リンク


カレンダー

03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

プロフィール

どんぐり

Author:どんぐり
 私の部屋にはたくさんの布と古布の山。
 同居する孫との日々の出来事。
 時々、山の家に行って、夫に付いて農作業。
 自分達で作った野菜は安全、安心です。


最新記事


月別アーカイブ


水槽


検索フォーム

QRコード

QR
まとめ

今日は仕事部屋

 仕事部屋の中にいただけ。

 幼稚園生の孫坊主、今日は幼稚園。でも午前中だけ。

 午後、ママが出かけたあとも一人でず~~~っと「海賊船」を組み立てている。

 小さなパーツ、気を付けていても時々T君に触られて、部品が無くなる。

 「あまりにも一生懸命していたら、ばぁばのように眼が悪くなるよ」と一言。

 夕食後やっと出来上がり。


 J君の家のおばぁちゃんがいま旅行中。

 月末、月始めは忙しい娘。

 今、小指の骨折で自転車に乗れないJ君。
 頼まれてJ君ちまで送って行った。

 夕食の仕度は、中二のNちゃんが、バレーボールの部活から帰宅後にこしらえているとの事。(J君の話)
 顔を見てから帰ろうか?と思ったけど、邪魔をしても悪い。

 みなそれぞれに頑張っている。

 健康には気を付けて。

のんびりしています

 昨日も今日もこれといった事もしないで、ボケ~~っと過ごしました。

 色々なことの区切りがやっと付いた感じ。

 と言えば聞こえは良いけど、いつものごとく、探し物がみつかりません。
 ボケ~~っとしているから、見つからないんでしょうけど。

 孫坊主を相手に遊んでみたり。


 その点夫は毎日山の家へ。
 そんなに働かなくてもいいのに、と思うけど。

 「山の家へ一緒に行ってみるか?」だと。
 「御免こうむります!」

 遊びがてらに、と言ったって、付いて行けば「あぁしろ、これをしろ」と言うに決まっている。

 まぁ言われなくても、「しなければならない事が山ほど有る」のは分かっている。


 探し物をしていたら、そばにアルバム。
 よせばいいのに、次々に見ていたら、もう他の事は忘れて。

 孫のJ君の4歳頃の写真、我が家のR君とほんとに良く似ている。
 従兄弟だから、だけど。

 私にだって、若い時が有ったのだ。影も形も無くなったけど。


 もうちょっと、気を付けよう!

法事が無事終了


 
 本堂での読経が終わり、山の家のお墓へ皆でお墓参り。

 私とママ、それに夫の弟2人の嫁さんがふたり残って、会食の準備(お膳に据え付けるのは料理屋さんの仕事)やら、お供え物等ををみなさんにお分けする作業。


 まず夫が今日の法要に際してのお礼等の挨拶。

 挨拶のだらだら長いのは失礼、簡潔に。
 
 次に息子が出張で出席出来ないことのお詫び。
 その代わりとして、長男のR君が皆様にご挨拶をさせていただくこと。

 紙に書いた通り「今日は皆様有難うございます、これからもよろしくお願いします」と。

   P1030738_20130427202038.jpg

 みなさん、たくさんの拍手をくださいました。
 5歳の子供にプレッシャーをかけましたが、無事終了。


 あとは、大人たちが会食をしながら雑談をしているので、外に出て高二のJ君に遊んでもらっています。

 J君はとっても優しい子なので、よ~く面倒をみてくれます。

   P1030744.jpg

  お寺の鐘をR君が突いて、降りるところ。
  
  従兄弟と言っても、J君は16歳、R君は5歳。
  お兄ちゃんと呼ばずに、J君て言っています。

  中二になったNちゃんは、少し恥ずかしい年頃になったかな?
 
   T君も大勢の人に最初はとまどっていましたが、じきに慣れてオオハシャギです。

 なにはともあれ、義父母の13回忌、3回忌が無事終了し、ホットしています。

  

今日も法事用の買い物

 4月27日に義父母の法事を行なうことは、昨年に一周忌をした時に決めていた。

 ちょうど連休になるので、最初にした方が皆さん計画を立てやすいだろうと。


 我が家の息子、3月から九州へ出張中。

 次に最近になって、娘が接待係りになったので、参れないと。(名前を書いたら丸分かり)

 でもJ君、Nちゃん、父さんが参ってくれる。
 我が家には孫坊主が2人にママ。


 最近になってR君に、「パパが帰れないから、代わりにR君が挨拶をしたらいいよ」と。


 「ええ~っ、どうしてR君が挨拶するの?」
 「そりゃぁパパがいないんだから仕方がないよ」

 「じぃじがすればいいじゃん」
 「そりゃぁもちろん、じぃじはするよ、R君と一緒にね」

 「ばぁばはしないの?」
 「ばぁばは、そのときの挨拶はしないけど、みなさんが来られた時に、一人ひとりに挨拶するよ」


 「R君は何て言えばいいの?」
 「じぃじが挨拶したら、そのあとで、今日は皆様ありがとうございます、よろしくおねがいします、って言えばいいんだよ」

 「忘れたらどうするの?」
 「そりゃぁ紙に書いておけばいいよ」

 「じぃじも書くの?」
 「じぃじは挨拶は慣れてるから、書かなくてもいくらでも言うよ」


 5~6日前からR君、挨拶が気になっている様子。
 自分で紙に書いています。
 まだ字を習っていないので、読むのは良く読むけれど、反対向きの字になったりして。

 「ばぁば、R君の言うことを紙に書いてよ」
 「ばぁばは字が下手だから、自分で書いた方がいいと思うよ」

 「ばぁば、大丈夫、だいじょうぶ。R君がじぶんで書いたきたない字でも、読んでるんだから」


 やる気はじゅうぶん、の様子。
 5歳の子供にプレッシャーをかけすぎたかな?

