキルトや刺し子をしているのに、
 これぐらいの穴あきを直せないようではと思い、直す気になった。

 しかし、濃い色の生地しかなかった、けど継当てをして刺し子した。
 夫に「直ったよ」と言ったら、気のない返事、「そこへ置いといてくれ」
          

 そのまんま。頼まれたから縫っただけ。
 Gパンはたくさん持っているし、買うらしい。

 私は襤褸(ボロ)に興味があるけれど、都会ならともかく、この田舎で襤褸の服を着ている人を見た事が無い。

 こんな継当てをされるとは思わなかったらしい。

 今日は1日中、キルト。 
 目薬をさしながら。

 R君、春休みに入っているので、朝は『ゴミ出し』をしてくれた。
 午後友達と遊ぶと言って、学校へ。

 夕方はバレーに。
 ママが送って行ったり、迎えに行ったりする間、T君が「バァバ降りて来て」
 「二人で将棋」分からない者どおし。これも面白い。

 R君は良く分かっているので教えてくれたけど、最近はしていない。

3月28日   自分の部屋が一番の悩みの種

 朝は自宅前の花の中の草取り。
 弟にもらった「イチゴ」、隙間のアチコチに植えている。
 白い花、紅色の花が混ざって咲いているのは、虫にヤラレテいる、と言ったかな?

 義妹が、先日行った時に、「イチゴがたくさん生り出したら、R君、T君を連れていちご狩りに来てください」と言ってくれたけど、
 もらったイチゴにたくさんの花が付いている。
 同じ苗だから、生るのは同じ頃?
 ママも孫達もイチゴ大好きだそうだから、別に良いか?ジャムにも出来るし。

 取り掛かっているキルト、昨日縫い直しかけたけど、またまた変更。
 解いて「落としキルト」、これに決定!
 設備が整っていても、技術が伴わない。布が重い。ボチボチしよう。


 今一番気になっているのは、自分の部屋の片づけ。
 まず、大きなタペストリー類は、最近山の家へ運んでいる。
 断捨離と言うけれど、自分の洋服は捨てられる、けど多いのは大金を掛けて集めた絣布類。
 オークションで落としては、後の処理はママに全部してもらっていた。(自分では出来ない)
 
 2年ほど前から、オークション絶ち。
 結果、なんにも困らないが、布の多さは減らない。

 その上、大きな物を作った後にできる大量のハギレ。
 そのハギレに眼がいって、ついついパッチワーク。
 結果、布山が減る、ということは無い!

 自宅に有れば大邪魔、されど山の家へ持って行って置けば、我が家は良いけど、いざ作品作りとなると、布が無い。
 こんな事で、毎日悩んでいるのが馬鹿らしい。

          IMG_4139.jpg
 ある方のブログでこの本が紹介されていたので、本屋さんへ行ってみると無い。
 取り寄せてもらうのに1~2週間かかるとの事。
 そこでママに頼んだら、2日目には自宅まで届いた。それも送料無し。
 この本を見て、何か作ろう!

3月27日   ノコの刃を取りに・・・

 昨年のいつ頃だったか?ホームセンターのコメリで充電式の草刈機を買い、同じ充電器で使えると言う「ノコ」も買った。

 ところが本体は有るのに、差し込み式のノコ部分が無い。
 ノコ刃が無ければどうしようも無い。(自分が何処にしまったのか忘れた)
 夫に聞くと「ノコを買ったのも知らん!」と言う。
 それでお店に尋ねて、やっと取り寄せてもらった、ヤレヤレ。

 行ったついでに、九条ネギの苗、ミニトマトのアイコの苗2本買った。
 夫に言えばどうせ「今から植えても、霜でヤラレル、苗やが儲けるだけじゃ」と言う。
 黙って裏のプランターに植えて置いた。

 午後遅くなってから、昨日やっと仕付けをした物にキルトを始めた。
          IMG_4131.jpg
 先生にお聞きした時には、「この4枚一組のものに2センチ間隔ぐらいで丸くキルトをなさったら?」と言われた。
 そうすると外周が40センチの円、中心から9本ぐらいかな?

 試してみて、とてもじゃないけど◎は無理、私の手におえない。
 それにキチンと2センチ間隔にはなって無いし。

 それで、2センチ幅の真ん中にキルトを入れる事にした。
 イヤでも他に方法は無さそう。
 20㎝角の物が64枚、その上にふちどりを付けるから、180㎝角の物を四方から折り畳んでも、重い事。
 今は端っこだから良いけど、どうなる?仕付けをしているからと言って、よじれてしまいそう。

 みなさんどうやって、ベッドカバーのキルトをされたのか?
 私は恵まれている、アイロン台がクリーニング屋さんと一緒で120×80センチ。裁断台は150×90センチ。
 これで不足は言えないんだけど。
 技術不足は置いといて。
 一日に一枚づつすると、64日。
 考えていても、悩んでいても、先には進めない。
 まずは一針でも縫う事にしよう。

 T君が、「バァバのお家」と言って、折り紙でお家を作って、ドアを描いて。「有難うね」(もちろん、夫にも)
        IMG_4130.jpg
 これを見て思い出しました。
 40年以上前の事、娘や息子がT君と同じ歳の頃、折り紙や空き箱で色々な物を作って、「ひいおばぁちゃんに」と。
 義祖母は、それを宝物のように大事に大事に、飾ってくれていました。
 子供や孫が買ってくれた物よりも、ひい孫の気持ちが嬉しかったのでしょうね。
 











          

3月26日   仕付けがやっと出来た

 昨日のシイタケのたね駒打ちはたいした仕事では無かったのに、
 寒さにヤラレタ模様(疲れた)。

          IMG_4121.jpg
 昨日のシイタケ菌です。
 1,000個と言っても、シイタケ木に20本あまり?あるだけ。

 サルにヤラレタ玉ねぎ。
 まだまだこれから大きくなる予定のはず?で、玉になりかけてもいない。
          IMG_4123.jpg
 4日ほど前の月曜日に多草を取ったばかり。


 ジャガイモは、これから芽が出て来たころにヤラレル、のだそう。
 それは、遅霜にヤラレルか?サルにヤラレルか?どっちが先?


