リンク


カレンダー

08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

Author:どんぐり
 私の部屋にはたくさんの布と古布の山。
 同居する孫との日々の出来事。
 時々、山の家に行って、夫に付いて農作業。
 自分達で作った野菜は安全、安心です。


最新記事


月別アーカイブ


水槽


検索フォーム

QRコード

QR
まとめ

山の家へ

 お昼には帰るつもりでお弁当を持たずに。

 夫は一日いるつもり、だった。


 いま一番食べごろの、小松菜。
 間引いていたら、じきに無くなりそう。

 「無くなってもええ、すぐに次のを蒔くから」と。

 春菊、ほうれん草は、今抜くのはカワイソウな。

 紅芯大根とカブを間引いて。

 「間引いたのは、捨てりゃぁええ」なんて、「モッタイナイ、漬物にするから」


 お昼に、一人で帰宅。

 夕方ちょこっと、市場へ。


 小松菜のお浸し、間引き菜の塩もみ、ミョウガの三倍酢。
 水菜とナンチャラ菜入りサラダ。

 夕食は、野菜がい~~っぱい!
 魚も焼きました。チリメンジャコとソーセージも。

 健康的な食事です。が、夜中に「お腹が空いた!」てなことになりませんように。

 一人で市場まで行って来たので、疲れました。

 というような、我が侭は言ってられない、お勉強をして来たばかり、なのですが。

講演会へ

 今日は午後から夫と2人で。

 先日「ガイアの夜明け」に出ておられた、徳島県上勝町の「いろどりの社長」横石社長さんのお話。

 とっても勉強になりました。
 何と言っても、夫と2人の参加、が良かった。

 2人合わせて、1人、だから。
 私達2人には、お金儲けというよりは、動いて元気に過ごすこと。
 その上で、お小遣いが入れば、言う事無し。

 「考え方を根本から変えなくちゃ」と思った、講演会でした。

 横石社長さん、遠路はるばる有難うございました

再びワラ運び

 19日にワラをもらいに行って、水でビチョビチョだったので乾いてから、ということで。
 昨夜電話をいただいて、今日もらいに行って来ました。


 田んぼの水抜きもしてくださっていたので、だいぶん乾いていました。
 
  P1040620.jpg
 しかし、稲の切り株から次の新芽が伸びてきて、ワラと絡まって、少し時間がかかりました。
 分量的にはわずかなので、たいした事ではありません。

 このワラをもらった家は、農業一筋でやってこられた家です。
 直売所へ野菜を出荷して帰る途中に、田んぼに降りて来られて、お話を。

 今、キュウリが高値、だそうです。
 シイタケも持って行っておられるけど、まだ鍋物の時期では無いので、売れ行きは悪いとのこと。

 我が家にキュウリが生っている頃は、タダ同然だった。
 シイタケが今生えているという事は、管理も上手にされている。(我が家はシイタケはまだまだこれから)

 野菜作りで、儲かるという事は、何年に一度、ぐらいなもの。
 それに、大規模農家ならいざ知らず、極零細農家ばかり。 
 作る楽しみを奪われない程度の「値」であって欲しい。


 山の家に帰り早速、ワラのカッターで、持ち帰ったワラを全部切ってくれました。

 「これで安心して、切りワラが使えるわ~」
 「何ぼでも、使ってくれ」

 でもそういう事は、私が農作業をすると言う事。


 P1040625.jpg     
  P1040626.jpg

 夫がワラをカッターで切ってくれている間、私は先日のガヤの木とキウイのツルの邪魔なところをキレイに切りました。

 左の紫っぽいのは、コーラルリーフ プルームと言うらしいです。
 サラダ水菜、小松菜。

 他に、春菊、ミョウガ少々、ニラ。
 クリもわずか、拾って。


 帰宅後、コーラルリーフ プルームとか言う菜をサラダにしたところ、夫が言うに「これはピリ辛との説明があったので種を蒔いたのに、ピリ辛では無い」と。

 「べつにピリ辛で無くても、水菜との彩りもキレイだし、美味しいわ~」と言ったら、
 「まぁ美味しい言うて食べてくれるんなら、別にええけど」だって。

 今日は間引いただけだけど、日に日に大きくなっていくことでしょう。

 私がもっと野菜作りを手伝えばいいんだけど、草がものすごい勢いで生えています、伸びています。

今日は福山のデパートへ

 娘に、「靴を買いに行きたいけど、いつか時間が取れる?」と言っておいた。

 「やっと夏休みが取れたから」と今日連れて行ってくれました。

 靴ぐらい自分で買いに行けばいいんだけど、近くのお店には良い物が見つからない。
 そして、靴ぐらい、良い物が買いたい。(服は自分で縫うんだから)

 そして食事に連れて行ってもらいました。
 娘と2人で食事は何か月ぶりかな?


 市場へも行って。

 ユニクロへも寄って。(ダウンベストを買いに)
 レギンスパンツを4本。(内2本は農作業用で特価の500円、買うなら今でしょ!)
 まぁ夫の物も買いましたが。

 娘から父親へのプレゼントは、「芋焼酎」、高級そうだけど?
 私はお酒もビールも飲まないけど(飲めないのではありません)、娘は飲める口だから。

 そういえば、この暑かった夏に、ビールを一滴も飲まなかった。

 でも最近になって、「梅酒」を飲んでいます。


 「有給も夏休みもまだまだ有るけど、忙しくて休めない」そう。

 滅多に会えないとはいえ、まったく偶然だけど、2階の私の部屋の窓から、娘が借りている駐車場の車が見えます。

 「いくら忙しくても、何か有ったらすぐに来れるから」と言ってくれる。
 けど、何か有ったら、大変!


