リンク


カレンダー

05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

どんぐり

Author:どんぐり
 私の部屋にはたくさんの布と古布の山。
 同居する孫との日々の出来事。
 時々、山の家に行って、夫に付いて農作業。
 自分達で作った野菜は安全、安心です。


最新記事


月別アーカイブ


水槽


検索フォーム

QRコード

QR
まとめ

山の家へ

 今朝は10時を過ぎてお出かけ~。
 風も少しあり快適、と思って出かけたのに。


 山の家の下あたりまで行ったところで、
 P1020417.jpg       P1020418.jpg
 この状態。
 私の車は軽四だから通れた。
 夫は軽トラなので、もちろん通ってすでに畑仕事をしているはず。

 こんな細い道でも一応、市道、です。


 ニンニクを取り入れてくれているのをくくった。
 「昨年の五分の一ぐらいか?」と言ったけど、もっと少ないと思う。

 「我が家だけでいいから、充分よ」。
 ニンニク醤油もニンニクの酢漬けもハチミツ漬けにしてもそうは食べられない。


 キュウリ、ナス、しし唐、ミニトマト、青しそなどを取り入れて。

 トマトはすでにカラスか何かに食べられている。
 夫が金銀のテープを張りめぐらしてくれた。

 こんなんで大丈夫かな?~。
 まぁキュウリにはこれで、今のところは効き目あり、とか。

 そうそう、ジャガイモも掘ってもらった。


 きょうは早く帰ろう!と。
 2時半ごろには山の家を出たのに、朝通った道にさしかかると、倒木を切り倒しているところ。
 完全に道路をふさいで。
 下から上がってくる車が向こう側で待っている。
 私のように下に降りる車も待っている。

 どう見ても、チョットやソットでは通れそうにない。

 山の家に引き返し、夫に話すと、「まぁ30分もすれば通れるじゃろう」と。

 それでも何やかやして、1時間は経った。
 今度は夫も帰ると言う事で、その現場まで行ったら、まだまだ通れる状態になってない。


 下からの車も1時間前のままで待っておられる。
 上からの車も同じ車が待っている。


 「皆さん我慢強い」と感心した。


 土木業者が処理しておられるのかと思っていたがよく見ると、「中国電力」の方がた。


 そういえば、電線に木がかかっている。

 じっと見ていたら、小さなノコギリ、チエンソーも小さな物。


 「あんな物じゃぁ、あの大きな木はなかなかじゃわ」私だって分かるのに。
 でも今度は10分ぐらいで、どうにか通してもらいました。


 下から上がってくるのに待っておられた方は、もっと上の方の辺鄙なところに日用品を配達される女性。
 私よりも年配のかた。
 辛抱強い方でした。


 つい先日、地区民で道の草刈りをし、そのすぐ後には、「老人会」の方がたの道掃除、草刈りがあったばかり。

 1週間に一度ぐらいで、道路をふさぐ倒木。
 私達のように街に出て行く家族が増え、わずかに残った家々は「老人」が多い。

 このように道路をふさいでいても、老人ばかりになって通報する人も無くなれば、自分の家に行くのも一苦労。


 朝方は涼しかったのに、汗だくになった一日でした。

 夕方には、弟が大きな写真を2枚持ってきてくれて。

 一枚は、孫坊主のR君とパパが希望の物。
 もう一枚は、私の希望の物。
 
 一枚はリビングに。
 もう一枚は玄関に飾ろう!

パッチ教室の宿題完了

 縫いかけてほって置いた柿渋のベスト、やっと形に。

 でも私には似合いません。
 P1020416.jpg



 肌と同系色。
 似合う人には似合うかも?

 でも一丁上がり!

 
 前回のパッチ教室の宿題2個目。

 「七宝キルト」でペットボトルケースを作りました。
  寸法関係無しで製図したら、500ミリのペットボトルには大き過ぎ。
  大きいペットボトルは入らない。
 P1020412.jpg


 まぁいつものことだから、別に悔いもせず。

 これぐらいのことをするのに、案外時間がかかりました。
 
 その上蒸し暑かった。


 「明日はパッチ教室」だと言ったら、「この間行ったばかりじゃぁないか?」と。

 「2週間前でした!」 その上2時間で5百円なり。
 こんなに安い授業料のところ、他にあるかしら?