 今日は先日から取り掛かって、畳の上に広げたままの物に仕付け掛け。
 ママと私、夫しか入らない部屋だけど(仏壇があるから)、何としても邪魔!

 今度は、キルトするために小さく折り畳んで。
 いつまでかかるんだろう?
 部屋を空けてホットした。

3月25日   シイタケのたね駒打ち

 昨日のジャガイモ植えで疲れたので、今日は一日自宅で過ごそうかと思っていた。
 
 しかし朝、「やっぱりシイタケのたね駒を打っておこう」と言う事に。
 森林組合に「シイタケ駒」を買いに行き、ドンコの種類の1,000個入りを買って。

 山の家へ着いたのは10時前だったかな?気温10℃、風も有り寒い。
 日当たりの悪い場所での作業、風が身に沁みる。
 夫が穴を開け、私がたね駒を打つ(植菌)。
 数を数えなかったけど、20本ぐらい。
          IMG_4119.jpg    IMG_4122.jpg

 お昼には済んだから、昨日のサルが気になり、見に行って見ると、ヤラレテいました。
 それでも、大きいのは昨日採っていたので、被害は最小限ですみました。
 でもチッチャナ物がたくさん生えていたのに、な~んにも無い。
          IMG_4107.jpg
 4か所に分けて置いているのに、どこもこんな感じ。
 傘を千切って投げ、足の部分だけ食べています。

 それから、ネギも抜いて、葉と根っこは投げて、白い部分を食べています。
           IMG_4102.jpg
 もっと細いネギもヤラレテ。


 夫が「玉ねぎもヤラレテいるんじゃないか?」
 と言うので見に降りて見ると、まぁそこらじゅう、抜いては投げ、かじっては投げ、といったところ。
 一応ネットを掛けておきました。

 サルも集団で来たのだと思います。

 昔から、野の物と半分けと言いますから、人間が植えたからと言って、半分食べられれば良い、と言う事なのでしょうね。
 まぁ腹を立てたからと言って、どうにもならない事ですから。
 でも人間に盗られたらきっと、大騒ぎするでしょう。

 最後に一つ良い事。ソメイヨシノの大木が2本あり、ツボミが膨らんできました。
     IMG_4113.jpg   IMG_4116.jpg   IMG_4118.jpg
 赤色のミツマタは満開。

 2日続きで農作業をしたので、ちょっと疲れました。


 午後4時のお迎えの約束をしていたT君、ちゃんとお迎えに行きました。(昨日も同じ)

 4歳児とは言え、T君の名誉のために、
 消防車の絵を描いて、努力賞をもらった話、赤色でグルグル描いていたのは裏で、表にはちゃんと車の絵を描いていました。
 T君、私のブログで書かれている事は知る由も無し、ですが、ゴメンナサイ。

3月24日   山の家でジャガイモ植え

 朝9時の山の家の気温10℃、寒い。   12時には13℃。

 今朝は別々に行った、山の家の手前の地区を通る時、サルが3匹山へ駆け上がった。
 ジャガイモを植えても食べられるかも?だけど。

      IMG_4086.jpg    IMG_4083.jpg    IMG_4088.jpg

 柚子の苗木を植えてまだ3年程の所、間を4メートル以上空けてあるので、その間に植える事に。
 夫がウネを作り、私がジャガイモを置いて行き、その間に肥料を置いて又土を掛けて行くのは夫。

 私は道路端の落ち葉(竹の葉、ケヤキの葉、柿の葉)をかき集めて、その上にかぶせて行った。
 その上に又、お茶の木を伐って、押し切りで切って、またかぶせて置いた。
 風が強いので、落ち葉が吹き飛んでしまいそうだから。

 先日の20万円のカッター、何の役にも立たないけれど、この押し切りの方がよっぽどマシ。
 とは言え、切ったばかりの茶の木で、生だから、押し切りでも切れたけど。
          IMG_4096.jpg

 いつもの年より、丁寧にジャガイモを植えたけど、芽が土から出ない内に、サルに食べられるかも?


 シイタケもサルに食べられない内に。
 シイタケもいつもの年より良く生える。
 しかしながら、もう虫が付きだした。

 一番日当たりの良い所に、山ツツジが咲いていた。
          IMG_4098.jpg
 3か所に3輪だけ。


 草カラシをしてくれた所に、ツクシがい~~っぱい、だけど食べられない。
           IMG_4076.jpg


 ちょうどお昼になったので、帰宅。


 

3月23日   本年度最後のパッチワーク教室

 今朝はみんな少し早めに教室へ。

 今年度入られた方が、もうベッドカバー作ってをおられるので、裏布、キルト綿、トップを重ねて仕付け。
 待ち針で布を止めるので、2階の和室へ。
 10年ほど通っているのに、初めて習った。

 10時からは、最後なので茶話会。
 そこでの会話、一番の年長者は、大正14年生まれで91歳、次は昭和2年生まれで89歳。
 91歳の方は少し、物忘れが多くなったがまだまだ創作意欲いっぱいで、「ご迷惑を掛けるかも分かりませんが、もう少し習いに来させてください」とおっしゃって、意欲まんまん。
 初めて正式な誕生日をお聞きした。
 私と20歳も違う、しっかりしなくちゃ!と改めて感じました。

 今年度入られたばかりなのに、大きな作品を手掛けられているTさんに御歳をお聞きした。
 まず「私は71歳なんですけど、Tさんはおいくつになられるんですか?」
 私が自分の歳を明かしてからなので、あまりイヤな顔はされなかった、「80歳」。

