リンク


カレンダー

04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

どんぐり

Author:どんぐり
 私の部屋にはたくさんの布と古布の山。
 同居する孫との日々の出来事。
 時々、山の家に行って、夫に付いて農作業。
 自分達で作った野菜は安全、安心です。


最新記事


月別アーカイブ


水槽


検索フォーム

QRコード

QR
まとめ

1つの家に、主婦が二人・・・

 いつものように、昨日何をしたか定かでない。


 と、自分でも自覚しているのに、

 夫曰く、
 「この1つの家に主婦が二人もいて、毎日何をしょうるん?」

 「何をしょうる?と言われても、何かはしてるけど、改めて言うほどの事はしてないわ~」。


 午後、友人が自転車で切り花を届けてくださいました。

 「主人に毎日何をしょうる?って言われるんよ~」って言ったら、

 「何処の主人も同じじゃなぁ、家事のもろもろは目に見えんから」と。


 二人の意見は一致。
 「不足を言えばバチが当たる、真面目なんじゃし、取り立てて言うほどの事も無いし、べつに困ることも無いし」

 「でもなぁ~~?」


 どちらの旦那も、夜のうちに、明日の仕事の段取りをする。
 それ自体は結構なことで、とりたてて悪く言うことはない。

 仕事がはかどり、手際よく出来てよいことなんだけど?と。(自分一人でする分にはね)



 今夜は、孫坊主が「ばぁば、肩をたたいてあげる」とたたいてくれました。

 小さな可愛い手で、トントンと、それが案外よくきいて、気持ち良かった。
 その気持ちも嬉しくて、よけい気持ち良かった。

 
 明日はどんな一日になることやら?

山の家へ・・・・

 前にも書きましたが、「土」まで購入すると費用が大変。
 なので、山の家の畑の土に醗酵牛糞とかモミガラとか入れて自家製の「土作り」です。

 我が家の大きなプランターにその土を入れてくれているので、カボチャの種を蒔いていたら、
 夫曰く、「山の家の畑に植えているカボチャの苗より、我が家のプランターの苗の方が大きくてシッカリしている」と。


 「我が家には、そんなにたくさんイランから、山の家の畑に持って行って植えよう」と。

 苗の時は、プランターの中で大きいけど、その内じきに畑に植えた方が、よっぽっど早く大きくなるし。


 私のことだから、昨年食べたカボチャ、種類なんて覚えていない。
 生ってみて、美味しくないカボチャかも知れない。
 まぁいいか~? 今更どうにも出来ないし。

 P1020274.jpg
 あまり好きでは無い色あい。
 濃い紫色はまだ咲いていません。
 と言えど、夫が管理してくれているおかげで、消滅せずにいてくれます。

 P1020276.jpg     P1020281.jpg
 咲ききってしまわない方がキレイなんだけど。

 P1020279.jpg     P1020280.jpg
 今頃、6月近くなって、やっとツツジが咲く気になった模様。

 昨日山の家に行って感じたこと。

 とにかく夫はキレイ好き。
 周りにもうるさく言うけれど、自分がちゃんと片付けているので、反論の仕様が無い。

 現在、72歳だと思うけど?不言実行!ましてや有言実行!
 定年退職した10年ほど前の頃と比べると、体力も落ちて、前より草刈りをする回数は減ったけど。

 植木と雑草との共存も、緑が多くて、案外いいもの。
 本人は草刈りが気になって仕方が無いらしいけど。

 片付けが下手な私の言い訳は、
 「お父さん、草は命を取らんで~、命有ってのものだねじゃわ~」。
 疲れて病気になったら、なぁ~んにもならんし。

 と、いくら言っても、性格が変わるもので無し。
 私の性格も変わらないし。


 今日は、昨日久しぶりに鍬を使ったので、身体中が痛くて。
 1時間ぐらいの事なのに。

 昨日まぶいて、洗って帰った、コマツナ、20日大根、大根のまびき菜、夕方やっと漬物に。
 気温が高いので、美味しい漬物になるかどうか心配。

 昨日の山の家の気温、30度C.
 今日の我が家も同じように暑かった。

 今日一日、一人の職人さんが来られて。
 あと、もう少し、色々と、考える余地あり。(私にしか分からないことだけど)

