リンク


カレンダー

08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

プロフィール

Author:どんぐり
 私の部屋にはたくさんの布と古布の山。
 同居する孫との日々の出来事。
 時々、山の家に行って、夫に付いて農作業。
 自分達で作った野菜は安全、安心です。


最新記事


月別アーカイブ


水槽


検索フォーム

QRコード

QR
まとめ

ミョウガ終了!

 秋ミョウガは10月になっても生える地域があるらしい。

 今朝、玄関で靴を履いていたら、隣でT君も幼稚園に行く用意。
 「僕はバァバと行きたい」と。 どうなったの?
 「そりゃぁバァバと一緒でもいいよ」
 「帰りのお迎えもバァバがいい」
 「そりゃぁ無理、これから山の家へ行くんだから」
 幼稚園に送り届けて。

 今朝、田んぼと畑を覗いて見たら品質の良い物は有りませんでした。
 我が家の消費だけ、とは言え私ももぅ欲しくありません、やはり気温が高くないと。
 今年のミョウガは終了。

 栗も、昨年成り年だったからか、少なくて小さな物ばかり。
 でも今日も少し拾った。今日のは普通の大きさ。

 畑に柚子の切り枝を置いていたのを燃やした。
 夫が草刈りをしたのをハクサイのウネに敷き込んだり。

 ブログにお邪魔している皆さんは、野菜作りにマルチを使っておられる。
 私も夫に「マルチをした方が良いんじゃない?」と言ったら、
 「後の処分に困る」と言ってきた、ず~っと何年も。

 しかし先日やっと穴あきマルチを買った、玉ねぎ、ニンニクに使おうと思っている。
 それには、私が手伝いをしないと。
 手伝いもせずに、あれやこれや言っても言う事を聞くはずがない。

 今朝も夫は、コマツナ、ホウレンソウ、ミズナ、シュンキクにジョロで水やりをしていた。
 毎日山の家へ行って、小まめに世話をしてくれているので、新鮮な野菜が食べられる。
 と言う事は充分に分かっているのだけれど?

    IMG_2799.jpg    IMG_2805.jpg    IMG_2806.jpg


 アジサイまで一緒に被害に遭った「カボチャ」、全部ツルを引き上げました。
 カボチャの目残りは一つも有りませんでした。
 よくもまぁ、サルにやられたものです。
 アジサイも短く刈り込んでおきました。

 夫も栗が大好きと言うほどの事も無いのか、サルが「柿を取らんでも、栗を拾ぅて食べりゃぁええのに」と。
 私が干し柿を作りたいのを知っているから。
 先日ネットで囲った柿はまだヤラレテいません。イノシシ、サル、カラスが狙っている。

 夕方、栗ご飯用の栗だけ少し皮を剥きました。
 あとはママがどうにかするでしょう、T君が手伝う気マンマン。

T君の送迎

 バァバよりママの方が良いらしいT君、だけどバァバが幼稚園に送って行く。
 「帰りもバァバが良い」
 ??どうしたの?
 「バァバが迎えに来るけど、何も買わないよ」    「ウン」
 4歳の子共の欲しがる物なんて高が知れている、けど、甘えさせては躾けにならない。

 夫は山の家へ行き、草を刈るそう、何回刈るの?
 Kさんの奥さん、畑でつまずいて、左の手首を骨折されたそう。
 私が1メートル余りの高さの田んぼから下に落ちた時、無傷だったのは、ほんとに運が良かっただけ。
 よほど気を付けなければ。

 今日はお天気も良く、仕事日和だったけど、これと言う程の事は何もせず。

 3時半頃、玄関の戸が開く音がしたので、階段を下りながら、
 「お帰りなさい!」と言ったら、夫だった。

 「R君が帰ったのかと思ったのに」
 「そうじゃろぅ、孫には優しい声が出るもんじゃ」
 「孫は可愛いからね」

 車で迎えに行く途中、R君が帰っているのに出会った。
 4時ごろT君を連れて帰宅。
 アレッ、R君がいない、と思ったら「児童館に行ってきます」の置き手紙。

 夫に話したら、「児童館へ行って来ると言っていた」と。
 ほんの一行で良いから、こうやって書いて置いてくれたら安心。

 R君、夜はバレーの練習に、珍しく早く帰って来たパパに連れられて。


 

今日はT君と二人です

 土曜日の運動会の振り替え休日。
 ママは仕事、幼稚園の『なかよしクラブ』もお休み。
 だから、私と二人っきり。(R君は小学校)

 まず9時過ぎから活動開始、友人の家へ。(T君を連れて)
 年に2~3回、ご主人と二人で、イベントにお店を出しておられる。
 それで「何か縫った物を協力してね」と頼まれていたのですが、
 「9月いっぱいはミョウガで忙しいから」とは言っていたけど。

 『癌』を克服して頑張っておられるのを見て、お店を出すからには商品もそれなりになくては。
 出来るだけ協力しようと思って。
 収入なんて度外視。
 T君、挨拶はちゃんと出来ました。

 それから、山の家へ。

   IMG_2786.jpg   IMG_2787.jpg    IMG_2790.jpg

 左、ハクサイが大きくなっていますが、また二株虫にやられているらしい。
 中、左側の大根も大きくなっています、右側のカブのなかを夫が間引きしています。
 右、これは家の横に植えてくれているコマツナ、ウネは立ててくれているのに、いっぱい。 


 栗が不作だし、山栗みたいな物ばかり、T君は小さいとも何とも分かっていない。
 「バァバ、たくさん拾って帰ったら、ママが喜ぶね」 「栗きんとんを作ってくれるかな~」
 「そうなぁ、ママは料理が上手だから、何でも作ってくれるよ」

 それからブログで、サトイモを掘っておられるのを見ていたから、「少し早いけど、掘って見てもいいかなぁ?」
 と聞いたら、「そりゃぁ掘ってみりゃぁええ」と言うので、掘ってみた。
 と言うか、物凄くデッカイ葉っぱのサトイモを一株掘ってくれた、ピンク色。

             IMG_2784.jpg

 そして私はマッタク種類の違う、小さな株のを一株掘ってみた。
 こちらはもう少し小さいかな?
 
 次にゴボウ、二本掘っただけ。
 T君は面白くて付きっきり。
 「バァバ、ママは料理が上手だから、何を作ってくれるかなぁ?」
 「食べたい物を頼んだら、何でも作ってくれると思うよ」

 11時過ぎ、T君はママに作ってもらって持って来ていた『お弁当』を。
 「バァバ、家の中は暗いよ」。    それで外に出たら「暑いよ!」
 ほんとに今日は暑かった!
 