 それからKさんが「私は18年生まれ」で72歳。
 それで私が「Kさんは18年生まれ、私が19年生まれ、Iさんは20年生まれ」。72歳、71歳、70歳。

 そうしたら目の前にいる仲間の60歳位のYさん、Kさん
 「まぁ大先輩なのに、いつも失礼なことばかり言って失礼しました」と。 
 「同じ仲間だから、お互いさまよ」と。

 どちらにしても私は年が大きい方。17人中4番目。
 そして、趣味で前々からされていたとはいえ、80歳で知らない人ばかりいる講座へ入会された事に驚きと尊敬と。

 4月から新年度が始まるけれど、講座の始まりは5月から。
 4月は教室が無いので、その間に出来る事を先生にみんなお聞きした。

 帰宅後の午後から、畳の部屋に、裏布、キルト綿、トップを重ねて、仕付け。
 先生が3~4時間で出来るような事を言われたけど、なかなかどうして。
 3時間半ほどして夕食の準備。
 まだこれから。
          IMG_4074.jpg

 仕付けだけでもまだまだ。

 その上に、本番のキルトが待っている。
 これから先の方が長い、出来上がるかな?

3月22日   従兄弟の家へ

 今朝夫が電話して、従兄弟に都合を聞いてお参りに行って来ました。
      IMG_4060.jpg     IMG_4059.jpg
 今日も良い天気。
 イチジクの巨大な木、ソフトバンクのアンテナも一緒に写したはずなのに?
    
 二人でお茶をいただいていたら、倉敷の義妹から夫の携帯に電話。
 良い事に、従兄弟の家は山のテッペン、NTT,AU、ソフトバンクの大きなアンテナが3本も建っているので部屋の中でも繋がった。

 神戸の義妹、倉敷にいる義妹二人、その旦那さんの5人が山の家へお墓参りに行って、帰りに我が家へ寄ったとの事。
 しかし我が家も留守、なので電話。

 私達は従兄弟の家へお邪魔するときは、必ず電話連絡を取ってから。

 まぁお墓掃除はバッチリ!周りもキレイにしていたからいいけど。

 友人の家へシイタケを持って行ったら、お留守。
 ドアノブに袋をかけて帰り、電話をして置いた。(食べ物なので、誰にもらったか分からないと、気持ちが悪いから)

 夕方その友人がハッサクをもらったと言って、おすそ分けを。(ご主人と畑帰りに)
 見れば、何年も前にあげた帽子を大事にかぶって。(お金持ち)
 「絣の帽子をかぶってね」と言ったら、「みんなホメてくれてんよ」と。
 「そりゃぁ被る人が良いからじゃわ」、ほんとに帽子がよく似合う。
 喜んでいただくだけで嬉しい。

 どの友人も私が義母の介護で疲れているときに、サポートしてもらった、親戚以上の関係。
 姉妹のいない私にとっては、強い味方。

 昨年の暮れ?忘れたけど、夫に「今頃蒔くのは遅すぎる」と言われた、玉ねぎ。
      IMG_4068.jpg
 プランターに3~4本づつ一緒に植えていたら、それでもちょっとは大きくなろうとしています。
 玉ねぎにならなくても、味噌汁の青みぐらいには使えます。
 プランター4つに。

3月21日   クルミの木の植え付け

 まずは夫が出発、次に私がT君を乗せて、それからパパがママとR君を乗せて。
 山の家へ行くのに、車3台。

 T君を乗せていると退屈しない、シャベリどおし。
 「バァバ何時に着くかなぁ~」  「10時に着く?」
 「10時はちょっと無理だと思うよ」  
 「もうすぐ?」  「まだまだこれから、30分かかるからね」

 ところが、家に着いたのは、10時2分。「バァバ、T君の勝ちだね」

 外は寒い、けど13℃、空は真っ青!キレイ。PM2,5も無さそう。

 二人でシイタケ採り、またた~くさん生えていた。
        IMG_4043.jpg    IMG_4046.jpg
 「僕の採ったのは、僕が持って帰ろうね」  「ウン」

 パパやママが到着。以前からママが「クルミの苗木」(2種類)を買って準備していたのを植える事に」.

 私が植えた木は、大きくなっても伐ってしまうけど、ママが植えたのは伐りはしないから。
 「植え場所はお父さんに聞いてね、日当たりの関係もあるだろうから」

 一番上の畑、先日私が「杏子」の剪定をした所。
        IMG_3971_20160321172828ece.jpg    IMG_4057.jpg
 此処は日当たりは良いけれど、大木になってクルミが生り出したら、下の畑の植木の邪魔をするのじゃないかな?とは思ったけれど、いつまでも生きている訳無いから。
 夫、息子、ママ、R君、T君の5人で植えました。

 そのあと、ママが昨年の秋?植えた「ラッキョウ」の中が多草なので4人が草取り。
 時々私達が草取りをしたけれど、なんの価値も無いほどの多草が生えた。
 草取りというより、草をむしり取っていた。
 済んだので、4人は帰宅。

 私達はお昼を食べてから、玉ねぎの中の草取りの続き。
 「大きくならないなぁ、まぁ小さくても玉ねぎは玉ねぎ、ニンニクにはならないから」

 隣りのニンニク、四分の一ほどしか生えてなかったのに、先日の雨と気温が高くなって、残りが生え始めた。
 長さが3~5センチほど。これも小さくても、ニンニクには違いないから。

 みんな慣れない草取りやクルミの木の穴掘りなどしたから疲れたと思う。
 私達は3時に出た。気温16℃。

 途中、山の家の側だけど、黒っぽい車が止まって、人影無し。
 みんな居なくなるのに、知らない人物が何か悪さをしなければ良いのだけど。
 
 このあと、写真を載せようとしたら、載せられませんでした。       
  

3月20日  春分の日 お参りあり

 今朝は少し肌寒い。
 息子はバレーの試合?昨日R君は試合じゃ無くて練習試合だったとか。

 昨日のフキのトウとシイタケの炒め物。
           IMG_4033_20160320143557a80.jpg

 昨日の夕方は、駐車場の草取り、ママとT君と私。スッキリ!