身体中が痛い・・・

 昨日は、夫、私、息子と孫坊主、の車3台で山の家へ。


 夫は「ささげ」の間をミニテーラーで中耕し、畝たては鍬で。
 傾斜地なので、何でも下から上へ。
 シンドイこと、この上無し、ぐらい。
 私には出来ない。


 私の仕事は、この「ささげの苗」の間や畝間に「切りワラ」を敷くこと。

 P1020406.jpg     P1020411.jpg

 切ったワラを下の畑に運び、全体に振りまきました。
 10回位上へ下へと往復したはず。

 いつもは家の中で暮らしているのに、蒸し暑いのとシンドイのとで身体中が痛い。

 知り合いの方からいただいた「ササゲの種」。
 夫も植えない訳にはいかず。

 「お父さん、ササゲはそんなに使わないんで、必要な時に買った方がええよ」と。

 これがまた厄介な代物、ササゲの皮が白くなったら、その分だけ次々に採っていかねばならず。
 子供の頃、暑い日中にこのササゲのサヤを採りに行くのが、私の仕事だったような?
 暑い嫌な思い出。


 この隣にトマトを植えてくれていて、ミニトマトのアイコは赤くなって、ノドの乾きには一番。
 無農薬で育ててくれているので、安心して食べられます。

 
 息子は上の方で何か作っています。
 それで孫坊主のR君が付いて行ったわけです。

 P1020407.jpg


 先日?植えた、カボチャの苗、やはり畑に植えたらもう「カボチャ」になっています。
 同じ苗でも、我が家の大きなプランターの苗は大きくなっただけで、実はこれから。

 P1020391.jpg
 山の家の畑のかぼちゃ、ソフトボール大かな?

畳の縁のバッグ

 強いだけが取り得のような、古い畳の縁。
 やっぱりもう1つ作っておこう。

 野菜の取り入れ?又は雑草を抜いて入れる?

 軽いし、強いし、タダだし。(ちょこっとお礼はしたけど)

 P1020387.jpg


 もう後はどうなろうと。(邪魔だから捨てるかも)

 わたくし的には、新しい縁を買ってまでは、もういい。


 柿渋の作家さんから購入している「柿渋の端切れ」。
 パッチワークでロングベストを縫いかけています。

 あぁそれなのに、野暮用が出来て、仕上がりませんでした。


 今日の午後、ママが幼稚園へ孫坊主のお迎えに行くとき、ベビーのT君が、たまたま寝そうな雰囲気なので
 預かって抱っこしていました。

 じきにばぁばの腕の中でスヤスヤと。
 10キロ以上もあるけど、1時間半ほど抱っこしてました。

 安心しきって、抱かれている孫の顔を見ていると、可愛いものです。

 

畳の縁のバッグ

 前から「畳の縁のバッグ」が気になっていました。


 ちょっと前、知り合いの畳屋さんで畳の縁の要らなくなった物をもらって来ていました。
 キレイに洗って干して乾かしたまま。

 新品の畳の縁を買っても、良いのやら、私の手におえない物なのやら、そこで中古品。


 アイロンをかけると、低温でないとくっつく。
 引張りには、すごく丈夫だけど、高温には弱いと知りました。


 まぁそれでも、折角いただいたんだから、1つ位何か作っておかないと失礼かな?なんて。

 P1020384.jpg
 やっぱり私の手にはおえませんでした。

 数種類もらったけど、いかにも畳の縁です、って感じの物もあり。

 パンダやウサギやリス、なんて動物の柄もあったんですね。

 私の工業用のミシン、薄物縫い用、なので、分厚いところは苦手、前に進みません。
 持ち手はやはり、ずっと前に購入していた物。
 こんな持ち手を付けたら、バッグインバッグにはなりませんが、スーパーに買い物、には軽くて良さそう。

 まぁこれで、今日も縫物をするにはしてました、って言うところ。

 いつになったらお気に入りと言える物が縫えるやら?


 一日中雨でしたが、たいした事もなく、有り難いこと。

真面目にパッチをこなしています。

 まだ作りかけの物がありますが・・・・

 途中止めでほっている物が気になっていましたが、後は1~2個なので、ここらで終了、ということにして。

 「鯉」のタペストリーも「龍」とのセットだったのに、「龍」のタペストリーはもうすでに仕上げて、玄関に掛けているので、龍は切り離して、「鯉」だけにしました。


 これでタペストリーはお終い。ヤレヤレです。


 あっ、もう1つ有った。
 「スーちゃんのクッション」、途中までしかしていない。

 これはまた、気が向いたら、縫おう!(気がむいたら)

 P1020381.jpg
 デザイン家紋をくっつけました。

 タペストリーにしたら、アラがでてしまうので、テーブルセンター?

