リンク


カレンダー

09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

どんぐり

Author:どんぐり
 私の部屋にはたくさんの布と古布の山。
 同居する孫との日々の出来事。
 時々、山の家に行って、夫に付いて農作業。
 自分達で作った野菜は安全、安心です。


最新記事


月別アーカイブ


水槽


検索フォーム

QRコード

QR
まとめ

文化祭の準備

 頑張ったおかげで、出品しようと思った物はできました。

 1時から始まるのに、雨がポツポツ。
 それで毎年、1時キッチリでないとドアの鍵を開けないのに、早く入れてくれました。

 講座も少なくなって人数が減り、駐車場の心配もなくなりました、寂しいことです。

 今年のパッチワークの展示場所は、体育館の長い方の壁面をいっぱいにつかえます。
 これは有り難いこと。
 タペストリーも多いので、場所をとるため。

          IMG_0584.jpg       IMG_0593.jpg

 写真を撮るのが遅れて、なかなか撮れません、明日が当番なので、また撮ろうと思います。

 先日習ったばかりだけれど、『ダックスフンド』を3名作られていた。
 私も挑戦しようと、帰宅してから作りました。
    IMG_0559.jpg     IMG_0650.jpg

 でもまたまた失敗。
 パターンに縫い代が入っているように書いて有ったのに、また縫い代を付けた物だから、大きなダックスフンドになりました。

 今日は『ハロイン』だそうです。

    IMG_0596.jpg    IMG_0605.jpg    IMG_0608.jpg

    IMG_0611_20141031215309b59.jpg     IMG_0622_201410312153447c4.jpg

 R君が、夫と私を招待という形で、チケットをくれ、司会をしたり演技をしたり、音楽をかけたり。
 まぁにぎやかなことです。

 




        

また誕生日がやって来た!

 60歳になった時もそうだったかな?

 70歳!こんな嬉しくない誕生日ははじめて。

 あさイチに、勤めている娘から、出勤前に誕生日プレゼントをもらった。
 当然「おめでとうございます」と言ってくれた。

 我が家のパパ、ママ、R君、T君も、「お誕生日おめでとうございます」(夫も)

 「有難う」とは言ったけど、70歳だなんて。
 皆平等に、毎年歳を重ねて行き、そして引き返せない。
 本心は、お目出度くない!

 先日市役所からも『国民健康保険高齢受給者証』が来た。
 11月から2割負担になるそうだ。(今までは3割)

 自分の車に、シルバーマークを貼り付けた時は嬉しかったのに、これは駐車場で優位だから。

 いくら愚痴ってもショウガナイ、現実だから。

 夕食は、ママが市場まで買い物に行き、大好きな新鮮な魚をいっぱい買って来てくれた。
 皆で祝ってくれて、こんなに嬉しい事はないのだけれど、
 おめでたいと言う心境とはちょっと違う。

 今日はそれに、誕生日どころでは無い。
 一所懸命に文化祭用の縫い物。
 まぁ何とか出来上がった、良い悪いは別にして、ヤレヤレである。

山の家へ

 パッチは金曜日の午前中までに仕上げないと、文化祭に間に合わないけど。

 ヒラタケも3年程前だったか?忘れたけど、大きな榎木をKさんに手伝ってもらって伐り出し。

 丸太に切って、~~~~、置き場まで運びあげて、菌を植え付けて、色々と作業をして、1年程寝かせたのかな?

 昨年の秋からやっと生えだした?

 夫が「自然の恵みだから」と言うけれど、「もう1週間遅く生えてくれればいいのに」な~んて不足。
 だから、粗末にしたらバチが当りそう。

 市場に持って行くしかない、そこで袋詰め。
 まぁガソリン代は有るだろうから、夕方持って行きました。
 ホットしました。

 そこで今度は本気でパッチワーク。
 一所懸命にすれば出来るものです。
 でもまだまだやりたい事が有る。出来るかな?
 写真を撮ってる暇が無い。

忙しかった

 午前中はパッチワーク教室。

 作った物を先生にみていただいて。
 金曜日の午前中までに仕上げないと。

 お昼に帰宅したら、山の家へ行っている夫より電話。。
 「ぎょうさん生えとるけぇ、来て採ってくれ」だと。

 そうでなくても日にちが無いので焦っているのに!
 仕方がない、山の家へ。

 生えていました!

   IMG_0578.jpg    IMG_0581.jpg    IMG_0583.jpg

 左の『ヒラタケ』、一株の上にてんこ盛り、大きくなり過ぎて、採りにくい!
 数日前に見に行った時には、まだ姿が見えなかったと思うんだけど。

 下の家のK さんが来宅。
 「シイタケも生えとるよ」と。

 遠く眼に見たら生えているようには見えなかったけど、側まで行くと、巨大なシイタケ、美味しくなさそう。
 大きなシイタケと、大きなヒラタケとガラケーの比較です。

 違う場所に、シイタケが少し生えていました、ピンボケ。

 「これからは毎日毎日『鍋物』じゃわ、お肉かお魚を買えば材料には困らんし」
 Kさんも「ウチでもそう言ようる」

 と言う訳にもいかず。

 「佃煮にしときゃぁ使える」と言ったって、同じ物ばかり欲しくない。

 しばらくしたら、近くで、ギャーギャー
 ものすごく騒がしい。
 見れば柿の木の上にたくさんのサル 

 カメラを持って近くへ行く間に上の方へ逃げて行きました。
 何十匹?いたのか。

 明日もまた、山の家へ行かなくちゃ。      

パッチ教室の準備

 昨夜は大雨が降ったり、雷が鳴ったり。

 今朝はいい天気。

 しか~し、今度は強風。
 関西地方は『木枯らし1号』だとか。
 岡山県もそうなのか?