 そうだ、メガネも買いに行った、と言っても、一週間先に出来上がるそう。
 今度は一人で取りに行かなくちゃ。


 乗せてもらって行ったので、お気楽でした。

 

今度こそ、最期かな?のミョウガです

 今朝、夫は行かないと言ったけど、一人で山の家へ。
 
 もちろん、ミョウガ取り。
 1週間、間があったから、大きくなっているはず?

 しかし、雨が降らないので心配することはありませんでした。
 というよりも、もう少し置いておいた方が良いのだけれど。

 ミョウガにばかりかかっているほど暇でなし。

 ほんとに最期にしようと、小さいのまで取ってしまいました。

 (ちょっとは残しているけど)


 何気なく上を見たら、なんとキレイな青空。
 写真を撮らなくちゃ。
   P1040603.jpg     P1040608.jpg
 写真よりも、もっと、もっと青い空。
 私の腕とカメラでは、撮れませんが。


 栗も少し落ちていたけど、拾わず。

 その上に、ギンナンが落ち始めている。
 P1040610.jpg
 この大木、拾うのも大変。
 拾えば、臭い!
 その後が、もっと大変。


 夕方、市場へ。
 帰宅したら、昨日友人にもらった「栗」で、ママが栗のたくさん入った「栗ご飯」を作ってくれていました。
 とっても美味しかったです。

 R君が幼稚園に行っている間に、ママが「栗の鬼皮」を剥く時に、T君が良く手伝ってくれたそうです。



 昨日のパッチワーク教室で、「ポケットティッシュ入れ」の超簡単なのを教えてもらいました。
 昨夜早速作ってみました。

 見本
  P1040600.jpg

 布を寸法どおりに折って、2本縫うだけ。(裁ち切り寸法)

 ひっくり返すとき、「手品しているみたい」でしたが。
 クルッとして、又クルッとしたら、出来上がり。(何のこと?)
 P1040615.jpg     P1040616.jpg
 左側の説明です。(右の方に少し見えるのは、不祝儀包み紙などをいれる物で大きい)

 こんな簡単な物が、私にはお似合いなんですが。
 いくらでも作れそう。
 ちょこっと差し上げるのに、いいかな?

 

パッチ教室へ

 朝夫が山の家へ出かけた後で、従兄弟より電話有り。
 
 お彼岸のお参りをしてくださいました。

 「T君、おはようございます、は?」
 「言わない」

 「言わない、と言うお口が有るんだから、おはようございます、でしょ」
 「でも言わない」

 まぁ言うことは聞きません。
 お兄ちゃんはさすが、なんだけど。


 10時から、パッチワーク教室。
 友人一人がお休み。

 Iさんが、「来しなに、拾って来たんよ」と「栗」をたくさん。

 いつもなら今頃、山の家にも落ちているんだけど、今年はまだ。
 「私ももらうわ~」
 
 べつの友人には「ゴーヤの佃煮」を。
 そういえば、今年はゴーヤの佃煮を作らなかった。

 友人どうしで言うことに、「パッチワーク教室は休まれんわ、いつも誰かにお土産をいただくんだから」と。

 そしたら一人の言うことに、「もし休んだら、私の分は何方か預かっておいてね」。



 先日の「キウイ」、今日リンゴを買って来て、袋に入れてみました。
 もし食べれる状態になるなら、一週間後。

 モッタイナイので、少しでも食べられたらいいね、と思っています。


 いつまでも暑い、と言っても、寒いのも苦手。
 

ガイアの夜明けを見ています

 今午後10時40分です。

 「ガイアの夜明け」を見ています。

 ブログのネタがありません。

 高知県上勝町の「いろどり」の葉っぱビジネス。


 和歌山県北山町のこと。


 何か参考になることがあるかな?と。

 行動を起こさなければ、何事も出来ない。


 今でも、暑い!です。(午後10時44分なのに)

ちょこっと縫い物

 強がりを言ってみても、やはり高齢者?

 山の家に行く夫に付いて行かず。
 家事だけはしたけれど、あまり何をしたと言う事も無く。

 
 孫坊主達はパパ、ママに連れられて、何処かへ行った。


 パッチワークをしようかな?と。

 先日習った「花付きのショルダー」。
 
 六角形でお花を縫ったけど、花びらの止め方がイマイチ。
 で、ここでストップ、教室でお聞きしてからにしよう。

 
 夕方帰宅した夫によると、親戚と言っても夫の妹達が3人「お墓参りに来られた」そうだ。

 2軒の守り、も大変。


 おかげで、夕食の支度も早くして、夕食も早かった。


 朝晩は寒いぐらいになったけど、日中は暑くてたまらない。

幼稚園の運動会

 R君が「最初から見てね」といったので、遅れないように気をつけて。

 R君はママと。

 息子はT君を車に乗せて。
 夫も車。

 私は自転車で。
 友人の所へ「ニンニク味噌」を届けるため。
 そしてちょこっとオシャベリ。(幼稚園の側)

 そしてママのお母さんも遠い所から車で。


 まぁ暑いのなんのって!!