 どちらにしても、気にいらない代物、一丁あがり!


 

体力が余ってる~~

 皆様の地方では台風の被害はありませんでしたか?


 午前7時までに、「警報」が出たら、自宅待機。
 そして9時になっても「警報」が出たままだと、休園。
 「大雨警報」が出たまま。

 我が家の孫坊主のR君、「休園」となりました。

 夫も雨なので、自宅で休養。

 警報が出たと言っても、有り難いことに、大雨も降らず、風も吹かず。


 先日「大声大会」に出場した位、大きな声のR君。
 時々、ハシャイデ、大きな声をします。

 「無意味に大きな声はいらないよ」と言うと、

 「だって、体力が余ってるから」だと。
 ほんとに羨ましいかぎり、私もそう言ってみたい。


 ママが考えて、スクワットを30回だとか、階段を上下20回だとか、他にも色々と。
 R君言われたとおり、ちゃんとこなしていきます。
 だいぶん経って、「疲れた~」と。

 「それならもう大きな声は出ないなぁ」と言うと、
 「身体は疲れたけれど、声は疲れていないよ」だって。

 弟のT君のお守りをしてくれたり、彼なりに忙しい。


 私は真面目に、先日の教室で習った「つまみ花」のポシェット作り。
 「つまみ花」を16個作ったところで、あとは止め。

 P1020379.jpg
 倒すところが、ちゃんと倒れていない。

 私好みではないけれど、まぁ1個出来るには出来た、って言うところ。
 宿題、完了!
 と、言うことにして。

 台風の直撃を受けずに済んでヤレヤレです。

 どちらにも、大きな被害が出ませんように。

山の家へ~

 二人で別々に山の家へ。
 理由は、自分の車で行っていると自由に帰れるから。


 山の家の前に置いている鉢たちが草に覆われてきて、ミットモナイ。
 気になっているのに、畑仕事に追われて、草取りまで手が回らない、と言うので、手助けに。


 草を取ったり、切ったり、土を退かしたり。
 か~んたんな仕事なのに、結構疲れる。

 これぐらいの仕事で疲れたと言っては、日頃から畑仕事を一人でこなしている夫に申し訳ない、ので、
 私にしたら、黙って。

 そしたら、夫曰く、「案外重労働じゃけぇ、明日、あさっては身体中が痛ぅなるで~」じゃと。


 私が気になっていた「赤シソ、青シソ」の苗を植えました。
 と言っても、溝は夫が切ってくれたので、苗を抜いて来て植えるだけ。

 植え苗の間にはたっぷりの「切りワラ」を敷いて。
 「そがぁにぎょうさん、切りワラを敷いてもろうたら、絶対に枯れん」と。

 キュウリが我が家に食べる位は生りだしたし、ピーマンは3個、初収穫。

 まぁこれも、毎日まいにち、ジョウロで水遣りをしてくれたおかげ、なんですが。


 キャベツは無農薬で作ってくれていたのに、あっと言うまに虫に食われて。
 でも外側の皮をむいたら、中はキレイなので、野菜室へ。
 この種類はちょっと固い品種だったよう。


 夫に話していないけど、お墓掃除もちょこっと。


 夫はと言うと、一日中、植木の間(段々畑)の草刈り。


 気温は27度とそれほどではなかったのに、蒸し暑いこと。



 今日は、デジカメも携帯も忘れて。
 まぁいつもの事ながら、ぼや~っとしております。



 昨日は一日中パッチをしていたら、眼が疲れて、ブログの更新出来ませんでした。

 「父の日」で、息子達からたくさんプレゼントをもらっていました。
 孫坊主のR君が代表して、「じぃじ、いつも美味しいお野菜ありがとう」とのコメント付きで。 

小物・・・

 お店は終わったし、リフォームも済んだし。

 ベビーのT君を触ってばかりもいられない。

 パッチワーク教室へは、友人とオシャベリするために行っているようなもの。


 しかし、ブログめぐりをさせていただいて思うには、皆さんとっても真面目に取り組まれている。
 これは当然の事なんだけど。

 時間の余裕が出来たのに、何も出来ないでは、申し訳ない。

 パッチワークを習った事が無いと言われる方が素敵な作品を作っておられる。


 私も何か作らなくちゃ?


