リンク


カレンダー

12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

どんぐり

Author:どんぐり
 私の部屋にはたくさんの布と古布の山。
 同居する孫との日々の出来事。
 時々、山の家に行って、夫に付いて農作業。
 自分達で作った野菜は安全、安心です。


最新記事


月別アーカイブ


水槽


検索フォーム

QRコード

QR
まとめ

孫とポーチ

 昨日のポシェットが気にいらないので、ポーチを二つドッキングさせたら?と思い縫ったけど、??

 午後はR君がプールに行く日なので、T君のお守り。

 最近すぐに言葉の真似をしだしました。

 イヤ、抱っこ、肉、お茶・・・・・

 昨日、夫が言った言葉に、私が「そんなバカな」と言ったら、その「バカ」に反応して、

 T君、R君、二人して、「バカ、バカ」と。

 今のは、ばぁばの失敗!
 「バカ、は言ってはダメ!」

 おかげで、じきに真似は止めたので、ホッとしました。

 子育て、孫育て、じぃじばぁば育て。
 こんな小さな孫達にまで、育てられている感じです。
 気を付けなくちゃ~、ならない事ばかり。

パターン無しのポシェット

 洋服はパターンが無いと縫いませんが、バッグ類はいつも無し。

 ポシェットには、財布(たたむタイプ)に眼がねケース、携帯、ハンカチ、ティッシュ。
 
 これではちょっと小さ過ぎました。

 P1030105.jpg

 パッチワークもどきで作ったら、何だかゴチャゴチャしてしまいました。
 13x20x4センチ。

 これは試作、な~んて、本式に作ったらもっと悪かったりして。

 まぁいつもの事だから、何ということもありませんが。


 今日は一日中エアコンを付けっ放しでも寒い日でした。
 リビング、夫の部屋、私の部屋。
 その上に、ホットカーペットも。
 電気代がかかる訳です。



 夫は今日家にいたので、ウォーキングに。
 一緒に行こうと言ったけど、この寒い日に、行きませんでした。

 でも内心では、運動が0なのでたまには歩かないと身体に悪いと、思っているのですが。

 
 夕方、外孫のJ君が学校帰りにちょこっと寄ってくれました。
 5時半ごろだったかな?

 最近自宅前で、全然会わないと思っていたら、「通学路を国道に変えたから」だそう。

 お正月の旅行で高熱を出し、お年始にもわが家に来れませんでした。

 私は娘の家にべつの用事でちょこっと行って、J君にもNちゃんにも会えたけど、夫はしばらくぶり。

 わが家の孫二人も、喜んでキャッキャと騒いでいました。
 
 「この暗くなった道路を30分もかけて一人で帰るん?」て聞いたら、
 「これからまた学校まで帰って、友達と一緒に帰る」と。

 自転車で学校の方に帰って行きました。

 
 一日中家の中にいて、まだ寒い寒いと言っている自分がちょっと恥かしい。



 でも祖母としては、可愛そうな。

今日は歯医者さんへ

 予約時間が午後3時40分。

 ややこしい時間。

 夫に「忘れるかも分からんから、覚えといてね」と言っておいた。


 そうそう、今朝起きたら雪がパラ~ッと降っていた、1ミリも無い。



 
 お昼過ぎに、自動車屋へ行ってくると出かけた夫が帰って来ない。

 「何処まで行ったんじゃろ」と思っていたら、3時前に帰って来た。

 「玉ねぎとジャガイモがあと少しになった」と言っていたので、「山の家へ行って取って来た」と。
 
 「こんな日にわざわざ行かんでも良かったのに」

 そしたら、「雪が2cmほど積もっていた」と。
 大雪で大そう困っておられる地域の方々に比べれば、話にもならないことだけど。
 でも、急な坂道のカーブでは、車体がちょっと滑る感じだったそう。