今日は孫の運動会

 午前中は幼稚園と小学校の運動会。
 午後は地区民の運動会。

 子供の数が少なくなり、いつの頃からか?合同の運動会になっています。

 パパ、ママ、ベビー、夫、私、皆歩いて。

 P1020253_20120526200921.jpg
  P1020255_20120526201007.jpg  P1020251_20120526201118.jpg  P1020258_20120526201236.jpg  

 写真を同じ様に処理したはず?なのに、でっかくなったり、ちょん切れたり、まともな写真がありません。


 だからもう、アップは止めにして。

 お天気の心配をしていましたが、日焼けするほど暑かった~。

 幼稚園生は早くに終わるので、教室の前までママとお迎えに行きました。
 P1020272.jpg
 
 「うさぎ組」だったかな?
 何度聞いてもすぐに忘れる。

 帰りは、ママがベビーを抱っこして、このベビーカーに荷物をたくさん乗せたのを孫坊主が自宅まで押して帰りました。

 一番重たいのはママ、ベビーが10キロ以上あるから。
 一番荷物をたくさん運んでいるのは、「僕」。(バッグや袋類、ショルダーなど6個)

 ばぁばは何も持たず、手ぶら。

 交通ルールを守りながらの10分あまりでした。


 午後、と言っても夫は孫の出るプログラムが終わるとすぐに、山の家へ。

 パパと孫坊主は昼食後、山の家へ。

 野菜の取り入れも手伝ってくれたので、孫坊主にとっては大変な一日だったと思います。

 R君、お疲れ様。
 おかげで、夕食にはい~っぱい野菜が食べられたね。




 

本日はベビー君と

 今朝は5時過ぎに起きた?と思うけど・・・・

 夫が山の家に行くのかと思いきや、雨が降るので一日中お休み、だとか。

 孫坊主の幼稚園、小学生の登校班で連れて行ってくださっていますが、ママも幼稚園まで付いて行ってます。

 色々な用事があって、ベビー君と二人。


 最近では良く慣れて、ばぁばと二人でもいっこうにお構いなし。
 たまにオッパイが欲しい時だけ、泣きます。

 明日は「運動会」、準備のお手伝いでママは午後も。


 夜、孫坊主がお風呂から出て、2階の私のところにやって来て、「ばぁばお先に。ばぁばはミシンをたくさん持ってるんだね、1,2,3,4・・・、7つも持ってるんだね、どうしてそんなにたくさんいるの?」

 「どうして?って、昔はた~くさんお仕事をしていたから、だから持ってるんだよ」。

 「そうなんだ、ばぁばは自分の服を縫うから、お金がいらないんだね?」
 「服のお金はいらないけど、布や糸なんかは買うんだよ」


 いつも孫坊主の質問ぜめ、ええかげんな事を教えることも出来ないので、よ~く困ったことになります。
 これも、脳の活性化になってるかしら?

 
 昨日の「大阪キルトウイーク」

 「お昼のお弁当は『三木サービスエリア』で買って、バスの中で済ませた」とか、
 「帰りの時間は4時にした」とか、「足が痛ぅて困った」とか、

 友人と話した当たり障りの無い程度の話とか、そんなことだけを話していたら(夫に)、

 「パッチワーク展を見にいったんじゃぁないんか?」と。

 まぁそりゃぁそうだけど、説明したって分からないはず?
 「立派な作品がた~くさん展示してあったゎ」
 「真似もよぅせんけど」

 「でも楽しかったわ~~!!」

 
 今年は、友人のそれぞれにいろんな事が重なって、東京ドームのキルトウイークへ行けなかった。
 「やっぱり、東京ドームの方がええわ~」って言ったら、
 「来年行きゃぁええ、そしたらスカイツリーも見えるし」だと。


 来年はやっぱり、友人に東京ドームへ連れて行ってもらおう!(あくまでも遊びに)

今日は「大阪キルトウィーク2012」へ

 パッチワーク教室、先生の生徒さんが100名あまり。

 私達の教室は、病気などで今年は15名、その内今日の大阪へは10名が参加。

 全部で41名、観光バスを貸切。
 山陽道~大阪南港の「ATCホール」へ。

 我が家のすぐ側が7時05分。
 「ATCホール」着は10時半ごろ、だったかな?

