リンク


カレンダー

08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

どんぐり

Author:どんぐり
 私の部屋にはたくさんの布と古布の山。
 同居する孫との日々の出来事。
 時々、山の家に行って、夫に付いて農作業。
 自分達で作った野菜は安全、安心です。


最新記事


月別アーカイブ


水槽


検索フォーム

QRコード

QR
まとめ

今夜は十五夜

 今日は台風の影響もあり、雨。

 久しぶりに家族6人が揃っています。

 しかし皆別々の部屋で、それぞれに。


 友人のIさんが、「明日の作品展準備に行かれないので、作品を持って行って」と、バッグを5個預けに来られました。
 ほんとに手早い方なので、まぁ真似は出来ません。

 私は今回の作品展はとっくに諦めているので、小さなタペ1枚、バッグの小さいのを2個だけ。
 参加するだけ。
 でもこの度は、お手伝いはちゃんとしようと思っています。


 今夜は十五夜、なので「お団子」を作ってお供えをするのだと、孫坊主が張り切っていました。
 台風の影響で「お月様」が出るかどうか?心配していましたが、ちゃんと顔を見せてくれました。


 ママと孫坊主の二人で、可愛いお団子を丸めて、お供えして。

 私達用には2階に運んでくれたので、お手伝いしないで、美味しくいただきました。

 白色のお団子とカボチャ入りのオレンジのお団子。

 見た目もキレイでした。

  
 それにしても孫坊主、「大工さんになりたい」と言ったり、「お料理屋さんになりたい」と言ったり。

 「宇宙飛行士になって、お空の高~い所へ行ったら?」
 との問いには、「高い所は怖いから、絶対にイヤ!」だと。


 何でもいいから、元気に大きく育ってほしいものです。

寒い~

 昨日の午前中は少しの間、ベビーと。
 
 孫坊主は幼稚園。

 合間にはパッチワークを。


 夕方、キット販売をされるブログにて、キットをゲット。
 月曜日にならないと、送金出来ない。


 
 今日の午後、ママはベビーとお出かけ。

 孫坊主は、買い物に付い行くのはイヤと、ばぁばと二人。
 「ママがいないと泣くんなら、付いていかないと」と言ったら「泣かないから」と。


 ばぁばとオシャベリ。
 
 オシャベリばかりしていたら、何も出来ない。

 「ばぁばは2階に上がるけど?」
 「一緒に上がる」

 どうもママがいないと寂しいらしい。
 私の部屋のテレビは、パソコンの側に置いているのに、ネットに繋がっていない。(不必要だから)

 「ばぁば、録画してる?」    「してないよ、録画してまでテレビを見たいと思わないから」

 「ネットにつないでる?」    「繋いでないよ、なんで?」

 「ゲームをしたいの」      「へ~、それならリビングだね」


 階下へ降りて、二人でテレビ。
 
 この5歳の孫、ビフォー&アフターが好き。
 ママが録画してくれているのを二人で。
 「大きくなったら、大工さんになる」そうである。

 どうも二人でいるのがつまらないらしい。
 
 「下にいると寂しいし、2階に上がっても面白いことが無かった」と。

 「だから今度はママに付いて行くんだね」    「ウン」


 5センチ角に切った藍や絣、どう考えても一人でグラデーションに配置出来ない。

 少しは繋いでみたけれど、作品には無理である。
 別の物に利用する事を考えよう。
 せっかくた~~くさん、切ったけれど。

また夏にもどったような一日でした

 朝晩は寒いぐらいなのに、日中はまるで夏。

 あまりにも暑い日が続くので、ホッタラカシにしたままのミョウガ畑有り。
 昨日、それでもまぁ見て見ようか?と。

 今年始めて覗いて見たミョウガ畑には、時すでに遅く花盛り。

 その上に土地が肥沃な所で、まぁビックリ!するほどの大きさ。
 モッタイナイ事をした。

 「秋ミョウガもお願いね」って頼まれていたのに、良い品はごくわずか。
 しかし、花盛りのでっかい品がたくさん。

 こんなにたくさんどうするの?だけど、取って来てキレイに洗っている。
 早くしないと、品質がじきに悪くなる。

 お客さんに電話。連絡が付いた。
 11時半自宅発。渋滞にも遭い、12時半頃到着。

 Mさん、「うわ~、たくさん」。
 私、「お料理が上手だから、何とかなるでしょ」(私もM)
 Mさん、「生と甘酢漬けに・・・・」
 私、「佃煮にしたら?刻んで、ショウガの千切りを入れて、ちょっと辛味を入れて」

 どうにかしないと処置出来ない分量。刻むだけでも時間がかかるし。


 でも喜んでくださって、嬉しい。

 この方、お店をしていた時のお客さん、よく手作りのお寿司やお惣菜を作って来てくださったので、どうにか使い切ってくださるでしょう。
 気前が良いので、あちこちに配ってあげられるし。


 行き帰り、とっても暑くて大変でしたが。


 でも、家具屋さんに寄ったり、手芸材料店も覗いたり。

 帽子を縫おうと思っても、これまた、捨てたはずは無いのに、帽子のサイズテープがいくら探しても見つからないので、購入。

 今日は店内をあまりウロウロしなかったので、金額はわずか。


 帰宅は2時半ごろだったかな?