 歯医者さんには3時過ぎに。

 次の予約を「午後でも良いですか」って言われたので、「出来れば午前中がいいんですけど」

 「それだったら、ずっと先になります」と。
 それも困る、ショウガナイ、2月6日の午後3時40分。


  帰宅後、ポシェットに取り掛かったけど、パターンを作らずに取り掛かるので、失敗ばかり。
  明日は形になるのかな?未定。

 今日は福山市へ

 昨日、「帽子を縫って」と頼まれていたお客さんから電話。

 「お気に入りがあるかどうか?分からないけど、明日のご都合は?」

 で、今朝の10時の予約、夫に運転してもらい、Sさんのお宅へ。
 HさんとYさんもお待ちかね。


 お店時代のお客さん。

 お客さんなのに、まるで友人どうしの会話。

 「二つ買ったら安くしてくれる?」、「そりゃぁ安くしますよ」


 お3人さん、それぞれに2個づつお買い上げ。

 「帽子しか無いの~?」

 「今日はね」

 「また縫ってきてね」

  
 P1030102.jpg

 鞆の浦に行く途中の海岸べりです。

 回り道をして、「阪本竜馬」で有名な、「鞆の浦」へ。

 数年前、鞆の浦の渡船場の側で「サヨリの一夜干」を買ったのがとても美味しかったので、それを買いに。

 その時の小母ちゃんはおられなかったので残念だった。

 それに一袋しかなかった。


 12時過ぎには帰宅。

 約束を果たせたので、ホッとしました。
 

 家の外には一歩も出ず

 今日は一日中自分の部屋で。

 食事時に下に降りただけ。

 夫は相変わらず、山の家へ。
 毎日行っては、植木の剪定をしているそうだ。

 脚立の上に上がっての細かい作業、眼が疲れるし、じ~っとしているのですごく冷えるそう。
 と言うのも。松の木の剪定らしい。

 山の松の木は何度生え変わっても「松くい虫」にやられて、枯れてしまうのに、植木の黒松は今のところ枯れていない。
 10本ほど有るので、大変だ。

 私は松の木に、思い入れなんて無いので、「お父さん、黒松もついでに半分ほどになればいいのになぁ」と言ってみる、わざと。

 相手にしないけど。



 先日来、従兄弟の家にお参りに行っているとき、面白いと言うか?便利な物と言うか?
 見つけた。
 石油ファンヒーターって言うのかな?
 そのファンの前に直径10センチほどの蛇腹で長さが2メートルほどの物。


 それをホームコタツの布団の中に引き込んでいる。
 最初、仕掛けがどうなってるの?と思ったが、すごく暖かい。

 コタツ布団をめくって見ると、筒の先になんにも付いていない。
 ただ筒先を引き込んでいるだけ。

 へ~~、これだけで燃料費も要らずに暖房出来るんだ、と感心した。


 それを真似て、夫も山の家の掘りごたつにやっているとか。
 前から知っていたら、もっと暖かく過ごせたのに~~、と。


 わが家はオール電化にしてからというもの、エアコン以外に暖房は無い。

 まぁ私が休む時には、電気アンカの小さいのを抱いているけど、それだけ。


 電気代は5万円ほど。安くついたと言うべきか、どうなのか?
 しかし、ガス代、灯油代は一銭も要らないんだから。

 まずは、風邪を引きませんように。 

6、7日(42日)のお参りをして来ました

 昨日は電気屋さんへ。

 keiさんにアドバイスいただいたおかげで、アイロンを修理してもらう事に。
 保証書をいくら探しても無いので、電気屋さんへ電話して聞いたら、会員になっているので調べたら分かります、とのことで、一安心。

 がしかし、「本部?へ送って直しますから2週間ほどかかります」だと。

 生活必需品なのに、2週間も?と思い、思わず「長くかかるんですね。洋裁に使うからなるべく早いほうがいいんですが」と言ったら、その後の言葉に・・・・・

 「このアイロンは職業用では有りませんので、保障期間は1年になっていますが、職業に使われるんでしたら、保証期間に入らないかも知れません」だって。

 もう言ってしまった言葉だから、後もどりはできないけれど、何日に一回しか使っていない。

 でも一応、「コードの差込口あたりの接触が悪いのと、蒸気の出が悪くなっている」事を言っておいた。

 何のために、毎年年会費を支払っているのか?
 