 きょうが初日で、スゴイ人びと。


 いつものごとく、「写真撮影は禁止」。

 係りの女性に、「どこなら写真が写せるのですか?」って尋ねたら、↓ですと。

   P1020241.jpg
 この一枚を写しただけ。

 到着から2時間ほど見たら、足が痛くて困り、運動不足を痛感しました。


 教室の「研修旅行」的になっていますが、行きの3時間半は気の合う友人とシャベリどおし。

 帰りの3時間半は、疲れて寝ている人、シャベっている人。


 行きは「吉備サービスエリア」、「三木サービスエリア」がトイレ休憩。


 帰りも同じだけど、「帰りは何処に止まりましょうか?」との問いに「何処でもいいけど、お土産が買えるところにしてください」と。


 帰りの出発を4時にしたので、帰宅は午後7時半。


 最近、車の事故が多いので心配しましたが、無事に帰れてホッとしました。


 この度はあまり買い物もせず、お土産代の方がたくさん。

 無駄な買い物はしないようにと、よーく肝に銘じて!

マンデビラ

 「マンデビラ」と言うツル性の花苗を買いました。

 「ゴーヤ」をあと2本買い足して、と思ってホームセンターに行ったけど、
 ゴーヤが好きでもないのに、たくさん生ったらどうしようもない。

 朝顔を2本買っていたので、もう1本買い、大きなプランターも一つ。
 土は夫が山の家で調合?して、切りワラも。


 これで、大きなプランターが5個。

 花の名前も知らずに、キレイなお花だな~と思っていた、「マンデビラ」の黄色と赤色。
 
 マンデビラのプランターが一つ。
 ゴーヤのプランターが3つ。
 朝顔のプランターが一つ。

 これで、夫に言われていた仕事が完了!

 
 お昼頃、近所の知り合いの娘さんが通りかかり、「おばちゃんグリーンカーテンを作るん?」
 
 「そうなんよ、ゴーヤが好きでもないのに、たくさん生ったらどうしよう?言うてるんよ」

 「おばちゃん、ぎょうさん生ったら頂戴、お父さんが大好きなんよ」

 「生ったら持って行くね」


 ぎょうさん生ることばかり考えているけど、よ~くお世話もしないと、生らないかもね。

 それにしても、色々と植えたのはいいけれど、水やりも手間がかかる、気を付けなくっちゃね。


 明日は大阪へ~~!

ブログの名前は誰にも教えられない・・・

 今日はパッチ教室。

 滅多にない「宿題」があったけど、宿題ならば、ちゃんとしなくちゃ!

 前回、「たんぽぽ」の製図を習って、それが宿題。
 ノートにちゃんと「たんぽぽ」って書いていたのに。

 心の中は、「ひまわり」。
 朝教室で、「ひまわりの宿題はして来たよ~」って、言ったら、「宿題はタンポポよ」って。

 縫って行った物は恥かしくて写真に撮れません。

 折りも折、「金冠日食」が昨日のこと。

 「Mさん、この花はヒマワリと言うより、金冠日食、じゃが~」と。

 オレンジ色の花の真ん中に、赤系の色の布を持っていっていたため。


 「ヒマワリも間違いじゃけど、配色もダメじゃわ、なぁ」

 教室で合う色の布を買って、帰るまでには縫いかえました。


 そうしている間に、「Mさん、前はホームページだったのに、今度はブログに変えたって、ブログ名を教えて?」だって。

 「悪いけど、もぅ何方にも教えられない。何処の何方か?分からない方々と繋がっている方がよっぽど楽しいから」
 「変えた理由の一番は、一番知られたくない人に知られたから」
 「気持ちが分かる?」って言ったら、「分かる」と。

 「ゴメンナサイ、だけど」。


 まず一番悪いのは私自身。
 ホームページの折に、「日記欄」に我が家の出来事を何もかも書いたから。


 ホームページを止める時に、息子に「削除して」って、削除してもらいました。

 「折角何年も頑張ったんだから、止めるにしても、置いておいたら?」と息子も言ってくれたんだけど。削除。


 日にちを置かずに(ダブって)、ママ(息子のお嫁さん)にブログを立ち上げてもらいました。

 だから知っているのは、息子、ママだけのはず?
 (娘は忙しくしていて、どうせ読むことは無いから)と。

 夫が知っているか?どうか、怪しいところ。

 まぁ一番悔やまれるとしたら、縫った作品の数々を削除したこと。
 でも、同じ物は縫うとしても、絶対に縫えないから、まぁいいっか~?