 「R君、大声大会に出たぐらいだから、大丈夫!」

 そしたら、「ばぁば、大声で言ってもいいの?」だって。

 「大声で言ったらダメだよ、普通の声でね」
 「ウン、分かった」

 
 明日は法事よりも何よりも、R君の挨拶が。

 なんて言ったら、義父母に失礼!


 「お寺を使ってください」のお言葉に甘えて、お寺で法要、会食も料理屋さんに運んでいただいて。

  
 お墓参りは山の家の墓地ですが。

 先日キレイに磨いたから、こちらは大丈夫。 

今日は孫坊主のお相手

 一日の経つのが早いこと。

 午前中は何をしていたっけ?
 掃除や洗濯は当たり前の事だけど?


 ほんとにすぐに、忘れます。


 午後はママとT君がお出かけなので、R君のお相手。


 朝幼稚園に行く時から、「ばぁば、お昼からは一緒に遊ぼうね」と。


 何て言う物か知らないけど、部屋いっぱいに線路を広げるつもりで、今日はキレイに片付けています。

 P1030734.jpg      P1030719.jpg
 
 もっともっと広げるつもりらしかったけど。

 「ばぁば、一緒にやろうよ」って言っても、「へぇ~どうするの?」
 スイッチの付いた物を持たされて、ビュンビュン走る車を線路から落とさないように走らせるんだと。

 説明しながら、遊んでくれました。(笑)


 「ばぁば、今度は他の事をしようよ」  「パズル?」

  P1030735.jpg

 「一緒にしようよと言ったって、ばぁばはこれは苦手だよ」

 「でも、じぃじはちゃんとしてくれたよ」
 「じぃじはじぃじだよ、それに1,000ピースも有るなんて、見ただけで頭が痛くなるよ」

 しばらくの間、R君がハメルのを見ていました。

 「何処を見たら分かるの?」
 「そりゃぁばぁば、色や形で分かるでしょ、色はママがだいたい分けてくれてるし」

 「はぁ~そうなんだ、分けてもらっていたら少し早くできるね」



 お次は、「絵本を読んで」と。

 次はテレビに録画している「ビフォー、アフター」を。

 ズ~ッと見ていたかと思うと、「ばぁば、R君が大きくなって、こんなお家が建てられるかな~?」と。

 「そりゃぁ大丈夫だよ、ばぁばはもう無理だけど、R君はこれからいっぱいお勉強をするんだからね」


   P1030721.jpg
 先日買ったR君のイスです。
 大人用のイスに気にいった物が無く、ようやく決めたのが、このイス。

 高さ調節が出来て、前後にも調節出来ます。
 だいたいは「机のイス」だそうですが。
 本人の気に入ったのが一番、と言うことで。


 ほんの2~3日の事なのに、姿勢が良くなりました。
 ママと2人で組み立てたそうです。(ほとんど一人でしたのかと思っていましたが、やはり)


 
 夕方思いがけず、高二のJ君が学校帰りに寄ってくれました。久しぶり。


 
 明後日の法事には、J君もNちゃんもお父さんと一緒にお参りしてくれます。


 お母さん(娘)は、有名人が来られる接待係になったので、出席出来ません。
 娘が「法事を欠席してもいいのかな~?」って相談したけど、

 「いつもちゃんとしてくれているんだから、そりゃぁ仕事を優先してね」って。


 いくら近くに住んでいる娘でも、結婚してその上にちゃんと仕事を持っている。
 お葬式ならいざ知らず。

出歩くのに疲れた・・・

 家の中でじ~~っとしているのに、風邪を引いたりして困りましたが。


 ここ2~3日、出歩いていたら、それにも疲れて。

 昨日の午後、R君は私の行き付けのお店で、散髪。

 髪を切ってもらっている間は、おとなしくしていましたが、襟足などを剃るときは、「くすぐったい」と動くので、おさえつけて。

 でも帰りは、ルンルンで、お手手つないで、ごきげん。


 ママは幼稚園のことで、T君を連れてお出かけしているので、R君と買い物。

 「ばぁばの行くお店は○○と○○だから覚えておいてね、ばぁばはすぐに忘れるんだから」

 「オッケー!R君がいるから大丈夫だよ」

 
 法事用の買い物。

 大きな物や重い物は先に買っていた。


 「ばぁば、もう忘れ物は無いの?」
 「また買いに行くからいいよ」




 まだ今のところ幼稚園は午前中だけ。

 今日の午後はR君の「プールの日」

 それでT君のお守り。

 今日も、そ~~っと、お出かけ。

 その内に「ママは?」   「ママはプール」


 何度繰り返したことか?
 
 それにしても、た~~~くさんの玩具を持っている。

 子供部屋からリビングは、おお散らかし。

 それらを次々と出して来て。


 まぁ泣かなくなっただけでも、良しとしよう。

 「ママは?」   「ママはプール! お兄ちゃんもプール!」

 2人帰って来たら案の定、「ママ、ママ、ママ~~」



 床の間のなげしに「猿田彦の面」を掛けているのが怖くて怖くて、「鬼が怖い!」と行くのを嫌がっていましたが、私がT君を抱っこしたままで、そのお面をはずして、「鬼さん可愛い、可愛い」って言っていたら、前ほど怖がらなくなりました。


 5月人形は、「赤ちゃん」だと。赤ちゃんに見えるのかな~?