 それから仏間に、パッチワーク作品に仕付けを掛けようと待ち針で止めていたものに仕付けを掛けて、取り除きました。
 あとをキレイに掃除していたらT君、「バァバ、誰か来るの?」

 「それも言うなら、誰か来られるの?でしょ」 「分かった?」  「分かった」
 「お彼岸だから、親戚の叔父さんや叔母さんが参ってくださるからね」


 今日のお昼前、大阪から義弟が参ってくれました。
 と言うのも、山の家の近くから義弟が奥さんをもらっているから。
 何でもあちら、養子に行ったみたい。でもよく気を使ってくれるようになりました。


 朝から、ママとR君、T君の3人で、ホワイトデー用のチョコとクッキーを作っていましたが、
 お昼からT君が持って上がってくれました。

          IMG_4036.jpg
          IMG_4039.jpg

 ホワイトデーの日には、大阪のUSJに行っていたから。
 クッキーをT君から、チョコクッキーをR君からもらいました。
 どちらもママに教えてもらった「手作り」です。
 美味しかったよ~~、気持ちもね!   

3月19日   春ですね~~~

 「啓蟄」とは、春ですね~~~、と言う意味があるとか。

 今朝がた、雨が降っていましたが、8時ごろにはすっかり止んで。
 R君は近くの会場でバレーの試合。

 夫は一足先に山の家へ。
 あとから行って、ゴミを焼いたり、フキノトウを採ったり。
 シイタケが又たくさん生えて。
 雨あげくだけど、サルより先に収穫。

 とにかく、暖かい、家の中で縫い物をしているのはモッタイナイ。

    IMG_4013.jpg
 スズランに似た馬酔木(アセビ)もキレイ、山の家の山にもいっぱい咲いていましたが、何者かがキレイなピンクや濃いピンクは掘りうがしてしまい、白色しか無くなりました。
 この花、馬酔木は昔から、「有毒なので牛などの家畜に食べさせないように」と言われてきました。



    IMG_4011.jpg    IMG_4009.jpg

 左のフキのトウは、秋田フキのトウで、もう長くなっていますがこれを料理しました。葉の色が黒っぽい紫色のようです。
 右は、山の家の側で昔から生えている『みずフキ』で、今頃から出始めて、トウもまだ小さいです。葉は緑色。


     IMG_4030.jpg   IMG_4031.jpg    IMG_4032.jpg
 この長くなったフキのトウの上の花部分を切り捨てて、ジクの部分を半分に切って、水でちょっとさらし、茹でます。
 ちょっと茹でて洗い絞ります。

 今日は、シイタケがまた沢山生えていたので、シイタケ、フキノトウ、豚バラを炒めて(今日はオリーブオイル)、
 砂糖少々、料理酒、ミリン、お味噌で味付けしました。分量はいつも適当です。
 美味しかったです。

 「今頃はフキのトウが長くなって使えない」と言う話をよく聞きますので(ご近所さんも)、フキのお好きな方はお試しください。
 フキよりも柔らかくていいですよ。

 かく言う私、フキがそんなに好きではありません、たくさん生えるので、一度は作って見ようかな、です。

 お店をやっている頃、仲間3軒で持って行くのに、いくらでも売れました。
 「フキのお好きな方が多いなぁ」と、みんなで、フキを増やしました。
 しかし、フキも地下茎でどんどん伸びて行き、今頃になって困って、処分しました。

 ミョウガもフキも狭い土地に植えるのは止めた方がいいです。(農産物を販売されている方は、荒地対策を兼ねて植えられたら?と思います)
    

3月18日  大、大失敗の巻き

 今朝から、小雨。
 
 昨日が彼岸の入り。分かっていたつもりだった。

 今朝、実家へお彼岸のお花を。
 弟も義妹もいて、キャベツやら大根やら、そして又たくさんの『イチゴ苗』をもらった。
 「植える所は有る?」って言うから、「畑は山ほど空いているけど、サルが出るから」

 弟は、60坪以上をガッチリネットで囲っている。
 「これだけ囲えば費用がかかったじゃろ?」  「ぎょうさん、かかった」

 そんなこんなの話をして帰りにホームセンターにちょっと寄った。

 運転中に、夫より電話。(出られなかった)
 帰宅してから、聞けば、「従兄弟のMさんがお参りに来てくださった」

 後は聞か無くても分かっている。

      IMG_4003.jpg    IMG_4004.jpg
 
 仏壇の部屋にパッチワークした物を広げて、それも裏布、キルト綿、も一緒に仕付けを掛けようと、端をすべて『待ち針』で畳にさして動かないようにしていた。
 夫が端に寄せようと思っても動かない。
 テーブルも端に寄せていたし。

 従兄弟が、「折角しているのに、そのままで良いから」と言って、仏壇を拝んでじきに帰られた、とのこと。
 大失敗、である。
 一人で山のテッペンに住んでおられる、話がいっぱい有ったはずなのに、申し訳ない事をしでかしたものである。
 それも71歳にもなって。(参ってくださるのは土日ぐらいかな?と思っていた)

 午後は雨が止んでいるようだけど。

 昨日は幼稚園の『卒園式』だったそう。
 今日、R君がいると思ったら、「今日は卒業式」だから2年生はお休み」だそう。
 金、土、日、月と4連休。
 

      

3月17日   エプロン出来た

 今日は暖かい一日だった。

 小学校の卒業式だとか。
 T君はお休み、だからママも休んだ。

 ママが買い物に行った間にT君と二人。
 色々とオシャベリしてくれた。
 幼稚園での一年間の作品を持って帰っていたのも見せてくれた。

 大きな画用紙に赤色でグルグル塗っている、
 「これな~に?」  「消防車だよ、バァバこれで賞状をもらったんだよ」
 「フ~ん、消防車ね?それで努力賞ね」
 「そうだよ、み~んな賞状をもらったんだよ」
 「T君、よ~く分かったわ、みんな努力賞ね、み~んな努力しようよね、だね」
 「そうだよ」 と。  笑わせてくれました。