 昨日は夫の運転で配達。


 今日の夕方は夫と、孫坊主の3人でギャラリーへ。
 横断歩道を渡るときは、孫坊主の指示に従い、信号機の有るところは、青信号になったら、手を上げて、右左右を見て!
 この小さい頃から、交通指導をしていただいて、本当に有り難いことだと思っています。

 そして行った先は、「写真展」。

山の家へ

 節電対策?
 ゴーヤがおお流行り。

 昨年も「ゴーヤのすだれ」をしたけれど、うっとうしいだけだったような。


 それにも懲りずに、昨日ホームセンターへ。

 大きなプランターを4個、一つが1080円で4320円也。

 ゴーヤの苗1本が198円を6本で1188円。

 野菜ネット、10mx2mが1180円。

 ドイツ朝顔の苗 248円を2本で496円。

 鎌が1480円。

 他に698円。

 合計、9362円也。


 これでビックリ!してられない。

 「支柱」も手持ちがあり、「土」は山の家の物を。

 そばで買い物をされていた男性、「土」を(690円?)1万円ほど買われていた。


 そんなこんなで、本日は山の家へ、「土作り」に。
 と言っても、これは夫の仕事。

 大きなプランターを買って来ていたので、「土」も相当な量。
 堆肥を混ぜたり、おお仕事になった。


 私は玉ねぎを抜いたり、コマツナをまぶいたり。

 お客さんと約束の「フキ」をとったりと。
 P1020197.jpg
 明日配達しなくては。

 
 昼までには帰る予定がオーバー。

 昼食後は自宅の前に、ゴーヤーのプランター、4個置く準備を二人で。

 何事もキッチリしないといけない性格の夫と二人。

 プランターの間の寸法を測ったり、支柱を立てたり、くくったり。

 疲れた!


 P1020198.jpg  P1020211.jpg  P1020212.jpg  P1020216.jpg

 いろんな蝶が遊びに来てくれました。
 P1020208.jpg  P1020223.jpg  P1020224.jpg  P1020236.jpg

 そして、私らしい買い物。
 それも植えてから、不足に気が付いた、と言う、お粗末でした。
 プランター4個なのに、「ゴーヤの苗」を6本、とは?

 足りない2本を買いに行く気力がありません、また明日にでも買い足さなくては。
 (夫も何も言わず)




ブログの名前を変更しなくちゃ~?

 「手作り工房・・・・」だなんて。

 手作りをしなくなって、どのくらい経つだろう?
 
 気にはなりつつも、なかなかその気になれません。


 昨夜、お客さんから電話あり。

 「何か縫えた~?」
 
 「全然」

 「お家の方は?」

 「リフォームは済んでるんですが、なかなか縫物をする気になれなくて」

 「そりゃぁ疲れが出たんじゃない?」


 その内に電話することにして。

 とは言いつつも、ちょこっと縫いかけていたチュニック、仕上げました。
 P1020191.jpg
 生まれてこのかた、日焼け止めクリームなんて塗ったことが無いけど、
 今更悔いてもどうしようもない。

 でもまぁ、首隠しのつもり。
 衿付きを。(首が有ったっけ?)

 ボタンホールがやっぱり上手いこといきませんでしたが。
 まぁ自分の服なので、我慢すればいいことで。

 
 幼稚園生の孫坊主の「ポケットティッシュカバー」を縫ったので、自分用も一つ。
 P1020194.jpg
 

 そろそろエンジンをかけないと・・・・・

 

もうじき5歳の孫坊主のお料理

 毎日、今日は一日何をした?って思うほど、記憶に残るほどのことも無く、平々凡々と過ぎております。
 
 料理が上手でもなく、しかし、一日三食食べない日もありませんが。


 3日ほど前から、孫坊主が何を思ったのか、夕食の準備をしていると「お料理を作る」と作ってくれます。

 ママの献立にも、私の献立にも、おかげで一品増えるわけです。

 昨日は「広島風お好み焼き」を、こちらはママのお手伝いで、作って食べさせてくれました。
 ママのお手伝いだけなので、美味しかったです。

 今夜は「お汁」。
 これは自分一人で。

 簡易だしにお水を入れて、野菜を切って、自分のお気に入りの品だけを入れて。
 「味醂も入れる、お醤油も」
 (こっそり、足したり引いたりしてますが、見つかったら大変なので・・・)