 長いこと縫い物をしていません。
 
 法事が済んだら、その気になれるかな?って思っていますが、どうなります事やら。




 記録

 従兄弟の奥さんの49日。
 友人の母上。
 実家の父の17回忌。
 叔母の告別式。
 甥の長女。
 山の家の組内。
 姪の結婚式。
 従兄弟の奥さんの告別式。
 
 そして4月27日は我が家の義父母の17回忌と3回忌。


 そして軽四を買った。


 以上が今年に入って、今までに有った事。

 不幸はもうありませんように。



 しかしあと、姪一人、甥2人、まだ独身。
 こちらは早く、結婚して~~~~!

 私は飛行機に乗って行く所まではよう行かんけど、伯父さんは何処まででも行くからね!



 

今日は買い物に

 今日も夫は、山の家へ。


 R君、土曜日が参観日だったので、今日の月曜日は振り替え休日。

 ママとR君、T君、福山に買い物に行くと。

 「何処に行くの~?何を買うの~?」

 我が家の食事テーブル、だいぶ前に購入して忘れるほど。
 
 悪い事に、イスにコマが付いているのでクルクルと逃げて行く。
 その上に、イス自体が回る。上も下も回るので。R君は遊びごとにクルクルさせる。

 食事時に夫が「クニャクニャせずに、ちゃんとしてたべなさい!」

 R君の姿勢も悪くなるし、落ち着いて食べられない。


 昨年の4月に我が家に帰ってくれた時から、「R君のイスは買ってあげるから」の約束。

 イスを買うなら付いて行こう。


 「ばぁば、一緒に行く?」
 「一緒には行かないよ、自分の車で行くから、お店で落ち合おう」

 「同じお店に行くのに、どうして別々に行くの?」
 「イスを買うお店は一緒だけど、その後に行くお店が違うよ」

 「ヤッチも無い物を買うんだから、教えない。それに大きな声で話していたら、ご近所の人にまで、バレルじゃない?」

 
 お店で、R君のお気に入りのイスが見つかるまで、お付き合い。
 その上に、在庫が有って、持ち帰れるし、組み立ても出来るから、大喜び。

 私からすれば考えられない事だけど、「組み立てが出来るから嬉しい」だって。


 その後は、「回るお寿司」のお店へ。

 それからは、別行動。

 別れ際にR君の言った事、「ヤッチモナイのを買うのは、ドリーム(手芸材料店)でしょ」だと。

 「大当たり!、みんなには必要無いからね」


 帰宅後、本当にイスを箱から出して、あらかた一人で組み立てました。
 大工さんになりたい、と言うはずです。
 おもちゃも一人で組み立て。

 このイスは9,980円だったはず。(これだけで喜んでくれれば言うこと無し)


 私は夜に印刷しようとしても出来ず、メールが来ているのに、開けて良いものやら?分からず。

 ママに頼んで、印刷も出来たし、メールも開けて見なければならない物を見つけてもらったし。
 まぁ何をしても一人では、な~~んにも出来ないことばかり。

 と言うか、へんなメールに引っかかったら、大ごと。
 

葛城ユキさんを見に、聴きに・・・

 今朝は朝イチに市議会議員の選挙。



 先日見に行った、ツツジの山へ。

 
 地元出身の「葛城ユキさん」が出られるので、歌を聴きに、姿を見に。

 63歳か64歳のはず。

 友人が同級生だと言っていたから、そのあたりの年齢。

 そのパワフルな歌声に魅了されました。
 すばらしい脚線美。

 地元の○○大使、に任命されていました。

 元気をもらった!って感じ。


 デジカメからパソコンにどうやっても写真が取り込めませんでしたが、今日はどういう訳か、取り込めて。


 P1030691.jpg      P1030692.jpg
 先日と同じ所から撮りましたが。
 ずっと上の方が、瀬戸内海。

 山並みの向こうの方の、山の中に、山の家があります。
 山また山の中。

 P1030696.jpg       P1030697.jpg


 P1030701.jpg      P1030716.jpg
 先日よりもツツジが咲いてキレイでした。
 イベント会場と会場から上の方を写したものです。



 P1030714.jpg      P1030710.jpg

 葛城ユキさん。
 右は「備中神楽太鼓保存会」の方の「大太鼓」
 この大太鼓、岡山県一、だそうです。重量が800キロ以上。


 帰宅は、山の家にちょこっと寄ったので、4時前だったかな?

 遊び目的だけで夫と2人だなんて、覚えてないぐらい前から久しぶり。


 昨日とは打って変わって、晴れて良かったんですが、寒かった。
 コートを持って行っていて、良かった~~。






 

今日は小雨

 今日は幼稚園の参観日。
 PTAの総会もあるので、T君のお守りを頼まれました。


 最初はおもちゃでお付き合い。

 「ママは~?」

 「ママは参観日」

 テレビでお守り。

 「ママは~?」
 「ママは参観日、お兄ちゃんは幼稚園」

 少しでも疲れさせて、お昼ねに持っていこう、という算段だけど。

 裏山のお大師様へ、階段を上ったり、降りたり。

 お散歩に行ったり。

 手を替え品を替え、ではないけれど、あの手この手で気分をそらして。

「ばぁば、おんぶ」「おんぶはダメ、お散歩しよう」(腰が痛い)

 12時前に、R君とママが連れ立って帰って来ました。

 「ママ、ママ、ママ、ママ~~」 大喜び。


 午後はしばらくして、一人でお店巡り。
 (寒いと言って自分の部屋に閉じこもりの夫、私が出かけていたのは知らないはず)

 出かけるのは、一人の方がお気楽だ~~。

お墓掃除

 今朝は風が強く、ちょっと寒かった。

 山の家に出かける夫が「お墓掃除をしてくれ」って言ったけど、「またするわ」

 色々と用事やら買い物をしていてお昼。
 風も止んで、暖かくなって来た。

 さぁ、行こう!