 お昼前には山の家を出て、帰りにスーパーへ。
 T君の好きな物を二つ買って。
 車に乗ると「バァバ、買い物に連れて行ってくれて有難う」だって。
 これにはビックリ!
 「いい子だね、ちゃんとお礼が言えたね」

 「バァバ、前にバァバにお兄ちゃんと二人で、ガラガラに連れて行ってもらった時、僕がお兄ちゃんのオモチャを壊したの、それでゴメンナサイを言って無いの」

 「それなら今日お兄ちゃんが帰ったら、ゴメンナサイを言おうね」   「ウン」

 1か月以上前のことだけど、小さくても気になっていたのでしょう。

 今日は「ジィジもバァバもキライ」なんて言いませんでした。

 そしてお兄ちゃんが帰って来たので、「T君、お兄ちゃんに何を言うのだったかな?」
 「お兄ちゃん、おもちゃを壊してゴメンナサイ」 「ウン」  で終わり。

 夕食の準備をしていたら側に来て、
 「バァバ、栗がたくさん有るから、お正月にママが栗の料理をたくさん作ってくれるよね」
 「そう、ママが色々と作ってくれると思うよ」(間違ってもバァバが作ってくれる?とは言いません)
 日頃の二人を良く観察?しているのでしょう。

 ママが帰宅して、「何でもママ、ママだったよ」って言ったら、
 「いつまでそう言ってくれるんでしょうね」と。

4歳だって侮れない

 夫は山の家へ一人。
 ナス、ピーマン、シシトウに覆いかぶさっている、蔓インゲン、食用ヒョウタン、キューリのネットを取り外す。
 
 ママとR君が買い物に行っている間、T君と二人。(パパはいたけど)
 「T君、ママに明日はT君を頼まれたからバァバと二人だよ、どうする?」(運動会の振り替え休日のため)

 「ママと一緒がいい」
 「ママはお仕事だから、いないよ」
 「バァバはキライだからイヤ、ジィジもキライ」

 「だって、ママはお仕事を休まれないよ」
 「でもママがいい」

 ここ何日か?旅行に行ったり、運動会だったり、甘えていたから。
 ママが帰宅して、この会話をママの前で話した。

 すると「バァバあれは、冗談だよ」
 冗談の意味が分かってる?

 小さいながら、バァバに嫌われても困ると、思ったのかな?
 
 先日栗を少し拾って来ていたので、一度は栗ご飯を作らないと、と夕食に栗ご飯。
 山の家の栗、今年は生り年では無い、それに年々小さな物になってきた。
 それほど好きでも無いので、まぁいいか。
 渋皮煮は得意なんだけど。

 今日帽子を一つ縫っただけ。
 
 
 

今日は幼稚園の運動会

 雨の心配ばかりしていたけれど、晴れて良かった!
 私達二人は歩いて幼稚園へ。

 ママのお母さんは、県の東部から車で、遠いから大変。

 年少組のT君、背は高い。
 年少組ー11名。黄色の帽子。
 年中組ー15名。ピンクの帽子。
 年長組ー18名。青色の帽子。  計44名。

 息子達の頃と比べると、極端に少ない。
 幼稚園に行かずに、保育園に行っている子供さんの方が多いかも知れない。

 2年生のR君も、ビデオ撮り。
 パパ、ママもそれなりに出番が有るし。

    IMG_2762 - コピー    IMG_2739 - コピー    IMG_2741 - コピー
    
    IMG_2756.jpg    IMG_2770.jpg
 
 3歳、4歳、5歳児たちが、一所懸命に頑張っている姿に感動。
 昨夜T君に「どんな踊りをするの?」って聞いたら、「バァバそりゃぁ明日来て見てのお楽しみだよ」と。

 よく頑張って、踊っていました。

 最後に園長先生から、園児達にプレゼント。
 3クラスの代表に、T君の名前。
 呼ばれて大きな声で返事。
 受け取ると、ずっと離れた席にいた私達にまでよく聞こえる大きな声で「有難うございます!」
 この声にビックリ!大役を果たしました。
 日頃から、口やかましく言っていると思うけど、やっぱり孫育てもしなくちゃ。

 夜は、マツタケご飯、焼きマツタケ、マツタケにエビやカマボコを入れてお汁。
 偶然に『ユズ』を持って帰っていたので、良かった。
 何しろ、ユズ部会に入っているのだから。
 スダチも有るけれど、断然ユズ派!

 ただ見ていただけなのに、暑くて疲れました。
 「T君疲れた?」って聞いたら、「疲れた、けど楽しかった」と。

 お天気が良くなって、ほんとうに良かった!!

 

今日もミョウガ

おととい義妹にあげようと、ミョウガ畑を覗いたら小さな物しか無かった。

 今朝、それでも雨が降ったし、2~3日気温が高いので、生えてるかも?
 で田んぼへ。田んぼは久しぶり。

 生えているには生えていたけど、花が咲いて。

 上の家へ上がると、夫「来ないはずじゃぁなかったのか」と。
 「予定は変更」
 畑を回って、有るには有った、という程度。

 キレイに洗って、洗って、3時ごろ帰宅。
 袋に入れて、市場へ。
 「付いて行こうか」  「要らない、一人が気楽」
 でも付いて来た、助手席。

 市場へ出荷したのはわずか。
 花盛りで出荷出来ない物がたくさん。
 それが大きくてキレイ、いつものように捨ててしまうのもモッタイナイ。
 それに、もうわずかしかしか生えない、大事にしようかな?

 千切りにしてザルで何回も洗い、茹でた。
 その量、2キロ。まだ有るけど疲れた。

 夕方、久しぶりの友人、3月ごろから会っていない。
 「電話をしたのに、どの電話へも出ない」と。
 「今日は山の家へ行って、ミョウガを採っていたのよ、あとわずかだと思うけど」

        IMG_2732.jpg
 このマツタケを持って来てくださいました。
 「わぁ~、もったいないわ」
 「良い品じゃないけど、食べてね」
 ブドウも。

 この辺りで、マツタケが生える所はわずかだと思う。
 我が山の家の松山は、平成3年の19号台風で、瀬戸内海から吹き上げた強風で、弱りかけていた松を枯らしてしまいました。
 海水の塩分、倉敷の水島工業地帯の煤煙?素人考えを書いてもどうか?と思いますが、南向きの山々の松は全滅。
 
 今日いただいた友人の自宅は、山の家よりも20キロ近く北の方角。
 ご主人と、今は亡き父上が、熱心に研究され、松林の手入れもされているので、現在も生えています。
 ちなみに友人の話によると、「マツタケを採りに行くのに、ハイヒールを履いても行ける」
 その位、山の掃除をされてキレイ。
 お礼に何を縫おうかな?