 今日は一日中、雨。

 P1020377.jpg
 一応デジカメ入れのつもりです。

 パッチを習っているとは言い難し。
 手作りです。(笑)


 つい最近の事。
 夫とオシャベリしていて、私が「千鳥掛けをしていて・・・・・」の話をしたら、
 「千鳥掛け言うたら、どう縫うか?」なんて事を言い出して、

 「お父さんに説明したって分からんわ」って言ったのに、
 「説明してくれたら分かるかも知れん」だなんて。

 「ここから針を出して、次にここへ刺して、こっちに針を出して・・・」
 と説明したら、
 「お前は教え方が下手じゃ、もうちょっと上手に説明せにゃぁ、他人には教えられん」じゃと。

 ほんとに、言われなくても、分かってる!

 他人に分かりやすく説明するなんて、私には無理!


 それにしても、いつか針を持つ日が来る(夫)?
 私が先に死んでも、「千鳥掛け」まではせんじゃろ? 
 

病院へ~

 70日に一度ぐらいで、予約診療。

 今日は患者さんが少ない気がした。
 また人気がなくなった?

 病院だから当然の事だけど、明るい感じの人は少ない。

 〇〇様はやめて欲しいんだけど。
「〇〇さま~、おらんなぁ」隣の看護士さんとの会話。

 様を付けて呼ぶぐらいなら、私達の方言で言うならば、「おってんないなぁ」なんだけど。


 先生に、先日足が痛くて立ち上がれなくなったことを話しました。
 「私の素人考えですが、冷えてなったんでしょうか?あくる日は痛みが取れて、今はどうもないのですが」
 って言ったら、「よく分かりませんが、そうかも分かりませんね」と。

 痛くなくなっているのに、色々と検査されてはたまらない。
 しかし先生は、カルテに色々と私がオシャベリしたことを書いておられた。

 特別に悪いことも無く、ヤレヤレでした。
 体重はあと1キロ落とせば、標準だって。

 でもお薬は3種類も飲んでます。


 ただ今午後9時半。
 先ほどから、雨がふっています。
 

梅雨の晴れ間をねらって・・・

 いつも夫が一人で野菜作りをしてくれています。

 先日玉ねぎを抜いた話を聞いたあくる日に雨。


 そして昨日、今日、と晴れ。

 今朝は「玉ねぎくくり」に行って来ました。
 帰りは自分の好きな時に帰ろう!と、自分の車で。

 全部で1,200個植えたそうだけど、もう100個ぐらいは食べたかな?
 それに、「何で大きくならんの?」と言うほど、小さい物も有り。

 一年が365日。
 まぁ食べない日もあるから、ざっと一日4個かな~。

 6人家族で4個はちょっと?と言う感じかな?
 玉ねぎは身体に良いというし。

 文句ばかり言わないで、感謝していただくことにしましょう。
 一日手伝っただけで、足も腰も痛い。

 それにしても、暑い、あつい!
 熱中症になりそうな位の日でした。

 山の家の気温、31度。暑いはず!

 くくった玉ねぎは納屋の屋根裏に吊るしてくれたけど、写真を撮る元気も残っていなかった。

花も暑い?

 毎朝、夕、花のみずやりを日課にしています。
 
 先日の雨でちょっとサボっていましたが、もうまたカラカラ天気。その上ほど良い風。

花も暑い?だろうと、がんばっています。
 タンクの水をやるのも結構メンドクサイ。

 水道の水を撒いていた頃は早く出来たのに。

 でも、水道料、下水道料・・・


 昨日のパッチワーク教室で、何の話からか?
 下水道の話になり、
 「我が家は下水道が引かれて、もう20年近い?忘れちゃったけど、市内では一番早く完備されたから」って話したら、

 我が家と2キロほど離れている(?)方が、「えぇ~っ、私達はいつ付くか未定なんですよ」と。

 ほんとに不公平なこと、我が家は有り難いけど。

 そういえば、娘の家も同じ市内なのに、「私達の生きている間には下水道なんて付かないから、大きな浄化槽をこしらえた」って、言ってた。
 費用も?百万円かかったって。その上、年に一度は浄化槽の消毒?って、業者が?十万円?
 (消毒の費用は不確かです)

 
 よく出る話だけど、「飲まず食わずでいたとしても、家の中じゅう、何かしらの費用がかかる」と。

 
 二人家族から六人家族になって、水道料、下水道料、電気代、当然のことながら、倍増以上。

 電気代は一年中で、今が一番かからない時期。
 オール電化にして良かったのやら、悪かったのか?