 我が家から山の家までの距離を測ったら、18~19キロ。30分足らず。

 お彼岸には、義父母の石塔だけ磨いた。
 それが気になっていたので、今日は全部済ませよう。

 石塔を磨くブラシやらタワシやら購入していたので、一人で黙々と。

 大きなのやら、小さなのやら、大小合わせて17基だと思う。

 明治○○年~平成23年まで。

 戦前戦後の時代には若くして亡くなったかたも有る。


 けど、だいたいが長命の家系。
 だが、私たちの地方では夫婦墓が多いのに、一人づつ石塔を建てているのが何基もある。
 だから多い。

 生きて来られた証だから、大事に守っていかなければ、それこそバチが当たる。

 この歳になって、つくづく思った。


 夜になって、今日山の家で撮ってきた写真をパソコンに取り込もうとしたが、何度しても取り込めない。

 ママに見てもらったけど、ママでも分からないらしい。
 まぁ写真が無くても、どうと言うことも無い写真だから。

笠岡ベイファームへ

 昨年の秋頃だったか?夫と2人で、笠岡の道の駅へ行った。

 それよりも最近の方が良くなっているらしい。

 「笠岡へ行って見よう?」と言ったら、「忙しい、一人で行って来い」と。

 「一人で行ける所でも人を当てにして、自分で行動を起こさないのは私の悪いクセだから、今日は一人で行ってくるわ」とママに言い残して、出かけて来ました。

 笠岡湾を干拓して出来た広大な干拓地。

 だけど私が想像していた事とは、ちょっと違った。


 今まで見たことも無いような「大きなアサリ」が有ったので購入。

 孫に「いちご」を、これは甘くて美味しかったらしい。

 他にも色々と購入。

 お客さんは大勢おられたし、介護施設の入居者もマイクロバスで来られていた。

 賑わいがあると言うのは、いいなぁ~~と感じました。


 帰りにちょっと?

 途中で車線変更をしたのはいいけど、少し走って気が付いた。
 目の前の車が「霊柩車」

 近頃の霊柩車は、キンピカでは無いし、気が付くのが遅すぎた。

 もう仕方が無い、斎場のほうに曲がるまで、割り込んだまま。
 別れて、ヤレやれ。
 ほんとに失礼しました、です。

 昨日は親戚の告別式で斎場まで、霊柩車のすぐあとの車だったのに。

 偶然とはいえ、二日続けて霊柩車のうしろを走るとは。

 どこのどなたかは存じませんが、ご冥福をお祈りします。



 今日の午後3時半は、R君の幼稚園の「家庭訪問」の日だった。

天気予報がはずれた

 午後から雨、だそうなので、傘の用意をしなくちゃ。

 国道を走って、あまり迷うはずは無い所。

 天気予報がはずれて、暖かく、午後には晴れてきました。
 無事告別式も終わり。
 お看経もつとめて。
 
 ご冥福をお祈りします。                 合掌


 行きは夫の運転、帰りはお酒類を一滴も飲まない私が運転。


 帰宅は午後4時。


 夕方は、自治会費の集金。自治会役員の初仕事。

 

 

今日はお悔やみに・・・

 今朝は2人で、夫の従兄弟の奥さん(79歳)のお悔やみに。(私の姑さんの実家)
 
 我が家と同じく、大勢の兄弟のいる跡取りのお嫁さん。
 山の家からまだ10㌔あまり北の山の中。

 結婚して46年位になるけど、その間に何回もお邪魔したのに、山の中ばかり通って行くので、道順が覚えられません。目印になる物は何も無し。

 「何時か一人で行く事になるかも分からんから、運転して行けば覚えられる」と。
 そんな事言ったって、分からない。

 「70歳近くになって、一人で行く事も無いわ~」と言ったけど。

 距離を測ったら、我が家から30数キロ。

  20100621_1_20130416191404.jpg
 こんな山の中ばっかり。
 と言っても、この写真の所は、まだ車を交わす箇所が有るから良い。

 そうかと思えば、車一台がやっとの道幅の所がず~~っと続く。

 途中で車に出会ったら、どうするの?
 それこそ、ず~~っとバック。
 バックなんて、ようせん。
 「地元の人がバックしてくれてじゃ」と言うけれど、して下さらなかったら?