 
    IMG_2726.jpg    IMG_2728.jpg    IMG_2729.jpg
 真ん中の写真は、ハクサイの余り苗とコマツナです。
 右は、ミズナ、シュンキク、あと一つは何ていってかな?


 

昨夜から雨・・・

 今朝は大雨。
 土曜日の幼稚園の運動会の準備の手伝いを頼まれていました、午後1時半から。
 ママが今朝送って行って、準備は、雨で取りやめ、とのこと。
 「明日、都合のつくかたで準備をお願いします」と言われたと。

 雨は降るし、薄暗いし(部屋は電気をつければ良いけど)、疲れが出てお休み。
 いっこうに縫い物をする気になれず。

 R君、4時過ぎに帰って来て「バァバ、プールに行く日だから、連れてって」

 下に降りると「今日はお休みだったから、友達の家に遊びに行って来るね」

 子供は元気!
 5時過ぎには、T君もママに連れて帰ってもらいました。
 ママは、10時~4時半のパート。

従兄弟の家と山の家へ

 昨日夕方、旅行から元気に帰って来た4人。
 鳥取砂丘や水木しげるロードに行って来たと。

 「面白かったよ!」と坊主たち。
 お土産の中に『○○鼻くそ』という物が有った。
 「面白いネーミングじゃなぁ、美味しいのかなぁ?」
 黒豆を味付けして有った、「この鼻くそ、美味しいわ」
 でも何で鼻くそ?


 今朝は夫と二人、昨日の従兄弟の家へ。
 偶然、東京からお墓参りに帰られた親戚の方と一緒になった。
 私達は先にお墓参りを済ませていたし、昨日充分にオシャベリしていたので、お先に。

 帰りは山越え、尾根伝いに山の家へ。
 途中、松の枯れた大木が何カ所も、何方かがチエンソーで切って脇に除けてくださっていたので、スムースに通れた。
 山の家のお墓の『ホオズキ』一本も抜かれていませんでした。
 
 ちょっとして、倉敷にいる義妹家族が3人来宅、お墓参り。
 その旦那さんがミョウガが好きなので、採ってあげようと畑を覗いたら、何にも大きくなっていません。

 いつもの年ならたくさん生えているはずなのに。
 でも小さくてもショウガナイ。

 最近雨が降らないので、大きくならないのかな?
 オクラ、ニラ、ミョウガ、ユズ、ジャガイモ、食用ヒョウタン。
 「このヒョウタン、食用だから食べられるのよ」
 彼岸花と水引草。
 良い物は何にも無いけれど、喜んで持って帰ってくれました。

   IMG_2716.jpg    IMG_2717.jpg    IMG_2715.jpg
 先日植えたハクサイ、2株は虫にヤラレタかな?真ん中ぐらい大きくなっています。
 右、大根も大きくなっているので、もうすぐ間引き菜で食べられそう。


      IMG_2723.jpg
  木小屋の横に有る甘柿、丁度今頃から食べられる柿です。
 高さは15メートル以上、高枝切りが7メートルまで届くそうなので、低い所に生っている柿は採れました。(5個)
 しかし、7メートルも先の方、なかなかハサミの先で狙えません。
 これで、あとはサルにやられても仕方がありません。

 従兄弟の家の側のイチジク、大木で鈴生り、これも手の届く所のを少しいただきました。
 ブドウも頂いたし、柿にイチジク、好きな物ばかり。
 また太りそう。
 
 

  
 

今朝はパッチワーク教室

 お彼岸でもだいたいの人は出席でした。
 シルバーウイークなんて関係の無い年代ばかり。

 ほとんどが跡取りの嫁(おバァサンになっても嫁さん)。
 先月お盆があったばかりなので、お客さんも少ないらしい。

 一人の友人、旦那さんが胃癌の手術をされるので、来月はお休みされると。
 『トウガン』の話をしたら、「昔から、病人やお年寄りには、ノドをツルンと通るから良いのよ」と。
 「私は食べた事無いのよ」

 食用ヒョウタンも食べた事が無い人ばかり、私も初めてだから。

 昨日、キューリが1本250円、と書きましたが、2本で500円の苗を買って、2本しか生らなかったので、1本が250円。

 
 帰りにスーパーで買い物をする時に、キューリの値段を見たら、1本が100円でした。
 

 午後、従兄弟がお参りに来てくださったので、野菜の直売所の話。
 「キューリは3本200円で売っていたけど、今は3本150円」だと。
 そりゃぁ買いに行かなくちゃ!
 顔が見える野菜は安心。
 うっかり欲しそうな事は言えない。すぐに「食べてくれりゃぁええ」とタダになるから申し訳ない。

 夫は午前中山の家へ行って来た。

 午後4時過ぎに、息子達4人無事帰宅。
 鳥取で2泊3日、日本海側~瀬戸内海側。
 「楽しかった!」そうだ。

キューリ一本が250円也

 予定していた事はだいたい片付いた。
 シルバーウイークと言っても特に出かける予定も無し。

 お彼岸のお参りはするけれど、「この連休が終わってからにしよう」と言うことに。

 
 我が家の裏のプランターで、キューリを2本育てている。
 いつ買ったのか調べたら、8月14日。接ぎ木苗で一本250円だった。
 夫が「今からじゃキューリは生らんと思うよ」と言ったのだが。
 丈は1メートル以上になっている。(先は止めた)
 最初は雌花ばかり付き、雨もよく降り、その内に雄花も付いたけど。

 しかし、大きくなりそうも無い。
 でもその内に2本だけ少しマシな物になってきた。
 下から葉っぱだけが、次々に萎れてきたので、切り取った。

 折角だから、2本だけでも食べることにしようと、夕食に。
 夫に話したら、「根腐れ、下の方の水抜き穴が詰まっているのじゃないか?」と。

 一本の方だけ、一枝が10センチほど残っているので、土の中に棒を何カ所か刺して穴を開けておいた。
 助かるかどうか?