 一番は「原発」の問題だけど。

 我が家的には、台所のガス、お風呂の灯油がいらなくなって。

 電気が停電したら、なぁ~んにも出来なくなっちゃうけど?


 そんなことの心配もせずに、バッグを作っていました。

 どうでもいいようなバッグの出来上がり。
 P1020375.jpg
 刺子ミシンで、○○していたら、針が折れた~、この針高いのに~。

 その上、醤油袋やら、酒袋やらの古布のパッチなので、縫い針が通らない。
 まぁこの位の腕しかないんだから、あきらめよう。

 一応、手作り、です。
 


  

パッチワーク教室

 先日の「インターナショナルキルトウイーク大阪」

 今日先生が精算報告書をくださいました。

 なんと、大阪の南港まで往復、もちろん高速道を通って。
 バス代、一人が3,000円也。
 入場前売り券が1,300円也。

 合わせて4,300円。
 嘘みたいなほんとの話。

 バス会社も近頃のあくどい会社とは違い、信頼して使わせていただいて
います。

 ちなみに、我が家から岡山まで電車で行って帰っても、3,000円近くかかるはず。

 今日は「七宝の製図」、つまみ花を習いました。


 我が家は孫でにぎやか。

 P1020326.jpgP1020334.jpgP1020340.jpgP1020338.jpg

 ソファーをよじ登り、しばらく外を見ていたかと思うと、今度はテレビ観戦です。


 また、食事時には、
P1020357.jpg     P1020371.jpg     P1020355.jpg
 
 弟の方はワヤクチャです。
 その点、孫坊主は「写真を撮るよ」って言ったら、顔を洗いに行って来ました。

 この後のあと片付け、ママが大変。








 

フキを刈りに~

 明日はパッチワーク教室。

 先日友人に「フキ」を食べてもらう約束をした。
 我が家に植えているフキ、キャラブキ用の「キブキ」、秋田フキ、みずフキ、愛知早生フキの4種類。

 フキノトウが大きいのは愛知早生。
 フキノトウがたくさん出るのは秋田フキ。

 固いのでキャラブキ用はキブキ。

 一番美味しいのは、みずフキ。(私の気持ちで)


 秋田フキは私達の地方では、他の種類と同じ位でそんなに大きくはなりません。
 (気候が関係するのでしょうか?)


 ミョウガと相性が良いのか?フキとミョウガが仲良く混ざって大きくなっています。
 雑草は言うまでも無く。


 夫は「草刈り」をすることばかり考えています。

 昨日の夕方帰宅して、「ミョウガの中の草刈りをした。フキもぎょうさん一緒に刈り倒したけど、モッタイナイ」と。
 「ぇぇ~っ、友人達にフキをあげる約束をしているのに」と。

 「心配せんでも、まだぎょうさん残っている、明日刈りに行けばええ」と。


 昨日の今日。
 「今日なら、昨日刈ったフキを拾えばええかな~?」
 「昨日は天気が良かったんで、もぅカラカラになっとる」


 今朝、まだ足が少し痛いけど、約束は守らなくちゃ。

 まぁほんとに売るほど有るんだから、フキを鎌で刈って来ました。

 「山椒の実」もたくさん生っているので、摘んで来ました。
 P1020323.jpg
 これは今朝摘んで茹でたもの。
 まだいっぱい有るけど、こんなことばかりしてられない。
 P1020321.jpg
 これは先日作った「サンショの実の佃煮」です。
 案外上手に出来ています。

 今日茹でている物は何度か水を変えたつもりで、味を付けていますが、イマイチな味。
 もう少し水をかえれば良かった。


 昨日アップしそこなった、藍の柿渋染めをしたチュニック。
 P1020317.jpg
 これは写真よりも実物の方が良い。

 と言うよりも、滅多に縫った物を写真に載せられないので、仕方なく載せました。

 