 この電気屋さん、大きなチェーン店である。



 他人事では無い。
 だいたい私はオシャベリなんだから、発言には気をつけよう、と思った出来事でした。
 何事も勉強、勉強。

 ここで、プリンターのインクを買って。


 午後は、数日前に友人の母上が亡くなられた、事を知り、お悔やみに。

 100歳とお聞きした。
 親が高齢だから、と言う事は無い。
 何歳でも、悲しいことには変り無いと。


 
 今日はお姉さんの6,7日(42日)のお参りに二人で。

 道端には薄っすらと雪が。

 運転が危ない、という程ではない。

 来週の金曜日が、7、7日(49日)で「49日法要」である。

 従兄弟が心配で、夫と二人お参りをさせてもらって来たけれど、「49日の法要」までは気が張っているので、気丈に振舞っているのかも知れない。

 毎回金曜日の夕方には、隣の市に住んで勤めている長女さんが来られているそうである。

 
 もっともっと高齢でも一人で生活されている方々が多い。
 いつ何時、同じ身の上になるか分からない。

 シャン!として過ごさなければ、と思うのだけど、できるかな~?
 

  

今日はちょぃ片付け

 そろそろ洋服、リメイク服に取り掛かかろう、なんて思っても、台や棚があれば上へ布や物を乗せる。
 私の悪いクセ。

 アイロン台もしかり。

 ちょぃと片付けをしなくちゃ、裁断も出来ない。
 プチ片付け。

 まぁ出て来たこと、出て来たこと。

 古布やら絣やら。

 買うのを止めにしなくっちゃ。ボロも。


 先日から困っている事。
 アイロンのコード部分の接触が悪いような。
 アチコチくねくねしたら電気が点いて、じきに又消える。

 昨夜になって夫に、「どうにか直らない?」と聞いたら、「このコンセント部分を買って来たら直る」
 と言ったような。

 バキューム付きの大きなアイロン台を買った時には、アイロンも蒸気は吊り下げ式のタンクも付いていた。

 何年か前から、そのアイロンがダメになり、仕事もしなくなっていたので、アイロンは電気屋さんで「T-faL」の1万円余りのを買ったけど。

 それも一年でダメになり、それからは毎年買い替えている。

 いま壊れたアイロンは、昨年の(平成24年)5月11日に買ったとアイロンに記している。
 8ヶ月の寿命、だった。
 早くダメになり過ぎる、気がする。
 取り扱いは丁寧にしているつもり、なのに。

 また、15,000円ほどの出費?
 ちなみに、最初に買った工業用のアイロンなら、5万円ほどらしい。(ネットで検索)

 部屋がチョットはマシになったと思えば、アイロンがダメ。


 今日の午後はT君と過ごしました。

 R君がプールの日、だったから。

今日はパッチワーク教室

 コメントも残さずに、勝手にお邪魔しているブログ。
 
 その中にはパッチワークをされたり、その指導をされている方がいらっしゃいます。

 私はパッチワーク教室に通っているだけです。
 理由は、・・・・・・・?

 
 でも、とっても楽しみに通っています。

 16人の生徒の内、6人が仲間です。
 他の方がキライなわけでは決してありません。

 たまたま同じ年度に入って、気が合っただけ。
 一人は5年程前に入られて、近くのイスが空いていて座られたから、仲間に。


 今日は皆さん来られるのが遅くて、最初は先生と私だけ。
 全部で9人になりましたが。

 年齢の話になって、お一人は昭和元年生まれで87歳、もう一人が86歳。

 パッチワークには向いていないし、ヘタだし、いつ止め様か?なんていつも思いながら通っているわたし。

 「ええ~っ、あと20年近く有る」
  いやいや、20年近く、じゃ無く、今68歳だから?19年?