 元手が500円、キューリ2本。
 高級キューリの出来上がり!これも勉強。

 食用のヒョウタンが次々に生るので、これも夕食に。
 これはこれで、料理の得意な人には良い材料かも知れない。
 以前ママが「トウガンに似た味ですね」と言っていたけど、私はトウガンなる物を食べた事が無い。

 現在収穫出来る野菜、オクラ、ニラ、ネギ、ピーマン、シシトウ、トマト、ヒョウタン、ミョウガ。
 袋にキウイとリンゴを入れておくとキウイが早く食べられるらしいのだけど、
 まだ少し早すぎるのか?食べられない事は無い、程度の味だった。

 これもスーパーで1個が100円以上もしていたから、試してみただけ。
 今年は摘果しているので、マシな物になりそうなんだけど。

 縫い物が気になっているのに、その気になれない。
 しかし、ゆっくり休めたので良かった。
 
 

ミョウガ作りが趣味だって?と思われると思いますが・・・・

 昨日は夕方?から何時間もFC2ブログが繋がりませんでしたね。

 
 毎年狩猟時期が来ると(通年免許も有るそうですが)、いつも獲ったお肉をくださるKさん。
 その奥さんが「いくら危ないから止めて、と言っても止めないんよ」と。

 我が家の夫は、全く狩猟をする気は有りませんし、してもらったら困ります。(イノシシが増えたら困るのに、矛盾していますが)

 『くくり罠』で捕獲するのに、「イノシシと知恵比べじゃ」と言われています。

 それを今、私がミョウガを作るのと同じ、と思っています。
 二人の年金で生活出来るのですが、何か一つ「やらなければ!」を持っていないと。
 義母が認知症になったので、その気持ちが人一倍強いようです。

 最初は縫い物が趣味なので、布で小物や洋服を縫えば良い、その一環でパッチワーク。
 しかし部屋の中で、一人座ってじっと一点を見ている、それも毎日。
 眼は悪くなるし、気分も良く無い。

 それで山の家へ付いて行って、農作業。
 ミョウガ作り、毎年色々と試しています。
 土作りも工夫していますが、先生はありません。
 天候にも左右されます。
 この春に実験用に植えた6メートル×2のミョウガ、これは成功でした。
 でも今度は違う畑で、同じようにしようと思っています。

 夫は全く違う事をしていますが、自分のことだけ書いています。(手伝ってくれていますが)
 だから、ミョウガの事はすべて自分の責任でしています。

 イノシシの捕獲と比較にはなりませんが、色々と試してみるのも楽しいです。


 今朝早く、息子達4人、泊まりがけで遊びに行きました。
 遊べる時に遊んでいないと、そのうち行きたくても行けない時が来るかも分からない。

 だから、静か~~。

 夫は午前中、山の家へ行って来ました。
 私は、家事。

お墓掃除をしました

 昨日、掃除を途中止めして帰ったので。
 山の家の地区内でも、陰地なので苔がよく生える。

 苔が生えて良いこともありますが、たとえば生け花に使う『松』
 全部で100本ほど植えていますが、古い木には全部付いています。(松の木は夫が荒地対策に植えています)

 それで墓地にもビッシリと苔が生えて、抜けば汚らしいし、そのままだと草が抜き難い。
 抜くと言うより、千切る。
 上が山岸なので、夫が草刈機で刈ってくれて。
 シキビも売るほど植えているので、切ってくれて。

 先日、田んぼのミョウガの中に、コロ生えでホオズキがたくさん色付いていたのを持って帰っていたので、
 シキビと共にホオズキを供えました。

 墓石が全部で17基、花立が34本、それにホオズキをいっぱい供えたので、遠く眼にもわりと壮観? 

 前にも書きましたが、掃除を終えてちょっと家に帰っている間でも、カラスがシキビや花を抜いて困りました。
 ある年、ホオズキをお供えしたら、カラスが寄り付きませんでした。
 それで今日もホオズキをお供えしたのですが、あの赤色に反応するのか?(赤なら他の花でも赤いけど)
 それとも匂いに反応するのか?分かりません。
 明日のお楽しみです。

 昨日植えたハクサイの苗、見に行って来ました。
 夫が「どうだった?」と聞いたけど、「う~ん、生きようとしてるのか?どうしようと思っているのか?よぅ分からない」

 それと言うのも、風で葉っぱがなびいているし、枯れかけているのでも無いみたい。
 植えた時にしっかり押さえておいたので、大丈夫と思う? 

 先日ネットで囲った『柿』も。
 見たけれど、悪さをされてはいない。
 青柿を狙わなくても、山には熟した柿も栗もいっぱい。

 トマトもあれ以来、やられていません。
     IMG_2711.jpg
 支柱も曲がったまま、トマトが上のビニールを突き抜けて、伸びています。
 毎日トマトが食べられて幸せ、です。

      

 ハクサイを畑へ定植

 昨日山の家へ行って、9月7日にポット上げしたハクサイの苗が大きくなっているのにビックリ!
 10日でこんなに大きくなるなんて。

 そこで今日は乗り気ではないけれど、山の家へ行きハクサイの定植の手伝い。
 すでに植え床は夫が準備しているので植えるだけ。
 その上、適度な湿り具合で言う事無し。

 「多過ぎる、多過ぎる」と文句だけは言っていたので、少な目に。

    IMG_2662.jpg   IMG_2680.jpg    IMG_2684.jpg

 真ん中の写真です。
 全部で300本程だったのを、一まくらに2条植えで、二まくら。
 65日を一畝40本×2、で80本。
 75日を一畝40本×2、で80本。
 少し誤差は有るけれど、160本ほど。

 残りの苗は隣に一筋、10センチ間隔に、間引き苗で食べる事に。
 いつもなら、植穴に水を撒いて植え、あとで又水をやっていましたが。今日はいい塩梅なので、モミガラを撒いただけ。

 「これで枯れずに着くの?」って聞いたら、「大丈夫!」と。
 
 右の写真は、ジャガイモ、カブ、大根、ハクサイの順です。
 向こうの方には、多草。

 「ゴボウを少し掘って帰ろう」と。
    IMG_2688.jpg    IMG_2668.jpg    IMG_2692.jpg
 左の農具を折角買っているので、使おうと思っても、何の役にも立ちません。(私だけかも?と言うことにしておきます)
 短い種類を植えてくれているのに、20㎝位の長さにしか掘れませんでした。

 今朝は風も有り、農作業日和でした。
 一人先に、お昼は我が家で。

 気になったハクサイを植えてヤレヤレです。
 そうそう帰る前に、墓地の掃除もしかけて、帰りました。
 お彼岸が来るので、明日また行くかな?