 何でだか?と言うより、大事なパパには少し多めに。(じいじもいるんだけど)

 今日は、自分用の包丁でちょっとだけ切っちゃいました。
 でも少し泣いただけ。(泣くのは今だよ、って言ったけど大泣きもせず)

 P1020189.jpg
 左ききです。
 足元には低い台。

 P1020161.jpg   P1020162.jpg
 10ヶ月にあと少し、なのに、力が強い。
 お兄ちゃんもウカウカしてられない。
 P1020184.jpg
 お兄ちゃんに逃げられちゃいました。

 今日はママに代わって、幼稚園までお迎えに。
 交通指導を受けているので、私よりも上手です。

 お迎えも「私は必ず守ります、右、左、右」(指を3本立てて)をして、道路を渡らなければなりません。
 代わりに行くと言っても、習ってないとダメなんです。

 まぁ何にしても、にぎやかな毎日。
 友人が、「うちには孫が出来ないんで、病院へ通っている。精神的、肉体的そして費用。Mさんは幸せじゃなぁ」と。
 ほんとにそうだと、しみじみ感じています。

 

 

またタケノコ

 今年2回目のタケノコ。

 昨日は夫に付いて山の家へ。

 納屋の屋根をちょこっとするのかと思っていたら、全部取り替えるそう。
 その上、牛小屋のカベも周りをぐるりと貼ってもらうんだとか。

 職人さんが4人来て、足場を組んでいました。

 私は先日のタケノコで飽きていたのに、無くなったら又、来年まで食べられないと思うと、もう一度だけ茹でておこうと。

 もう「穂先タケノコ」を利用するのですが、こちらの方が柔らかい。

 ついでに、「フキ」も採って、茹でて、帰るまでに全部の皮剥き。


 我が家をリフォームした時の大工さん達は、毎日の仕事終わりに、必ずキレイに掃除をして帰られましたが、この度の「屋根やさん」、5時半に帰るのに、ホッ散らかしのまま。

 「職人さんによって大違いじゃなぁ」と言うと、「まぁ人間は悪く無い」と言ったけれど、
 それこそ、悪い職人にかかったら、大ごと。

 「費用はいくらかかるん?」て言ったら「なんぼでもええ」じゃと。

 まぁ私は一円も出さないんだから、ええけど。

 

 そうそう、先日の日曜日の「母の日」。

 娘たちからも息子たちからもお祝いをもらいました。(毎年のことだけど)

 特筆すべきは、夫から貰ったこと。(現金で)
 いつも「母の日のプレゼントは?」って言うと、「お前の母では無い」と言っていたくせに。


 昨日の山の家。
 P1020131.jpgP1020136_20120515221237.jpg P1020134_20120515221331.jpgP1020133.jpg
 レンゲツツジ(この辺りではカッコウ花)シャクナゲ、オオデマリ、コデマリです。

 白色の花が多くなってきました。
 他に白色のオダマキ。サツキ。

 我が家の丸~るく刈ったサツキやツツジたち。
 花芽が付いたころに2度目の剪定をするものだから、花付きが少ない。

 いつも2度目の剪定をしている時に、「また花が咲かないから」と文句を言うんだけど、聞かず。
 


ぼちぼち縫物でも?と思ったけれど・・・・・

 思うには思ったけれど、・・・・・・・

 パターンを作るのも何だかなぁ~?
 持っているパターンから何か縫おう。

 この布にこのパターン?
 裁断台の上に広げたり、たたんだり。

 結局何も出来ないまま。


 それよりも、高一のお兄ちゃん。(孫)
 自宅の前を友人と3人で自転車通学をしていると聞いてから、気になって。

 しかし、恥かしい年頃だと思うので、待ち伏せしてもどうか?と。
 その上通学路にもなっていて、大勢の高校生が通るし。

 ところが今朝、ベビーを抱いてリビングの出窓のところで外を見ていたら、

 「ばぁちゃん、おはよう!」と。
 お友達も挨拶してくれて。

 「おはよう!、行ってらっしゃい!」

 朝から元気をもらった!