 「玉入れ」におじいさん、おばあさん、が出場。
 夫は出て、私にも「出ろ」と。

 「この暑いのだけでもたまらんのに、熱中症で倒れるわ」と、出ず。
 もちろん、T君のお守りはしてましたけど。

 挨拶の中にもあったけど、9月に入ってから、「大雨洪水警報」や「大雨警報」が出て、「運動会の練習もままならなかった」と。

 今日見てるだけでも、暑いあつい、と言っているのに、3歳、4歳、5歳のちっちゃな子供たちが、よく練習したものだと、感心しました。
 P1040550.jpg    P1040568.jpg  P1040581.jpg P1040559.jpg P1040556_20130922164904b6b.jpg



 
 未就園児のT君は、ママと風船をもらいにでました。
 「玉入れ」には、じぃじも出場。
 「がんばれ!ヒーロー!」に、R君がパパと「二人三脚」でカケッコ。
 息子が186センチもあるので、ちょっと大変みたいだった。

 「さんりんしゃに のって♪」にはママが挑戦、上手いこと乗っていました。
 子供用の三輪車に大きな大人が乗るので、中には、三輪車が壊れてしまうのでは?と思うような男性も。
 何回もひっくり返って、怪我したら大変!な方。
 違反じゃないの?の乗りかたの人も。
 これが一番観客に受けていました。

 私は、暑い、あつい、と言いながら、見てただけ。
 T君でさえ、風船をもらいに、出たのに。

 帰宅後は、それでも、バタン、キュー!

 夫は告別式が、13時から14時だったので、運動会を見に行けました。

 R君が、「じぃじ、運動会は見にきてね!」が効いたのでしょう。


孫と

 明日は幼稚園の運動会。

 土曜日だけど幼稚園生の坊主は幼稚園へ。
 ママは午後から、運動会の準備に。

 下の坊主の子守りを頼まれた。
 そうでなくても、「ママ、ママ、ママ」。

 午前中に、少し慣れさせておかなくちゃ。

 「T君、ばぁばとお散歩に行く?」
「いく」

 10時前、外に出ると、暑い、あつい。

 歩いて行こうか?ベビーカーの乗せる?車?

 ベビーカーに乗せて、横断歩道を渡り、スーパーへ。
 初めてベビーカーを押して歩いた。

 お店の中で、下ろして、歩かせて。
 この方がよっぽど良い。

 「T君、何が欲しい?」
 「デザート」、 「??」

 ヨーグルト、バナナを買った。「これでいいの?」「ウン、これでいいの」

 朝、R君とママが「幼稚園から帰ったら、クッキーを作る」と言っていたし。


 昼食はママ、T君、私の3人で。

 「ママたべさせて」と言っていたかと思うと、
 「おかあさま、食べさせて」だと。
 「T君、おかあさまはどこにいるの?」
 私の方を指さして。

 「それも言うならおばあさま、よ」とママ。

 「何処で覚えたんじゃろ、テレビかな~?おかあさま、だなんて」


 午後からママが幼稚園に出かけたので、またママ、ママと大泣きされてもかなわない。
 「車に乗せるとすぐに寝る」と聞いていたので、車に乗せて。

 そのまま、夫が山の家へ行っているので、山の家へ乗せて行こうと思ったら、3分もすると寝てしまった。

 ご町内をグルリと一周して帰宅。
 で、寝かせて、おしまい。
 短時間で助かった!
 ママとR君が帰宅するまで、寝ていたらしい。(パパが家にいたので)

 

 夕食時、R君が「ばぁば、運動会には最初から来て見てね」 「ウン、最初から行くからね」

 夫も一緒に行くつもりだったのに、
 今電話が有って、夫は明日知人の「告別式」にお参りすることに。


 今日は一日中、孫と遊んだだけで終わりました。

彼岸の入り

 まずは美容院へ~
 髪を短くしてスッキリ。

 娘の家へお花を持って。もちろんお義母さんだけ。
 J君もなっちゃんも学校へ。


 実家へ、留守だった。

 昨日「ワラ」をいただいたYさんちへお礼に。
 ビシャコのワラは、乾いてから又もらって帰ることに。
 「キューリ」をもらった。

 
 それから従兄弟の家へ。

 お墓参りをして、従兄弟とオシャベリ。
 奥さんを亡くされて九ヶ月、勤めをされてる娘さんが、ず~っと毎土曜日に来ておられるそうだ。
 ご主人の理解があってこその事。
 
 従兄弟が元気そうで安心しました。

  

②知り合いの方から電話をいただいて

 一昨年までの数年間、知り合いの方にご無理を言って「ワラ」を分けていただいて、助かっていました。

 一昨年の9月30日で、お店全体が完全閉店。

 それからは趣味というか、自宅用の野菜作りだけなので、ワラは買わなくてもいいだろう、ということに。
 昨年は買わず。


 ところがワラも無くなるとダメ。

 知り合いの方も80歳ぐらいになられているので、稲刈りはコンバインを頼んでされるそうだった。
 
 夫がまたご無理を言って、少々ワラをいただくことに。
 そこで、コンバインでの稲刈りの時、カッター部分で切らないようにしてくださった。

 P1040498.jpg  P1040495.jpg  P1040501.jpg  P1040504.jpg

 県道から直角に3メートルほどの高さを降りる。
 束ねてあるのが見えるのはわずかで、縁刈りをされた物。
 このバラーッと広がっているワラを束ねるの?
 軽トラの側まで束ねて行ったら、まぁビックリ!