忙しい一日でした

 昨夜は時々大雨だったけど、今朝はポロポロ。
 小降りなら、山の家の地区の草刈り。年に2回の行事。

 夫は早くから山の家へ行き、草刈機のノコの目立てをして参加。(忙しくてする暇が無かった)
 助っ人が5人(夫を含めて)、現地の人は2人、男性ばかり。

 私は、雨が多いのでミョウガが出てきて花が咲いても困るので、ミョウガ採り。
 でも多く無かった。

 「少しじゃから一人でも市場へ行けるじゃろう」
 お昼頃帰宅、袋詰めをして一人で市場へ。
 事務所に寄る。
 出荷場へ行き、ミョウガを出した。
 荷受けの男性、「キレイなミョウガじゃなぁ」
 「いくらキレイでも、秋ミョウガは安いんですよ」
 荷受けの人は、単価を知らない。

 帰りに、娘の家の方へ周った。
 お義母さんがおられたので、お彼岸用のシキビの花を。
 「J君は夏休み中自動車学校へ行って、免許を取ったんですよ」と。
 便利だけど、心配も増える。

 職場の駐車場に娘の車が無かったので、出張中なのかな?

 午後4時過ぎにR君帰宅。
 4時半までに、R君をプールへ、教室に入ったので。
 何回目かな?


 自分がミョウガの出荷をしているのに、スーパーのミョウガを滅多に見る事は無かった。
 関心が無かった?
 それが偶然目に入り、ビックリ!
 小さなミョウガが4個入って158円+税。

 私の友人が時々お花、自分で釣った魚を届けてくださる。
 農家なので野菜は何でも作っている。
 ミョウガだったら、最高の品をあげられるのに、「ゴメンなさい、ミョウガだけは食べられない(キライ)」と。

 私は甘酢漬け、佃煮にしている、繊維質が多いので身体に良い。
 

 「最近で一番疲れた一日だったわ」と言ったら、
 「そりゃぁ車の運転に疲れたのじゃろう」と。

 夕食はチャチャとして、済ませ、バタンキュー。

 もう少しで、ママの誕生日を忘れるところだった。

病院へ

 昨日、幼稚園の行き帰りをT君と徒歩。
 迎えに行った時に、「T君が鼻血を出しました」と。
 お昼寝用のお布団、シャツの着替えなどを持ち帰り。

 夕方又出たので、ママが病院へ、でも専門外。
 R君をバレーの練習に連れて行った。

 今朝はママが耳鼻科の有る病院へネットで予約。
 「右の鼻にキズが有ります」との事で、キズ口を焼いてもらった(薬の名前は聞いたけど忘れた)。
 10時ごろになって幼稚園へ、風邪薬ももらっていたら「昼食後に飲ませますよ」と。
 
 それでもいつもよりも早く迎えに行こう、と3時半頃にお迎え。
 寝起きらしくて、動作がにぶい。
 帰宅後、「ママのお迎えが良かったのに!」とご機嫌ななめ。
 お昼寝から起きるのが遅くて、オヤツを食べ損ねたのも原因。

 それでもママが帰宅したら、いつものT君にもどった。
 R君は帰宅後、友達の家へ遊びに。

 あとで聞けば、風邪薬の中に少し睡眠薬が入っていたので眠かったらしい。
 鼻血もキズからなら仕方が無い。
 何処が悪くても心配、元気が一番!

幼稚園の送迎

 スポーツシューズを買った。
 珍しい事では無いけれど、スポーツを全くしないので、いわゆる普通の靴?しか持っていない。
 長時間歩くにはやはり無理。

 ミョウガもそろそろ終わりに近づいたので、たまにはT君の送迎をしようと。
 早速、今朝送って行った。

 「グリーン道路を行くからね」と言ったのに、
 自宅を出ると、自分の思う道しか通らない。

 「バァバ、登校班が通る道でないといけないよ」
 「登校班と言ったって、お兄ちゃん達はとっくに学校に着いているよ」

 オシャベリのしどうしで、幼稚園に到着。
 園長先生ともう一人の先生が、門の所でお出迎え。
 「おはようございます!」声は元気でよろしい。

 教室の前では担任の先生、ご挨拶をして、
 「先生、ノドが痛い」
 「まぁT君風邪を引いたの?」
 エッ、そんな事は無い。
 「幼稚園に来る道中、オシャベリのし通しだったので、それが原因だと思います」
 
 歩いて行ったら、歩いて帰らなくちゃ。
 スーパーに寄って、帰宅。
 往復で30分。ウォーキングには良いかも?
 私と行ったのには、T君なりの思惑が有るかも?(4歳もバカにならないから)

 今日は一日中良いお天気。
 

 裁断は出来たけど、夜には出来上がるかな?
 ただ今、午後2時40分。

 4時半頃には、お迎えに行かなくちゃ。

14日、2回目です

 昨日、久しぶりに汗をかく程のお天気でした。
 それで、今日は疲れて一日何もせず(出来ず)。

 今朝ママに「疲れた?」と言ったら、「ぜんぜん、どうも無いです」と。
 やはり若さでしょうか?

 夫は今朝も山の家へ。
 「行くか?」だと、行く訳が無いのに。

 でもお昼には帰宅、自分も疲れているらしい。

 昨夜T君に「明日は幼稚園だから、早く寝なさい」と言ったら、
 「幼稚園に行きたくない」と。
 それで、「誰だって行きたく無いことも、したく無い事も有るけど、みんな頑張っているんだからね」
 と言ってその後に私が言った言葉。
 
 「バァバだって、山の家に行きたく無いけど頑張って行っているんだよ」と言ったら、
 「僕は山の家へ行きたい!」だって。
 大失言!言ってしまったのだから、どうしようも無い。

 何とかかんとか誤魔化したけど。

 R君、3時過ぎに帰宅。
 「友達の家に遊びに行って来るね」と喜んで出かけた。

 行き先は聞いているけど、あちらの家にお邪魔じゃないのかしら?
 ママと話をしておかないと。

 今日も良いお天気でした。
 頼まれ物が有るのに、何もする気になれず。

日付けが変わりましたが・・・

 ちょっと休んでからと思って、目覚めたら午前1時過ぎ。
 
 13日の日曜日、家族6人で山の家へ。
 とは言え、ぞれぞれに思いは別。

 私はミョウガ採り。

 夫は、ハクサイの苗を植える畑の準備。
 あれだけ雨が降ったので、まさに「雨降って地固まる」。
 テーラーで耕すのに、土が固くて難儀をしたそうな。

         IMG_2651.jpg
 あと何日で畑に植えるのかな?その時は手伝わなくちゃ。


 ママは、植えたラッキョウの中の草取り。
 線香と同じ位の太さのラッキョウの中の多草。
 そして土寄せ。
 18メートル×2筋。


 息子は坊主二人と、バーベキューの準備、ウッドデッキで。
 たまにはウッドデッキも使わなくちゃ、折角家の上の方に一人でこしらえたのだから。
 作るのが趣味、だそうだけど。

