リンク


カレンダー

11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

Author:どんぐり
 私の部屋にはたくさんの布と古布の山。
 同居する孫との日々の出来事。
 時々、山の家に行って、夫に付いて農作業。
 自分達で作った野菜は安全、安心です。


最新記事


月別アーカイブ


水槽


検索フォーム

QRコード

QR
まとめ

今年も終わりました

 大掃除は、小掃除におわりました。

 
 おせち料理もちょこっと作りました。


 色々と有った一年でした。


 今年一年、ヘタなブログにお付き合いいただき有難うございました。


 来る年が皆様にすばらしい一年となりますようにお祈り申しあげます。

 

 




 

今日はお墓掃除です

 27日には何をしたか忘れちゃった。


 28日は雨。
 
 雨とは言っても、雪まじり。
 昼食後、夫と二人で、お姉さんのふた七日なのでお参りして来ました。

 山のテッペンなので、途中雪道もありましたが、無事。

 従兄弟も見た目は変りなくて、一安心。

 娘さんも仕事納めなので、あとから来られました。
 ここの子供さん二人は、東京で就職されているかたと、大学院に通っておられるかた。
 

 お正月には長男さんが、東京から帰られる予定。

 こちらは、子供さんが大学受験、高校受験と忙しい。


 皆さん、お父さんが一人になって心配でも、それぞれに自分の家庭もあるので、お疲れになる事と思います。


 今日は「お墓掃除」をしようと言うことで、山の家へ二人で。

 お墓掃除と言われれば、付いていくかなくちゃ、バチが当たるから。

 お天気は快晴!
 暖かくて、気持ちの良い日でした。

 それにお掃除をして、気分もスッキリ。


 私の部屋はまだだけど。


 得意料理の「黒豆の煮豆」だけは、出来ました。

 「ばぁちゃんの手作り料理が大好き」と言う、外孫のJ君。


 でも、「おせち料理」も買いたい気分。

今日は良いことが・・・

 昨日パッチワーク教室だと思っていた、第二火曜日だし。

 でも、月曜日が祝日だったので、教室は火曜日はお休み。


 そこで今日の水曜日がパッチ教室。

 年末の忙しい時なのに、ほとんどが出席でした。
 
 友人達とオシャベリ。
 今日は真面目に手も動かしました。


 今日の友人達との会話の中心は、お正月に帰省する子や孫の話。

 「ゆっくりしたいけど、楽しみに帰って来る息子や娘、孫に帰って来なくても良いとは言えない」と。


 帰って来られる子供さんたちも、親孝行のつもりで交通費を掛けて帰られるんだし。

 わが家は同居だし、娘達も車で10分ほどの所に住んでいるし、交通費の心配は無し。
 その上、泊まることも無いし。


 午後にはお正月の花を祀ってもらうために、娘の家へ。
 もちろん娘は仕事で留守。

 おばぁちゃんに。
 J君となっちゃんも部活から帰っていて、久しぶり、会えて嬉しかった。

 クリスマスのプレゼントもまだだったけど、渡してスッキリ。(遅いけど)


 実家へ行ったら、弟が柿をバケツいっぱいくれた。
 わが家ではとっくに無くなっていたので、柿大好きの私にとっては、これも嬉しいこと。(金額では無くて)


 次にスーパーへ買い物に。

 レジを済ませて、買った物を袋に詰めていたら、前のお客さんが、

 「Mさんお元気ですか?」と声をかけてくださった。

 顔を上げて、ウ~ンと考えてみたけどまったく思い出せない、知らない人?

 「すみませんが、思い出せないんです、どちら様だったでしょうか?」

 そしたら、「S田です」と。

 「ぇえ~っ、S田さん?、あまりにも変られていて、まったく分からなかったわ~」と。

 「14キロ太ったのよ」だって。

 「そうでしょう、面影がまったく無いぐらい」
 
 お元気で良かった。


 昨日とはうって変り、良い事ばかりの一日でした。 

 