 昨日から縫っていた物。

      IMG_3988.jpg    IMG_3991.jpg    IMG_4000.jpg
 パッチワークのような感じで縫った、古布を利用したエプロン、タスキは後ろで×に。
 ウエストにタックを4本づつ入れてます。
 バイヤス地でこしらえたネックレス。これも教室で見た物を。
 『ぶら下がり猫』のブローチ、こんなの苦手。

 

3月16日   何も出来上がらず

 昨日中に直しを済まそうと頑張ったら、今日は疲れていつものようには出来なかった。

 お彼岸が近いので、娘の家へお花を持って行っただけ。
 お義母さんにお会いして。
 娘にはここ2か月ほど電話もメールも無し。
 異動の時期なので、忙しくしているだろうから。

 夫は山の家へ。仕事をしていたので、寒くなかったそうだけど、私は寒かった。
 
 古布でエプロンを縫っているけれど、仕上がらなかった。

 夕方、T君が賞状をもらって来ていたので(絵の努力賞)、
 「T君すごいねぇ、賞状をもらったの?」と言ったら、
 「バァバ、すごい事なんか無いよ、み~んなもらったんだよ」、 「そ~ぅ」

 「T君はいつもニコニコしてるから大好きだよ」
 そうしたら、 
 「今日ね、みすずちゃんと喧嘩したんだよ、僕が座っていたらみすずちゃんが、ガーンとやって来たから、僕もガーンとやったよ」
 「女の子がガーンてやるの?」
 「よくやるよ」  
 「だいたい男の子にも女の子にもガーンてしたらダメよ」
 「先生が見てたし、先にみすずちゃんの方がやったんだから、先生がみすずちゃんに注意してた」

 「自分がしてほしく無いことは、他人にもしたらダメだよ」
 「ウン、分かった」

 最近と言っても2か月ほど、T君を送って行くのもお迎えも、ママがやっています。
 良い運動になっていいらしいです。(徒歩)
 

3月15日  パッチの直し作業

 今日は一日中外には一歩も出ず。
 解き作業、ミシンで縫っているのでなかなか前に進めない。

 解くつもりで縫って無いので、時間がかかった。
 それに今度はキチンと縫い直し。

 夜9時過ぎにやっと直りました、直しました。疲れた~~。
 今度は最初から真面目に取り組もうと思った次第です。


            IMG_3982.jpg


 パッチワークはキライ、と言ってもパッチワーク教室に入ったおかげで、根気強くなった。
 友人も同じような事を言っていた。

 何しろ2年に一度、先生の生徒さん100名ほどが集まって「作品展」を開催する。(今秋に)
 自分がお世話になっている教室だけだと17名。
 我が教室でも90歳の方がベッドカバーの大きな物を何枚も縫われている。
 息子さん達、お孫さん、昨年だったか?は、ひぃ孫さんの物を。
 真似も出来ないけど。

 「私には農作業も有るし~」と、これは逃げ口上。
 どうにか秋の作品展までには間に合わせたいのだけど。

 言い訳では無く、4月に入ると、ミョウガの世話をしなくちゃ。~~9月の終わりまで。

 貧乏暇なし、と言ったところ、でしょうか。

3月14日   完全に伸びています。

 昨日頑張り過ぎて、完全にダウンです。
 夫の言うに、「無茶苦茶に働くからじゃ、見合わせが無い」
 「歳を考えろ、歳を」だって。

 自分も同じような者なのに。身体中が痛いんだと。
 「76歳にもなって、あんな大木に登るからじゃわ、まぁ落ちなかっただけでもマシだけど」

 ああ言えば、こう言う、口では勝てませんよ!

 それはともかく、アイハート様に教えて頂いた『シイタケ料理』
 昨日もシイタケをたくさん採って来たけれど、『ご近所さんにおすそ分け』。
 だから少しだけど。
         IMG_3973.jpg
 茶色の備前焼の皿はちょっと、ですが。
 一人で味見、おっしゃるように、お味噌の味付けが合って、美味しかったです。
 4歳坊主のT君が、シイタケ大好き、今日は量が少ないから又たくさん採って来たら作ろうと思っています。


 それから先日、無理やり繫いだパッチワーク、160×160の方。
 畳の上に広げていましたが、どう見ても「直さなくちゃ」の代物。
 今朝から手直し、解くのに手間取り、縫った時間の2倍も3倍も時間がかかる、眼も悪いし。

 ある方のブログで目にした言葉、「今の一針が、後の九針の手間を省く」
 今の私の状況。最初から丁寧に縫っていたら、こんな事にはならなかった!
 でも直さなくちゃ、作品がダメになる。
 縫い代が、1mm違っても、10枚繫げば1センチ違う、そんな事、分かり切ったことなのに。

          IMG_3975.jpg
  解いています、繋いでいかなくちゃ。また明日から~~。




          IMG_3977.jpg
 こちらの方は、繫いだものを少し解いて、小さくしました。
 もうこの大きさで決まり、だけどこれからキルト綿を入れて裏布を付けて、キルトして~。
 

3月13日  2日続いて山の家へ

 「別に何もせんでもええから、一緒に行こう」だと。
 (何もせんのなら、家で縫い物をした方がいいわ)

 いつもと違う道を通って。
      IMG_3942.jpg
 山のてっぺんの尾根沿いに。
 我が家の山に立っている中国電力の高圧鉄塔。
 この下の林道、またカヤがいっぱい、林道を寄付したのに、このカヤを又刈るって大変。

 山の家の9時の気温、8℃。寒いさむい。

 ところで今日は何をしよう?
    IMG_3947.jpg    IMG_3949.jpg    IMG_3953.jpg 
  
    IMG_3956.jpg
 左から~~右へ、作業の流れです。
 まずお茶の木が邪魔なので、ノコで全部伐って、トタンも外し、上の道で燃やして、キレイに片付けました。
 スッキリ!です。

 最後に、集めて置いた落ち葉や腐葉土を畑に撒いて、自分の思っていた事は終了です。 
        IMG_3958.jpg

 まだまだ腐葉土は足りませんが、上の山にはい~~っぱい、する気になったら又今度。(今度がいつ来る?)