 水びたし、ビチャビチャ。
 束ねたら、服までビチョビチョ。
 重たいし、その重みで、あの急な坂道を軽トラが登れない。
 半分以上まだだけど、途中止め。

 ちなみにこの田んぼ、10アール以上(300坪以上)

 原因は、右に見える田んぼの稲にまだ水が必要みたいで、その田んぼの水が流れて来ている。

 「こんなビチャビチャのワラを持って帰っても困るわ~、電話して乾いてからもらおう」


 丁度お昼にもなったし、山の家でお弁当を食べて一人でお先に。






 今日は「中秋の名月」
 ママが「お団子」を2種類(2色)作ってくれたので、いただきました。


 それから、「名月」の写真を撮ろうと、ベランダと前の道路とでためしてみましたが、腕の悪いのはモチロンのこと、私の安物のデジカメでは良い写真は撮れませんでした。

        P1040507.jpg

 ママも写していましたが、「月のウサギ」までは写せなかったそうです。
 もっともっと、レベルの高い「カメラ」が必要なんでしょうね。


① バタンキューでした

 18日も朝は13度、午後30度。

 17日の、ガヤの木とキウイのツルの片付けで、完全に伸びていました。
 それと言うのも、30度のなかで燃やしていたのと、普段大きな枝切りハサミやノコ、ナタを使ったことが無いので、疲れました。

 それなのに、18日は「秋ミョウガ」取り。
 それもたくさん生えて。
 夕方には夫の車で市場へ。

 贅沢を言えばバチが当たりそう、だけど、ノビタ!
 マダ、秋ミョウガが顔を出している。

 ちょっと涼しくなってホッとしているのに。

ガヤの木とキウイの木の片付け

 全国各地で大災害が起きて、何と申し上げてよいのやら、言葉もありません。


 我が家の微々たることで、ほんとに恐縮なのですが。


 P1040456.jpg      P1040445.jpg
 左が、山の家から見える岩山です。
 右が、山の家に向かっている途中の同じ山です、市道からの眺め、標高は分かりません。


 昨日の夕方、帰宅した夫が、ガヤの木15メートルほどに登っているキウイがガヤの木ごと折れて道を塞いでいると言うものだから、今朝片付けに行きました。

 自分が通れるだけは切っていましたが。
 P1040033.jpg
 これが元の姿です、15メートルほど。
 これが根元から3メートルぐらいの所で折れました。
 P1040447.jpg  P1040450.jpg   P1040465.jpg
 P1040464.jpg   P1040478.jpg   P1040493.jpg
 P1040483.jpg     P1040466.jpg

 上の3枚の写真は私が、一番最後の写真のノコを2種とナタ、ゴツイ枝切りハサミ、剪定ハサミとで片付けた所です。
 真ん中の写真3枚は、そのあとを夫がチエンソーで切ってくれた所です。
 
 真ん中の右の写真は、ガヤの木が倒れたために犠牲になったふゆ柿、たくさんなって楽しみにしていましたが、 根元から20~30センチのところに5芽ほど残っているので、これを大事にしていこうと思います。 

 あとは、ほうきで掃いておしまいです。


 キウイも10月の終わり頃ならどうにか使えると思うのですがどうなりますか?
 何百個も取り込んでいます。研究します。


 先日、息子と孫坊主の2人がお墓掃除をしてくれて、やっと安心してたのに。
 でもこうやって片付けたので、またお墓への道が通れます。


 一番最初の写真に写っている岩山、その左下にちょこっと写っているのが、サトイモの上に倒れたトマトの屋根です。
 サトイモはどうにかなりそうなので、ホッタラカシのまま、その内に片付けようと思います。


 こんなブログでゴメンナサイ。


 書き忘れました。
 今朝7時半の山の家の気温、13度です、寒い!
 10時には23度。
 12時には32度でした。





   


   

 

今日はミニ同窓会

 台風や大雨による大災害で被害を被られた皆様、お見舞い申し上げます。

 今日の夕方帰宅した夫の話によると、山の家からその又上の山に車で出かけたら、道中大きな松の木が倒れて通行止めになっていたそうです。

 いつも、そんな状態の時のために「チェンソー、ノコ、大鎌」を車(軽トラ)に積んでいます。
 それで、自分で道を切り分けながら、我が山へ辿りついたそう。

 山の家では、まだ片付けてない「トマトの屋根」の骨組みとビニールが風で吹き飛んで、隣に植えている「サトイモ」の上にひっくり返っているらしい。
 まだ掘るには早いのに、どうなることでしょう。

 
 また、私が一番切りたいと思っていた「ガヤの木に登ったキウイ」。
 こちらは、ガヤの木ごと半分に折れて、垂れ下がり、下のほうの「アジサイ」や「焼却炉」を押し倒して。
 道を塞いで通れないそう。

 これを一番に片付けないと、下を通れない。

 この際、ガヤの木を切ってしまい、キウイのツルを取りやすいところに這わそうと思っていますが、そう簡単にはいかないと思っています。
 何しろ、キウイのツルもものすごく、ゴツイ、手ごわい。

 キウイも収穫するにはまだ早いはずだから?


 そんなこんなで一人で大仕事をしている夫だけど、
 私は12時から、幼稚園、小学校、中学校までほとんどが同じ顔ぶれの同窓会へ。

 地元中の地元、断る理由も無く、いつ頃だったか?このたびの幹事さんから電話が有った時に、「出席します」。

 近回りにいる同級生だけの、ミニ同窓会、全員でも40名くらいかな?