 ミョウガに振り回された、昨日今日、でした。

 

山の家へ~~

 
 ちゃちゃっと昼食の準備を済ませて、9時半頃には、一人で山の家へ。
  
 もちろん、ミョウガ取り。

 夫は留守番?

 自分のお弁当は持って。



 涼しくなったので、畑仕事にはもってこいの気候。

 家の玄関では、大音量のラジオ。
 これは、一人で山の家にいることを悟られないため。
 高齢者と言えども、一人っきり、というのは怖い。

 気温が下がっただけで、仕事がはかどるし、汗も出ず、快適。

 彼岸花、ミズヒキ、コスモス。

 P1020772.jpg     P1020771.jpg     P1020774.jpg

 ず~っと昔、知人にいただいた「白色彼岸花」。
 こんな所に植えていたのを忘れていました。

 イノシシ避けのトタンの際に。
 ミズヒキもそこかしこでさいています。気温が下がってきて、赤みもキレイになってきました。
 コスモスも夫が刈り残してくれているので、きれいです。

 ここに見えているミョウガ(秋ミョウガ)を今日取りました。


 空気も澄んで、美味しい感じ。


 だけど、ほんとに、ミョウガ取り、今日が最後。

 友人達にあげるのは、また今度、もありえるけど。

久しぶりのパッチ教室

 喜んで出かけたら、途中で老眼鏡を忘れたことに気付き、自宅まで。

 
 先生が案外お元気そうなので、ホッとしました。
 (理由を書いたら失礼かな?と思い書けません)


 10月2日から始まる作品展。

 80歳代の同じ教室生、ベッドカバーを六角形のパターンで。
 それはそれは素敵な作品です。

 私なんて一生かかっても真似は出来ない。

 この度の作品展はもう諦めているし。

 先日5センチ角に切った布切れ、グラデーション風に繋ぐように教えてもらって、午後から繋いでみたけど、やっぱり私には無理!

 色々な藍布に絣の手持ち布ばかりなので、取り合わせが非常に難しい。
 80枚ほど繋いだところで、や~めた!
 先生に見てもらってから、次に進もう。
 
 どうせ来年用になることだし。


 他にも色々と縫いかけをこしらえているので、とりあえず手持ち無沙汰ということにはならない。

 自分で自分に気合いを入れかけているけれど、なかなか強情で、入らない。


 明日はまた、山の家に行かなくちゃ!、



 市の文化祭用の課題、26cmX26cmのミニタペ、「ちょうちょ」。

 これも先日、自分でもイマイチだと思ったけど、5歳の孫坊主までが「ばぁば、変」と言った代物。
 今日先生にお聞きしたんですが、ダメダシはされない先生が?

 教室で販売されている布を、先生に選んでいただいたので、今度作ったらOKでしょうね。


 最近トワイライトエキスプレスでご主人と旅行された友人、今度は北陸地方へ旅行されたと、お土産をいただきました。

 ちょっと涼しくなったので、遊んで歩くにはいいかも?
 

涼しくなればなったで・・・

 昨日は忙しい日でした。

 まず午前中は孫坊主のR君の幼稚園の運動会。

 年少組、年中組、年長組、3クラス合わせて50人程度。

 幼稚園へ行かずに、保育園に行っておられる子供さんもおられるかららしいです。


 9時から11時半まで。

 車で2時間近くかけて駆けつけてくださった母方のおばぁちゃん。
 ベビーをベビーカーに乗せて、ばぁばが二人。

 P1020734.jpg     P1020735.jpg     P1020750.jpg

 下手なデジカメの写真です。
 動き周るので、撮れません。


 お昼頃には又歩いて帰宅。


 午後は夫の待つ山の家へ。

 実はミョウガを取るのは止め!と思っていたのに、急に涼しくなりモッタイナイから取ってみようと。

 親戚にお墓参りに来てくださったので、オシャベリ。
 でも話がい~っぱいあったので、良かった~~。


 しかし、仕事も途中止め。
 夜の仕事になりました。

 涼しいので仕事もはかどりましたが。


 今朝は早くから市場へ。


 今日は一日中眠いです。

 午後4時の予約の歯医者さんへ。
 1時間近く待って、5分余りで終了。
 ほんとに年内に終わりそうに無い。


 明日は久しぶりにパッチワーク教室。
 先生がどの程度元気になられているか心配。

 お彼岸の墓参り

 山の家にある墓地に「シキビ」はお供えしています。

 「シキビ」は、榊と同じように緑色の枝、です。

 それこそ、売るほど有りますので。


 今朝は私が昨年の秋、ちょこっと参加していた「直売所」へ「菊」を買いに。

 久しぶりに行ったら、まぁ長蛇の列。
 へ~~、こんなに流行っていたんだ。
 お彼岸と言う事も有るのでしょうが。

 
 そこで偶然に、友人と言うか知人に会った。

 その方、「今日で終わりなんよ」と。
 私、「えっ、何が終わりなん?」
 その方、「仕事、70歳までだから」
 私、「私よりも1つ大きいだけだから、70歳にはならんでしょ」
 その方、「数え年では70歳なんよ」
 私、「数え年ね~、ご苦労様でした」

 今どき、数え年で言う人も?
 