 外で昼食、雨がホコリを洗い流してくれているので、綺麗。

 午後の仕事。
 「あんず」の苗木を2本、10年以上前に買って来て植えたのに、花は咲けども実が生らず。
 それで以前から夫が「伐ってしまう」と言っていたので、自分で伐ろう!
        IMG_3971.jpg
 それこそ落ちたらとんでも無い事になるので、用心の上にも用心。
 伐ったからといって、生る訳では無いけれど、今有る木が何の種類かも分からないので、困った。

 夫は1日中、別の仕事。
 午後3時の気温13℃。
 午後4時ごろに帰宅、ホッカイロを貼っていたので、寒さは感じませんでした。


 午後5時半、息子達無事帰宅。
 T君が2階に上がって来て、「ただいま」
 「遊びに行って楽しかった?」と言うと、
 「遊びに行ったんじゃ無いよ、ホテルに泊まったんだよ」
 色々と話して聞かせてくれました。
 次にジィジの部屋に行って、同じ話をしているようでした。

 何事も無く無事に帰って来て、良かった!




3月12日   山の家へ

 毎日ボンヤリ過ごしていると今日が何日かも?

 もうじきお彼岸、墓地の掃除をしなくちゃ、で付いて行った。
 9時の気温、8℃、同じ気温で、氷が張っている。

 落ち葉がたくさん、掃き掃除。
 山すその掃除の続きも。


 それから、ず~~っと気になっていた、草やワラを切る道具。
 10年以上前に農家のホームセンターみたいな所で購入。
 その時に使ってみたけれど、案外使い物にならなかった。
 そうしたら夫、邪魔になると言って、納屋の奥の方へ引っ張り込んでしまった。

 20万円ほどかけたのに、モッタイナイ、どうにかして使おう。
 今朝夫に頼んで引き出してもらった。

 「忙しいのに、いつも思い付きの事ばかりする」と。
 「思い付きじゃ無い、ず~~っと思っていた」

 エンジン付きなので、かけてもらった。
 やっぱり、使い物になりそうにない、でも「折角だから使う」
 「それより、押し切りの方がマシじゃ」と言われたが、「・・・・・・」

 山の家の入口に、カヤの束を積んでいる、ミットモナイ。
 夫の言うように、押し切りの方が早いんだけど。
 それよりも、2年も積んだままなので、堆肥になりかけている。 

     IMG_3924.jpg    IMG_3922.jpg    IMG_3929.jpg



    IMG_3925.jpg    IMG_3931.jpg    IMG_3930.jpg

 カヤの方は小さくなった、稲わらの方は裂けて切れて、種を蒔いた上にかけるには良い感じ。
 (そう思う事にしよう)
 無駄なお金を使ったものだと、反省。反省することが多すぎる?

 シイタケもたくさん生えていた。
 3時の気温、12℃。
 今日は3時ごろに帰っていたら、途中で友人にバッタリ。

 毎年マツタケを貰う友人、「シイタケは生えているよね?」
 だけどご主人が、肺気腫になられて、シイタケ木が作れないとの事。
 「一度にたくさん生えても困るから、シイタケを食べてね」

 「どうしてこんなに小さい物を採るの?」
 「だって、早く採らなくちゃ、サルに食べられるもの」
 友人に会えて良かった!


 今朝早く、息子家族4人、大阪のUSJに出かけた。
 T君、「ホテルに泊まるんだよ」と喜んで。
 何事も無く、無事帰って来ますように。
 お天気が良くて良かった!

  

     

3月11日   今日は寒い

 昨日、枯れ木の枝を両手で手折っていたら、両手の手首から指先に向けて痛い。
 やはり歳ですね~。
 動く度に、あちらが痛い、こちらが痛い。
 口は痛く無いけど、歯が沁みる、治してくだされば良いのに。

 今日はパッチワークをしていた。
 160×160にやっと繫いだ。
 でもここからが大問題、出来るかな~?

 もう一枚も繫いだ、こちらは90×90、ぐらい。

 山の家も気温8℃で寒かったそう。
 昨日も同じ気温だったのに、風のせい?

 夕食は5時過ぎ。
 6時過ぎに大雨だったが、今7時前、雨は止んでいる。

 下からT君の呼ぶ声、「バァバ~、降りて来て、ママがお使いに行ったから」
 「お兄ちゃんがいるでしょ」
 「お兄ちゃんが居たって、寂しい」
 「お兄ちゃんが居れば大丈夫!」 それで終わり。

3月10日   山の家へ

 今朝は夫と山の家へ。
 9時の気温8℃、しかしあまり寒く無い。

    IMG_3914.jpg        IMG_3913.jpg
  夫が柚子の木の剪定をしていた。(2~3日前に)

    IMG_3886.jpg        IMG_3888.jpg
 柚子の木には物凄くたくさんのトゲが有るので、早く処分しておかなくちゃ、で、焼却!
 もし誤って踏んづけたらエライことになる。


 次に気になっている山すその木の葉等をキレイにする事。

    IMG_3903.jpg     IMG_3905.jpg    IMG_3910.jpg
 ほんの一部しただけ。でもキレイにスッキリ。
  真ん中の写真、 トタンをずらして、そこからかき集めた落ち葉などをしたの畑に落としています。