とんでもない物に引っかかりました・・・

 布類をた~くさん買った、と書きましたが。

 自宅に届いたので触って見ました。

 ????????・・・・・

 洗濯ネットに入れて、ワイドハイターも入れて洗濯機で。


 洗濯機のゴミが入る袋に、粉茶のような物がい~つぱい溜まりました。


 ア、レレレレ~です。


 洗濯ネットから取り出して見ると、案の定、です。

 ボロボロ、です。
 引っかかっちゃいました~。

 この着物、「着用出来ます」の表示。アンサンブルの大島着物。
 初めての所。
 評価欄にもあまり悪い事が書いてなかったし。

 P1030049.jpg
 ↑は、男物の羽織りの裏です。
 羽裏の柄も楽しみだったのに。

 P1030051.jpg
 ↑の左のモジャモジャは袖裏が見えています。

 P1030052.jpg
 着物の本体です。

 経糸はまだ残っていて、緯糸がぜんぜんダメ。
 
 こんな着物が着用出来る、なんて。


 ず~っと前、ネットを始めた頃、何度か引っかかって、お勉強代は支払った、はずなんだけど?
 まずはお試しで、一枚だけの購入だったから。


 と言って、他からたくさん買ってます。
 こちらは前から、何度も買っているので安心してるけど。?。

 分かってるんです。でも我慢します。お勉強代。



 話は変わって。

 孫のR君。
 今日の午後、「ばぁば遊ぼうよ」
 「ん~~ん?」 「良い物を持ってるね、どうしたの?」

 「サンタさんにプレゼントをもらったんだよ」

 「うちには煙突が無いのに、サンタさんはどこから家に入ったのかな?」

 「それはね、サンタさんが特別のカギを持ってるから、入れるんだよ」

 「へぇ~そうなんだ、どこに置いてもらっていたの?」

 「子供部屋のおもちゃ箱の中なんだ」


 「ところで、それは何て言う物なの?」

 「ウイザードの鉄砲だよ、刀にもなるんだよ」「だからばぁば遊ぼうよ」

 そんな事を言われても、どう相手をすればいい物やら。


 R君、2階に上がったり降りたり。

 階段を上がる足音がしたら、待ち構えていて、「ババーン、ババーン」。

 5歳の男の子、キャッキャッと喜びます。

 パパは仕事、じぃじは山の家、ママはパソコンの前だと。


 何度お相手をした事やら。

 そうこうしていたら、
 「ばぁば、サンタさんが怒るかな~?このウイザードの鉄砲、もう飽きちゃったよ」

 「そうね~、折角お願いして、もらったんだから、飽きたって言ったら失礼だよ」


 サンタさんにお手紙を書いてお願いし、もらったら、お礼の手紙を書いたそうです。




 それにしても着物、・・・・・・です。



 

今日は寒かった

 ほとんど家の中に閉じこもっていたけれど。


 夫は相変わらず、山の家。

 こんな日にまで行かなくてもいいのにね。


 明日は今年最後のパッチワーク教室。

 みんな忙しい時なので、欠席者が多いかも?

 でも私は行かなくちゃ。会いにね。


 冗談とは分かっているけど、「大きな布をわざわざ小さく切って、パッチワークをするなんて分からん」

 と言っていた夫。


 先日お姉さんが亡くなってから、「友達と遊びに行きたけりゃ、遊びに行っとかにゃ~」と。

 ところが、一緒に行こうとは言いません。


 と言っても、遊びに行くなら友達と一緒がいい。

 
 今、午後9時過ぎ。
 NHKの教育で、有元葉子さんの「おせち」を放映しています。

 黒豆の煮方、をしていますが、私も同じ方法。



 大掃除があるのに、「おせち」も作らなくちゃ。

 「黒豆」は冷凍保存が出来るそうです。


 
 そうだ今日は、クリスマス。

 わが家の孫二人には、何がいいか分からないので、ママに買って来てもらって、プレゼント。

何をしてたかな~?