 午後の4時ごろだったか?ミョウガを市場へ。
 
 帰りにお店へ、二人で色々と選んで。

 
 最近雨降りが多くて涼しい毎日だったのに、久しぶりに暑い日でした。

    IMG_2652.jpg    IMG_2648.jpg    IMG_2653.jpg

 コロ生えのホオズキ、泥まみれになったけど刈って帰ったら、夫が葉を取ってくれました。
 お墓にお供えします。
 水引もキレイです。



今日も自宅で

 朝、夫が「山の家へ行くか?」と言ったけど、「行かない」

 R君はバレーの練習に、パパも行った。
 パパも指導しているのかな?
 自分の趣味でバレーをするのと、子供達に指導するのは違うから。

 午後、ママは用事でお出掛け。

 T君、私の部屋にやって来て、色々と質問攻め。

 「バァバ、ミシンがたくさん有るんだね、アッ、アイロンも二つ有る、糸もたくさん有るんだね」
 「そう、いる物があったら、何でもあげるよ、糸は何百本も有るからね」

 「バァバ、キティちゃんを縫って」
 これは昨夜、ママとR君、T君の4人で、ターシャ テューダさんの番組を見ていたから。
 お人形を縫ったのを見たから、欲しいらしい。
 「キティちゃんは難しいから、バァバはよぅ縫わんと思うよ」
 「そんな事は無いよ、バァバだったら縫えるよ、下に見本が有るから」
  
 褒めてもらっても、興味の無い事には関心も無い。

 「ジィジの部屋に行って来るね」(お昼には帰宅)
 でもじきに戻って来て、
 「バァバの部屋にはどうして冷蔵庫が有るの?」
 「そりゃぁお年寄りだから、2階にもいるんだよ」
 「だって、下にも有るじゃん」

 「夜に下まで降りていたら、階段から落ちるからね」
 得心したらしい。
 何処でも食べものに困らないから、体重も減らない。

 美人画の刺繍をした物を見て「バァバこれスゴイじゃん」
 3㎝×300枚繫いだタペストリーを見て、「これはタダの布じゃん」
 「フーン、T君から見たら、タダの布かもね?」

 ひとしきりシャベッテ、降りて行きました。
 R君は漢字の練習、これ宿題。

タペストリーの仕上げ

 今朝夫が、「ホウレンソウ、コマツナ、ミズナの種を蒔いてくれ、床はちゃんとこしらえているから」と言った。
 「今日はダメ、疲れて畑へ行く気にならない」

 いつもなら、そうは言っても付いて行かなくちゃ、と思うんだけど。
 ほんとに行かなかった。

 家で、パッチワークキルトの小さなタペストリーを仕上げた。
 何しろ全部手縫いなので、時間がかかる。


 R君が3時半ごろに帰宅。
 私の車が有るので、バァバが家に居る!と思って、
 大きな声で「ただいまー」
 「H君の家に行ってくるね」
 「自転車で行くのなら、気を付けるんよ」
 「分かった!」

 夕方帰宅した夫、「種を蒔いたよー」
 私だって、シンドイ事は有るんだから、でも助かった!


 夜にはママに録画してもらっていた「ターシャ テューダ」を見た。
 あんな生き方が出来るはずも無いけど。
 数年前には?岡山まで一人で行き、「ターシャ テューダ展」を見た。
 とっても素敵だった、大好き!
 

大災害が起きました

 私の地方では、大雨と言っても災害はありませんでした。

 今朝山の家へ行き、ミョウガの収穫が済んで、ラジオ。
 大災害が起きている事を放送していて、ビックリしました。
 午後帰宅して、テレビをかけると、想像を絶する映像。

 表現のしようも無い大災害。
 ブログを書く気にもなれません。

ポロポロ雨だけど

 各地で大雨を降らせている台風18号。
 我が家付近では、昨夜も時々大雨。

 今朝はポロポロ、だけど柿の木が気になって何とかしなくちゃ。

 夫は、「今日は雨だしゆっくりしようと思ったのに」と。
 「一人で行って、出来るから大丈夫!」
 「一人で行かせるわけにもいかん!」なんて、一人で行った方が気楽で良いのだけれど。
 それで一緒に。

    IMG_2627.jpg    IMG_2628.jpg    IMG_2635.jpg

 左の柿の木、一昨年に全長を2,5メートルの高さに切り詰めました。中ほどの枝をイノシシが引っ張って食べています。
 真ん中の写真、枝が折れた所です、20~30個食べた様子。
 右、芯に一本パイプを立てて、四方からパイプを寄せています。

 この段階で、私の考えとは全然違うのですが。
 横に広がって生っている枝を、ロープで中に引き寄せて引っ張って。

    IMG_2636_20150909195630800.jpg    IMG_2638.jpg
 左、まだこんなに真っ青な色です。
 右、こんな事になりました。

 私は、下方をトタンで四角に囲い、それから四隅にパイプを立ててネットを張り、囲うつもりでしたが。
 やっぱり一人で行けば思うように出来たのに!!

 まぁ一つには、雨が激しくなって来たので、早く済まそうとも思いましたが。



 トマトももう最終ぐらいなので、黄色のネットはトマトを囲っていたのを外したので、トマトも収穫しました。
 それで、トマトを支柱とくくり付けていたのを切って外しました。
 グチャグチャのトマト、となりましたが、まだ少しは生ってくれると思います。
       IMG_2641.jpg    IMG_2642.jpg
 左、ぐちゃぐちゃになる前、ミニが早く採らないのでいっぱい落ちていました。
 右、「ギョウサン植えないで!」と言ったら、言う事を聞いてくれていて、大根2筋、カブ2筋、双葉がでていました。


    IMG_2646_20150909201202b3c.jpg    IMG_2645_201509092012007b5.jpg    IMG_2647_201509092012037da.jpg
 まぁ真ん中の写真はデッカイままですが。

 上はママがラッキョウを2筋、植えたものです。どこに植わっているのか、写真では分かりません。
 真ん中は、このように多草になっています。
 下、ちょこっと草を抜いてみました、早く抜かなくちゃ、ラッキョウが見えなくなりそう。 

 
 雨でびちょびちょ、トマトをたくさん収穫したし、最後だと思う。

 お昼過ぎに帰宅。
 午後はそのトマトを、トマトピューレにしました。(しています)

 柿、柿、と言ったって、今朝ネットで囲った柿は渋柿ですが、美味しい柿ではありません。
 他の西条柿の木が余りにも高さが高いので、収穫が困難、それで苗を買った訳です。

 夫は柿を滅多に食べないので、気乗りがしないのです。
 
 でもこれで一応は、イノシシ、サル対策が出来ました。出来た事にしました。




 