 「暇になったから、いつでも遊びに誘ってね~」と。


 友人知人も色々な方がある。

 70歳までパートに行っていた人。
 新聞配達をしている人。
 たくさんの土地を持っている人。
 大きなお屋敷に住んでいる人。
 何代先までお金に苦労をしないといわれる人。


 どなたが一番「しあわせ」か、誰にも分からない。

 まぁ私は私。


 それから、先に山の家に行って畑仕事をしている夫のところへ。

 一人でお墓参りを済ませ、野菜を収穫。


 「大根をまぶいてくれ」と言うので、ちょこっと、まぶき。


 帰宅後、ナスは焼いて。(ショウガ醤油)
 オクラは茹でて。
 間ぶき菜も茹でて。
 シャケを焼いて。
 残りもののカレーを温めて。
 冷麦を茹でて。

 今夜は肉が無かったけど。

 

 

今日は家具の移動

 午前中は、今年最後の『ゴーヤの佃煮』作り。
 
 午後はベビーのお守り。
 えっと遊んで、あとはスヤスヤと。


 その後、2階の我が部屋の家具の移動。

 ちょっとスペースが出来ました。

 1つ良い事が。

 少し前、一日中探しても出てこなかった物がでてきました。

 やっぱり捨ててなかった、良かった。


 重たい物を一人で移動したので、体中が痛いような。


 家にいた夫、チラッと私の部屋を覗いたけど、何も言わず。

 「手伝って」、なんぞ言わない。

 自分の思うように、移動。



 買って置きたい物が有る。(だから片付けた)


 昨日縫った帽子、ベレー帽。

 P1020729.jpg
8枚ハギ。
前も横も撮ったのに、ピンボケで載せられず。
わざとパッチワーク式に繋いでいます。


 

今日はエアコン無しで過ごせました。

 家の前に植えているゴーヤ、他。
 P1020714.jpg
 道路より60センチ位宅地が高いんですが。

 5メートルの高さの支柱にネットを張ってくれたので、伸びすぎたツルは折り返して絡まっています。

 まぁゴーヤが生ったこと、生ったこと。
 
 両端のプランターには朝顔と名前が思い出せませんが、ツル性で赤色と黄色の花が咲きます。

 「水は朝、夕やるように」との夫の命令。
 サボるわけにもいかず、きっちりと守りました。

 P1020710.jpg
 リビング前に始めて植えた「トケイソウ」
 二度目の花が咲きました。

 P1020720.jpg
 この日にち草の上側の方へ、夫が軽トラを止めていて、問題が起きたのですが、あくる日夫が見てみたら、別に変わったことは無かったそうです。

 思い出しても気味が悪い。

 
 今日は涼しい一日だったので、孫と遊ぶばかりしてないで、そろそろ何か?と思い、「帽子」を1つ縫いました。
 その後、自分の部屋(仕事はしないけど、仕事部屋)の模様替え。

 いつものごとく、片付けたのか散らかしたのか分からない状態になって、帽子の写真を撮る場所が無くなりました。

 また片付けてから撮ることにして。

 捨てても捨てても、物が溢れかえっている。

 誰かレイアウトしてくれる人、いないかな~?
 

縫うには縫ったけれど・・・

 名称に偽り有り。

 「手作り工房・・・・」だなんて、変更したいけど。

 な~~んにも作っていないのに。


 そこで、今日やっと小物を1つ。

 keiさんのブログで紹介されていた「眼鏡入れ」


 貧乏性なのかどうなのか?
 処分に困るほどの布達がありながら、小さな布ギレばかりを集めてパッチ。

 色彩センスまるで無し。
 芯に厚紙を入れて作るのに、厚紙を入れるなんてそんな難しいことは出来るはずも無く。

 ただ、帽子用の接着芯を使ったので、それほどペラペラでもない。

 P1020628.jpg     P1020627.jpg     P1020629.jpg

 




 良し悪しはともかく、一丁上がり!と言う事にした。


 服を一枚縫うのも、小物を1つ作るのも同じ時間がかかるなんて。

本日18日、2回目の更新です。

 普段午後11時よりも早く休むことは無いのですが、お墓掃除で疲れていたのか、9時過ぎには休みました。

 横になったと思ったら、何か自転車でも動かしたかなという位の音。

 気にも留めず、そしたら又ちょっとした音。


 何の気なしに窓を開けて下を見た。

 眼下には夫の軽トラ。
 
 見下ろしているので、後ろタイヤあたりに

 何かちょっとした物?