 訪問したお宅は、山のテッペンで駐車場も広く取っておられて、日当たりも良い。

 「日当たりが良くていいですね」って言ったら、
 「その代わり、風当たりも強いんです」と言われた。

 ほんとに、台風の時なんか大変だろうな、と思いました。

 亡くなられた方は、キレイなお顔をされていました。 
 長いこと療養されていたけれど、最期はあまり苦しまずに逝かれたらしくて。    合掌


 帰りには、ツツジの綺麗な公園に立ち寄りました。

 P1030653.jpg     P1030655.jpg     P1030658.jpg
 
 真ん中の写真のようなツツジが広い公園一面に咲いていて、それはそれは綺麗です。
 
 右の写真の上の方は、吉備高原、その向こうと言うか上の方は、瀬戸内海が見えるはず?なんだけど。
 「雲海の写真」でよく載る場所です。

 デジカメなので、広い範囲が写せません。腕が悪いのは確かですが、広角で写せないし。


 帰りにちょこっと、山の家へ。
 P1030665.jpg
 モクレンが咲きかけています。

 今日は菜花をちょっと摘んで帰りました。

 午後は孫坊主2人と。
 R君がとっても良くお手伝いをしてくれるようになりました。



 そうそう、山の家に、タケノコが一本も見つかりません。
 イノシシがもの凄い事をしています。

 竹やぶはもちろん、道端も掘り返して。

 毎年まいとし、同じ言葉の繰り返し、「イノシシがその内に飽きるじゃろう」

 イノシシが飽きてしまってから、人間が食べることに。


 明日はまた2人で告別式へ。

 

また賑やかになりました

 今朝は友人が来宅。

 飛行機でスカイツリーを見に行こうと誘われた人。
 「私は行けなかったけど、どうなったの?」

 「別の友人を誘って行った」とお土産をたくさん持って来てくださいました。

 お昼はその友人と2人でランチに。


 今日はママと孫坊主2人が、九州から帰ってくるので、午後、東福山まで車で迎えに行きました。

 3人元気で帰って来ました。ニッコニコ、です。

 「ばぁば、ばぁば、じぃじ、じぃじ」と大モテ、です。

 やっぱり大勢で賑やかなのが一番です。


 
 昨日山の家へちょこっと行った時に、ハプニングがありました。

 山の家まであと数百メートルのところで、走っている私の車に、山側から何かが「ドーン!」と。
 
 落石?!、まだ新車なのに、とバックミラーを見ると、「タヌキ」が下の杉林に駆け下りるのが見えました。
 タヌキ?タヌキが体当たり。

 引いたのでは無くて、良かった。

 山の家へ到着して、車の周りを調べたら、ちゃんと「証拠」が残っていました。

 後輪のタイヤに「タヌキの毛が2本」

  P1030617.jpg

 毛が2本、タイヤの黒い所にくっついているのが、見えるでしょうか?

 今日来てくれた友人にその話をしたら「イノシシで無くて良かったが」と。

 ほんとにそう。

 もしもイノシシがタヌキと同じように体当たりしていたら、道幅は狭いし、下は杉林といえど、絶壁。

 車ごと、崖下に突き落とされていたことでしょう。



 今朝の友人が、「山の家で花見をしよう」と。

 「そうな~、今ならまだソメイヨシノは散りかけだけど残っているし・・・・・」

 この友人、数年前に「薄墨桜」を見に行った仲間。
 同じように「薄墨桜の苗木」を買って来て植えたのに、もう咲いていると。
 「我が家は昨日確かめたけど、まだ咲いて無い、何が悪いんじゃろ?」
 「桜はまだ色々と咲くから」と言ったら。
 「桜じゃ無くて、サツキが咲いたらキレイだから、そのころに花見がいい」と。

 4月27日は法事をするけど。

 「サツキは5月の中旬以降だと思うわ」
 「それなら、サツキの花見をしよう」と言うことに。

 「そうじゃ、息子がウッドデッキを作っているから丁度ええわ~」

 今日も風邪、明日も風邪、だなんて、のんきにのんびりしてないで、そろそろやる気モードにならなくちゃ!
 周りの人々は皆、気合が入っている。
 オシャベリなだけじゃ、脳が無い。

 ナ~ンテ、ワカッチャイルンダケド、ネ~?
 

 

昨日はビックリ!に始まり・・・・

 いつも朝は新聞を見る、から始まります。

 昨日は姪の結婚式が午後から。

 朝5時前から目覚めて、そのままお布団の上で本を読んでいました。
 そしたら、側に置いているのも忘れていた携帯が、トンデモナイ音で鳴り出しました。

 「ぇっ、何、何の音?」状態。

 ぁあ~携帯じゃ~。
 
 
 開けてビックリ!
 
 
 エリアメール
 「緊急地震速報」

 播磨灘で地震発生。強い揺れに備えてください(気象庁)

 「播磨灘」って、神戸のほう?

 これから地震がくるの?

 急いでテレビをつけて、地震情報でもちきり。

 我が家は、ビクともしません、というか、感じませんでした。

 でも、報道では岡山も震度4、だとか。


 午前11時半出発。岡山市までマイクロバスで、高速道を。

 式は教会で、3時から。

 披露宴は4時半から。

 P1030524.jpg     P1030543.jpg    P1030588.jpg
 教会の中は写真を撮れません。

 右は教会近くの披露宴会場での写真です。

 写真はた~くさん撮ったのに、ボカシを入れる技が無いので、アップ出来ません。
 
 これからの長い人生、2人で幸せになってもらいたいです。


 岡山までの行き帰りの会話で、我が家から4㌔ほどの距離なのに弟の家は地震で少し揺れたと。

 岡山の近くの方は、すごく揺れたので「ああこれが、震度4の揺れだと感じた」と。

 
 新郎が式の終わりにされた挨拶で、「朝一番は地震で始まり、・・・・・・・・」

 ほんとに人生最大の良き日が地震で始まるなんて。
 でもこれからは、良い事がい~っぱい、ありますように。




 今日はちょこっと、山の家へ。
 P1030622.jpg    P1030628.jpg     P1030632.jpg
 左の写真の、ウッドデッキの作りかけの上の淡いピンクの八重桜が大好き。
 シダレ桜はもう満開を過ぎかけています。

 今度はその後ろ側にある、濃いピンクの八重桜が咲き始める予定。
 これは、法事頃に開花してくれたら、親戚の人にも見てもらえる。


 ソメイ吉野はほとんど終わり。
 薄墨桜はやっぱり花を付けていない模様。
 大島桜は一重の白い花びらをヒッソリと付けています。(この葉は桜餅用)
 御衣黄はまだツボミ。

 桜の木は全部で7種かな?