 あとは、シイタケを見に行って見た。
    IMG_3917.jpg

 全部でこれだけ有っただけ。


 ホウレンソウもあとわずか。それでも草削りをしてくれていたから。
      IMG_3892_20160310195950e31.jpg
       
 お弁当は持って行ったけど、「帰ってから昼食にしよう」と言うので、素直(?)にしたがって。
 12時の気温、10℃。

 気温は低いけど、別に寒くは無かった。
 

 午後は、R君をプールに送って行っただけ。 

3月 9日  雨

 昨日急に思い立って、山の家へ行ったのは正解。
 今朝1時頃から、雨。
 大きな音がしたり、止んだり。

 その上今日は寒い。
 シイタケを食べるには多過ぎ、友人達にあげても残る、どっちつかずになっても困る。
 そうだ、市場へ持って行こう。
 パック詰め、上にラップをかけて。

 市場は水曜日はお休み、だから夕方持って行った。
 明日朝の市。


 一日中、パッチワーク、眼が痛い。
 やりかけた事は最期までしておかないと、すぐに忘れる。
 
 R君、雨に濡れてビッチャコで帰って来た。
 暑かったと思えば、寒くなる、風邪に負けないようにしなくちゃ!

 そうだ、今朝夫は確定申告に行って来た。ヤレヤレ。

3月 8日    パッチ教室 、山の家へ

 今朝はバッグをたくさん持って。
 作りかけの物を見ていただき、アドバイスをいただいた。
 私ばかり見てもらうのも?で、畳の上に広げて写真を撮った物も見ていただいた。

 今年度はあと一回で終わりだから、みなさん大いに張り切って、先生に見てもらうので、先生は大忙し。

 発泡スチロールの玉を使った、ネックレスもこしらえて。(正バイヤスの生地で)
          IMG_3885.jpg


 Sさんはお休み、よく物忘れをするIさんはご主人の送迎で。
 Iさんは、従兄弟の病院で認知症の薬を処方してもらい、飲み始めたそう、一安心。
 かく言う私は、飲んでいない。

 絣でパッチした帽子をHさんの泥染布と物々交換。

 賑やかに、10時から12時までのパッチワーク教室は終了。

 
 お昼を一人でとって、あまりにも暖かいので、私も山の家へ行って見よう!
 2時過ぎに家を出て行ったら、山の家の近くまで行った所で、夫の車が帰るのに遭遇。
 「何をしに行く?」    「何でもない」

 一人で何をすると言ったって、シイタケを採った、た~~くさん生えていた。
 雨にも遭わず、丁度良いかげんの乾き具合。
        IMG_3869.jpg      IMG_3870.jpg


  ホウレンソウと大マツナとフキのトウを採って。ハクサイはもう食べられない状態。下の畑にもたくさん。

        IMG_3871.jpg

 コマツナもハクサイもこれからとう立ちするので、菜花でいただきます。


 キウイのツルの剪定をしてくれていますが、この剪定法は正解?夫が自己流でやっています。
        IMG_3873.jpg




        IMG_3877.jpg    IMG_3878.jpg
 これはマンサクですが、大きくなっているのに、小さくしてしまっています。
 隣にサンシュユも大きくなっていたら、同じように伐っています。

 夫の要る木と、私の要る木、は違うのです。
 黒松は100本、腹が立ちます。赤松(女松)ならマツタケでも生えるのに!

 山の家の12時の気温18℃だったそう。
 3時には16℃。
 でも今日も一日中暖かかった。

 私は3時半に帰宅。

 パッチの続き~~。


  

3月 7日   暖かい、眠い

 今日も暖かい1日で、車に乗ると汗が出る程。

 昨日、味噌作りを今日に、と思ったけれど、午後9時頃になって、「そんな事ではダメだ」と思い直し、昨夜の内に作りました。

 餅つき機の羽を、味噌用の羽に付け替えて、大豆の煮たのを搗いたのですが、まぁ大きな音。(周りが静か)

 息子が試合から帰宅、「どうだった?」   「準優勝だった」  「良かったね」
 優勝じゃぁ無いけれど、頑張った成果。


 数日前から、夕方眠くてねむくて、ほんとに寝たら、今度は夜じゅう眠れない。
 これには困りました。
 やはり寝るのは夜だけにしよう。



 今朝は10時半の予約の歯医者さんへ。
 奥歯が沁みて困ったのに、小さな虫歯が有ったのを治療。
 「また沁みたら来てみてください」
 知覚過敏、だとか。今でも沁みるのに、ちょこっと我慢?

 夕方帰宅した夫、暖かいから午後も農作業をしたそう。
 山の家のお昼の気温、21℃。暑かった!と。

 みんな暑くて、服が1枚で良かったと。
 いかな私も、今日は暖房無し!

 5時に夕食。
 ただ今、5時50分。
 これから布の裁断でもしましょうか。

 明日はパッチワーク教室。
 話す事がい~~っぱい!

3月 6日   市民マラソン

 「雨が降る」という予報でマラソンに出る3人は、カッパを買っていた。

 しかし曇り空のままで降らなかった、良かった!
 息子はバレーの試合に。

 ママと坊主二人は、市民マラソン、3キロコースへ。
 R君、小学生男子の部で中ほどの順位、2年生だから良く頑張った。
 T君は完走したので?参加賞に黒色のTシャツをもらっていた。
 「バァバもそんなTシャツが欲しかった」   「参加したらね」

 私は、夫をOB会へ送迎。

 ママは昨日、味噌作りを終えている。
 私は今朝、緑、黒の豆を煮かけたが、途中止めで、夕方から又。
 半分は出来かけているけど。

 今日もストーブの要らない一日だった。
 これといった事は何もしないのに、疲れた。味噌はまた明日にしよう!