 「あぁネコ?」と思っていると、動いた!

 ネコじゃ無い、人間じゃ~。

 「そこで何をしょぅるん」と大きな声を出してみた。

 その男、立ち上がったかと思うと懐中電灯を点して、走りだした。

 わが家へ入る駐車場の角に、防犯灯がついている。

 中肉中背というか、小太り位の男。
 走りもそんなに速くない。

 北の方向へ。木の陰になったりしてよく見えないが、100メートル余り先にある、あるお店の駐車場からライトを点けて走りだした。

この駐車場、土、日、祝日だけ、従業員が駐車場に利用されている。

 だから今日は他には一台も車は無い日。

 車の色は分からないが、軽乗用のようなシルエット。


 夫に話すと「軽トラの金目当てじゃろう」と。
 起きる気配は全く無し。

 階下に降りると、たまたま早く帰っていた息子。

 話して、裏口から外に出てみようとすると、「そんな格好で危ない」と。

 「もう逃げていったから、おらんわ」


 北側に回って軽トラの側に行って見たら、鍵はかかっている。

 薄暗いのでよくは分からないが、特別に変わった様子でもない。

 軽トラの後ろ辺りにいる時に、さっき逃げた軽乗用ぐらいの大きさの車が、走って行った。


 様子を見にグルッと回って来たのかも知れない。


 夫は、明日朝見てみると、針金で鍵を開けようとしたかどうか?分かるから、だと。



 私の推察する限りでは、走りが速く無いので追いかければ捕まえられたかも?
      
 だいたい、他人の家の物を盗りに来るのに、100メートル余りも歩いて来るなんて、変。
 それもお店の駐車場に自分の車を停めておいて。

 昼間だったら、わが家からその駐車場まで丸見えのところ。


 私達の自治会はアパートの3軒を入れても8軒。
 それなのに、電柱に防犯灯を3軒付けている。

 他の自治会に比べて、その数は多い、と思う。

 私達の所だけ、暗がりが怖くない、と思っていたのに。

 わが家は、ネコにでも反応する防犯灯を玄関と裏の勝手口に付けている。

 その上に裏の角にも「太陽電池」で反応する防犯灯まで付けている。


 この上は、まぶしい位の防犯灯にしなければ、ダメ?  


 明日の朝、周りを見てみないと分からないけど、被害は無さそう。

 物騒な事である。
 
     

明日からお彼岸

 昨日、敬老の日、だった。

 孫坊主のR君、「じいじ、ばぁば有難う」と、色紙をくれました。

P1020626.jpg



 R君5歳、身長 106,6センチ
      体重 16,8キログラム


 T君1歳、身長 80,6センチ
      体重 10,7キログラム


  二人の写真と二人の手形、足型付きで。


 それから、ママの誕生日でもありました。

 孫坊主のR君が色々と、セッティングしてくれて、「ケーキ」をみんなでいただいて。
 美味しかったです~。


 そうそうパパさんが、スープを作ってくれました。(炒めたり、ミキサーにかけたり、裏ごしをして)


 
 
 明日が「彼岸の入り」なので、今日、山の家に行きお墓掃除をしてきました。

 先日来の雨で、たくさんの草。それに「蚊」。

 これで、親戚の方々がお参りに来てくださっても大丈夫。


 「お墓掃除」と言えば、95歳で亡くなった夫の祖母が、数日かけて、お墓までの道の草削りをしてくれていました。

 15年位前までは「花立て」も既製品の筒では無くて、「大きな竹」を切り倒し、寸法に切って、鎌でナナメに切っていました。

 祖母が出来なくなったら、義母ではなくて、私と夫の二人が「お墓掃除」の係りに。


 今どきの「墓地」にしたいけれど、夫がウンと言いません。

 まぁ、したらしたで(作ったら)、ウン百万円、かかるらしいですけど。
 過疎地というよりも、絶滅地区になりそうな地域なので、次々と便利な土地に、墓地を移動されています。


 我が家は息子達が帰って来てくれたので、息子の代までは、大丈夫なのですが、

 親戚や知人の家で、跡取り息子がいても、都会に家を建てて、帰って来ない。
 折角新しい墓地を購入したのに?という家がだんだん出て来ています。

 時代が変わって行くので、どうしようもない事なんですね。


 墓地の心配よりも先に、ピンピン、コロリ、をお祈りしましょう。


 変なブログになってしまいましたが、本人はピンピンしております。 

パソコンでラジオが聞けるようになった~

 10日程前だったか?
 