 昨日は『鬼祭り』を見に行っただけ、なのに、少々疲れ気味。
 
 R君は小学校へ元気に出かけ、夫は山の家へ。

 私は明日がパッチ教室なので、前回教えてもらった『お花』作り。
 10個こしらえただけ。

 タぺにしょうか?バッグにしようか?と迷っていた物を、やっぱりショルダーにしよう。
 ところが、手直しをしなくちゃならない。
 それに手間取って。

 

我が家のママが『鬼』になった!

     P1010772.jpg      P1010935.jpg
 今日は町内の『鬼祭り』の日。
 いわゆる一つの小学校区。
 その中が8つの地区に分かれ、その中の一つの私達の自治会は33組あり、面積的には8つの中で一番広い。

 午前中はそれぞれの区域が、少年団と青年たちが自分の区域を『神輿』を担いだり、鬼の扮装をして回ります。
  
 午後1時半ごろから、ご町内の神輿や鬼、太鼓のグループが、一番北から一番南に有る神社まで練り歩きます。

 我が家のR君はまだ小学校1年生なので、少年団(4,5,6年生)には入っていないけれど、朝から半分ほど付いて歩きました。(ママも)

 午後はT君も加わって、パパに送ってもらい集合場所まで。
 私は夫と二人で歩いて見に行きました。
 片道1㌔ほど、運動不足がこたえました。

   P1010804.jpg    P1010835.jpg    P1010838.jpg

 我が家のT君は3歳なので、一番小さい鬼、だったかな?背は大きいんだけど。
 小さな子供を泣かせて、シャッターチャンスを狙っておられました。

 『鬼』は大小取り混ぜて、「100匹」だそうです。
 圧巻でした。

 P1010854.jpg    P1010925.jpg    P1010909.jpg

 私達二人は途中の休憩所で出迎えて写真を撮ったりして、2時間ぐらいで帰りました。

 鬼たちは、最後の神社で参拝して、午後5時半ごろ帰って来ました。

 普段はシャッター通りと化して、静か~~な商店街、商店街とは程遠く人影も無いような町が人々でごった返していました。いつもこの半分でも人の流れがあったなら?

 みんな疲れて帰って来るので、夕食を作って待っていました。
 それでも皆元気です。




たまには動かないと・・・

 まぁ難しいものです。

 パッチもしなくちゃ!
 でも針ばかり持っていると、眼が痛い、運動不足。

 パッチが気になりながらも、今日は山の家へ。

 昼には帰るから、野菜の採り入れでもしてくれたら?と。
 
 山の家で好きな事をして、ボケ~ッとしていて、写真でも撮っていれば言う事無し、なんだけど。

 今日の採り入れ野菜たち。

   IMG_0560.jpg    IMG_0564.jpg    IMG_0561.jpg

 まだまだ小さな大根、でも大根おろしは出来ました。
 ピーマン、甘長ピーマン。

 ハクサイ、ニラ、ネギ、セロリ、トマト。

 サトイモは2株掘っただけなのに、大きな子芋がたくさん。
 
 本式に植えているハクサイは、ずいぶん大きくなって巻き始めています。
 これは大きなハクサイが出来るまでに食べる用の間引きハクサイ。

 ピーマンも甘長ピーマンも、どうしようか?という程たくさんぶら下がっています。

 無茶苦茶に剪定したナス、食べられる位に大きくなりました。
 昨年は食べきれないほど生って困ったので、丁度良いかも?

 これはお昼までの仕事?

 帰ろうかな?と思っている頃に、息子達4人がやって来て、バーベキューを始めた。
 そのあと、ウッドデッキに防腐剤を塗る予定だとか。

 私達はサッサと引き上げて、昼食後夫はウォーキングに出かけて行った。

 息子達は日が暮れて帰って来た。

 何にでも興味シンシン

 私の今日は、キルト、だけ。
 
 今朝ママが「パンを作る」と言ったら、「T君も~」
 
 ママが何かすると言ったら、「T君も~」

 おかげで、3歳にしてはよく動いています。

 よ~く、シャベリます。
 「T君、シ~ッ」と言えば、「バァバもシ~ッ」

 「そんなにグジャグジャ言わんの!」
 「バァバもグジャグジャ行ったらダメ」

 お兄ちゃんのR君は、そんなにオシャベリではありません。
 やっぱりT君は私に似たのかな?

 キルトは一応終了。
 あとはパイピングするだけ。
 

なかなか進まない

 昨夜一所懸命し過ぎたためか?疲れて、眼が痛い。

 料理をしたり、アウトラインステッチをしたり。

 T君と遊んだり。

 そうそうT君、「バァバ、ジィジはカッコいいね」
 「エッ、なんて?」
 「ジィジ、カッコいいね」
 「パパは?」 、「パパもカッコいい」
 「ママは?」 、「ママもカッコいい」
 「バァバは?」 、「バァバもカッコいい」

 「ふ~ん、T君のカッコいいは分からんわ」

 結論、「3歳にして、人をホメることを知っているね」
     「誰に似たんじゃろぅ」
 最近ジィジの部屋に行っては、お菓子をもらっている、だからジィジをホメよう、と思ったのか?