 やっぱり、山の家も捨てがたし。
 



 

 

 

寒い!

 暖かくなったかと思うと又、冬に逆戻りしたような寒さ。

 朝、R君は幼稚園。
 ママはちょっとお出かけ。

 T君、 「ママは?」「ママはちょっとお出かけ、だから、さんぽ、しよう」

 さんぽ、に釣られて、ママがいなくても大丈夫、となりました。

 「さんぽ」 「さんぽ」 大喜び。
 
  P1030501.jpg
 カメラで写すと、「見せて」と。

 いつもママにしてもらっているように、画面を確認します。

 家に帰り、5月人形の横に並ばせて写真を撮ろうとすると、「イヤ!」と言って撮らせません。

  P1030513.jpg
 ちょっと薄暗い写真ですが。

 この部屋に、備中神楽の面を飾っているので、「鬼」だと言って怖がり、
 「鬼、鬼、イヤ」だそうです。


 R君はお昼前に幼稚園から帰り、ママとR君、T君の3人でパパの出張先の九州へ行きました。

 福山から新幹線で九州まで。

 小さな子2人を連れて、大きなバッグやら色々と大変。
 R君もリュックを背負って。

 パパだけでなく、昨年別れたお友達にも会えるので、嬉しいんでしょう。
 
 風邪を引かないように、事故のないように。

 夕方、思いついて、美容院へでも行ってこよう。
 この寒いのに、短か~くして、よけいに寒い!

買い物へ

 たいした物を買うんでは無いけど。

 階下へ降りたら、T君が「ばぁば、おさんぽ、いこう」と。
 最近、言葉も増えて、ちょこっと分かりやすい事を言うようになりました。

 「おさんぽ、いく?買い物に行きたいんだけどね」

 「おさんぽ、おさんぽ」

 「寒いよ~、上に何か着ないと風邪ひくよ」


 毎日ママが、R君の幼稚園のお迎えに行くのに、車よりは「歩き」が多い。
 だから自然に交通規則が身に付いている。
 2歳にならない子供が、ちゃんと止まって「右、左、右」と似たようなことを言って。
 私の方が気をつけなくちゃ。


 雨は降るわ、風は吹くわ、一日中変なお天気でした。


 今日良かった事といえば、夫が夕方「葉ワサビ」を採って帰ってくれたこと。
 この葉ワサビ、気温と湿り気の関係で、植えても育つ畑が、ごくなわずかな畑の一角だけ。

 山の家よりも、もっと冷涼な気温とキレイな湧き水が必要ならしいです。
 大好きなので、たくさん増やして、いっぱい食べたいんだけど。


 今日したこと、買い物、T君と散歩、だけ?

今日もひきこもり

 で、「ツクシの干菓子」が出来ました。

 
 P1030484_20130410182456.jpg     P1030489.jpg     P1030490_20130411092546.jpg


 左が、ツクシを茹でて水気を絞り、目方の半分ほどの砂糖を振りかけたところ。
 真ん中が、鍋で汁気が無くなるまで煮詰めて、紙の上に広げたところ。

 もっと薄~~く広げて、エアコンで乾かしました。

 右は、だいぶ乾いたところへ(紙は敷き替えます)、グラニュー糖を振りかけています。
 ここで、ツクシとグラニュー糖を両手でよく混ぜます。
 そうしたら、ツクシが絡まり合っていたのが、キレイに解けます。

 なるべく薄く広げます。

 カチカチに乾いたら、ポキポキ折れるので、良いころあいを見て、乾燥を止めます。

 ネットに載っているような、ツクシの一本一本が、砂糖で塊ついたような物、ではありませんが、食べるにはこの程度の、ちょっと柔らか味のある方が、いいかな?って、思っています。

 
 以上、私の作り方ですので、正解かどうかは分かりません。 

 別に売るわけでもありませんし、私は作るだけで食べませんが。

 丁度この時期しか作れないものなので、載せてみました。
 2週間後くらいに法事を行うので、親戚の方々に出してみようかな?と。


 今日は寒いような一日でした。
 今度こそ風邪を引かないように気をつけなくちゃ!


 今朝、 ↑の写真の一番右の写真だけが、何故だかクリックしても大きくなりません。
 一度消して、再度写真を載せ替えてみましたが、やはり一枚だけが大きくなりません。
 ママに聞けば、どうにかしてくれるけど、まぁいいか?

気持ちの良い季節

 今朝は親戚へお祝いを持って。

 
 夫が「シイタケが生えているので取りに来てくれ」と言うので、山の家へ。


 まぁ、じ~っと家の中でくすぶっていたのがモッタイナイ。
  
 くすぶっていたので、バチが当たって風邪が治らなかったのかも?

 山の家へ行く道中の景色の良いこと。
 周りの山々は、木の芽だちで、表現できないような淡い色々が折り重なって、すばらしい!