 行って見てビックリ。
 全員で11名、男性5名、女性6名。

 中学校を卒業するときは、109名。
 今までの物故者、11名。

 今、68歳か69歳。

 来年は98名に連絡して、四国の道後温泉に行く予定。


 そして今日は「敬老の日」だそうだ。

  P1040441.jpg
 孫坊主がこんな色紙をプレゼントしてくれました。

 昨年もらった物もちゃんと取ってあります。いい記念になります。


 最期に今日の午前中に乾かした物。カボチャです。
   P1040443.jpg
 カチンカチンに乾きました。

 「からりんこ」が高いとみるか、どうか。
 私は、野菜がどれだけ乾くか?試したかったのだし、これだけ乾けば言う事無し。

 今度はいつ使う?
 柚子のお菓子に使います。


そうそう昨夜、「ニンニク味噌」をこしらえました。
 ニンニクがゴロゴロ。
 1キロの味噌にニンニク、砂糖、酒、昆布茶などたくさん入れて火にかけて、よ~く練ったので、日持ちがします。
 
 友人達に配ろうと思っています。 

降ったり止んだり

 今日は全員自宅。

 私は「からりんこ」で、玉ねぎ、サンショウの実を乾かしました。

  P1040435.jpg      P1040437.jpg
 左が切って広げたもの。

 網トレーが4枚付いています。
 右が、網トレー一枚を時間をかけ過ぎた物がまじって、焦げています。(昼食していて忘れてた)

 P1040434.jpg      P1040436.jpg
 サンショウの実が青いうちに取れなくて、現在はこんなふうに色づいています、カチカチ。
 そこで、「粉サンショウ」に出来ないかとためしています。
 一度にたくさん、でなく、使うその都度、こしらえたら良いらしいですが。
 まぁ物は試し。


 昨日はものすごく暑くて、ハクサイの苗を運んだり、切りワラを運んだりと、いつもはしない事をしたものだから、疲れています。
 夫は、雨なので自宅。

 忙しくて夏休みが取れなかった息子、今夏休み中。

 今日明日、キャンプの予定で、市のキャンプ場のバンガロウを予約していたそう。
 台風の影響か雨、なのに。

 孫坊主2人と4人で出かけて行きました、午後3時に。
 場所は近くだし、山のアタマだから、まず心配はいらないけど。

 私だったらこんな時に、絶対に行かないぞ!と思う。

 静か~~です。

予定は変更

 まず昨日「からりんこ」で試した「ニューピオーネ」、大失敗でした。
  P1040433.jpg
 切り口が上です。
 実がしぼんでしまって、皮がほとんど、まぁ味は濃厚になったけど、生のままで食べる方が良かった。

 まぁダメだと分かったのだから。


 今朝「1時間ほど白菜の苗を植えるのを手伝ってくれ」だと。

 内心、植えたんじゃなかったの?と思ったけど、毎日お風呂上りに、腰や肩が痛いと言っているので、
仕方が無い、手伝うことにしようと。

 ほんとは、却下!だったのに。(倒れられたら、その方が困る)

 白菜を植える畝はこしらえていたので(夫)、植え穴を掘ってくれて、その穴に水を入れて、ポットの白菜苗を植えるだけ。
 その周りに、切りワラを振って、水のシャワーをかけておきました。
    P1040428.jpg
 夫はその隣に大根、紅芯大根、カブを撒いてくれました。

 白菜の苗はまだたくさん残っているので、「ほんとにもう植えんでもええか?」と。

 「食べるだけでいいから、足りなかったら買うわ」

 一人、12時には帰宅。

 孫坊主たちは、午後からお墓掃除に行くと言っていたのに、チビ坊主が熱を出して行けず。
 パパと兄坊主の2人で出かけて、キレイに掃除をしてくれたそうです。

 夕方に夫、パパと坊主が疲れて帰って来ました。
 これで、お彼岸が来ても大丈夫。

自宅でホッとしています

 今日から4日ほどは、ミョウガは無し、ヤレヤレです。

 午前中はゆっくり。

 昨日届いた「からりんこ」、代引き手数料525円、で総額が9505円也。

 近頃?乾燥野菜や果物を入れたパックが売られています。
 それが案外高い。

 それなら自分で作ろう。(食べきれない物がたくさん有るし)

 もう一つの理由に、このように簡単に乾燥させる物が欲しかったのは、「食べるラー油」を作るとき、ニンニクのから揚げは少し気長に揚げれば出来るのに、玉ねぎのから揚げはどうしてもカラッと揚がらなかったから。
  
 まだ玉ねぎは試していませんが、ゴーヤはこれで乾かしました。
 案外簡単に乾きました。

 次は、ニューピオーネが有ったので試しています。

P1040421_20130913212944c76.jpg
          P1040424.jpg     P1040423.jpg
 写真が変なことになったので、直したらまたちょっと変なことに。
 ブドウは大好きなので、ほんとは生のままが良いのですが、試しに乾かしています。
 半分に切っています。


 それから、マーガレットを縫いました。
 ところが、またまた大失敗。

 黒色のレース生地で作ったのは良いけれど、生地の裏表を間違えてしまって。
 丈も長すぎたし。


 それで今度は同じ黒色だけど、違うレース地で同じマーガレットだけど、パターンを替えました。
 こんな時、大量の布が有るのはいいもんです、失敗は棚に上げて。

  P1040426.jpg
 写真は本の物です。
 左手にちょこっと写っている黒いのがレース地です。
 こちらは、まぁまぁのが出来ました。


 明日も自宅かな~?
 