 息子に「パソコンでラジオが聞けるそうだから、してくれる?」と。
 その時にすぐ上がって来て、自分の余っている?スピーカーを二つ付けてくれた。

 「ここをクリックして、次はここ、そして次は・・・・・、そしたら聞けるから」と。

 「ふ~ん、分かった分かった、有難う」


 その時は「分かった」つ・も・り。


 それでもテレビも見ず、パソコンばかり。

 昨日、「そうじゃ、ラジオを聞けるようにしてもらったんじゃわ」
 教えてもらったようにしたつもり、なのに、音声が出ない。

 息子に言うと、「音量をあげたら良いんだけど」、 「ふ~ん」


 今夜また試してみたけど、ウンともスンとも言わない。

 また息子に「やっぱり音が出ないわ、ちょっと見てくれる?」


 パソコンの画面は「らじる★らじる」にチェック。

 「スピーカーのスイッチを入れた?」、   「入れてない」(は~ん、それで音声がでないのか?)


 息子がスイッチを入れた。
 でも出ない。


 「このコンセント、繋いでる?」

 「分からんわ~」

 沢山のコードが入り混じっていて、どのコードがスピーカーのコードやら。

 コンセントに差し込んだら、「雑音無しのラジオの音が聞こえてきました」


 これで、あのピーピー、ガーガーの雑音ともお別れ、ちゃんとラジオが聞けるようになりました。


 今までウン十年、ラジオの雑音がうるさくて仕方が無いので、テレビをかけて音声を聞いていましたが、それともお別れです。
 
 とっても嬉しいです。
 息子よ、有難う!



 「ちょうちょ」のパターンの26センチ角の課題。

 昨日作ったものは、何だか変?

 今日は違う布でこしらえた。
 でもこれも変?

 やっぱり先生にお聞きして、色合わせしなくちゃ。


 孫坊主が上がってきたので、「R君、こっちとこっち、どっちが良い?」

 と尋ねたら、「どっちも変」だと。

 「こっちを先に縫って、変だから、またこっちを縫ったんだよ」

 と言ったら、またしても「ばぁば、どっちも変」だと。

 5歳の子供まで、変だと思うんだから、もうやめよう。


 それでもまだ、「R君どうしたらいいと思う?」
 って聞いたら「ばぁば、もっと可愛い布がいいと思うよ、さがしてあげようか?」と。

 「いいよ、いいよ、又考えるからね、ありがとう」で終わり。


 これ以上散らかったら、どうしようもない事になる。


 それにしても、5歳の男の子の眼も私の眼も同じ~?

 

今日は日曜日

 
 昨日撮った写真です。
P1020611.jpg
 山の家の「木小屋」です。(焚き木、薪を入れる小屋)
 昨日行ったときに、何気なく見て、木小屋の周りの木々が大きくざわついているので(風も無いのに)、何~と思ってみていると「サル」がたくさん来て、周りに何本もある大きな柿の木の柿を食べているようでした。

 
 これでもう柿が私の口に入ることは無いでしょう。 
 

 P1020614.jpg

 夫が年に何回も草刈りをしているのに、いまでは「雑草園」です。
 野菜作りと両方を一人でしているので、仕方が無いです。



 そして今日。

 夫は山の家へ。

 パパさんはバレーの試合に。

 孫坊主は公民館で・・・何だったかな~?
 聞いたんだけど、忘れちゃった。
 ママの送迎で。

 私はお昼ねタイムになったベビーと二人。


 買い物にも行くと言うママに買物を頼んで。

 すっかり出不肖になっちゃった。


 台風の影響で、生暖かい風。
 9月16日だというのに、暑いあつい。


 ちょこっと針も動かせて、ほんのちょこっとだけ。


 老化現象で、針仕事をしてもパソコンをしても、すぐに眼が痛くなり、眠たい。
 これは言い訳?かな。


 そうそう最近、パソコンの画面がマッ青に2度なった。
 「息子に話したら、いよいよ買い替え時かな?」だと。


 買い替えたい物が他にもある。
 リフォームを終えた5月に「冷蔵庫」を買い替えようと思っていたけど、まだまだ使えるのに、モッタイナイかな?と思いあきらめた。

 ママの冷蔵庫と二つ並べていると、ママの方が新しいし、便利そう。
 
 それなのに、パソコン?
 5年ほどだと思うけど、パソコンの寿命は5年程?

 テレビもパソコンと並べているけど、テレビは(私の部屋)5月ごろに買ったと思うけど、まだ10回ぐらい見ただけ。

 それに引き換えパソコンは、暇さえあれば見ている。
 仕方が無いかな~?


 自分の部屋が2階になって4ヶ月が経つのに、まだまだ片付けが済んでいない。
 というか、レイアウトが下手!