パソコンに取り込むことが出来ません。

 やっと、簡単な服が一枚縫えたのに、写真が取り込めません。

 藍染めのれんに刺子をほどこしてある生地。
 
 暖簾に使うつもりは無く、柿渋で染めて洋服に~、と。


 ただ柄がよくない。
 「松、竹、梅」。

 でも一応縫った。


 いつものごとく、1つが出来れば、ひとつがダメ。



 今朝方のこと、目覚めて起き上がろうとしたのに、足が痛くて力が入らない。
 腿あたりの筋肉が痛くて踏み立てない。
 「こむらがえり」では無い。

 一晩中、暑いので窓を開けて寝て、冷えたのが原因?
 今日は日曜日、お医者さんはお休み。

 冷えたのが原因ならば、暖かくすれば良いことなんだけど。

 でも少しは良くなった。


 足が痛くて動き回れないので、「ブログ訪問」をしていた。
 素敵なブログをた~くさん見つけた。

 その中でも、本に載るほどのお庭をつくられて、洋裁も教えておられる。
 「わぁ~、お邪魔したい!」

 しかし、残念ながら、「一人で奈良」まで、よぅ行かん。
 こんな時、趣味が同じ友人があればなぁ。
 連れて行ってもらえるのに。

 目的地が新幹線を降りて、すぐ、ならば、どこへでも出かけられるのに。

 車でも、福山市より遠くへは、よぅ行かん!怖い。
 それに、オートマ車には、よぅ乗らん!怖い!


 車を買い替えるにも、今時ミッション車は、少ないそうである。


 今日一日、年齢を考えずにはいられない、一日だった。

 「高齢者、ねぇ~?」、思いたくは無い!けど。

中国地方も梅雨入りしたもよう、だって。

 昨日までのカラカラ天気とはうって変わり、雨がシトシトと。

 お昼頃の天気予報だったか?私達の地方も梅雨入りしたもよう。


 お昼ごろになっても、畑の土は上部がちょこっと濡れた程度。
 
 でも午後には少しだけ多く降ったので、野菜達も喜んでいる?
 と言うか、私達人間のほうが、水遣りをしなくても良いので助かって、大喜び。


 
 P1020304.jpg
 今頃になって、ようやく全体のサツキたちが、咲きだしました。

 家の上の方にはもっと賑やかに咲いていますが、草も繁って、キレイという感じではありません。

 P1020309.jpg      P1020314.jpg
 京かのこと、右は、赤色のロウバイと言っていただいたんですが、正確には分かりません。


 雨が降るのに「山椒の実」を摘みました。
 と言うのも、お天気の良い日は暑くて、実を摘む作業なんてする気にもならないから。

 しかし少し時期が遅い、もう実が固くなりかけていて、「佃煮」にするには固い感じ。

 先日摘んでこしらえた時には、ちょっと柔らかすぎだったのに。


 まぁ魚を煮る時などに利用しよう。
 たくさん摘んだので、料理上手な友人におすそわけ。


 お天気が良すぎて、フキなど弱ってしまっている。
 売るほど有るのに、もったいない。
 友人に「食べてね」って約束しているのに、ちょっと品が悪すぎ、になってどうしよう?

 コマツナは大マツナになってしまって、固い感じ。
 ほうれん草はちょうどいい感じ。

 玉ねぎの収穫はまだなのが、残念。雨ばかり降ったらどうしよう?


 ただ今午後8時前、孫のR君が2階に上がって来て、「ばぁば、お風呂お先に」
 次に「ばぁば、何で服を縫っていないの?」と。
 「そうなぁ、疲れたからね」

 「そうそう、明日は幼稚園のバザーに行くからね」(フリーマーケット)
 「ウン」
 おしまい。

まるで夏のよう~。

 昨日何をしたか?忘れちゃったけど、暑かった~。

 今夕、山の家から帰宅した夫が言うには、気温32度、あったそうな。

 私は家でちょこっと、片付け、掃除。
 (掃除は毎日するものだけど)

 そうそう最近は、お風呂のお湯をポンプで汲み上げて窓外のタンクに入れて、花の水遣りに利用。

 このタンク、100リットル入り。
 タンクの下の口に、金具でコック付きや色々と付けてもらい、ジョーロに入れるようにしました。

 たくさんの残り湯を入れたら、使いきれずにお水(残り湯)が悪くなりそうで、100リットルにしました。

 案外費用がかかり、1万7千円ぐらいだったかな?