 



大好物

 夕食を済ませて2階に上がって休んでいたら、ピンポーン。

 孫坊主達は、久しぶりに外食に出かけて留守。

 降りなくちゃぁ。

 見ると友人が「イチジク」をたくさん。

 ご主人の車で、農作業帰りの格好。
 午後7時を過ぎて、あたりは薄暗い。
 私達夫婦よりもウワテじゃわぁ。

 私はイチジクが大好き。

 お店をしている時にお客さんが(イチジク農家)、よく出荷時のイチジクを持って来てくださった。
 その上、挿し木にしたら?と数種の枝をいただいた。

 挿し木にしたら、何本も上手いこといった。

 夫に「植えて」と頼んでいたのに、いっこうに畑に植えてくれなくて、結局枯れてしまった。

 夫曰く「イチジクは嫌いじゃ、子供の頃食べたら口の周りが痛くなった」じゃと。

 あまり好き嫌いを言わないのに、よっぽど嫌いらしい。
 それにしても、イチジクの苗木はモッタイナイことをした。


 毎日同じ事をしています。
 私はミョウガを取りに行き、2時頃に自宅に帰り、袋詰め。
 そして一人で市場へ出荷。
 今日はまだ他の人は出荷されてなかった。

 市場はいいんですよ、市は朝だから、たとえば今夕持って行った品は明日朝が市で、その次の日には支払いがされます。

 別に現金がすぐに欲しいことは無いけど、(まとめてもらった方が良いから)
 昨日みたいに、たくさん同じ品が出荷されていた場合、いくらの単価になったかは知りたいだけ。

 良いと言ったって、悪かったとしても、たかが私の小遣い程度の金額、大勢に影響は無し。
 良い評価をいただけば、嬉しいだけのことです。

 夫は白菜の苗作りをしていたのが大きくなり、植えるための畑の準備。

 明日は植える手伝いをしてほしいらしいけど、却下。
 今度こそ、縫い物をしなくちゃ!

 「売るほどの量は作らんでね!」
 直売所も、本式の農家さんが作られた野菜がいっぱい、とうてい真似も出来ない。

 ウチの家族6人が食べるだけでいいんだから。(そういう上手いこと出来るか、だって)


 夕方いっとき、雨が降りました。

わがまま?

 秋ミョウガを植えておられる農家の方が多い?

 我が家は、夏ミョウガの方をたくさん植えている。
 しかし今年は天候の関係か、まぜこじゃになっている。

 夏ミョウガを出荷した時に、引っ張りダコと言われた。
 値も良く買っていただいた。

 それから、中生になって、今は秋ミョウガになっている。
 秋ミョウガは、一段と大きくて色もピンク、見分けがつき易い。


 もぅミョウガにも疲れたし、今朝は小さいのも全部取って、今日で終わりにしようと。

 しかしながら、家の側の畑に行くと、これから大きくなろうとしている物がたくさん出ている。
 ぇぇ~っ、まだ取らなくちゃいけないの?

 急に疲れが出てきた。
 キレイに洗って帰り、夕方自宅で選別し袋詰め。
 午後6時ごろ、市場へ。

 行ってビックリ!
 まぁたくさんのミョウガを出荷されている。
 でもこれは近隣の農家のミョウガ。

 有名な高知のミョウガが、トラックで入荷されているんだと。



 夫は今日の午前中、山の家地区の「草刈り」。
 
 いつものごとく、地区を出ている我が家のような人が、お手伝い。
 とは言え、住んでおられる方よりも多く、道路を利用させていただいているので当然の事。

 午後も家周りの草刈りをしていた。


 そうそう今日、今年初めての「彼岸花」が咲いているのを見つけました。
 2~3日もすると、一斉に咲き揃うことでしょう。

パッチワーク教室

 パッチどころか何~も縫い物をしていないので、今日だけは休みたかった。

 でも、友人達に「ミョウガの佃煮、甘酢漬け」をたくさん作って持って行ってあげようと作っていたので、出かけました。



 我が家は何事も無かった先日の大雨による「大雨、洪水警報」
 友人の家は大川に比較的近く、堤防も低いらしくて、非難準備をされたそうだ。

 もう少し長雨が降れば、危険だったと。

 山の側も川の側も危険。


 久しぶりに友人達に会って、いっぱいオシャベリ。
 やっぱり行かなくちゃ。


 帰宅後はほんとに久しぶりに、「針」を持ちました。

  P1040413.jpg      P1040414_20130910195445c98.jpg
 先日購入した「帽子の木型」です。
 

食料品の買出し

 冷蔵庫の中に肉魚系が無くなってきた。

 買出しに行かなくちゃ。
 私は魚系が好きなのに、スーパーの魚って、美味しいのが少ない気がする、私の近くだけ?

 パンコーナーがすごく広くなって、充実してるらしいけど、パンは滅多に食べない。(太るから)

 
 夏始めごろから太ってきたけど、「熱中症」になるよりはマシと、甘い物も食べたし、アイスも欠かさずに食べた。
 結果は太ったまま。

 涼しくなってきたから、元にもどさなくちゃならないのに、戻れない。

 この月の中ごろには、同窓会が有る、えっあと1週間しかない。
 そりゃぁ元に戻すのって、無理無理。

 まぁ嫁に行くんじゃ無いから、その上に日に焼けて、手が真っ黒!
 手袋はしてた筈なのに。

 今更ドウシヨウモナイ。
 どうせ、同級生だから、似たりよったり?
 いやいや、美人もいる。

 今日は集めている「手ぬぐい」を染めてみた。
 何かになるはずだけど、ならないかも。

 ボツボツ縫い物をする気にならないかなぁ?と我が身に聞いてみる。

 布は増えているんだけど。
 帽子の木型も買った。

 その内に注文の品も届くはず。

 暑いからは、理由にならなくなってきた。
 

2020年のオリンピックは東京で

 オリンピックの開催地が東京に決定!