 背筋もシャキッとされているし、もちろんパッチワークは足元にも及ばないぐらい上手。
 昨年の文化祭にお二人とも、250x250センチのベッドカバーを出品されていた。

 ヘタなのはしょうがない。
 「パッチワーク教室にいかなくちゃ!」と、目的があるのが老化防止になるかも?
 自問自答した教室でした。


 今日偶然にも、昨日のkeiさんのブログで拝見した「アームカバー」のパターンを先生にもらいました。
 コピーして数人も。

 これは帰ってすぐに作ろう、と。

 P1030099.jpg

 試しに縫ってみたので、生地もイマイチですが。

先生にもらった、アームカバーのパターンです。
 20130122.jpg


 それと先日のバッグの持ち手を付けました。
 P1030100.jpg
 
 これから夕食の準備です。 

久しぶりに街へ

 お客さんに頼まれていた「漬物」
 やっと持って行く気になったので、久しぶりに出かけてきました。

 20キロほどの距離を40分かけて。
 美人の女社長さん。

 
 帰りに手芸材料店へ寄って。 
 こちらも久しぶり。

 
 他にも頼まれ物があるけど、あとで~。


 ボロ帽子です。
 P1030090.jpg
 ボロのところへは刺し子しました。

 P1030094.jpg
 以前、ベレー帽で作った物にツバを付けました。


 夜8時頃、R君が上がって来て、「ばぁば、本を読んで」と。

 幼稚園で借りて来た「注連飾り」の本でした。

 読み終わったら、「有難う」と。
 これぐらいの事で喜んでくれるって、嬉しいです。

アイロンかけです

 洗って、解いて、又洗った布達。

 アイロン台の側に山のように。

 邪魔、邪魔。


 そこで今日は数時間かけて、アイロンかけ。
 生乾きのときにアイロンすれば、皺もキレイになるんだけど。

 バキュームは効かせないで、蒸気だけ。
 またパターンを置いて裁断するときに、しっかりとアイロンしよう。


 パパはバレーの試合に出かけた。
 ママはR君とT君を連れて倉敷へ。


 エアコンの中に一日中いたからかも知れないけど、寒さは感じなかった。

雪は無いけど寒いです

 自宅周りは雪が降っても、ちらつく程度でしたが、山の家の畑は降り積もった雪が解けなくて固まった状態だそうです。

 とは言いながら、2~3cmだと思うのですが。(夫の話からの想像)

 大根もハクサイも取り入れが出来ないそう。

 従兄弟の家は日当たりが良いので、同じハクサイでも青々としていましたが、山の家のハクサイは、畑の中で、外側が凍みて乾いて、凍みて乾いてを繰り返し、半分の大きさになる位剥いでいかないと、食べられるところにいきません。

 元の大きさの三分の一位になるかな?
 でも甘くて美味しいです。

 中まで白いハクサイと、黄芯のハクサイを植えてくれていますが、見た目もいろどりも、味も「黄芯」の方が、キレイで美味しいです。

 今度からは、白色のハクサイは「植えないで」と、頼んでいます。



 今日の午後1時半から、わが家の孫坊主のR君、「ファミリーマートの一日店長さん」をやらせてもらいました。

 P1030087.jpg
  お付き合いで、様子を見に行って、買い物をして来ました。

 お店の方も大変だと思うのですが、バーコードを読ませたり、お客さんとの応対を教えてもらっていました。

 ママも付き添いでいたのですが、T君をおんぶしていたので、また出替えて、T君を連れて帰りました。



 私は「出不精」、何日でも一人で黙って仕事をしていても「な~んとも無い」性格。
 食料が不足してきたら、ママが買い物に行くとき、頼んで色々と買って来てもらうほど。
 だけど、「オシャベリ」