 明日は歯医者さんへ。

3月 5日   大豆を買いに・・・

  ママが味噌を作ると言うので、一緒に麹(米+麦+塩)を買ってもらっていた。(5キロ×2)
 大豆は近場の特産所で買う事に。

 ママはセットで購入していたので、早速今日は味噌作り。

 私は大豆を買いに走ったが、何処にも無い。
 緑豆と黒豆が両方で3キロ、やっと購入出来、ホットした。


 T君、2階に上がって来て、「バァバ、ボタンを持ってる?それから布も」
 「ボタンも布もい~っぱい持ってるから、何でもあげるよ」
 「ボタンを60個持ってる?」  「60個じゃないよ、600個か1,000個持ってる」
 「針と糸もいるよ」    「針は危ないから、ママに言ってもらいなさい」

 ママの用事が一段落したあとで、教えてもらって縫って、ボタンも付けて。
 なかなかヤルじゃない?

 何でも「ママ~」
 「いちいちママに頼まんでも、自分でしたら良いのに」と言うと、
 「メンドクサイから」だと、4歳の子供がメンドクサイ、だなんて。

 「T君の魂胆が分かったわ、今度何か頼まれたら自分でしなさい!って言うからね」

 メンドクサイ、は家族の誰かが言っている言葉、私かも?

 今日は買い物に行っただけ、まぁ大豆は洗っておいたけど。
 な~~んにもせずに、1日が終わりました。
 でも食事はちゃん!としたので、体重は増えたかも?(夜はおでん)

 私が毎日お邪魔しているブログに、男性の方のブログがたくさん。
 皆さま、お仕事の休みに野菜作りをされて、その上料理もお上手。

 私には信じられない事ばかり。
 我が家は50年近い間に私が入院した時にしてくれた位。
 でも同じような家も有るものです。
 友人が「一緒だわ」と。

3月 4日  市民病院

 9時予約の特定検診。
 じぶんでは人間ドッグ位のつもりだったけど、勘違い。

 70日に一度の割合で診てもらっている検診と同じだった。
 違うところは、無料、だった事。

 最後に先生の診断。
 「気になる事がありますか?」
 「よく物忘れします」と言ったら、「健康診断結果報告書」にバッチリ書かれていた。
 「体重が順調に増えていますね」だと。失礼な。
 「体重を測っていますか?」   「ちゃんと毎日2~3回測っています」と言ったら、
 「2~3回も測らなくてもいいですから、記録に残してください」と。
 
 それから「薬は何を飲んでいますか?」
 「3種類飲んでいますが、血圧を下げるのと、コレステロールを下げるのと、血をキレイにする薬だと思います」
って言ったら、
 「自分の飲んでいる薬が、何に効く薬か、ちゃんと把握していないとダメですよ」と。
 そりゃぁそうでしょうけど。

 「これ以上体重を増やさないようにしてくださいね」と何回も言われた。
 それほどブクブクしていないと思うけど、糖尿病になるそうなので、気を付けなくちゃ!
 自分のため、なんだから。

 「耳鼻科でも診てもらってください」との事で、
 帰りに耳鼻科へ、何処も悪くなかった。

 午後は、次に作りたい物がみつかったので、やはり古絣を色々と、チョキチョキ、夜中まで。

 夕食後、ママがR君をバレーに連れて行っている間、T君と二人。
 4歳の孫に、してやられたり。
 ボヤボヤしてられない、ボケ防止には丁度良いかも?

 昨日は幼稚園の行事で「ひな流し」をしたらしい、これは昨日ママにも聞いていたけれど。
 ママの話では、園児が大川に「ひな流し」をしたのを、少し下流の方で、園児たちに気付かれないように、ママたちが引き上げたらしい。
 現代では川に「折り紙のおひな様」と言えども流したら問題になるんでしょうね。
 

3月 3日  暖か~い1日  おひな様

 今日は休みだと言っていた夫、「やっぱり暖かいからちょっと山の家へ行って来る」と出かけた。
 「ごゆっくり、どうぞ!」

 私は銀行へ。本屋さんへ。ホームセンターへ。

      IMG_3857.jpg

  この本の愛読者です。
  この中の、堀内春美さん、杉浦和子さん、こばやしみえこさん、(順不同)のファンです。

 だから、パッチワークも古布を使った物が多いです。
 教室でも私一人だけですが、マッタク気にしていません。

 周りで、古布で作った服を着ている人はほとんどありません、着物リメイクはありますが。
 他人は他人、私は私。似合っていれば?の話ですが。
 似合うように考えてはいますが。


 それから、先日撮った写真、タヌキ、です。
 
    IMG_3819.jpg    IMG_3817.jpg
 2匹来ていましたが、私を見つけると逃げて行きました。
 実は、どちらの身体も禿げています。
 ギンナンが物凄い量落ちたままで、拾っていません。
 夫が1割位は拾ってくれたと、年末ごろに書いたと思いますが、落ちている量を見ると、1割にも届きません。
 何しろ大木なので、そこらじゅうに落ちています。

 マッタクの私の素人判断ですが、ギンナンを食べ過ぎて禿げたのかな?と。
 「イノシシも禿げたのを見ることが有る」と夫が言っています。何が原因か知りませんが。

 今日はおひな様、おひな様は飾らなかったけれど、お寿司をこしらえていただきました。

 今日は山の家も暖かく、18℃有ったそうです。

 明日は市民病院で、特定検診。

   

   

3月 2日    縫い物

 今朝は風が強かった。
 夫はウォーキングに。
 誘われたけど、「この寒いのに」。付き合いが悪いけど。

 今日は1日中縫い物。
 冬もののタイトスカート。
 バックスキンのような生地のパンツ。
 キイホルダー、残り布を使用。皮の利用。
    
    IMG_3856.jpg
 絣パッチのキーホルダーは残り布の利用。
 これはバッグの持ち手にクルッと巻いておけるので、探す必要がないので便利、と思って作りました。

 小物を含めて4点。
 案外一所懸命に縫いました。

 テレビで、タケノコの灰汁抜きをしていましたが、春になったら習ったようにしてみようと思います。
  
 | ホーム |  » page top