 暗いニュースが多い中、ほんとに嬉しいニュースでした。


 夏野菜のほとんどが終わりです。
 ナスとシシトウはもう少しいけそうですが。


 今日も朝方雨が降っていました。
 それで、今日も一日中家の中で。

 夕食は5時。
 これがいけません。

 夜中におなかが空いて、困りものです。


 夫が、「秋野菜は何が良いか?」と聞くので、
 「イヤなのは、タァサイ。平べったくて、葉の中に落ち葉のゴミが入るし」
 
 園芸店のパンフレットを見ての会話ですが。
 白菜はもう種まきをして、ポットに植え替えてくれています。

 ほうれん草は○○、小松菜は○○。

 「食べられるだけの量でいいから、たくさん作って食べろ食べろ言われても困るから」

 「そういう訳にはいかん、小袋で買っても一袋分は撒くから」

 言う事は分かるけど、そうは食べられないし。


 無農薬で作ってくれるのだから、手間も掛かるし、大変なのは分かる。

 家族6人は安心して食べられるし。



 毎日楽しみに訪問していたブログが、今日で閉じられることになりました。
 とっても悲しいです。
 いつか再開してくださることを祈っています。


 私はボケ防止ぐらいのつもりでブログを書いています、それと記録。
 文章も下手だし。
 多くの方のブログに勝手にお邪魔して、コメントも残せていません。

 コメントしたい時も多いのですが、上手く表現できないので、なんの気なしに書いたコメントで気分をそこなうような事になったら、それこそ大変失礼になると思って、書いていません、ごめんなさい。

 

今日の外出は

 朝はゆっくり起きて。

 「あまちゃん」を見て。

 どうしようもない程のミョウガを、味噌漬け、甘酢漬け、三杯酢へ。

 これも行き場の無い、しし唐を味噌炒め。


 そうこうしていたら、自治会の役員さんが、老人会を欠席される方に配る、記念品を持って来られた。


 今日中に配らねば、と言っても4名だけ。

 配って来ました、家から出たのはこの時だけ、これも外出のうち?


 孫坊主たちはママの車で、出張から帰るパパさんを駅までお迎えに。


 今日は食事の支度と洗濯をしただけ、こ~んな日も有り。

もぅ笑うより他無い

 今年の夏は、猛暑で水不足、干ばつ。

 そして今度は、大雨。

 いつもなら、夏ミョウガと秋ミョウガの間が有ったのに。

 夏ミョウガの所にあまり生えず。

 中生になって。

 そして今朝、田んぼを覗いて見たら、夏ミョウガを取った後に、今度は秋ミョウガらしき物が。

 ミョウガの株が、夏も中生も秋も、いっしょくちゃ(混ぜこじゃ)、生えているので取らなくちゃ。

 「もう休まれんわ」と思いながら、ミョウガの中を前へ進んで行くと、信じられない光景が!

 「イノシシ」の仕業。

 ミョウガの株(背丈以上あり長い)の畝の間ならまだしも、

 田んぼじゅうが、ユンボでかき回されたよう。
 ミョウガの株がひっくり返ったり、池のようになったり、それはそれは大ごと。

 株を全部押しのけてしまったり。

 他に植えている田んぼに行って見たら、こちらもすごい事に。


 腹が立つ、と言うより、「笑うしかないわ」

 荒らされた証拠写真を撮ろうにも、カメラを携帯してなかった。


 我が家も我が家だけど、その田んぼの下の畑のKさんち。

 「サトイモ」を植えておられるのに、こちらも混ぜ返されて、サトイモは全滅。
 大豆も食べられているように見えた。



 山の家に帰って、事の詳細を夫に話すと、

 「今度は、畑を耕運機で耕してミョウガを植え替えて~、言うとったから、そりゃぁ丁度ええわ」
 「イノシシがそれだけ掘りうがしてくれたんなら、手間が省けて良かった」じゃと。

 「私らの話を聞きょうたんじゃろか?」


 イノシシ被害はこれだけにあらず。
 山の家の周りの道を掘りうがし、急な石垣の道を上へ下へと駆け上がり、駆け下りて、道が無くなっている所も多々あり。

 畑の中に大穴を開けて。

 とは言え、大震災は言うに及ばず、竜巻、土砂災害などあまりにも大災害が多すぎて。


 私のことなど、ほんの微々たる事。


 P1040409.jpg
 上の草の名前を私達のところでは、「ムシオ」って言います、正式名称は分かりません。
 地上部は雑草、なのですが、地下に木の根のようなごつい根をはりめぐらしています。