 午後はママとプール。帰ってから言うには「暑くて眠たい」
 「T君浮かんだの?」 、「浮かんだよ、バァバは浮く?」
 「浮くのは浮くよ、泳げんけどね」、  
 30年程前に行ってから行ってない、浮くはずだけど。(水着は買った)
   
 

パッチを頑張らなくちゃ

 今朝はパッチワーク教室。
 いつもは第2、第4の火曜日だけど、作品展のために振り替えで今日。

 作品展の入場者は1500人余り。
 こんな田舎で大勢の方々にお越しいただいて、本当に有難うございました。

 今日からは本気で、次の市の文化祭用に向けて。
 『赤毛のアン』の刺繍したものは、ミニタぺに仕上げることに。

 もう一枚面白い柄行きの布が有るので、それを利用してアウトラインステッチで刺繍しています。
 いつもこの位本気で取り組んだら、もっと良い作品が出来るのに。

 今日はR君の小学校の参観日。
 午前中はママがT君を連れて。
 別に、パパも参観に、R君がとっても喜んでいた。
 「パパが人気があったんだよ」と。

 午後はT君と二人。
 今日は外孫のJ君の誕生日なので、T君を連れてJ君の家にお祝いを持って。
 J君もなっちゃんも学校なので、会えないのは分かっているけど。
 おばぁちゃんとお話しして。
 植木屋さんが庭木の剪定やら、竹垣を作り替えたりしておられた。

 その後、スーパーでT君希望のお菓子を買って。

 それから一所懸命に刺繍。
 間に合わせなくちゃ!

 夜9時ごろJ君からお礼の電話。
 孫の声を聞くと嬉しいです!(栗の渋皮煮のお礼も、食べるのかな?)

思い通りに動けません

 今日からはパッチワークに力を入れるつもりだったのに。
 パソコンの前に座ったら、そのまま。

 本は読んで見るけど?

 昨日掘って来たゴボウ、折角だから何とかしなくちゃ。
 半分の長さしか掘れなかったが、あとは土の中のまま。
 写真では、固そうに見えるけど色は白くて美味しい。

 そうこうしていたら夫が「お大師様の周りをキレイに掃除したから、T君とお水や花木を祀ってくれ」と。

 T君喜んで「バァバ、お参りするよ」
 草もキレイに刈ってくれているのに、『ヒッツキもっち』?が服にいっぱい引っ付いて。

 また、自分の部屋で。

            IMG_0558.jpg
  先日先生にもらった『赤毛のアン』の図案。
 自分勝手に刺繍糸を選んで、刺繍したら、何だかにぎやかな配色。
 26×22、の大きさ、何にしようかな?
 文化祭まで日にちが無いし、他にも作りたい物が有るし。

 明日はパッチワーク、T君のお守りも頼まれている。
 と言っても、守りをされているほど、口が達者。
 

アルミ土起こしを使ってみた

 昨夜、作品展も終わりホットしていたら夫が、
 「明日山の家へ一緒に行こう」だと。

 「い~や~、今度は市の文化祭だから頑張らんと、山の家どころではないわ」
 と言ってはみたものの、先日夫にヤッチも無い、なんて言われながら買って来た『アルミ土起こし』

 今朝になって「やっぱり一緒に行くわ、その代り午前中だけよ」

 夫は山へちょこっと行った。
 私はその間に、ミニテーラーをかけてみる。
 先日教えてもらったばかり、ミョウガの側を動かしてみた。

 そこで『アルミ土起こし』で掘ってみた。
           IMG_0546.jpg
 やっぱりイマイチ、浅くしか入らない、夫が言ったように「ヤッチも無い」かも?

 次にゴボウを掘ってみよう。
 しかし、ゴボウは下の畑、ミニテーラーを斜面の草岸を1メートルほど引きずって降ろさなければ。
 これは大変、それこそ一人の時は危ないから、絶対に使ってはダメだと言われている。

 ミニテーラーをひっくり返した上に、ケガでもしたら大ごと。
 上に上がったら、夫が帰っていた。

 ショウガナイ、「カクカク、シカジカ」。

 下の畑のゴボウまで降ろして、ゴボウのキワの両端、耕してくれた。
 そこで、『アルミ土起こし』を使ってみたが、深く入らないので、ダメ。
 結局、クワで掘りました。
          IMG_0553.jpg
 そこまでしてもらって掘り上げたゴボウです。
 15センチ~20センチの物ばかり、これなら最初からクワで掘っても同じ。

 「やっぱりお父さんの言う方が正解じゃったわ」
 「まぁ良いか悪いか使ってみれば分かったじゃろう」

 説明書に『荒地用ではありません』と書いて有ったし。
 3,000円足らずの品物で、損害と言うほどの事でも無し。
 『自分一人では何もデキナイ』と言う事が分かった。

    IMG_0549.jpg     IMG_0550.jpg    IMG_0555.jpg
  一番左がウッドデッキの上の物(色がキレイ)、真ん中が夫がかき寄せた物(ゴミまで)。
 右は今日少しだけ踏んで潰して、皮やゴミを除いた物。わずかになった、臭い!


           IMG_0551.jpg
 今日の収穫物。
 大根、カブの間引き。ミズナ、ニラ、ゴボウ、ネギ、セロリ。

           

         
  

作品展の最終日

 午前中はのんびり。
 
 次の日曜日、『鬼祭り』、R君、T君、ママも出るそう。
 昨日その衣装というか、着物等のひと揃えを借りてきた。

          IMG_0544.jpg
 上の青色のお面がT君用、これはオモチャのような軽い物。
 黒色と赤色は本式の鬼の面で、重たい。
 それと『シャグマ』、白色の髪の毛のようなもの、黒色のもあります。

 今朝は着物の着方や、飾りの帯揚げの付け方など、3人で習って来たそう。


 私は夫が植え木の手入れなどしたので、その片付け。

 午後4時には作品展の終了、なので1時間前に自宅を出発。
 ほとんどの生徒が集まって、片付け。
 30分ほどで、元どおり。

 今度は、市の文化祭。11月1~2日。

今日は友人と共に

 作品展へ友人を誘っていたのですが、今日都合を付けて3人で行く事に。
 と言っても、友人の車に乗せてもらって。

 ほんとに久しぶりに会った。
 以前は泊りがけの旅行なんかもしていたのに。

 その頃は私が義母の介護をしていたりして、誘い出してくれていたのだけど、現在は立場が反対になった。
 どちらの姑さんも、少し痴呆が入っている。
 徘徊はされていないので、「まだマシよ」とは言ったけど、それぞれの家族の形があるので、徘徊をしていないからマシ、という事も無いんだけど。