 それから夕方、と言っても、夕食も済ませていた、午後7時すぎ。
 きょうは一日中寒かったので、窓も閉めカーテンも引いて、リビングのソファに座ってテレビを見ていたら、

 「ばぁちゃん、さようなら!」の声。

 ぇっ!今のお兄ちゃんの声?
 慌てて「さようなら!」って言い、急いで窓を開けて見ると、3人で帰っていました。


 高校も私達親子と同じ学校。
 しかし娘や息子は歩いて通える距離の近い所。

 同じ学校なのに、自転車で30分だとか。
 これを「可愛そう」と思ったらいけないのだけれど、お天気の悪い日も多いのに!

 今度は朝ベビーと外で待っていて、「おはよう!」って言おう!

 法事の時も、ベビーを抱っこしてお守りをしてくれたんだから。

 朝、夕、お兄ちゃんに会えて、こんな嬉しいことはない。

 
 自分がそんなに子供好きでもないと思っていたけれど、孫って可愛いものですね。

 4人それぞれに良いところを持っていて、どの子も可愛い!

 

 田舎も物騒・・・・

 昨日の屋根屋さんも最初はちょっと気持ち悪かったけど、夫が畑にいたのでまだマシ。

 いつも夫が一人で山の家に行って、農作業などやっていますが、男性でも物騒な気がすることが有ると言っています。

 オートバイで同年代の男性が来て、この辺に「空き家はないか」と、尋ねられたそう。

 私、「オートバイで下見に来て、何か盗る気じゃないん?」
 夫、「最初はオカシイと思ぅたけど、よくよく話を聞いていたら、まんざらウソを言うてるようでもなかった」と。

 田舎でのんびり暮らしたいと話されたとか。

 70歳だと言うことで、「この山の中へ、もっと若い時からならいざ知らず、怪しいわ~」

 「だいたい、いままで住んでいた家はどうするつもり?」

 「借家じゃけぇ、古い民家を買ぅて、野菜をつくりたいそうじゃ」

 まぁ他人のことだから、私がとやかく言うことでもないけれど、しかし怪しい!

 現在は市や自治体でも紹介しているらしいのに。

 山の家の近くでも、すぐにでも住める家は何軒もあるけれど、貸したり、売ったりなんて。

 不便だから、町に出て行くのに。


 おばぁさん、と言えど、物騒なこと。一人で山の家に行くのは気持ち悪い。

草取りです~~

 今朝4時15分頃から10分ほどかな?
 ものすごい閃光、雷、これはじきに止んで。

 今度はものすごい音!

 雨だけではない模様。
 窓を開けて見ると、まぁベランダいっぱいに「雹」、大きさは7~8ミリあったかな?
 (量ってはいないけど)

 そんなこんなで、階下に降りたのは7時半は過ぎていた。


 今日の草取りをどうしよう?
 でもやっぱり行くことに。
 9時半過ぎにお弁当を持って。

 夫はとっくに畑仕事。

 山の家から下に降りて。

 P1020122.jpg
 私の大事な、ミョウガ畑のある所。

 P1020120.jpg      P1020117.jpg
 一番邪魔な草、この大きい草、名前が出てきませんが(ムシオ?だったかな)、イノシシが大好きな草です。
 日に日に大きくなって、三分の一位は鍬で掘り取ったけど、シンドイ、や~めた、っと。
 残りは鎌で切り取りました。

 これで少しは、キレイなミョウガが出てくると思っています。

 もぅ疲れたし、この畑は済んだので、次の畑はもっと朝早くから始めよう!


 お昼にはちょっとばかり早いけど、と思いながら、老眼鏡にかけかえ、ある説明書を広げて読んでいるとお客さん。
 眼鏡が違うので、見えない。

 また、かけかえながら、「どちら様です?」と言ったのに、返事をしないで中へ入って来て、
 「お父さんは、おってんなぁ」と。

 失礼なと思いつつ、「どちら様です?」と再度聞いたら、「Sじゃけど」と。

 「ああ、屋根屋さん、畑にいますけど」と。

 また、営業にこられた。

 夫と同じ位の年代なのに、営業に来て「いつもお世話になります」ぐらいの事が言えないなんて!


 外で二人何事か話していたよう。

 今度は納屋の屋根をするらしい。
 「いくら住んでいなくても、ちゃんとしておいて、息子に渡す」だとか。

 私には「いらない物」だけど、「ご先祖様に申し訳ない」そうである。
 まぁ息子も父親の考えと同じようなので、まぁいいか?