 その点、ママは行動的。
 孫もおかげで、色々な体験をさせてもらっています。


 昨日、ボロ布で作った「携帯入れ」です。
 この位の大きさなら、いくらでも作れるのに~。(誰にも頼まれ無いけど)
  P1030086.jpg
 ほんとに、ボロ。
 引張れば破ける。だから刺し子。

標高400mの景色です

 今日はお姉さんの「5、7日」です。(35日)
 お昼を済ませて、夫と二人でお参りしました。

 P1030083.jpg
 駐車場から撮りました。
 左手の畑の、イノシシ避けのトタンの側にまだ雪がわずかに残っていました。
 
 向こうに見えるのは、県道を挟んだ谷の向こう側です。
 そこに見えている家が同じく標高400mだそうです。

 こちらの従兄弟の家は南向きで(家は写していませんが)、日当たりがすごく良いです。
 でも家の周りにもまだ雪が残っていました。


 亡くなったお姉さんのご兄弟が4人お参りされていました。
 初めてお会いするかたもおられて、話題に困ることもありました。

 この歳になると、言葉も選んでお話しないと。
 何事も経験と考えて、オシャベリしましたが。

 血のつながりから言うと、私達は従兄弟の関係。

 私達の山の家よりも10キロほど北からお参りされている女性、「雪がいれば持って来てあげるよ~」と。
 「雪なら山の家に有るから、大丈夫」と。


 帰りに夫が、「山の家に寄って帰るか?」と言ったけど、「この寒いのに、ご免被ります」と。

 お天気は良かったけれど、風が冷たくて寒い一日でした。

 帰宅後は、ボロ布で「デジカメケース」を1つ。
 バッグは時間がかかるけど、デジカメケースか携帯ケースなら行けるかも?

 止め!と思っても、この柔らかな手触り、ボロ布も捨てがたし。

私の部屋は古着の臭いになりました

 今、午後7時半。
 とっくに夕食は済ませてます。

 R君が味噌汁を作ってくれて、「ばぁば、お汁が出来たよ~」と言いに上がってくれて、それから私達二人の夕食の支度をし、済ませました。

 こうやっていつも、仕事で遅いパパを除き、5人で仲良く、おかずをもらったりあげたりしながら、賑やかな夕食です。


 夕食後、ブログを書こうとしたけど、朝から何をしたっけ?
 何も作っていないし、襤褸の帽子を縫おうと刺し子を始めたばかりだし。

 そして気が付いた事。
 部屋が、古着臭い。

 そうだ、古着物をそのまま洗って、乾いたのを解いて、また洗濯したんだ。

 部屋の中じゅう、それらの布達が、今度はアイロンかけを待っている。

 だから、く・さ・い!


 それにしても私は、ボロ着物を扱った作品の制作には向いていない、という事がよく分かった。

 ① 解くだけで時間がかかる。
 ② すごく手間ヒマがかかる。
 ③ 刺し子も下手。
 ④ においが臭い。

 ⑤ これが一番だけど、デザインのセンスが無い。(自分に似合わないし)

 
 

 友人たちにプレゼントをするにしても、「ボロ」は嫌うだろうし。

 こんな田舎町では「襤褸の服」を着こなす方もわずかだし。


 と、色々と理由付けをしてみました。

 が、またいつ気が変るかも知れません。

 
 それにしても、このボロの臭い、部屋中、身体中、沁み付いたけど、落ちるのかしら?

 明日はまた出かけるのに。
 

孫と一緒に

 今朝はT君と一緒。

 数日前からママに頼まれていました。

 R君の幼稚園の参観日で、公民館で親子で料理教室だそう。
 普段からお料理の好きな子供なので、勉強になったかな?