 二人家族から、いっきに6人家族になって、水道料が3倍近く。
 水道のメーターの検針員の方がビックリして、「最近何か変わったことがありましたか?」と。

 「水道のメーターの針が動いていないのに、使用量が多いのでお知らせしようと思って」とご親切に。

 「家族が二人から、息子達が帰って6人になりましたので」
 「ああそうですか、安心しました」と。


 でも聞いた私達もビックリ!でしたが。
 あとでママと二人で以前の2家族の水道量を調べたら、水道量は、2家族を足したらちゃんと合っていました。

 同じ「りょう」でも、料金の料の方は以前から、現在私達の住んでいる市は高いんです。

 話が長くなりましたが、それで水を捨てずに「花」の水遣りに使おうと。


 ところがいい事ばかりでは無く、ジョーロでの水遣りは結構時間がかかります。
 たまにはちょこっと、草も抜かなくては。

 
 山の家の畑や植木の中の大草に困っている夫にしたら、遊び事なのですが。
 そこで、「一日中家の中にいて、何をしょうる?」と言われるハメに。


 午後はそれでも、ちょこっと布を触っておりましたが。
 まだ気合いが入りません。

今日は眼医者へ~

 朝、予約無しで行ったら、2時間がかりになった。

 お薬が無くなったのに、待ち時間を考えると、なかなか病院の方へ足が向かなかった。
 でも眼が痛くなりだしたので。

 細かなキズが付いているとのこと。

 今度のときには、緑内障の検査も受けるそうだ。


 隣の部屋は「小児科」なのに、だ~れも見なかった。
 小児科こそ、いつ何時病気になるか分からないのだから、曜日の指定などせずにちゃんと対応してほしい。

 我が家の子供たちも、他の病院でお世話になっている。



 我が家の孫坊主のR君、元気げんき。
 
 日曜日の「大声大会」に出たほどだから。
 でも、一人で舞台に立って「大声」で「節電するぞ~」
 私よりもよほど、度胸が有る。
 これは頼もしい限り、このまま行けばの話しだけど。


 我が家は毎日がこの大きな声、ベビーも同じように真似をする。

 しかし、おとなしければ、それは又それで、心配だし。

 ご近所さんも「にぎやかで良いですね」と言ってくださる。
 間違っても「やかましい」とは言えないだろうから。


 その孫坊主を散歩に誘ってみた。
 夕食を食べたあと、午後7時前。

 玄関まで出たら、孫のJ君。
 めずらしく一人で帰っていて、我が家に寄ってくれました。
 連絡無しだったので、ご馳走なし。

 ちょこっと、食べて、帰って行きました。

 でも、嬉しかった!!お話出来たし。


 そのあと、R君と手をつないで、近くの公園までお散歩。
 つい最近、幼稚園から遠足で、この公園に来たそう。

 池にはたくさんの緋鯉や真鯉がいたのに、緋鯉をたくさん盗まれたらしくて。

 でも今夕は小さい緋鯉と銀色の鯉を見つけました。
 
 色々なお話が出来て、孫との散歩も良いものです。

 交通指導はバッチリとしてくれます。


 「明日もお散歩しようね」と約束したけれど、どうなることやら?
 

ホームセンターへ

 近頃はガーデニングが盛んで、ホームセンターが大賑わい。

 とは言え、倒産したお店もあり。


 たまには違うお店を覗いてみれば、変わった花が置いてあるかも知れない、と。

 数年ぶりに、わざわざ海辺の町へ。

 感想、来なきゃ良かった~。
 草花の苗が枯れかけているんじゃないの~?と思える物あり。


 次に又、滅多に行かないお店へ。
 こちらも、品数がぐ~~んと減って、品定めのしようもない。


 まぁどちらのお店も、買わずに出るのも?で、数点は買ったけど。



 やっぱり、行き付けのお店が新鮮で、安心して買い物が出来る。
 近いし、品数も多いし。



 最近の嬉しい出来事。

 朝、夕、自宅前で花に水遣りなどしていると、高校生が挨拶をしてくれる。
 男子生徒も女生徒も。


 朝は、「おはようございます」
 夕は、「こんにちは」、と。


 「おはようございます、行ってらっしゃい!」
 「こんにちは、お帰りなさい!」
 が、私の返事。

 とっても気持ちのいいものである。


 そうかと思えば、わざわざ私の顔をジロッと見て、そ知らぬ顔をして通りすぎる、おばさん、おじさん、もある。


 孫坊主のR君にも、ちゃんと挨拶をするようにと言うけれど、気分によってである。

 まぁまだ5歳にならない子供なので、仕方が無い、そのうちにちゃんと出来るだろう。
 

 今夕は、ベビーを抱いて自宅前を散歩していたら、孫の高校生J君が友達3人と帰って行った。

 薄暗くなりかけているのに。
 おばぁちゃん家がこんなに近くにあるのに。
 夕方7時と言えば、お腹もすいているだろうに。
 私は何もしないでも、夕飯をとっくに食べている。