 一人の友人が「ハクサイは出来た?」と聞いたので、「植えるのはたくさん植えたけど、まだ巻いて無い」
 と言ったら、ハクサイを。
 まぁ重たいこと、量ってみたら5キロ、重いはず。

 作品展の会場へ。
 同じ生徒とはいえ、今日は滅多にお会いすることも無い方々が当番。
 先生のパンフレットを見たら、10教室有って、生徒が98名、とあった。
 少し人数が減っている。

 大勢のお客さんなので、知り合いのかたにもお会いする。
 「Kちゃんのお母さんですね」って、言われたり。

 会場を後にして、3人で昼食。
 食後少しお話をして外に出たら、待っている方がおられてびっくり。

 ユニクロで買い物。
 いくらでも布が有って、縫えるのに、やっぱり買った。

 今度はもっとゆっくり話がしたい。

 武者幟を柿渋で染めて作った大きなバッグ、市の文化祭にも提出するので、終わったら友人に使ってもらうことにした。

 今朝の山陽新聞に、昨日の作品展での先生と作品が載っていた。
 
 

今日で歯医者行きは終了

 10時半予約の歯医者さん、11時半に終了。
 「これで一応済みましたので、あとは3か月ぐらいして来てください」との事。
 やっと終わり。
 でも今まで通っていた歯医者と違い、短い期間で終了して、ヤレヤレ。

 まっすぐに帰宅せず、買い物、
 初めてのホームセンターへ、30分程かけて。

 広告で見つけていた物、『アルミ土起こし』
 夫に前「このアルミ土起こしを買おうと思う」と言ったら「ヤッチも無い」と言ったけど。

 広告期間を過ぎていたので、648円も高くて、2786円也。
 アルミだから、ひ弱な感じ。
 でも使ってみなくちゃ分からない。
 『荒地には使えません』と、なっていた。

 夕方にはR君を連れて、私の行きつけの理美容院へ。
 小1、2700円也。

 カレーの中に、サトイモやら栗やら入れて。
 案外美味しくいただきました。

3時間の当番、無事終了


 9時半からの作品展、当番は9時に集合。 
 今日も先生と同じで、一番乗り。

 夫がよく「決められた時間の15分以上前には行かなくちゃダメだ」と言います。
 おかげで、ここのところ、一番乗りばかり。

 作品の仕上げも一番だったら、良いのにね~。
 何しろ細かいことが苦手。
 服を縫うのは、細かくても別に、なんですが。

 見に来てくださるお客様は、すべての写真はOKで、あまり触らないでくだされば、少々はこれもOKです。

 なので、私が写真を載せるのもOK?と理解して。
 
 写真をアップしようとしたら、「ただ今アクセスが集中しています」だって。

 おかげさまで大勢のお客様に来ていただいて、有難うございました。

  IMG_0505.jpg   IMG_0514_201410161842473e5.jpg   IMG_0536.jpg
 アップ出来ました、これはほんの一部分です。
   

  

イヤでもギンナン拾い

 夫が毎日のように山の家へ行って、
 帰宅すると、山の家の様子やら自分がその日にした事などを皆の前で話します。

 「ジィジ、ウッドデッキの上にギンナンが落ちてた?」
 「ぉぉ、ぎょうさん落ちとる、早よう拾わにゃぁ、ウッドデッキが腐ってしまうよ」

 とは言え、R君は小学校。

 今朝は、夫、その次に私、それからママとT君、別々に山の家へ。
 まぁ夫は毎日のことなので、自分の計画通りの仕事。

 ママとT君が、ギンナンを拾うと言うので、私もお付き合いに拾って。

    IMG_0494.jpg    IMG_0496.jpg   IMG_0497.jpg

 「3歳のお手伝い」と自分で言いながら、良く手伝いました。

 この間に私も下やら周りやら、お付き合いにギンナン拾い(かき寄せ)。
 そのために草を刈ってくれているのですが、じきに大きくなって、小さな熊手でかき寄せても、草に引っかかって割と難しい。
 それをセメントの練り鉢?に入れて、水をいっぱい入れて、ふやかして、少しだけ潰してみました。

 その水が自分の顔やら服に呼飛び散って、かゆいこと。

 だから、ギンナン拾いはイヤ!なのです。

 ママはその後、高圧洗浄機でデッキの掃除。
 電源を長~~く引っ張って。
 そのためか、どうか?「家の側で高圧洗浄機を使う時は、もっと水圧が強いのに」と言っていました。

 昼食後、今度は「ゴボウを少し掘って帰りたい」と言うので、お付き合い。
 まぁ素人には、難儀なことです。ママと二人して。
 サトイモも2株だけ。
 T君はサトイモの大きな葉っぱが「傘みたい」と大喜び。