 2時頃に帰ったら、今度はまたR君の水泳教室へママと二人で。


 だから一日中、T君と二人だけ。
 こんな事はじめて。

 時々、「ママ~」と言ったけど、泣きもせず。
 お昼前後に1時間ほど、お昼寝。

 昼食ももちろん、二人。
 「胃袋が底なしじゃぁ無い?」という程、いつも大食。


 いつもニコニコの子供なので、世話も楽、なんだけど。

 夕方、R君も水泳教室から、ニコニコで帰って来ました。

 水泳も楽しいらしくて、良かった~。

やっと漬物出来た

 ハクサイの値段が高くなってきたそうだ。

 年末から夫がハクサイを持って帰ってくれていた。
 「漬物をしといてくれ」と何度も言われていたけれど、なかなか漬物をする気になれず。


 コンテナの中にはまだ、ユズもたくさん、ハクサイもたくさん。
 言われなくても、ず~っと気になっていたけど。


 今朝はいつになく、暖か。
 そうだ、漬物をするのは、今日しかない。

 ハクサイを一枚づつはがして、キレイに洗って、切って。

 15キロ漬けました。浅漬けです。
 夕食時に出してみたら、サラダ感覚で食べられる味。



 R君の幼稚園、今朝は「とんど祭り」
 お正月の注連飾りをリュックに入れて背負って行きました。
 あとからママとT君がお餅やミカンを持って参加。


 午後はお昼ねしそうなT君のお守り。
 最近、周りの皆が話す言葉を真似ていろいろと話すようになってきました。


 刺し子をしていたバッグ、口の部分を途中止めにしておくのも、なんだかな~で、良し悪しは別にして仕上げた、と言う事にしました。

 P1030080.jpg   P1030081.jpg   P1030082.jpg

 襤褸の接ぎ当てをして。
 刺し子して。
 底にも刺し子。
 底と口布は同じ柿渋色の布なのに、まったく違うみたいに写っています。

 直径21センチ。高さ31センチ。口部分の幅は33センチ。

 持ち手はどんな物にしようかな?
 これからゆっくり考えます。
 バッグの底にも刺し子をしました。

 一日中チクチク

 昨日に引き続き、一日中チクチクと刺し子をしていました。

 それにしても「刺し子ミシン」を使った部分が悔やまれる、ちょこっとだけなんだけど。

 刺し子ミシンは、解き難くくなっています。
 
 眼も疲れたし。


 あとバッグの口部分を残すのみ。
 
 持ち手はやっぱり良く考えないと。
 だから、口の部分、ちょっと後回し。

 昨夜の事。
 私の部屋に上がって来たR君、「ばぁば何縫ってるの?」
 「バッグだよ、どんな?」   「変だよ」
 「何が変?」         「もっと可愛い色が良いよ」

 5歳の子供には、古絣や柿渋色の良さは分からなくて当然。

 私の側で、糸を舐めながら針に糸を通してくれました。

 私が、一度糸を通すのに、何回もかかっているのを見て、通してくれたんだそうです。


 若い?ってすばらしい! 

昨日も今日もボロ(襤褸)の相手

 ほんとに何やかや、よく忘れる。

 昨日ブログを休んだら、ぇっ何をしたっけ?

 覚えているのは、ボロ布(襤褸)を繋いでチクチクを始めた事。




 今日はその続き。

 折角「刺し子ミシン」を持っているのに、使わない手は無いと、引っ張り出して、ちょこっと使ってみたけど、私がヘタだから上手い事いかないのか?
 ミシンが悪いのか?

 苦手な手縫い、縫い目は不ぞろい、でもこのヘタさかげんが何となく味があるような。
 何かで読んだことがある、「ヘタでいい、ヘタがいい」と、言い訳をして。

 
 わざわざボロ布やボロ着物を買って。
 刺し子をしながら、考えること。

 夫のおばぁちゃんが、その昔、農閑期や雨降りの日に、
 作業着のモンペのすね辺りのホコロビに当て布をして、それはキレイな小さな縫い目でチクチクと。

 
 今思うに、おばぁちゃんの作業着を残しておけば良かった。


 今更後悔しても始まらないけれど。


 ボロはバッグの表、裏は新しい生地の柿渋染めをした物に大まかなキルト。

 明日はバッグの底作り。
 
 持ち手はやっぱり「皮」にしよう。
 布でこしらえた方が風合いもいいけど、擦り切れるのがイヤ。


 第31回の全国都道府県対抗女子駅伝。

 惜しいことに、岡山県は10位。
 選手の皆様お疲れ様でした。

 夜にはフィギアスケートと「ショウガ料理」のテレビ。

 
  