 これもセンスの問題だから。
 上手にすれば、もっと快適に過ごせるはず?なのに。


 これDMって言うんでしたっけ?
 P1020619.jpg
 最近買った本と
 10月2日から始まる「パッチワークキルト作品展」。
 今年はもうとっくに諦めて、2~3点出品するだけ。

今朝早く山の家へ

 昨日夫が山の家にいる間に頼めば済んだものを・・・

 それに、持って帰ってくれる野菜が多すぎるだの何だのとケチを付けた手前、欲しい野菜を持って帰って、とも言えず。
 写真を少し撮ったのに、ブログ用に加工するのを忘れたまま、あとの祭り。

 オクラはあと少しになっていました。
 今度は大事に使わなくちゃ。

 ナスのところまでは行かなかった。
 青シソは摘んで帰りました。

 
 パッチワーク教室の係りの友人から電話。
 「先生が昨日退院された」と。

 第4週の火曜日には教室があるとのこと。(9月25日)


 パッチワークキルト作品展

 10月1日、準備、搬入。(この日にお手伝い係り)
 10月2日~6日。   (3日は当番)

 先生と100名余りの生徒の作品展なので、先生はどんな気持ちで入院されていたのだろう?
 でも案外早く退院されたので、ちょっとだけ安心。

 もしかして、一番忙しい時期だったので無理やりに退院なさったのかも?


 今日は、11月始めの土、日、に開催される私達の市の文化祭のパッチワーク教室の課題「ちょうちょ」
 24×24センチ。トップを作ったけど、何だか変?

 またやり直し~。 

 やっぱりね、いい加減なことばかりしているから。
 色の組み合わせが難しい。

 センスの良い方が羨ましい。

 まぁこちらの方は1ヶ月あるから。
 

久しぶりに写真付きです

 昨日13日は、実家の弟の車に乗せてもらい用事。

 今日は市場へ。
 ほんのわずかな野菜の代金をもらって来ました。
 (もうミョウガが終わったことにして)
 でも私の「小遣い」には十分。

 その時偶然まえを通りかかった「野菜の荷受」をしてくださる男性、立ち止まって「いつもお世話になります」 と。

 市場にとっては、何の役にも立たないぐらいなのに、ちゃんと誠実な応対をしてくださって、来年も頑張ろうか な?
 と言っても「ミョウガ」だけ。

 熱中症を心配するほどの気候だったので、出す人も少なかったのかも知れない。
 ほんとに市場用に大量の野菜を出荷される方は別の場所。

 私のようにごくわずかな野菜を持って行く人も有って、それはまた別のコーナー。

 自家用野菜を作られていて、我が家だけでは食べきれない野菜を持って行く人も有り。
 まぁ私もその部類だけど。


 帰りにやっと手芸センターへ。
 P1020609.jpg
 これだけ買っただけ。
 〆て4,329円也。

 いちばん買おうと思っていたのは、「そめ粉」。
 ハサミは床に落としたら切れ味が悪くなるというのに、よく落とすし。

 ビニールコーティングして有る布で、バッグを一度縫ってみたいと思うばかりで、なかなか手が出せません。
 我が家の大量の布を消費しなければ。
 
 買わなかっただけでも、私にとってはスゴイ進歩。
 と、自分で言うか?と笑われそうですが。


 夫が毎日のように、大量のナスやオクラを持って帰ってくれます。
 自分でも「毎日持って帰っても困るじゃろう」と思っているのか、「今日の土産」と笑いながら渡してくれま  す。

 「直売所」に持って行くのも億劫。
 食べるには多すぎ。
 知り合いやご近所さんにちょこっと。
 気を使っていただいたら心外だし。

 ママは色々と考えて使ってくれているので、夫も喜んでいるはず。
 私はと言えば、「焼きナス」か「ナスとお肉の油いため」、「サラダ風」か「漬物」ぐらい。

 何も文句を言わないで食べてくれているから良いようなものの。
 まぁ文句を言われたら、「ああ言えば、こう言う」のが分かっているので、あちらが一枚上手。


 我が家は、息子夫婦と完全同居。
 トイレはもともと二つ有った。
 キッチンもミニキッチンを作るには作ったけれど、ミニの方は使っていない。
 お風呂は1つ、水道代と下水道代に電気代、の事を思えば、お風呂が二つは無駄×無駄。

 8月10日から9月10日の電気代、ビックリ!
 水道代と下水道代にもビックリ!

 しかしママと話すのだけど、熱中症にでもなったら、電気代どころの騒ぎでは無い。
 今まで一家族づつだったのが、いきなり二家族になったのだから、仕方が無い数字。

 息子達が決めてくれた割合。
 電気代は半分づつ。
 水道、下水道量は自分達の方が人数が多いので、3:2.

 別に不満も無く、そのようにしている。

 同居して喧嘩別れをして出て行った、と言う話をよく聞くけど、ちゃんと最初から決めていれば、そのようなも め事もさけられるのではないか、と思っています。

ササゲが売れた~

 夫が丹精込めて作った「ササゲ」。
 あれほど手間ヒマのかかる「豆」だと思わなかったらしいが。

 私は選別するだけでも「イヤ!!」

 文句を言いながらも、エアコンの効いた部屋の中での仕事?