 イノシシはこの根が大好きみたいで、雑草は鎌で刈り取っていても、根っこがたくさんあります。
 それで、畑や田んぼじゅう、掘り返しているらしいです。

 それに「ミミズ」も好きで、私達のように有機栽培をしていれば、ミミズもたくさん。
 イノシシを飼っているようなものでしょうか。

 P1040385.jpg     P1040410.jpg     P1040411.jpg

 マユミ、ルリやなぎ、ミズヒキです。

心配になって

 行くつもりはなかったけれど。

 昨日の防災無線で、友人の家の近くが山崩れで「通行止め」と。

 山の家よりも10キロ以上北部。
 携帯に電話したら、「仕事に来てる」と。

 「通行止めじゃ無かったの?」

 「家の側は、どちら周りでも土砂崩れ、その他の場所も通行止めが何箇所も」

 地域の方は、通行止めだからと言って、自宅で待機している訳にもいかず。

 大規模災害では無いので、慎重に通れば通れるらしい。



 今朝、山の家が気になって、2人で別々に行って来ました。

 自宅から山の家までの20キロほど、おかげで災害も無く、田んぼの稲も倒れる事無く。

 稲刈りまであと少し、無事で良かった。
 倒れた稲の稲刈りがどれほど大変か、ウン十年も体験して来たから、他人様の稲でも気になって。


 お天気は晴れ、日なたにいれば暑い。

 でも、コオロギも鳴いているし、わずかだけど「べにトンボ」も飛んでいる。

 
 夕方には、福山へ行って来ました。

大雨、洪水警報

 昨日から、大雨警報が出たままだけど、そんなに雨はふらず。

 夜半から大雨が降っている模様。
 
 風もきつくなって来た。

 大雨、洪水警報になった。

 台風がこちらに向かって来ている、途中から温帯低気圧になったそう。

 風が止んでヤレヤレ。


 もちろん孫坊主の幼稚園は休園。

 雨も風も収まってから、大川が危険水域に達していると市の防災無線が放送している、何度も。


 「ウチは大川からどの位離れている?」かと。

 「ゥ~ン、1キロ位かな?」

 「洪水で川が氾濫しても、我が家が床下浸水することは無いけど」

 裏山も頑丈な工事がなされているから、まず大丈夫だと思うけど。


 台風の風は怖い、竜巻も恐ろしい!


 いつもの道路を通って、知り合いの人の所へ。
 途中で通行止め。

 道路の低い所が大雨で冠水して、農業用水路と同じ高さになったので危険!だとか。

 大周りして行って来た。

 市内でもあちこちが「崖くずれ」で通行止め。
 
 大川も氾濫しなくて良かった。

せっかくお弁当を持って行ったのに

 天気予報では、午後から雨が降ると言っていたけれど。

 昨年は「スダチ」がたくさん生って、知り合いに配った。
 ところが、市場へ持って行っておられる。

 葉がいっぱいに茂っていたけど、生っているはず、と今朝取りに行って見た。
 わずか、しかなかった。

 やっぱり、ミョウガが気になって覗いて見たら、中生ミョウガが顔を出している。
 少しなので、市場には少なすぎる、楽しみにしておられる方に持って行こう。


 ニラを採ったり、オクラを採ったり。
 ニンジンを抜いて(雨がたくさん降ったので抜けました)

 11時過ぎから、雨がパラパラしだしました。

 12時のラジオの天気予報では、また「大雨警報」が出ましたと。


 今日はR君、幼稚園に行っているのに。

 お弁当を折角持って行っていたのに、夫が「もう帰ろう」と言うので、帰宅。

 大雨警報が出たので、帰宅していると思っていたR君、給食を食べてから帰って来ました。

 警報が出たと言っても、ビックリするほどの雨は、今午後8時半ですが降っていません。
 今現在も「警報」が出たまま。

 大川の水も泥水、ではありませんでした。
 災害が起きないように、祈るのみ。

 息子はまた出張。

本日も大雨警報が出た

 昨夜から大雨が降ったり止んだり。

 大雨警報が出たまま。

 午前7時になっても解除にならないので、幼稚園も休園。
 
 孫坊主、「ヤッター」だって。
 
 「幼稚園が休みで喜んで、どうするん?勉強が出来ないじゃろ?」
 「だって、行かなくていいんだもん」

 
 私は10時15分予約の歯医者へ、10時前に行ったら、すぐに呼ばれて、15分には終わった。


 そのまま、その足で福山の市場へ。

 「取らぬタヌキの皮算用」だったが、総額で希望額にはなった。
 孫坊主ではないが、ヤッター!!


 今午後5時になった。
 今日の大川は、濁り水をだしている。

 午前中、山の家に行って来た夫、家に被害は無かったけれど、家周り、畑周りの側溝をキレイに掃除して来たと。

 側溝の溝掃除はかかせない。
 さもないと、畑の土が流されてしまう。
 急傾斜地だから。


 雨が降っていいことも有るそうだ。
 乾燥して、ナスなどの野菜たち、カラスやサルにヤラレタままだったのが、きれいな大きな物になって、持って帰ってくれた。

今日も一日中降ったり止んだり

 朝からエアコンをつけたり消したり。

 でも30度以下だった。

 少し涼しさも感じるようになって、夏バテ気味。


 玉ねぎの出来は悪かったけど、ニンニクがたくさん出来たので、義弟妹へのお土産にたくさんあげていたら、いい加減な量になってきた。

 我が家でも、食べ過ぎかな?と思うほどの使用量。

 今、ブログを書いていて思い出した。

 明日は、歯医者の予約日。
 ニンニクをたくさん食べ過ぎた、よ~く歯磨きしよう。

 予約時間は 午前10時15分。今度は間違わないように行こう。

 
 孫坊主2人、ちょこっと買い物に出かけてきたけれど、一日中家の中。

 2階に上がって来てみたり、下から「ばぁば、じぃじ」と呼んでみたり。
 騒々しいことこの上無し、なんだけど、それはそれで可愛い。

 2歳の坊主の言うことに、「ライダーキックしていい?」 、「「キックしたら痛いよ、ダメ!!」

 また食事時に「コップの水、こぼしていい?」だと。
 「コップの水をこぼしていいと思うの?ダ・メ!!」

 6歳の兄の言うこと、する事を、即座に真似します。
 兄坊主の方がおっとりして、2歳の坊主がやんちゃ、みたい。

 それでも、2人して大騒ぎ。
 「ウチは動物園じゃ無いんだからね!」

 効き目無し!

 が、「ばぁば、今夜のお風呂は、滑らない入浴剤を入れたから、昨日と違ってすべらないよ」と。

 夫と2人で話すに、「これが反対に静か過ぎるようではその方が心配は尽きないから、ね~」。


 騒々しいのもまた良し、としましょう。 
 | ホーム |  page top