ちょこっとボロ布(襤褸)にはまっています

 いつ頃からか?「古布に魅せられた暮らし」という本を読み始めました。

 でも古絣は、その手触りと言うか、肌触りは好きになっても、ボロ布はダメでした。
 その上、夫も娘も「お母さんには絣は似合わないからダメ」と言われ続けてきました。

 実際にほんと、自分でも似合うとは思っていません。
 似合う美人になりたいけど、それは無理!

 木綿の古布はとっても暖かくて優しい感じ。
 一度何か形にしてみたい。

 そして最近やっと、わずかだけど、集めました。(先日写真に載せた古大島の着物のアンサンブルにはヤラレましたが、あれは正絹)

 新しい布を扱うよりも、よほど多くの時間がかかります。
 いつイヤになって止めるか分かりませんが。

 今ボツボツ継ぎ当てをしていますが、手縫いは大の苦手。



 今朝は市民病院の内科の予約。
 今度は「塩分を控えなさい」だって。

 糖分もダメ、塩分もダメ、カロリーの取りすぎも太るからダメ、と。

 帰宅後ママにその話をして、「T君(1歳5ヶ月)と同じように薄味の食事にしないとダメみたい」と。
 そうしたら、私の食事をT君も食べられる。

 守れているのは、カロリーで、太り過ぎてはいない。(太っていないだけで、スマートではありません)

 
 午後は夫が山の家から帰るのを待って、二人で、従兄弟の家へ。
 お姉さんの「4、七日」のお参り。
 さすがにお正月休みも済んだので、今日は私達二人だけがお参りしたようです。

 お山のテッペンだけあって、お天気も良かった上に、午後4時に帰る時は、部屋の奥の奥まで日が射していました。

 他に誰も気を使う人もなかったので、3人でオシャベリ。

 従兄弟も喜んでくださいました。

古布(襤褸)の帽子

 前から「古布」(襤褸)の帽子を縫ってみたかった。

 わざわざ古布を取り寄せて。

 だけどそう簡単には出来ない。

 第一号だけど、今度はもっと良いのが出来ればいいな~。

 P1030069.jpg   P1030071.jpg   P1030075.jpg
 
 裏は古幟を柿渋で染めた布を使い、リバーシブル仕立てにしました。

 今日の午後も少しの間、T君と二人。
 すっかり慣れて、ニッコニコ。


 明日は内科の予約検診。


バッグの途中です

 時々思い出してはチクチクやっていました。

 パッチワーク教室に通っているので、パッチワークもしなくては。

 アイロンにバキュームが効くばかりに、接着キルト綿を貼ったら、折角のつまみ花が無茶苦茶になってしまいました。

 変な形になったところを直そうと思ったけど、先生が「そのままでいいですよ」と言ってくださったので、直しませんでした。

 P1030067.jpg
 持ち手は皮製のを付けようと思っています。
 27x30x8センチです。


 今日の午後は、T君のお守り。

 ママがR君のお迎えに行って間とママとR君がお出かけの間。
 寝ている時以外は、動きどおし。

 いつもニコニコのT君、可愛いものです。
 

新年初めてのパッチワーク教室

 昨日のお昼前は歯医者へ。
 年末年始、ちょっと痛いのを我慢の日々。


 午後、孫のR君
 私の部屋に上がって来て、「ばぁば、かるたをしようよ」
 「今日は縫物をするから、ちょっとダメだよ」
 「ふ~ん、そうなんだ」

 こんな時にちゃっと相手をすればいいんだけど。


 今日のパッチ教室。
 6人勢揃い。

 他に5人。
 皆お正月のお客さんのお相手で疲れが出たかな?