 毎日ブログの更新をしないと、ぇっ何をしてたのかな?状態。

 自分でも自覚してるけど、よ~く物ごとを忘れる。


 21日のお昼には、お客さんの所へ頼まれた漬物を配達。

      その近くに住んでおられる方のところへも。


  夫の運転で。
  帰りは食材店、薬屋さん、他。


  21日の午後4時には夫と二人で、先日亡くなったお姉さんの初七日を拝みに。

  初七日なのに、20名も集まりました。
  私と同じ立場の従兄弟の嫁さんと二人でお手伝い。(年齢も同じ)
  もう一人は、長女さん。

  こんな時、女手は必要。



 22日は疲れて、休んだり、帽子を1つ縫ったり。

 周りの私達でさえこんな状態なので、当家の方々は如何ばかりかと。
 この亡くなられた方のお母さんは、3年前に96歳で亡くなられました。
 


 23日の今日、ネットで布等をた~~くさん買いました。

 私は一人で何も出来ませんが、強~~い味方がおりまして。

 わが家のママです。


 亡くなられた方の事を思うとき、私もいつ何ごとが起きるか分からない。

 欲しい物は買うことにしよう!
 知っているのは、私とママだけだけど。

 自分の小遣いで買うんだし。


 そうそう今朝、私の部屋に入って来た夫、

 「着る物が無い言うて、い~っぱい持っとる、これもあれも、こがぁにぎょうさん持っとる」と。

 「ぜ~~んぶ、私が縫った物だけど」

 「ほぅ~」

 「セーターや下着なら買うけど、あとは全部自分で縫えますから」

 「・・・・・・・」

 これはほんと。
 まぁ、喪服は3年程前に買ったけど。


 縫物を仕事にしてきたのだから、自慢にもならない。



 毎年、年賀状書きに疲れるけど、この度はこれもママに頼んで。

 宛名も印刷してもらって。

 けど、全部パソコン処理した年賀状をもらってもあまり嬉しくないので、
 一言メッセージを書くところは空けてもらって。


 お昼前にはポストへ入れて来ました。
 今までで一番早いかな?


 年賀状の心配が無くなったので、安心してパソコンの前に座りっぱなし。


 フィギァスケートの観戦。

 真央ちゃんが優勝、おめでとうございます。


 まだ心配ごとが。

 年末の大掃除。やらなくちゃ!
  

 活動開始です

 と言っても、私のことだからたいした事ではありませんが。

 昨日は冷えたのか?お腹がチクチクでした。
 ちょっとは何かしようと思っても、イマイチで。


 今日はもう木曜日、20日。
 もぅ20日?
 今年もあとわずか、11日しかない。

 少し気合を入れなくちゃね。

 外の流しの前で、大根の皮向き。これは大根のカラシ漬け。

 ハクサイも少し、塩と旨み調味料を入れて漬けた。

 ハクサイはたくさん取り入れてくれているけど、寒いので3~4日分だけ。


 でも今日は仕事をした感じ。



 亡くなったお姉さん(従兄弟の奥さん)は、味噌も手作り、コンニャク、餅、漬物はもちろん、何でも出来た。

 地区の学校へも、先生として教えに行かれていた。

 辛抱強い人だった。

 なんにも真似は出来なかった。



 明日はお客さんに頼まれた漬物を持って行く予定。
 
 
 


 


 

 これからです・・・

 夫の従兄弟の奥様が15日に亡くなられて、夕方二人でお悔やみに。

 16日の午後4時から、色々な行事。
 田舎のしきたりにのっとって、納棺。
 お通夜。
 
 大きな家なのに、座りきれないほどの方々がお参りくださいました。


 17日の11時~12時、告別式。(小雨)

 こんな田舎で奥様が亡くなられたのに、すごい参列者でした。

 やはり生前のお付き合いが普通と違ったのでしょう。

 あまりにも突然の死だったので、長女、長男、次男、3人共、お母様の死に目に会えませんでした。

 「動脈かいり」とお聞きしても、?でしたが、従兄弟の説明によると「大動脈が破裂」したそうです。


 18日の今日は、寺参り、でした。

 夫と二人でお参りしました。

 普段の従兄弟の家とのお付き合いならば、夫が一人なのですが。
 
 私はお店の仲間としてのお付き合いが深かったので、参らせていただきました。


 78歳の従兄弟が山の中の一軒家に一人になってしまった。
 お山のテッペンの家。
 大き過ぎる家。
 
 「今まで食事の支度なんてした事が無い」と、亡くなった奥様が言われていた。

 時々、夫と二人で遊びに行ってみよう。


 思い出しても涙が出る。信じられない。

 
 ご長男が挨拶で「親孝行が出来ないうちに亡くなって、残念です」と言われていたが、

 3人の子供さんがそれぞれに、立派に生活されているのを喜んでおられた。
 それだけで、十分満足されていると思う。


 私は私の出来る範囲で、お手伝い出来ればと、考えている。
  
 