パッチワーク教室へ

 15名の生徒、当然のことながら皆それぞれに生活環境が違います。

 目の前にいる友人、先日の台風の日の教室は「台風が怖いから欠席したの」
 「私は孫二人を連れて来たのよ、先生にお聞きしなければ前に進めないから」

 その友人、「私は休んだおかげで、ずっとキルトをしてたから良く出来た」と。

 一人の方は、「孫二人が一昨日、やっと東京へ帰った」と。
 お盆ごろから、4歳、2歳のお孫さんを預かって、お盆には双子の1歳?を連れて娘さん、お婿さんが来られ、あちらのお爺さんも一緒でお祝いをされたと。
 4歳と2歳のお孫さんは預かったままで、皆帰られて。
 それで、一昨日まで一緒。
 「お金も体力も無くなってしまいました」と皆を笑わせておられました。

 普段お二人で静かに暮らしておられるのに、4歳、2歳、いくら可愛いとはいえ、お疲れのことと思います。
 
 87歳の生徒さんがお二人、とばかり思っていたら、
 教室への送迎をしておられる友人の話によると、
 お一人は、91歳とか、「母よりも1歳上だから」と。
 お母さんは昭和元年生まれ、だと。もうお一人も89歳。

 「まぁ私達はまだまだこれから、20年も有る」と言われたけど、私は今でも止めたいのに。
 でもボケ防止、ボケ防止。
 先生も3歳お若いだけらしいし。


 昨日の疲れの一番は『ゴボウ抜き、ゴボウ掘り』、たかが5~6本なのに。
 午後早速、キンピラを作って試食、案外柔らかくて美味しい。

 今日は一日休み、のはずだった夫。
 パッチワークから帰ってみたら、「山の家に行って来ます、お昼には帰りません」だって。(書置き)
 お好きな所へどうぞ!
 

山の家へ

今朝は田んぼ到着7時半。
昨日の雨でずぶ濡れになりそうなので、カッパを着て。

 今年の春に植えた場所も、出て来ている、大きい。
 もう秋ミョウガなのに、今年の春に植えた夏ミョウガが今頃。

 イノシシが喜んで出た訳が分かった。
 この春、テーラーで耕して、ウネ立てをし、そこにモミガラをいっぱい入れたので、柔らかい。
 先日よりももっとたくさん掘っている。

 ここで本気で腹が立たないのは、夏ミョウガの田んぼなので、収穫が終わっている。
 毎年、この時期に出て悪さをするけど、もう山には栗が落ちているのに。

 家の側の畑周りの秋ミョウガも見て廻った。
 トタンで囲いをしていない畑は、イノシシの遊び場になって。

 柿の木がどれも15メートル以上有りそうな木ばかり。
 それで数年前に買って植えた渋柿の木。(10年以上前)

 今年も鈴生りに生っているけどまだ青い、真っ青。
 今朝側に行って見ると、一枝折ってその部分だけ柿が全然無い。

 夫に「サルに盗られた、まだ青いのに」と言ったら、
 「サルじゃぁ無い、イノシシの仕業じゃ」と。

 わざわざ私でも手が届くように、低く仕立てたのに、イノシシにも丁度良かったらしい。
 そういえばイノシシが、ブドウ農家さんが袋を掛けておられるブドウに飛びついて食べている映像を見たばかり。

 イノシシならば、簡単、トタンで四方を囲えば良いんだけど。
 「でもその内、絶対にサルも来るから、ネットの用意もしなくちゃね」
 この柿、干し柿にしたいから。

 夫は、ハクサイの苗をポット上げ、じ~~っと座っていたら、腰が痛いそうな、それは分かる。
 私も、じ~~っと座ってミョウガを洗ったり、採り口を切ったりしていたから。
 二人して、ラジオを聞きながら。

           IMG_2626.jpg

           IMG_2624.jpg
 ゴボウを抜いたり、掘ったり。
 「どうせ掘るのが下手だから、短い種類のを植えて」と頼んで植えてもらったゴボウですが、引き抜くにも力が要るので、鍬でも掘りました。20㎝~25㎝。ヒゲ根がいっぱい。


 夕方市場へ行って、今日は終了!

ゴロゴロしています

 昨夜から、天気予報が当たり、大雨が降ったり止んだり。

 昨日野菜の種を蒔いた夫、最初は「ええ雨じゃ」と言っていましたが、
 「大雨が降ったら、種が流されてしまう」と心配しています。
 傾斜地なので、ほんとに心配ですが、どうしようもありません。

 ただこれだけ降れば、何を思う事も無く休めます。
 午後からは止んで、パパとママ、T君の3人で、駐車場の草取りをしています。
 R君はバレーの試合に付いて行っています。
 2年生は一人だそうで、何も分からず、ただくっ付いて行っただけだと思います。
 が、新入部員が少ないらしいので??

 昨日、本気でキルトをしたら疲れました。
 ミョウガ採りの方がマシ。

 明日はお天気が良くなるかな?

夫の思い通りにはなりません

 昨日、大根やカブの種まきをしたかった夫、土が柔らかすぎて出来ず。

 今朝もお天気が良いので、「種蒔きをするから一緒に行こう」と。
 腰や背中が痛いそうだが、まぁ75歳だからそんなものでしょう。

 ミョウガの栽培は、夫が反対するのに自分の考えでしています。
 テーラーで耕したり、周りの草刈機での草刈りはもちろんしてくれます。
 市場への送迎も。

 ミョウガの中の草取り、間引きは、全部手仕事。
 一番の仕事のミョウガ採りは100%私の仕事。
 「そんな事は絶対にせん!」と、もちろんしてもらいません。

 結果、一人で山の家へ行って種蒔きをして、お昼には帰宅しました。

 私もアチコチ痛いのですが、『痛い』ということは滅多に言いません。

 私が我慢強いのは、『痛い事』に対してだけ。
 夫はその真逆で、その他の事に対してすべてに我慢強い。
 だから、50年近く続いた?

 今度の火曜日はまた、パッチワーク教室。
 前回教えてもらった事をその時までに仕上げようと頑張りました。
 それで少々疲れていますが、あとパイピングをすれば良いところまで、出来た。

 市場の休日が日曜日、水曜日、例外はありますが。
 それで土曜日は採れません。

 それにしても、一畝が18~20メートルなのに、どれだけ蒔いたやら?
 手伝わないので聞けませんし、言いません。

 今日はお天気良し、明日、明後日は雨、の予報

 予報が当たるかどうか知らないけど。
 予定を変更、山の家行き、1時間遅れ。

 一昨日見た時はまだ小さい、と思っていた秋ミョウガ。
 2~3日採れないのなら、今日採ろう。

 気温と雨量の関係か?大きくなって。
 キレイな色をしているので、採っていても気持ちが良い。
 たくさんのお水で、何回もキレイに洗って。

 夫は大根等の秋野菜の種まきをするつもりなのに、畑の水分が多すぎて今日はダメだとか。
 お天気も快晴だったのに、だんだん雲が広がったけど降りはしなかった。
 ところが3時過ぎに帰宅してみると、雨が降ったらしい。水たまりが。

 5時過ぎに夫に乗せてもらい、市場へ。
 やはりまだ『荷』が少ない、


 昨日、ちょっと気合を入れて、キルトをしたら眼が疲れて痛い。
 でも一日中緑の中にいたら、マシになった。
 畑の中にいる方が私向きかな?