 山の家も、遊びに行くならいいのだけれど。
 ママとT君には体験学習、でした。
 
 それにしても疲れた一日でした。
 明日は9時から、作品展の当番。


 明日から作品展、準備

 今日の午後1時から、明日からの作品展の準備。

 今日は行き先も何回も行った所で、一番乗り、でした。
 50名はいたと思います。

 広い会場での作品展、10月8日に役員だけ集まって、レイアウトに添って作品の仕訳をして、それぞれに持ち帰っていたので、スムースに出来ました。

 自分の持ち場が決まっていて、私達は『和のもの』の係り。
 皆それぞれに、色んな作品を作っているけれど、私は『和のもの』だけ。

 『和のもの』は作品が少ないので、私の持ち物の、絣の手提げバックも展示することに。
 中身は紙袋に移して、持って帰りました。

 2時間半で終了。
 2つに分かれて、記念撮影。

 皆さん、それぞれに大作やら、見習いたいような作品やら。
 私にはとてもデキナイ。

ただ今午後6時、台風19号通過中

          IMG_0456.jpg
 昨日、サザンカが咲いているのに気付きました。


 正確な位置は分かりませんが、台風19号が高知県を通過中。

 岡山県の南に位置するので、こちらでも午後5時前ぐらいからすごい風が吹いています。
 少し勢力が弱まっているとはいえ、大災害になりませんように。

 私達の市でも、体育祭が中止と、朝、防災無線が言っていました。

 事故が起きない内に、取りやめで良かった。
 で、家族6人一日中自宅。

 雨はそれほど降らなかったけど、風がビユービユー音を立てています。
 ちょっと怖い!


 思えば『平成3年の19号台風』、23年も前の事。
 私の知っている限りでは、この地区を襲った 最大の台風。

 車庫が何軒も先の方のお宅に吹き飛んだとか。

 山の家では、我が山の松の大木が、歩いても通れない程グチャグチャに倒れて、林道をふさいでしまった。
 上の家のNさんと、林道掃除に、夫と私と義母。
 その時に、木々を取り除くために初めて『チェンソー』を買った。
 
 その時の強風が瀬戸内海の海水を巻き上げ、まき散らし、山の南面に当たる木々を塩水で枯らしてしまった、という。

 北側にあたる山の木々は被害が少なかったと聞いている。

 昨日のブログに書いた『マツタケ』、今日その友人が電話をくださった。
 ご主人が、マツタケ山の掃除をよくしておられます。
 その友人が言われるのに、「ヒールの靴を履いてでも、マツタケを採りに行ける」と。
 それ位、キレイに山の管理をされています。

 たいていの山は(我が家もそうだけど)、道路から一歩も入れない程、山が荒れている。
 それも、マツタケが生えない一つの理由です。

今時マツタケが生えてくれたら・・・・・

 時節柄、マツタケの話題がよく載ります。
 山陽新聞の朝刊、10月11日、12日分に。

       IMG_0482.jpg      IMG_0485.jpg

 この左の写真の方の、 「見て!私の自信作」

 シーズン到来     麦飯に  おかずは   松茸

              あれから60年   麦焼酎に    ナメ茸

 この記事を見た夫、「自分と同じじゃ」と。
 そう言えば、歳も同じ74歳。

 昭和15年生まれの戦前派。

 「山へ行けば、道の両側、上下にマツタケが生えていて、踏んで歩くぐらいじゃった」と。
 「ご近所でも山の無いお家へは、ザルにいっぱいあげていた」。

 今から思えばウソのようなホントの話。
 私が結婚した、昭和42年の秋、夫に連れられてマツタケ採りに行ったとき、まずその大きさにビックリ!でした。
 それに背負いカゴを背負って行ったのですが、重いほど。

 それでも昭和40年代の終わりごろから、コンビナート等が出来て、それが災いしたのかどうか?素人には判断できませんが、生え方もわずかになっていきました。

 それから少し経った昭和52年、現在地に我が家を建てるのに、我が家の山から100%木を伐り出して建てました。
 その時、所どころに松の木を残して。
 その数年後の事、義父が一人で山へマツタケが生えているか見に行ったら、生えていたんです。

 山の家にいた義父から我が家へ電話、「Nちゃん(私)、忙しいじゃろうが、カメラを持って来てくれんか?」
 「え~っ、何事です?」
 「マツタケがぎょうさん(たくさん)生えとる、来て写真を撮ってくれんか?」

 「それでお義父さん、マツタケを採らずに帰られたんです?」、「一本も採らずに帰った」
 「他人に盗られないんですか?」
 「誰も盗りゃぁせんじゃろう」
 
      IMG_0488.jpg     IMG_0489.jpg
 小学校1年生ぐらい?の息子と私、マツタケの生えている山の現場で夫が写真を撮りました。
 顔や手の大きさから、マツタケの大きさが分かると思います。

 この写真、さっきさがし出して、もう一度撮りました。

 今マツタケがこんなに生えたなら、ずいぶん嬉しいお小遣いになるのですが。

 そのころ、えっとマツタケを食べたので、今買ってまで欲しいとも思いません。
 安~~ければ別ですが。(高過ぎ)



 今日は二人でお昼まで山の家。
 ミョウガの中を、ミニテーラーで耕してくれました。
 私は、ミラクルローターに巻き付いた、草やゴミを取り除く係り。

          IMG_0480.jpg

 「あ~しんど」。疲れました。

 どちらにも台風の被害がありませんように、お祈りしています。


      

 

     

栗の次はギンナン

       
         IMG_0464.jpg     IMG_0470.jpg
  右は真ん中あたりに、糸トンボです。

  今日は、二つの地区で林道の草刈り。
 この間、夫と二人で自分の山の所だけ先に草刈りした林道。

 山の家の地区から6人、もう一つの地区から5人、それにシルバー人材センターの方を3人お願いして。

 一人を除いて、高齢者やら、後期高齢者。
 11時過ぎには終わったそう。
 それから昼食用に用意したお弁当を山で食べて。
 1時ごろ帰って来たかな?


 私は8時に山の家へ。
 ミニテーラーで耕す所をキレイに、草やゴミを取り除いて。

 コスモスも長い間楽しませてくれたので、この辺で片付け。10時になった。

 それから、もう終わりにしようと思っていた『栗』。
 またたくさん落ちている、バチが当っても?なので、栗拾い、カゴいっぱい。

    IMG_0454.jpg        IMG_0455.jpg

 見れば『ギンナン』がたくさん落ちている。          
 毎年まいとし同じ事の繰り返しだけど、「もう勘弁して~」
 大木なので、数も半端では無い。
 こちらは見ぬ振りをする事に。
 夫がどうにかしてくれるはず?
 