 それに彩りを添えるように山腹のそこかしこに、山桜が咲いてキレイ。


 山の家へ到着。
 
  P1030469.jpg
 まさに百花繚乱。
 今の時期がいちばんかな?

 数年前に友人と遊びに行った、岐阜県の「薄墨桜」、樹齢1,500年以上、とあったような。

 その苗を購入して来て、銀杏の木の上に植えたものが、大きくなっている。
 今日確かめに、側に行って見たけど、花は付いていないようだった。


 その代わりと言っては何だけど、「シダレ桜」がキレイに咲いていました。
  
  P1030476.jpg
  このシダレ桜が、子孫を見守ってくれたらとの願いを込めて、夫が手入れをしてくれています。

  この僻地で、ご先祖様が苦労して守ってくださった山や田畑。
  私たちが街へ出て。
  現在はどうにか管理しているけれど、その内にほんとに山になってしまう事でしょう。

  虫の良い話だけど、銀杏の大木、シダレ桜には何百年も見守ってほしい。

  P1030480.jpg      P1030484.jpg
 ツクシを採るつもりなんて無かったのに、あまりにもたくさん生えているので、採って帰り、R君も手伝ってくれて、ハカマを取り、「ツクシ菓子」を作ろうと、砂糖を入れて溶かしています。


 夫に頼まれた、シイタケ。
 たくさん生えていました。

 ところが、我が家に生えているということは、何処のお家でも生えているという事。

 直売所に寄ってみたら、案の定、売れ残っていました。
 だから、直売所にも出せない。

 こんなにたくさん、どうするの~?

 雨よけもしてないし、濡れた物もあり。

 やっぱり、切り刻んで、干すに限る。


 椿の花は、切り花にしたら、首がポトンと落ちるからキライでした。
 P1030473.jpg
 ところがこの八重椿、落ちないんです。

 大きな枝を切って帰り生けました。

 他に、シダレ桜、シダレ桃の白、ピンク。紅梅、雪柳、ミツマタの黄、赤。
    バイモユリ、ラッパ水仙、レンギョウ。
    山ツツジも大好き。 

 2人でお弁当を食べて、一人先に帰りました。

 

 

今日は歯医者さんへ

 前回の歯医者さんの予約は風邪のためにキャンセル。
 で、4月8日の12時予約にしてもらったはず?だった。


 ところが今日行ってみると、10時の予約だったらしい?


 「時間を勘違いしてました」

 ちゃんと治療をしてくださったので、ヤレやれ。
 次回は5月9日だと。
 いつまでかかるのかしら?


 昨日出かけただけで、もう疲れた。

 何かをしたと言うほどの事も無く、一日が終了。
 
 4月はパッチワーク教室はお休みだし。


孫のR君、今日は幼稚園の始業式。
 年長さんで、「パンダ組」になったと。

男の隠れ家へ

 今日は夫の運転で、ある方の知り合いのお店へ。

 途中で待ち合わせをして。

 初めての場所。

 ご実家の持ち家を、地域の方に無料で開放。
 フリーマーケットをされていました。

 私が参加させてもらうには、ちょっと違うかな?の所。


 そこを出て、「兄が仲間と炭焼きをしている場所まで散歩してみよう」と言うことになり。


 風は強かったけど、景色のいいところを歩いて。


 P1030465.jpg
 ブログに写真を載せる許可はもらっていないのですが。

 定年退職組(国家公務員と言われていたけど、我が家もそう)の仲の良い友人が6~7人で、色々とされているそう。

 いろんな職業の方が集まっておられるので、ブルトーザーやユンボといった重機を使われる方が山を切り開き、三角屋根の中で炭焼き。

 切った木ではシイタケを。
 右上の小屋は、子供を連れて遊ぶのに丁度良い。

 写真の手前には、20畳ぐらいはある平屋の建物。
 中には「囲炉裏」を作られて。

 「男の隠れ家」を作ったんだと言っておられた。

 年金をいただいているので、生活には困らない。
 田畑も持っておられる。
 趣味の仲間で、炭焼き、シイタケ作り。
 自宅も皆ご近所にあるので、お酒を飲んでも飲酒運転にもならない。

 定年後の理想の生活を送られていた。


 案内してくださった方はお店のお客さんだった方。
 とても気さくで面倒見の良い方。

 ちょっと見習えない。
 とってもオシャレだし。


 お天気は回復して良かったけど、すごく寒かった。

 ママと孫坊主2人は、広島へ。コンサートに行ったそうだ。


 *国家公務員とは、年金をいただいているので。
 


天気予報どおり

 お天気が大荒れ、って言っていましたが、ほんとにその通りになってしまいました。

 台風なみの風が吹いて少し怖かった。


 午前中ママが出かける用事があり、T君を連れてはちょっと心配。(風雨)


 「T君、ばぁばと一緒にお家にいる?それともママとお出かけする?」って聞いたところ、
 「ばぁばとお家」だって。

 「ママとお出かけしなくていいの?」と聞いても「いい」と。

 どうした風の吹き回し?
 つい最近まで、私と眼が会っただけでママ、って言っていたのに。

 それでもママは出かける時には、そっと「行ってきます」と。

 R君は、「パズルの組み立て」。
 T君のお相手は私。
 
 少し時間が経つと、「ママ、ママ」と。
 「ばぁばと一緒にいるって言ったでしょ、ねぇR君」

 そしたらR君「T君、ばぁばと一緒にいるって言ったよ、ママはお出かけなんだから」

 2~3回、ママを言ったけど、泣くことも無く。
 それこそ、どうなったのか?