 ほんとに終わってホッとした。


 売るにしては数量が少なすぎるし、食べるには多すぎる。
 その上、すぐに虫が付く。(私達の地方では、この虫の事を、ガンドウ、言う)


 豆などを扱っている(卸)お店に電話したら、選別がちゃんとしてあれば「㌔が1,800円」だと。
 自慢じゃないが、私の選別はウルサイ。

 お隣の市の方まで持って行くほどの量にあらず。
 そのお店に持って行ったら、「㌔が1,800円で3,5キロ、6300円ですね」一発でOK.

 たいした金額では無いが、虫に食べられてしまう事を思えば、、これも有り。


 来年はご免被りたい!


 孫坊主と先日から「ぬり絵」を始めた。
 私には「絵心」があまり無い。


 孫とたわむれているだけでも、一日が終わってしまう今日このごろ。
 これも「しあわせ」と言うべきか?

友人と食事に~

 昨日はシソジュース作り。(今年は2回目、これで終わり)
 他には特別に何かした?という記憶も無く。
 

 今日、夫は毎年恒例の、山の家の地区の「草刈り」。(年2回)

 高齢者ばかりで、家も少なく、その上、体調がすぐれなくなって、参加者もわずか、らしい。


 私は、お昼前から友人の車に乗せてもらい、4人で「食事会」。

 「絣の作品」をお店に飾っておられて、少しは販売されているとか。

 車で30分。
 道順なんて覚えられない所。

 住宅街の中にあって、民家をお店にされていた。

 お店の名前も値段も何も知らずに、くっついて行っただけ。
 お店の名前は店主である奥様の名前。

 予約制で10人までかな?
 私達が4人で「ちょっと多い」と言われたけど、と。

 4人組、4人組、3人で11人。

 10畳間ぐらいにテーブル3つ。
 ちょっと狭く感じたけど。
 でも素敵にレイアウトされていた。


 最後の支払いで「1,200円」、安~い。
 前菜からコーヒーまで。

 お一人で全部されていた。
 その合間に、藍や絣でタペストリーから小物まで。


 私には真似が出来ない。50歳代かな?


 行き帰りの車の中、お店でも4人でオシャベリのしどうし。
 
 パッチワーク教室がお休みなので、久しぶりに会って、ストレスの解消。


 「今度は京都に行きた~い!連れてって」とお願いしておいた。

 「趣味が同じというのはいいね、違う人は誘ってもね?」って、意見も同じ。


 車に乗せてもらった方は、私よりも10歳若い。
 現役バリバリで働いておられる方。

 「Tさん、いつも有難う!」って言っても、このブログに変更してから(ママに作ってもらってから)、知り合 いの方には何方にも知らせていないけど。
 
 お気楽、お気楽。


 
 

何にも無いけど・・・

 やっぱり書いておかなくちゃ、忘れてしまいそうだから・・・
 
 6日は例によって、例のごとく、美容院、髪は短~~くなったけど?

 7日は、歯医者へ午前中。


  娘から電話あり。
  どの部署に移動しても忙しくて、なかなか母親の相手など出来ない「娘」。
  やっと夏休みが取れて、ダンナさんとの予定があったのに、ダンナさんに急用が出来た。

  「買い物に行くけど一緒に行く?」と。買い物に付いて行くなんて何年ぶり? 
  オシャレな娘に付いて歩くのも何だけど?

  まぁ一応、出かける格好にしていたので(歯医者へ行くから)「行く」と。


  滅多に買い物にも行かない私には、「眼の保養」。

  「見るだけでも勉強になるわ~」

  「時々でも出かけたらいいのに~」

  私は「靴」を買っただけ。


  8日は「ササゲの最終選別」 やっと終わった。

  「お父さん、来年はもうササゲを絶対に植えないで!!」


  日本で「ササゲ」を作っている人は少ないそう。
  すごく手間のかかる作物だから。
  売っているササゲはほとんどが「中国からの輸入品」

  滅多に「赤飯」も作らないし。


  9日(今日)
  シソも気になっているし、「秋ミョウガ」も気になっている。

  毎日家の中で、エアコンをかけた生活をしているのに、畑へ出ても大丈夫?(自分に問いただして)

  昨日よりも「風」がある感じ。

  「シソの葉」は鎌で切って。

  「秋ミョウガ」の中を覗いたら、生えていました~。
   色もピンク色。
  
  やっぱり採らなくちゃ!

  忙しい一日になりました。


  夕食後、選別して袋へ。


  それを見ていた「孫坊主のR君」

  「ばぁば、お手伝いしようか?」  「一人でするから大丈夫だよ」

  「ばぁば、一人で採ったの?お疲れ様」だって。

  「ばぁば、このミョウガどうするの?」
  「たくさん有ったから、市場だね」


  今日一日でお終い!(一回限り)
  熱中症にでもなったら、「元も子もない」。

  体力が落ちたものである。

  したい事が山ほどあるし。


  これにて、覚書は終わりです。 

孫と戯れて

 ブログのネタが無いので・・・

 昨日は午前中ママがお出かけなので、ベビーと二人。
 孫坊主はもちろん、幼稚園。
 毎朝幼稚園まで連れて行ってくださる、近くの小学生のお兄ちゃんお姉ちゃんにすっかり慣れて、ほんとに有り 難いことです。


 幼児の好きなテレビを見たり、「お昼ね?」したり。

 お気に入りの遊具で遊んだり。


 9月になったというのに、やりきれない程の暑さ。
 エアコンが無かったらオーバーで無く、どうにかなりそうです。

 ベビーを相手に ばぁばはシャベリ通し。
 ベビーも何か?お話しているような?