 午後は、私がキレイに片付けてモミガラを撒いた畑に、発酵牛糞を撒いてテーラーで耕してくれました。

 聞けば、先日ミニテーラーで足を大怪我されて入院されている方のご主人と、今日一緒に草刈りをしたそうで、
 「その方の奥さんが、我が家と同じミニテーラーにミラクルローターを付けて仕事をしていて、それに草が巻き付いたので、クラッチだけ切って、前に回ってその巻き付いた草を外していたら、急にテーラーが動いて足を大怪我された」と。
 
 先日私がそれと同じテーラーで習った時、夫が「クラッチを切って、エンジンも止めて、それから巻き付いた物を取らないと、大怪我をする」と、口やかましく言ったのが正解。

 私はその上に、横倒しにして取ったので、次にエンジンをかける時、ガソリンを吸い過ぎて、かかるのに苦労した。
 そのレバーも止めておけば良かったらしい。

 慣れた方には、大したことでは無いけれど、安全の上にも安全に注意しなければ、と思ったことでした。

 車には、40年乗って来たけれど、テーラーと車では少し様子が違うかな?

今日も山の家へ

 とは言っても、11時の予約の歯医者さん。
 中途半端な時間にすると、どっち付かずで困った。

 前に行っていた歯医者さんは、月に2回ほどだったけど、病気(?)になられて変わりました。
 了解はとりましたが。

 早く進むのはいいけれど、色々と忙しい。

 19号台風が接近しているので、山の家の様子を見に行きました。
 朝から行っている夫が、昼食を済ませて外に出たところで、ビックリしていました。

 荒畑が多いので、「何処に何を植えてもいい」そうだけど。
 夫は植木の間や側に、たくさんの『男松』、いわゆる庭木松、を植えている。

 『マツタケ』の生える『女松』は山で枯れてしまい、何度生え変わっても枯れるのに、山の家の周りにたくさん植えたこの松、一本も枯れない。
 
 「この男松が枯れて、山の松が枯れなけりゃぁ、マツタケが生えるのに」と言ったら、
 「そうでもない、庭木の松が枯れているのをよく見かける」と。

 そう言えば先日友人が、「庭木の松が枯れた」と言われていた。


 畑の草取りをして、燃やして、片付けをして。

 一昨日お店で『甘ガキ』を買ったら、1パック300円、その上マズカッタ。
 それで、高枝切りを出して、カキ取り。
 我が家の方が、よっぽど美味しかった。

 コシラエタ『栗の渋皮煮』よりも柿の方が好き。
 R君は『渋皮煮』が好きで食べている、T君はそれほどでも無いようす。

 天から干しで仕事をしたら、熱中症になるかと思うほど、暑かった!

 

私は少々(?)変わっています

 もう少しで70歳になると言うのに。

 身を飾るのはあまり好きではありません。
 でも多少は持っておりますが。
 嫁入りのときに仕立ててくれた着物、自分で(夫?)買った着物もそれなりに有りましたが、
 ほとんどリメイクしました。
 これはもう絶対に着物は着ないから。(腰が痛いので、帯が締められません)

 飾るのがキライと言っても、自分の好きな物が自分で縫えるからかもしれませんが。

 小さなユンボが欲しかったり、小さな乗用のトラクターが欲しかったり。
 夫が「お前は変わっとる」とよく言います。
 自分でもそう思います。

 しかし、急傾斜地のため、危ないから絶対にダメだと。
 今日も知り合いと話していたら、私とあまり歳の違わない奥さんが、テーラーをバックさせていて、ケガをされてもう1か月
 入院されているとの事。

 農作業はあまり好きではありませんので、機械が有れば早く済むかな?と思ったりして。
 それに、夫が農作業をしたり、植木の手入れが趣味なので、私がガーデニングを趣味にすれば、話が合うかな?
 と思ったり。
 縫い物ばっかりしていたら、眼は悪くなるし、第一運動不足で困っているので。

 どちらも程々にすれば良いのだけれど。


 今日は買い物に出かけました。

 それから午後は、大量の『栗の渋皮煮』をそれぞれに容器に入れて、お届けしたり。

 縫い物は一針もせず。


 R君が小学校から早く帰る日だったそうで、ママは2人を連れてプールへ。
 3歳坊主のT君、帰るなり『バァバ、今日は深いプールも浅いプールも入ったんだよ」と、嬉しそうに。

 R君は「・・・・・・」無言。
 「あれ~、お口が無くなったんだね、夕飯が食べられないね」
 そしたら「T君はお口が有るから食べれるよ!」だって。

 機嫌の悪い時もあります。 
 

作品展の準備

 10月15日(水)~19日(日)の5日間、パッチワーク教室合同作品展があります。

 今日は13時からその準備です。
 会場は福山市。
 初めて行く所なので、先生に地図を書いて教えてもらったのに、すぐそばまで行っているのに分からない。
 先生に電話して、やっと到着、一番乗り。

 10教室の代表で、20名ほど。
 会場のレイアウトに添って、たくさんのタペストリーをそれぞれに仕訳。

 1時間ほどで終了。
 自分の係りのタペストリーをたくさん持ち帰り、10月14日の作品展の準備の日までお預かり。
 責任重大!バッグも預かっているし。

 滅多にも運転しない道路を、間違えながらの往復、疲れました!