 最近お散歩、と言って、家の前でハシャイデあそんだから?

 R君が、「ばぁば、きっとそうだよ」と。

 背中に回って、「おんぶ」と言ったり、ちょこんと膝に座って「だっこ」と言ってみたり。

 小さな子供は大人の何気ない動作や、物言いに敏感なんだと、痛感しました。

 遊ぶときにも、本気で遊んであげないと。


 夕方にはパパが帰るので、ママと孫坊主2人でお迎えに行きました。
 風も止んで、やれやれです。

 明日のお天気が良いことを祈っています。
 ちょいと、出かけることがあるので。

暖かい一日

 山の家の気温は26度だったとか。

 家の中にいるよりも外の方が気持ちいい。

 ママが用事に出かけた間、T君とR君と自宅前を散歩。

 散歩ぐらいでとっても喜んでくれた。
 家の中でテレビを見ているよりもよほど健康的。

 
 今日、孫坊主、ママは「5月人形」出して飾り。
 「こいのぼり」を出したり。


 な~んと言う事もなく、何にもしないで一日が終わり。
 

今日は郷社祭りに

 今日も夫、私、ママ、孫坊主二人、で郷社祭りへ。

 歩いて、裏門からが近いけど、ぐるり周って正門から。

 巫女舞をしてました。
 

 昔の事を思えば、露天も半分ほど。
 一番多い場所は、花木、花苗。

 金魚すくい、は無かった。

 アイスを食べて、焼きソバを食べて。


 帰宅したら、まだ11時過ぎ。


 午後は休日。
 遊んだだけなのに、疲れた。

 P1030456.jpg       

お出かけ~

 自分でお出かけ~、もないけど。

 もう一度、風邪薬をもらいに。
 「今度は少し軽めの薬を出しましょう」と。


 今日はママ友が来宅、R君のお友達。


 私が留守の方が良いかもね?と、

 福山の手芸センターまで足を伸ばして。

 色々と購入。


 お昼過ぎに帰宅。

 夕食の支度をするまで、おやすみ。


 「光ケーブル」を張る工事を近所のあちこちでしているので、交通止めが多い。
 これで「BS]が見える、と言ったかな?

 まぁ何もかも一度や二度聞いただけでは覚えられないが。
 BSで見たい番組をやっているとか。

 「私のテレビには付けてもらわんでもええわ」って言ったら、「工事をする時に一度に家中のテレビに付けておいてもらったら、後で世話がやけんからええ」と。

 そんな事よりも、テレビの周りの布を片付けをするのが難儀である。


 明日は郷社のお祭りだけど、行く?

早速の当番仕事です

 夫が先日、4月2日は郷社の掃除だから誰か行くか?と。
 郷社は氏神様だし、夫には内緒で「私とママと孫坊主二人で行こう」と決めていた。

 4月から自治会の役員なので、誰かが行かなくてはならない(我が家に)。

 今朝起きたら雨が降り出した。

 誰に行くかとも問わずに、夫が掃除に出かけた。(どうせ他の者は行かないだろう?)
 昔は、ご近所さんは大勢来られていたが、今時は役員さんだけらしい。


 お昼前に帰宅した夫に、「何人ぐらいだった?」と聞いたら、

 「25~6人だった」と。

 「やっぱり、掃除に出ない組も有るんじゃなぁ」。


 今時は露天もわずかしか出店しなくて、引き上げるのも3時頃らしい。


 私たちの子供の頃は、大賑わい、だったけど。

 近所の5年生か6年生のお姉さんに連れられて、7~8人連れで、5~6キロの道のりを歩いて往復したものだった。

 いまでは考えられない情景。
 小遣いはしっかりと握って。
 その上によ~くお世話をしてくださった。


 昨日収穫した「シイタケ」

 今日友人に持って行った。
 「こんなにぎょうさん、もらってもいいの?」って。

 「我が家だけでは食べ切れんから」と。

 
 今日も一日、何をしたと言う事も無く、終わり。
 風邪も、早くスッキリさせたい。
      

昼食後山の家へ

 気分転換に山の家へでも行こう!

 夫は朝からお弁当を持って山の家へ。


 ママと孫坊主二人は福山へ~~。

 この暖かい日に一人で家にいても面白く無い。

 お昼ご飯をチャチャっと済ませて。


 我が家から30分かかる山の家までの道中、桜は何処も満開。
 やっぱり昨日の「お花見」は正解。



 しかし山の家に植えている「ソメイ吉野」はまだ3分咲きぐらい。
 その上に、ツボミが少な~い気がする。
 また「ウソ」とか言う鳥にツボミを食べられたのか?

  P1030443_20130401171450.jpg      P1030440.jpg      P1030446.jpg

 まずはシイタケを取り入れて、この陽気でたくさん生えていました。

 シダレ桜はツボミがた~くさん付いています。
 来週あたりには満開になってキレイだそうです。

 椿は生けると首からポタッと落ちるので、縁起が悪いとのことで、切花にはしない。

 雪柳のピンクは、咲ききらない今がキレイ。


 菜花を摘んで。
 ネギも少し抜いて。
 フキノトウも天ぷらにするぐらいだけ摘んで。


 3時ぐらいには帰宅。

 やっぱり家の中で、じ~~っとしているよりは、よっぽど良かった。


 明日は雨が降るそうだけど。


 孫坊主たちが帰って来た模様、午後5時。



 
 | ホーム |  page top