 私はいつものごとく、手も口も動かして。
 仲間の一人は、3月に友達とフランスへ遊びに行くそう。
 この気力?は見習いたいけど。
 何しろ、飛行機が怖いんだから仕方が無い。


 今取り掛かっているバッグの縫い方なんかを先生にお聞きして。

 おせち料理の話。
 帰省した息子家族や娘家族の話、孫の話。

 「一緒に住んだら可愛いよ~」と一言。


 午後からママがお出かけ。
 3人でお遊び。
 私には苦手のことだけど、子供の気持ちになって。
 

 可愛いけど、疲れた~~。
 

 


 


 今日8日

縫物始め

 4日はお姉さんの、「三、七日」。

 夫と二人、お寺参りを済ませて、お山のテッペンの従兄弟の家へお参り。

 先客が大勢お参りされていて、ビックリ。

 6日まではお正月休みの方が多いけど、それから一気に皆帰って行かれる。

 その後をホロー出来ればいいんだけど。


 従兄弟の家を出てから、山越えをして、我が山の家へ。

 わが家のお墓参り。
 不思議なことに、花立の花が一本もカラスに抜かれていません。

 こんなこと珍しい。
 カラスがどうにかなっちゃった?

 ついでに、畑の大根やカブを抜いて帰ろうと思ったけど、土がカチカチ。
 売るほど有るのに、買うことになるかも?


 

 2日に娘となっちゃんが来てくれた時に、なっちゃんが「ばぁちゃん、黒ネコのポーチを縫ってくれる?」って頼まれました。  
 

 滅多に頼み事をしないのに頼まれたんだから、どうにかしなくっちゃね。

 でも、デザインなんて分からない。

 困ったけど、試しに縫ってみました。
  
  P1030056.jpg     P1030057.jpg
 ネコの目は閉じたのが良い、との事でした。

 試しに縫ってみたので、生地が悪い。
 かと言って、再度同じ物は縫いたくない。

 中一のなっちゃんには、生地の良し悪しは分からないんだけど。

 今、午後4時半過ぎ。
 なっちゃんの家に持って行こう!

わが家の孫はお出かけ~

 昨日は娘となっちゃんが年始に来てくれました。
 
 お正月早々、J君が高熱を出して病院へ行ったので、J君とお父さんは自宅待機。
 
 なっちゃんも中学生、部活があるので滅多に会えません。



 今日はわが家のR君、T君がパパ、ママとママの実家に年始に行きました。

 家の中は散らかす者がいないので、とってもキレイです。
 静か~です。


 でも夫と二人だけでは、面白く無い。

 やっぱり、散らかっても、騒々しくても、孫達がいないと。


 と言っても、今夜帰ってくるのですが。

 そう言えば年賀状の中に、「賑やかな生活をされているのが羨ましいです」
 というのが有りました。


 私は私の部屋で縫物をしています。
 仕事をしている、という感覚では無く、針を持って何かしているのが好きなんです。


 明日はまた、夫と二人で出かけます。
 

 明けましておめでとうございます

  謹んで新春のお喜びを申しあげます

  皆様お健やかに新年をお迎えのことと存じます

  旧年中は何かとお世話になり有難うございました

  わが家は昨年4月から息子家族4人と同居し賑やかな日々です

  5歳5ヶ月と1歳5ヶ月の男の子から癒しとパワーをもらっています

  皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り申しあげます

  本年もどうぞ宜しくお願い申しあげます          
                                    元旦




  お天気は快晴

  すばらしい一年の始まりを予感。

  夫とR君と私の3人で側のお大師様、荒神様にお参りしました

  
  たくさんの年賀状の中のコメントに元気をいただいたり励まされたり

  私の出来ることを頑張って行こうと思っています。
  
  

 | ホーム |  page top