信じられない出来事が・・・

 今日はいつもよりも暖かな一日。
 小雨は降り続いていたけれど。


 早い夕食を済ませたところへ電話あり。

 親戚筋のかたから「妹が亡くなった」と。


 妹さんが2人おられるけど、まさか、まさか。
 
 夫の従兄弟の奥様。

 
 75歳。いたって元気な方だった。
 12年間一緒に「農産物の直売所」をして、昨年お店を閉店。

 色々な役員をされて、婦人会会長、人権擁護委員、加工所の社長さん。

 明日は、選挙の立会人を勤められる予定だった。(10年以上)


 いつも元気で周りの人を引張ってくださった。

 原因は、「動脈乖離」(どうみゃくかいり)。
 一昨日、手芸教室から帰って、「ちょっと胸のあたりが痛い」と。
 普段からお元気なので、昨日病院へ。

 CTでも写り難い箇所だったそう。
 病院から救急車で10分ぐらいのところで急変されたとか。

 電話を受けた夫の話を聞いて、あまりにもビックリして、手足が震える感じ。
 「そんなこと、ありえん」。

 午後5時過ぎに、夫と二人でお悔やみに行って来ました。
 お山のテッペンの自宅。

 あまりの突然のことと、お元気そのものだったこと、どのように言葉をかければいいものか、分かりません。

 とってもキレイなお顔で、まさに休んでおられるような。


 こんなことを書いている今でも信じられません。
 

 7歳若い私の方が、どこやらかしこやら、痛い、悪いと言っていた。



 本当にお世話になりました、有難うございました。
 ご冥福をお祈りいたします。                     合掌                    






 
 

ユズ風呂~~

 11月の中頃からユズを取り始めたのかな?

 その終わり頃だったか?夫がボールにユズをたくさん入れて勝手口から入って来た。

 料理なんてする事も無いのに、「お父さん、そのユズをどうするん?」って言ったら、
 お風呂の方へ歩いて行きながら、「何をするか分からん?」と。


 はぁ~お風呂に入れようと思っているのかと「あぁ冬至が来たん?」

 そしたら「冬至?冬至が11月か?」と。

 フンフン、冬至は12月じゃわ。(12月21日だった)


 「冬至じゃのぅても、ユズ風呂じゃ」と。

 その夜のお風呂には、ユズがい~~っぱい!
 孫達も喜んで。

 息子までが、「こんなに入れたらモッタイナイじゃろ」と。


 それからというもの、ほとんど毎日、ユズ風呂です。


 朝の風呂掃除は、ママか私ですけどね。


 肌がキレイになったか?どうかは疑問だけど。

 お風呂に入っている間じゅう、ユズの香に包まれて気持ち良いです。

 まだまだた~くさんある。(布よりは少ないけど)

 P1030044.jpg     P1030046.jpg

 ↑の左の写真はユズを刻んで砂糖を入れて、煮込んでいるところです。

 ↑の右の写真は、ほとんど汁気が無くなるまで煮込んで、ザルに揚げて、残りの汁気を切っているところです。


 今日は、大根を千切り器にかけて、千切りにし、ザルに広げて乾かしています。

 切り干し大根にしておけば、煮たり、酢の物にしたり、出来るかな?と思って。

P1030048.jpg



 追加のユズ菓子も順調に乾いています。(わずかだけど)



今日は暖かいはず?だったけど

 山の家の畑は、先日の雪がまだ積もっているので、入れないそうです。

 お店を止めてから、夫も以前より野菜作りに気が入っていないかな?(これを見たら叱られるかな?)


 ハクサイをたくさん取り込んで来て、「漬物にしろ」とやかましい。

 消毒は前から、滅多にしないのに、それでもたまにはしていた。
 それが少し遅れたらしい。(本人が言っていた)

 たいていのハクサイが虫にやられている。
 だからよけいに、漬物をするのが、オックウだった。


 でも今朝は、少し暖かいらしいので、意を決して(オーバーだけど)、漬物をしよう!

 外の流し台の前に立ち、一枚一枚はがして洗い、目方を量り、漬け込み。
 外の水道はお湯も出ていたのに、この度のリフォームで、お水だけにしたものだから、手が冷たい。

 両手の感覚がなくなるほど、冷たい。
 やりかけたんだから、途中止めは出来ない。

 お昼で終わり、と言う事にして。


 午後は、そうは言ってもユズの取り置きがまだまだたくさん有るので、重い腰をあげて。



 昨日仕上げた「ユズ菓子」の量はほんのわずか。
 もう少し、作ろうか?