 夜は『皆既月食』になると言うので、『お月様の番』です。
 幸いにも、皆既月食までは晴れていましたが、そのうちに曇ってしまいました。

 パソコンも苦手だけど、カメラも上達しません。

   P1010748.jpg    P1010753.jpg    P1010761.jpg

 ママ、R君、T君と私の4人が、1時間ほどの間、自宅前に出て、大きな声でシャベリながら写真を撮っていました。
 ママは上手だけど、私は手振れしているみたいでした。
 やっぱり三脚が必要ね。(それだけじゃ無いけど)

 昨夕、弟がアケビとザクロを持って来てくれました。
          IMG_0430.jpg

 畑に植えている物なので、キレイでした、が、坊主二人は食べた事も見た事も無い物なので、食べてみるのもイヤそうでした。
 「ちょっとだけでも、食べてみて」と、無理やり食べさせました。
 それでもザクロの方がまだマシみたいでした。

 今朝の気温は18℃、寒くて目が覚めました。
 ところが午後は暖かくて、車の中はエアコンを入れたほど。

 ちなみに昨日の山の上の朝の気温、14℃だったとか。

岡山弁(方言)

 今朝は歯医者さん、帰りにお店めぐり。

 その一つ、ホームセンターへ、隣が行きつけの車屋さん、
 先に車屋さんへ。
 先日、我が家の駐車場へ入れるのにガーデニングテーブルで擦ってすり傷を付けた所をみてもらいました。

 私が「このキズをほっといて、錆びたら困るからどうにかしてくださる?」って聞いたら、
 「一番上の塗装部分を擦っているけど、大丈夫、ちょっとスッておきましょう」と。

 その間にホームセンターへ。
 帰りに寄って「また請求書を回してくださいね」と言ったら「この位のことはいいですよ」と。
 でも本式に直してもらえば、?万円かかるはず。

 10月5日(日)の山陽新聞です、岡山弁。

    IMG_0426.jpg    IMG_0427.jpg    IMG_0428.jpg

 同じ岡山県でも ③の、もんげー、なんてマッタク使いません。
            ④の、せられー、しんちゃい、もマッタク使いません。

 なんでこの記事を載せたかと言うと、同じ兄弟でも7歳のR君は4歳9か月ぐらいまでは福山市に住み、ママの言葉で育っています。
 それに引きかえ、3歳のT君は、8か月の時から我が家で同居したので、夫や私の言葉の影響を受けて育っています。

 今日も今日とて、「ママ~、ヒルメシ(昼飯)は何~」
 私、「エッ、3歳の子供が『ヒルメシ』は無いでしょ、お昼ご飯でしょ」
 T君、「ママ~、ヒルメシは?」
 もぅ笑うより他ありません。
 ママに、「ヒルメシ、なんて、ジィジの言葉じゃわ、他に誰もヒルメシなんて言わんし」と。

 私の言葉がウツッタのは、「なんで?」指摘されて「そう言えば、よく何で?って言ってるわ」

 ちなみにママは、私達の方言をマッタク使いません。

  ◎年中使っている言葉。
 ○○じゃ。 おえん。 いけん。 ぼっけー。 しねー。ぎょうさん。 みてる。 えれー。
 きょーてー。 ちばける。 やっちもねー。


 お店の駐車場で、今までは高齢者マークの箇所に止められなかった。
 夫は「高齢者じゃけぇ、止めても大丈夫」と言うけれど、
 「高齢者のマークを付けて無いんじゃけぇ、ダメじゃわ」と言うと、
 「どう見ても高齢者にしか見えんじゃろう」と言うし。

 今日ホームセンターで高齢者マークを買って来ました。
 夫の世話をしてもダメなので、自分用だけ。
 
     IMG_0423.jpg      IMG_0424.jpg

左の写真の、車の左前のライトカバーとその周りをこすっています。
 これで安心して、高齢者マークの所へ駐車出来ます。


  
 
 

今夜は13夜だそうです

 台風18号が各地に災害をもたらしましたが、皆様の地方はいかがでしたか?
 我が家の地域は、今朝がた1時ごろから3時ごろまで強風が吹いていましたが、おかげさまでその後は風雨も無く安堵しております。

 中秋の名月の次にお月様がキレイなのは、今夜(10月6日)の13夜だそうです。

 今日ママに聞いて知りました。
 「栗名月」「豆名月」とも言うそうです。

 栗がたくさんで、色んな種類を作ったのですが、『栗の甘露煮』を仏壇と神棚に供えてくれました。
 歳をとっているだけで、何にも知りません。
 そうそう皮を剥いだ栗を、蜂蜜を薄めないままで、その中に浸けました。
 何だか変な味になりました。


 お月様もとってもキレイです。


 私は今朝9時、歯医者さんへ。
 一休みしてから、また栗。

      IMG_0417.jpg     IMG_0422.jpg
 左は、渋皮煮の出来上がりが直径30㎝の大鍋にいっぱい。
 右はまだこれからの栗、大きなバケツにいっぱい。

 栗の皮剥きも、渋皮を破ってはダメなので、眼を酷使します。
 それで皮を剥くぐらいの事なのに、疲れました。

 10月に入ったら縫い物、と決めていたのに大ウソ。栗ばかり。

 昨夜も栗剥き、0時まで。今夜はヤ~メタ! 

栗の皮剥ぎです

 台風が接近して来て、コースから少し外れているのに、午後4時頃から風が少し吹いています。
 
 東日本大震災、福島原発、広島の土砂災害、御嶽山の噴火。
 次々に自然の大災害、人災も。

 これ以上災害が起きないように祈るばかりで、どうしようもありません。
 被災された方々に、遅ればせではありますが、お悔やみとお見舞を申しあげます。



 私は昨日もたくさんのクリを拾って来たばっかりに、一日中台所にママと二人で立って、『栗の皮剥き』です。

    IMG_0392.jpg     IMG_0393_201410051618027e9.jpg

 昨日どうしてもアップ出来なかったのに、今日は出来ました。
 ママに「昨日どのようにしても写真がアップ出来なかった」と話したら、「また見てみます」と言ってくれたんだけど、
 今日は勝手に出来た、どういう事になってる?