今日は一日曇り

 サボってばかりいるパッチワーク。
 こんな日にキルトを少し、気合いが入らないけど。

 1週間ほど前に、スズキ(株)から<ストラットサポート不具合対策について>
 のお知らせが来ていた。
 今日、自動車屋さんに電話。
 午後社長さんが来宅。

 「キレイに乗っとってじゃなぁ」
 「そりゃぁ見てもらうから洗ったんですよ」
 と言っても、農作業用に乗るからじきに泥が付くんだけど。

 「車を持って帰ってもらうのなら、もうこのままで持って帰ってくださいね、農機具をいっぱい積んでいるけど」
 草刈機、長柄の鎌、ノコ鎌、コンテナに長靴、芝生刈り機、その他もろもろ。

 フロントを開けて、点検。「異常なしです」
 良かった!

 ほんとは買い替える時に「赤い車が良い」と言ったのに。
 「奥さん、赤い車で告別式にはちょっと行かれんよ」と言われて、白っぽいのになった。

 赤い、と言ったって、真っ赤では無くて、赤系と言う意味で言ったのに、今でも残念。
 それに告別式に赤色の車では変??
 車の色まで気を使う?

 「もぅこれを最後まで乗るから」
 「また新車にしてならエエが」

 この会社、商売気が有るの?と言うぐらい、商売口は無い。
 それで、40年ほどのお付き合い。
 何か有っても飛んで来てくださる、頼もしい。

 食事中、私の側のT君。
 「バァバ、水筒を買ってくれる?」、キレイな水筒を持っているのに。
 「水筒ぐらい、いいけど、何で?」
 「水筒の口が、ピチットしまって、それから蓋をしめるのが良い」

 ママが、「この間買ったばかりよ」

 「ダ~メ、じゃぁジィジ、買って」、無言。
 「お兄ちゃん買って?」
 「何でお兄ちゃんが買うの?絶対に買わんよ!」
 そりゃそうだ、8歳だ。

 お友達の誰かが良いのを持っているのかな?
 
 

今日から秋ミョウガ

 雨が良く降ったので、もぅそろそろかな?

 田んぼや畑によって条件が違うので、何処が一番早いか?その年によって違う。

 小さな田んぼに生えていました。

 その上の田んぼは例年通り『イノシシ』が出ていました。
 しかし今年は、田んぼじゅうをユンボのように掘り上げるのではなく、私が歩く通路を歩いていました。
 歩いていました、と言うより、鼻でグイグイ押して。
 ミョウガを食べるのでは無いので、入らなければ良いのに。

 上に上がって、畑を見て回ったけれど、わずか。

 でも夏ミョウガと違い、秋ミョウガは大きくて、重みが有って、キレイ。

    IMG_2619.jpg

 
 お昼は二人とも自宅で。

 3時前に帰宅したR君、
 「3時15分まで休んだら、友達と公園へ行くね」
 「事故に遭わないようにね」
 「ウン、分かった!ママが帰ったら伝えといてね」

 「バァバたち市場へ行って来るから、ママよりも遅いかも知れないけど」

 ほんとに事故が心配。



 下は夫がハクサイの種まきをした物です。
 大雨がよく降るので、軒下に置いています。
 面白いもので、日光の方へ皆向いています、毎日向きを変えてまっすぐにするつもりです。

      IMG_2615.jpg

マッタクの偶然、て有るものですね。

 今朝は天気予報も雨、らしかったけど、晴れていた、エッ降るの?と言った感じ。

 山の家の田んぼに着いたのが、9時。

    IMG_2587.jpg
 この小さな田んぼのミョウガ、ホオズキがたくさん生えていたので、お彼岸用にわざわざ残して置いたのに。
 何者かが千切っています。
 この田の多草を道端に積んで乾かしていたのに、雨で根が生えているのも有りました。


    IMG_2592.jpg

 上の写真の多草が、手で取ったのに、雨で下の土に引っ付いてしまい困りました。
 それで、何が何でも元通りキレイにしようと、今朝充電式の草刈機とアルミ製の長柄の鎌を持って行き、ヤッツケました。
       IMG_2590.jpg


   
      
IMG_2595.jpg    IMG_2593.jpg
 上の2枚の写真の草、何処からでも根が出て大繁殖、乾いてもすぐまた復活、困りもの。


 
    IMG_2600.jpg   IMG_2611.jpg    IMG_2610.jpg

 まず、アゼの多草は残したままでミョウガの側だけキレイにしていたので、ひとまずその草を除けて、アゼ草刈り。
     

 そして、長柄の鎌で、キレイに片付けました。右の写真です。
 中は反対側から。
 周りの田んぼの端も刈りたかったのに、充電式の草刈機はやっぱりダメですね。
 電池キレです。

 上の家に夫が来ているので、一応上まで上がったけど雨が降り出した。
 
 12時過ぎに帰宅。
 シャワーを浴びるので、玄関のカギを掛けて。
 夫も帰るので、カギを開けに行って、戸を開けたら、目の前に『娘』。
 まぁビックリ!
 まるで申し合わせたかのようなタイミング。

 「忙しくて、土、日も仕事、やっと来れた」
 お盆のお参りをしていなかったので、来てくれたそう。

 「テレビを見てくれた方が良いよ」と。
 「そう、友達なんかに聞いている、Kちゃんが出てたよ、って」
 地元のケーブルテレビ、我が家の孫坊主達が出る時はママが録画してくれているので見るけれど、その他は滅多にみないから。

 仏壇を拝んで、帰るまでの時間、3分ほど?

 5分もしない内に夫が帰宅。
 「もぅちょっと早ければ、Kに会えたのに!」
 「Kどころでは無い、前が見えん程の大雨じゃ、大雷もなって!」
 我が家の父親はそんなところ。
 「そう言えば、北の方角は真っ黒だったわ」

 私は、3分でも会えて良かった!
 顔を見れば、元気かどうか分かるから。

   
   
 | ホーム |  page top