 私が「ユズ菓子」と言っているのは、マーマレードにした物を乾かしています。


 私流の作り方ですが。

 ① ユズの表皮を薄~く剥きます。(この時、キレイな薄皮はまた何にでも使えます、汚いのは捨てます)

 ② 半分に輪切りにして、ユズ酢を絞ります。(ユズ酢、種、ワタ付きの皮の3つに分ける)

 ③ ワタ付きの皮が一番重要なのですが、中の袋状の物をスプーンでくり抜き、次々にお水に入れていきます。

 ④ お水に入れてアク抜きした物を取り出して、適当な大きさの千切りにし、又、次々に水に入れていきます。

 ⑤ 水に入れて一晩アク抜きしたワタ付きの皮をナベで2~3度茹でこぼします。

 ⑥ ちょっと苦味が残る程度になったら(好みですが)、ザルに上げ水気を良く切ります。

 ⑦ ここで目方を量り、60~70パーセントの砂糖を加えて、解けてから、火にかけて、焦がさないようによく練ります。

 ⑧ このあたりで、マーマレード状態です。(砂糖は少ないけど)

 ⑨ 焦げ付く前に(なべ底に字がかける位)、金網のザルに移して、ドロリとした液と分けます。

 ⑩ このマーマレード状態の物を、新聞紙をたくさん重ねた上に、キレイな紙を広げて移します。

 ⑪ 乾かすのはエアコンです。

 ⑫ 側に付いていて、何度も何度も紙を替えます。

   その内に、ベタベタしていた物が乾いてきます。

   
   グラニュー糖をまぶす頃合が重要なんですが、カチカチになってからではグラニュー糖がくっつかなしし、    そうかと言って、ちょっと早すぎると、解けてよけいにベタベタになりますし。

   慣れしかないようです。


   以上、まったくの素人の私流の「ユズ菓子」の作り方でした。


 * ユズの表皮をむいだ物はホワイトリカーに漬けて化粧水として使えるとか?またユズ味噌を作る時に入れま   
   す。

 * 種も↑と同じ様に使えるそうです。(種は味噌には使えません)  
   

    

 孫の言葉に・・・

 昨年作った「ユズ菓子」の残りを冷蔵庫に入れたままだった。

 最近何を思いついたのか、テーブルの上に。


 それを食べたR君、「ばぁば、美味しいね~」

 「それは去年作った物だよ、今年はまだ作ってないから」


 そしたら「ばぁば、今年はいつ作るの?」だって。

「エッ、R君ユズのお菓子が好きなの?」
「好きだよ、美味しいよ」

 手間ヒマかかって、メンドクサイ、ユズ菓子。

 その上に、私は味見をするだけで、食べないと言うか糖分が多いので食べられない。
 今年こそ、もう止め!って決めてたのに。


 ユズのキレイな物だけを取り置いていた。

 他の誰が言っても、すぐにはその気にならないけど。

 R君が好きとあらば、作りましょう。

 2~3日かけて、出来上がりました。

  P1030041.jpg
 毎年作っていたので、まずまずの出来。

 R君にと言ったって、たくさん食べたら、砂糖の取りすぎ。

 プレゼントにも。


 他に、ユズのマーマレードをたくさん作りました。
 こちらは乾かさないので、簡単。

 絞ったユズ酢は、同量の砂糖と一緒に煮溶かして「ユズジュース」に。

 これも、炭酸、焼酎、お水、お湯、と色々な物で割って、飲めます。風邪に良いらしい。


 色々と書いたら、薬事法違反になるらしいけど。



 今日の午後、ママがR君のお迎えに行っている間、弟のT君のお守り。

 だんだん知恵が付く、というか、寂しくなると「ママ~、ママ~」と泣きます。

 まぁ1時間もすれば帰ってくるのだから。

 

 