 ママは、『モンブラン』や『栗きんとん』『ポタージュ』他、色々な栗料理を作っている。
 私はと言えば、まだ『渋皮煮』の真っ最中。

 でも、大量の『渋皮煮』が出来るはず。

 この生のままのクリをもらってくれる人が有ればいいのだけど、「たくさんの生栗をもらって困っている」
 と言う話をよく耳にする。
 だから、『渋皮煮』にして差し上げれば、すぐに食べられるから、喜んでもらえるかな?って思って。

 ママは圧力ナベで上手に作っているけど、私はどうも使い方が下手。
 なので、大量でも『包丁』で剥いている。
 結局慣れた方法の方が、私にとってはキレイで早く出来る。
 手が痛くなってきた。


     IMG_0412.jpg     IMG_0410.jpg

 昨日の収穫品です。キュウリも台風の被害に遭わない内にと、33本。それに最後のミョウガ。

今日も栗くり

  又もや失敗!

 本文を書いていたのに、何かのはずみで、タイトルだけ残って、あとは消えてパー。
 再度挑戦。

 今朝は栗の下茹で。

 今度は、写真を載せようと思っても載りません。

 その後、11時ごろになって、山の家へ。
 又もや栗拾い。
 ホットケバ良いのに、そうもいかず。

 台風が来るので、キュウリも取り込みました、33本。
 ミョウガもザルいっぱい、これでほんとに最後です。

 渋皮煮は渋皮にキズを付けたらダメなので、集中していたら、眼が痛い。
 夜も栗の皮剥ぎです。

 何度挑戦してみても、写真はアップ出来ません。
 たいした写真ではないのですが。
     
     
     

孫と栗・・・・

 まぁどうなっているのでしょう?

 ブログを書こうとしたら、変なことになっています。
 そうでなくても知らずごめにパソコン操作をしているのに、

 メールアドレス/ブログID だとか、パスワード を再度入れなくては。

 今日から変更になったのか?

 ママに何度も聞いても分からない事ばかり。
 2階に何回も来てもらって、やっとのことで、更新です。


 今朝はママの用事で、T君と二人。
 T君お気に入りのお店へ買い物。
 郵便局へ、次に実家の弟に用事が有って。

         IMG_0387_20141003204724297.jpg     IMG_0386.jpg
 コスモスと、朝顔がまだ咲いていました。

 山の家へT君と二人で行ったら、夫が栗を拾ってくれていましたが、
 「まだまだ落ちているので、拾ってくれ」と。

            IMG_0388.jpg
 まずは買って行った『ヨーグルト』で腹ごしらえ。

 T君、「ぼく3歳だから、3個」と言って、3個拾って。
 ザルにいっぱい拾って、夫のと合わせて、12時過ぎに持って帰りました。

 夕べママ、R君、T君、私の4人で栗の皮剥きをして、今日ママが『甘露煮』を作ってくれています。
 甘さ控えめでも美味しい。

 なのに、今日はもっとたくさんの栗を拾って。

 私は『渋皮煮』用に鬼皮を剥いで、灰汁だし、もう4回しましたが、まだまだ数回しないと、灰汁が出ません。
 ジュウソウを使っています。(何十年も包丁でキレイに剥いで、こしらえます)

 ママは圧力ナベでしましたが、『甘露煮用』ならば、これが早いです。
 まだまだ拾うのが有るのに、ザルにもいっぱい。
 でも、虫食いのがいっぱい有るので、捨てるのもいっぱい。


 ブログを書くのに手間取って、これだけの事を書くのに、大騒動して、ママに教えてもらって。
 個人教授?家庭教師?
 パソコンのプロが側にいてくれるので、本当に有り難いことです。
 

やっと一枚・・・

 今日は仕上げをしただけですが。
        IMG_0378.jpg      IMG_0381.jpg

 もっと考える時間が欲しかったけど、考えたから良い物が作れると言う保証も無い。
 まぁこれも一枚の内。
 ブリムにクラフトワイヤーを入れていますので、ブリムは変化します。

 パッチワーク式に仕上げないと、と思い、メッシュワークで。
 わざと裏地を付けていませんが、普通に縫う場合はちゃんと裏地を付けます。


 先日栗が落ちていたので、ポケットにいっぱいほど拾い、持って帰りました。
 夜、R君が上がって来て「バァバ、栗の渋皮煮をつくって」と。
 「栗の渋皮煮にするのは、もっとキレイな物でないとデキナイよ」と言っていたら、
 あくる朝、ママが『栗ごはん』を作ってくれていました。

 美味しいのを作ってくれていたので、皆で美味しくいただきました。

 そしたら今度は夫が、昨日ザルいっぱいの栗を拾って来てくれました。
 「栗ご飯が美味しかったので、拾って来た」と。

 R君今度は「栗きんとんが食べたい」と。
 「栗きんとんもいいけど、甘露煮を作ろう」と言うことに。

 私は長年、包丁で皮を剥いでいる。
 ママは栗剥きでちょっと傷を付けて、そしたらR君がそのあとを指の爪で『鬼皮』を全部剥いでくれました。
 T君もお手伝い。

 まぁビックリしたのは、R君が最後まで辛抱強く鬼皮を剥いでくれたこと。
 R君を褒めたら、T君も「僕も~」。

 ママと私はその後の、『渋皮剥き』。
 これが大変、けど全部済ませて。
 あとはママが『甘露煮』にしてくれます。

 今年も『おでん』の季節に、やっと作りました。

 
 | ホーム |  » page top