段差・・・・・

 我が家の前は、市道です。

 交通量は少ないけど、それをいい事にスピードを出して通る車。


 宅地が約1メートルほど高いので、段差がついています。(石段)


 幼稚園生の孫坊主のR君。

 「飛び出したら、車に轢かれて死んじゃうよ」
 毎日、口やかましく注意をしています。

 本人も気をつけていますが、万が一にも間違いが無いとは限りません。

 それに第一、まだまだ小さな子供のこと、保護責任があるのは当然の事。
 その上、相手の方にも大迷惑。


 出入り口を変更しました。

 土木作業です。

 昨日、息子、夫、私の3人で。

 孫が少し大きくなるまでの間だけだから、と。

 数年後には、夫は現状に復帰させる考え。(私はヤッチモナイ事、と思うけど)


 こんな時も、あんなときも、山の家の土地を運べることが出来ればなぁ~、と、
 それこそ、ヤッチモナイ、事を思っています。



 今日は市の「環境フェア」

 駅の側で開催されるので、ママ、ベビー、孫坊主、私の4人で、歩いて行って来ました。


 ホントは暑いし、気のりしなかったけど、

 主役は「孫坊主」のR君。

 環境に関する言葉を大声で言う、「大声大会」

 参加者は大人、高校生、4~5歳の子供。
 合わせて18名の参加。

 舞台に上がり、測定器で測ります。

 「ゴミを捨てない」とか、色々言ったけど、


 孫坊主は、
 「〇〇Rです、4歳です」
 「節電するぞ~!」と。
 110デシベル?だったかな?


 「どうしてその言葉にしたの?」って聞いたら、
 「トイレの電気がいつも点いているから」だと。

 夜中にトイレに行くのに、暗いと怖がるかも知れないから、点けているらしいけど。


 夕方6時からの、地元のテレビニュースで、18人中、2人だけ放映され、孫坊主も写してもらっていました。

 ババ馬鹿、です。
 写真は撮ったけど、どれもママとベビーが写っていてX。

縫物をちょこっとだけ

 洋裁を職業にしていた頃もあったのに・・・・


 まずミシンの前に座る気になりませんでした。

 裁断はもちろんのこと。



 でもボチボチ手作りを始めないと・・・

 昨年だったか?友人に頼まれて縫った、ホームワンピース。
 パターンは作らないでも有ることだし。


 古着物の大島、と言っても「村山大島」らしいけど。
 P1020290.jpg
 しなやかな生地ではないので、ピンタックをとったら、おなかの辺りがプワ~ッとふくらんで、妊婦服のよう。

 いつものことながら、自分が着るんだから、まぁいいっか~?

 部屋中に物を並べているので、ちゃんと写真を撮る位置を確保しないとミットモナイ。



 まぁ一応一枚は縫ったことだし・・・と。


 次に「チェーン、カバーステッチ、ミシン」を持っているだけでは意味がない。

 そうだ何か縫ってみよう!

 いちいち説明書を見ないと、チンプンカンプン。


 捨てるほどの「布」が有るのに、どうせ試し縫いだから、と、ニットの余り布で。

 出来ました、できました。
 P1020289.jpg
 ニットのタンクトップ。
 バイヤス地でパイピング布をとる余裕はまったく無し。

 どうせ試し縫いで、大きさが分かったらそれで良し、なんだからと。


 出来上がったのを着てみた所へ、孫坊主のR君。


 「ばぁば、お風呂をお先に」
 「その服を縫ったの?」


 「どうぞ、ごゆっくり。ちゃんと挨拶が出来て、おりこうさんだね」
 「服は今縫えたところ、なんだよ」

 「そうなんだ~」


 「おやすみなさい、あしたも早く起きようね」



 ベビーのT君、ちっちゃいながら、指の力は相当あるらしい。

 2センチあれば、ちゃんとつかまえて。
 スックと立ち上がり、じきにスッテンコロリン!

 見ていて危ないこと、この上無し。 
 | ホーム |  page top