失敗だけど・・・

 今日はパッチワーク教室。

 先日の手作り展に参加された先生のブースへ、帽子をちょこっと置かせていただいていました。

 今日、お小遣いをいただきました。
 それに、仲間に頼まれていた帽子も気に入っていただき・・・・・。


 これが商売目的ならば、もっときちんとしなければいけないところでしょうが、
 趣味に毛が生えたていど、と言っては失礼ですが。


 3.5センチ角の古絣などをつないだ(グラデーションもどき)上に、スーちゃんを乗せたタペストリーは先生にOKをいただいて、ヤレヤレです。

 もう玄関に飾っています。

 来年の「干支は巳」だけど、ヘビは大嫌い。
 だから、スーちゃんです。




 午後、チョット前にもらっていた、ガマグチの口金、2個。

 時間があるから、物は試しで、1つ作ってみようと思い立ち、説明書をみながら。


 まぁ難しいことと言ったら。
 「口金の溝にボンドを入れます」→「そこに布を目打ちで押し込む」


 お試し布で作っていたけど、もぅベタベタ。
 私の手もベタベタ。

 こんなもの、この手、どうすりゃぁ良いの?
 全部がベタベタくっ付いちゃった。


 私の手におえる代物では無い!ことだけが、判明。

 手はキレイに洗い落とせました。


 口金は捨てて、ファスナーをくっ付けてみよう。


 で、こうなりました。
 P1030040.jpg
 もともとお試し用の布なので変、ですが、
 小銭入れならば、中がガバッと見えるので、使えるでしょう。

 こんなに、自分の都合の良い方へ話を持っていってます。(ダメ)


 
 

積雪2cm

 朝起きたら外は真っ白。

 積雪2cm也。


 歯医者さんの予約は12時。

 「12時までには雪が解けるじゃろうか?」

 「あぁこんなんはじきに解ける」

 と、夫と会話したつもり、だった。


 11時半前、ママにも「行って来ます~」と。


 歯医者さんでも時間がかかり、終わったのが12時半。


 郵便局、銀行、スーパー、郵便局。


 帰宅したのが、午後2時半。


 夫に、「昼ごはんを食べる?」と言ったら、「もうそろそろ帰る時間じゃと思うた」と。

 色々と寄り道をした経路を話したら、「美容院へ行っとったんじゃぁないんか?」と。



 まぁ耳も悪くなってきているので、しょうがない。

 郵便局へ行ったのも、夫の従姉妹で私の高校時代の同級生でもある方の、ご主人が亡くなられたので・・・

 長年の看病の末に亡くなられたそうである。


 喧嘩相手があるだけでも、好しとしなければ、バチが当たりそう、なんだけど。(心の中では)



 午後は「ユズ」を絞って、ユズジュースにしたり、皮を刻んで煮たり。

 何時間も台所に立ち通し。


 明日はパッチワーク教室。

 
 
 

 

今日も寒い

 昨夜は遅くまでテレビ観戦。

 フィギァスケート。

 浅田真央ちゃん、高橋大輔さんが揃って優勝! おめでとうございます。



 夜中に雨が降っていた。


 朝になると「雪」。

 見ただけで、外に出る気にもなれず。
 孫のR君、「雪だるまが出来るといいね」

 夫は「山の家の様子を見てくる」と、出かけて行った。

 こんな日にまで出かけなくても?と思うけど。
 お昼前に帰って来て、「10センチほど雪が積もっていたので、畑には入れなかった」と。


 わが家あたりは、チラチラしただけで何の変化も無し。

 帽子を1つ縫っただけ。

 帽子は縫うけど、帽子をかぶるのはキライ。

 食事はいまだに、あまり欲しく無い。
 夫も同じ状態なので、良かった~。

 食事、食事と言われても、困るし。


 明日は、歯医者へ。
 
 

一家揃って、風邪引き~

 最初は私からだったかな~?

 「おばぁちゃんの風邪は、めったにお孫さんには移りませんから」と言われて安心してた。

 それでも念のために、風邪薬はず~っと、今でも飲んでいる。


 孫のR君とT君が「おう吐下痢症」にかかり、5日の晩あたりから、息子と主人も同じ。
 私は風邪薬を飲み続けていたためか、気持ちが悪くてご飯も何も欲しく無い状態まで。

 今日あたりから、みんな通常にもどったようだ。

 今朝の会話から、ママも怪しかったけど気力で乗り越えたそう。


 お歳暮の準備を夫に頼まれていたのに、それどころでは無く、あちらこちらから。
 やっと外に出る気力も出て、今朝、発注。


 何は無くても、まず健康! 思い知らされました。


 今朝も天気予報がどうの?こうの?とわが家の話題になりましたが、

 お昼過ぎに、すごい風雪でした。
 じきに止んで、今は晴れています。


 何事も、なにごとも起こらず、平穏な毎日が続きますように。

手作り展へ

 昨夜、娘よりメール有り。

 「やっと仕事が一段落して、明日の午後休みを取ったから、約束の食事に行きましょう」と。

 今朝またメール。「〇〇と〇〇とどちらが良い?」

 食事に誘ってくれるのは有り難いけど、今日は「手作り展」へ行く予定。

 それに、体調がイマイチで、ご馳走を食べたいことも無い。(それは言えないけど)