 食事もよく一緒にするので、二人でいても安心です。



 そうそう、今日の夕方家の周りの花々に水をやっていると、後ろから「こんにちは」の大きな声。

 振り向くと、高校生の女の子。
 「こんにちは~、おかえりなさい~」

 挨拶をしてくださる子供はさんは何としても気持ちがいい!
 全然知らないお嬢さんです。
 


 我が家の夫も常日頃から、「挨拶は大きな声で」と言っています。
 おかげで、パパもママも挨拶はよくしてくれます。


 あまりにも暑いので、買い物に行くのもおっくう。
 ちょこっと欲しい時は、ママが買い物に行く時に頼んでます。
 

 でも今朝はそうとばかりも言っておられず、外出。


 もぅ暑い!あつい!
 その上に、お店に行けば、ヤッチも無い物まで買って!
 

 暑いのも苦手!   寒いのも苦手!


 染めたい布が有るのに、私の近くのお店には、何処にも売ってない。

 全く持って田舎住まいは、不便なこと?ばかりでも無い?が。


 何を書いているのか?わからない。

 今、階下でパパの帰宅した音がした。


 毎朝6時半ごろの「テレビ体操」を孫坊主とママがしています。
 私は時々。

 今朝の孫坊主、まだ眠いのかな?と思っていたら、
 ソファーの上でサカトンボをして体操をしだしました。
 P1020599.jpg      P1020598.jpg
 「そんな格好をしていたら、写真を撮るよ」と言ったら、「ダメ」と言いながら、最後までこの格好で体操。

 ママは「動画」で撮っていました。

パソコンの前で

 何としても、記録しておく必要に駆られて、パソコンでレポート、14枚。
 そうでなくても、2~3本指があれば足りる、キーボードの操作なのに、ヤレヤレです。

 えっと時間をかけて作成したのに、あとから読み返すと「誤字脱字」。
 まぁ自分が気になっていた事を仕上げたので、良しとしよう。

 この文章を保存しておきたいけど?
 どうやったら良いのか分からない。

 4部だけコピーしてもう削除した。


 パッチワークの先生がちょっと身体を悪くされて入院されているので、教室があるかどうか?分からない。
 早く元気になってもらいたい。

 今日の午後、雷様に夕立。
 暑さがちょこっとマシになったけど。

 

孫坊主と

 この夏休みに孫坊主が頑張ったことと言えば、

 地区でのラジオ体操へママと二人で参加。
 それは2週間で終わり。

 今度はテレビ体操。
 こちらはママとばぁばも参加して3人で。


 今朝もだけど、「ばぁば、お掃除しようよ」

 「ばぁばは、ちょっとすることがあるんだけど、R君のお誘いならば一緒にしなくちゃね」

 ちょこっと一緒にお買い物も。


 4月から一緒に住みだしたけど、夏休み前までぐらいは、ちょっと距離を置いている感じだった。
 
 甘えんぼだし、4歳までは一人っ子のようだったし。

 下の弟君、やっと1歳だけど、人懐こい性格。

 まだまだ手のかかる乳幼児。
 すぐに抱っこして、T君可愛いね、かわいいね。
 そう言う私が気付いてあげなければダメでしたね。


 パッチワーク教室で同じ様に最近二人目のお孫さんが出来た方の話。

 「下の子供はほっといても育つから、上の子供をうんと可愛がってあげなさいね」とアドバイスを受けたのよ、と。

 ひとごとではない。
 勉強になりました。

 丁度夏休みになって、
 2階に上がって来ては、「ばぁば何してるの?」「お掃除しようよ」

 色々と話を聞かせてくれて。

 なんだか孫に教えられた気分。


 午後から、近所のお兄ちゃん(小4、小2)に連れられて、近くの溝川でメダカすくい。

 孫坊主が溝に落ちても大変。
 迷惑をかけてもダメだし。

 1時間程、お付き合い。

 「ばぁば、公園に鯉がいたね」
 「公園の鯉は絶対に取ってはダメよ、あれはちゃんと飼っておられるんだから、分かった?」

 「ウン、分かった」


 公園の池で飼っておられた大きな鯉、たくさんいたのに、誰かが盗ってしまったようです。


 長い夏休みもやっと終わって、みんなホッとしています。


 今夜はパパさんのバレーの練習に付いて行きました。
 帰ってからの感想が楽しみ。
 | ホーム |  page top