 「『手作り展』の会場の近くが良い」と。

 大きな車に乗せてもらい、先に食事を済ませ、手作り展の会場へ。



 実は先生のブースに、帽子を置かせてもらっていたのでした。

 すでに2個売れていました。

 娘曰く、「お母さんが帽子を被った方がいいんじゃない?髪が風でくちゃくちゃになっている」と。

 そういえば、駐車場に降りたとき、すごい風だった。


 会場の感想、一昨年来たときはもっとブースもあったのに、ことしは何だか少ない感じ。

 それに、10時から4時まで、一日限り。


 陶芸品から木工品。
 いろんな作家さんが出店されていました。

 リメイク服なども売っておられたけど、売れているのは小物のようでした。

 勉強がてら、のぞいてみましたが、やっぱり私は私流で。 

  


ひきこもり

 昨日はスーちゃんのタペに額縁を付けて。

 刺し子ミシンで縫ったところの後始末をして。

 ビーズを少し付けて。


 先生にお聞きしてからと思っていたけど、12月11日までには間があるし、このタペにいつまでもかかっているわけにもいかず、自分勝手に、ビーズで誤魔化し。


 今日も一日中、ビーズ付け。

 買い物にも行かなくちゃ、と思っただけ。

 食材が無いわけではない。

 料理に文句を付ける夫でも無し。
 
 とにかく、タペだけは済ませてと。


 周りのキルトは残っているけど、ここでお終い。あとは先生にお聞きして。

  P1030037.jpg
 
 明日は「手作り展」へ行く予定。

いよいよ12月・・・

 師走に入ったというのに、の~んびりとしています。

 昨日はそれでも、大根のカラシ漬けを作りました。頼まれて。

 「もうイヤだ」と言ったのに、しょうがない。

 次々と頼まれているけれど、お断り。
 自分の体調の方が大事、と思うことに。


 今日はスーちゃんのタペストリーのキルトをしていました。

 せっかく「刺し子ミシン」を買っているのに、使わねば。

 まぁ手こずること、手こずること。

 キルト綿を挟んでいるからよけいに難しいとは思うけど、前に進めない。
 針も調子が悪そうなので、交換。

 その交換にまた、説明書を引っ張り出して、「ああでも無い、こうでも無い」
 途中で針がピーンと何処かへ飛んで行ってしまいました。

 新しい針がもう一本有ったから良かったけど。
 この針、一本が1000円。

 やっと縫えるようになるまでに、1時間。

 針を替えたら前よりもマシになったけど、糸がよく切れる。(これは中国製だからかも?)


 イライラしながら、刺し子ミシンを使っていたら、夫が入って来て、
 「最近ミシンを何台も増やしたんか?」だと。

 「へぇ~、眼まで悪くなったん?」

 「何年も前から持ってる」

 春ごろまでは押入れの中に入れていたけど、2階に上がってからは、ズラ~ッと棚に並べてる。

 本当は、手作りで大工さんに、天井までの棚を2~3個作って欲しいんだけど、いくらなんでも我がまま?
 と思い、口に出せずにいる。

 言いたいことを言う性格なんだけど、ちょっとは我慢。


 布買いを我慢しているついでに?だけど。


 午後、夫は孫のR君を連れて初めて「散歩」に。

 帰宅後の話。
 運動公園のトラックを自分は歩いて、R君を走らせたそう。

 その内にR君が弱音を吐いてやめるだろうと思っていたら、良く走るのでビックリした、そうな。

 ママと私、「そりゃぁ毎日幼稚園に歩いて行って、歩いて帰るんだから、足は鍛えているよ」と。

 じぃじも山の家へ行って、お百姓をすることばかり考えないで、たまには孫の相手もしてくれなくちゃ、ね。


 仕事に終わりは無いけれど、孫はアッと言う間に大きくなってしまうんだから。
 仕事、仕事と言わないで!

 孫達は、 今が可愛い盛り。

 | ホーム |  page top