 午後2時過ぎ、「もぅ帰るわ」

 「自分も今日は早ょぅ帰る」と言う夫を残して、お先に。

 ものの10分もしない内に、大雨、ものすごい雨。
 ワイパーをかけても、前がよく見えない。

 ライトを点灯して、怖かった~。


 自宅近くまで帰るとたいしたことは無い。

 幼稚園のお迎えも、雨に会わずにすんだようで、良かった。


 それにしても、何のバチが当たったのか?
 一日に2回も怖い目に会うとは。

 いま午後4時。
 「じきに帰る」と言っていた夫、まだ帰らず。
 ま~た、仕事をしているんでしょう。

何処にも行かないまま、ゴールデンウィークは終わって・・・

 我が家のリフォームも99パーセント終了。

 年中組の孫坊主も、幼稚園にも慣れた様子。
 ばぁばにも、だいぶ打ち解けてきたかな?

 その点、ベビーの方が慣れるのは早い。
 と言うか、まだあまり人見知りをしないので、助かる。


 昨日はママの運転で、孫二人と私の4人、福山まで買い物に。
 大きなお店の中を歩き回っただけでも疲れた。

 
 今日は午前中ベビーと二人だったけど、泣きもせず、子守としては楽。

 そろそろ縫物をしたい。
 がしかし、畑の草取りが、待っている。。

 
 明日は久しぶりの「パッチワーク教室」。
 第一目的、友人達に会える。
 オシャベリが待っている。

 今年度は新人さんが入られるかな?
 まいとし毎年、新人さんに追い越され、それでも何とも思わない性格なので、まったく進歩無し。
 参加することに意義がある、なんて?


 先日の「茹でタケノコ」、やっぱり処分に困った。

 夫が「ご近所に配ってこい」と言ったので、配ったけど、何処にでも配れるものでもなく。
 有り難迷惑になったら、こちらも困る。

 30本て書いたけど、60本は有った。

 それでもどうにか形が付いた。

 そしたら、夕方帰宅した夫、「またぎょうさん生えとる」と。
 「もぅいらん」
 「明日のパッチワーク教室に間に合うように茹でていたら、20人はおられるから、良かったんだけど」

 うまいこといかないもんです。


 何はともあれ、明日が楽しみ!

大きな行事がやっと終了

 気がかりだった事は、ほぼ終わり。
 
 これで少しはゆっくり出来るかな?


 昨日は、心配していたお天気も晴れ。
 予定通りの工程で法要も無事終了。

 
 娘家族4人もお参りしてくれて。
 お兄ちゃんの方は、今年から高校生。
 妹は中学生に。

 お兄ちゃんは「弓道部」に入部したそう。
 妹は「バレー部」に。

 5月に入ったのに、お兄ちゃんが我が家の前を自転車で通学しているのを知らなかった。

 母、娘がべったりの、母娘もあるけれど、私達母娘は全然。
 用事がなければ、電話もメールもしない。
 仲が悪いわけではありませんが。

 忙しく働いているのにと、少々気は使っています。
 娘も、元気でいてもらって安心しているとか。

 昨日、お兄ちゃんと話していて、「ばぁちゃんのご飯が食べたい」と。
 「いつでも寄ってね、だけど、お友達と一緒に通学してるんよね」と言ったら「そうです」と。

 「一人の時は寄ってね」と。

 中学校の3年間は「野球部」だったので、滅多に会うことも無かった。
 
 今度は妹の方と滅多に会えない、はず。

 大きくなってくれるのはいいけど、だんだん寂しくなっていく。


 だけど大丈夫!
 我が家に、にぎやかな男の子が二人。
 毎日、活を入れたり、入れられたり!

 とっても可愛い!!


 今日は二人で山の家へ。
 ホントは家でゆっくりしたかったけど、タケノコが気になって。

 30本以上有ったかな?
 いつもの場所で茹でました。

 P1020105.jpg      P1020106.jpg
 左の写真のすぐ下が、右の写真の場所です。
 我が家を改造した時に出た木を、タケノコを茹でるために山の家に運んでいました。

 私の性格丸分かり、長い木を切りもせず、燃やしています。

 それでもまだ、「この木は材質が良いのに、燃やすのはモッタイナイなぁ」と言ったら、
 夫、「燃やして早よぅ片付けにゃぁ、ミットモナイ」と。


 タケノコを茹でて、フキも少々茹で、ほとんど終わりのワラビもわずか茹で。
 サンショの芽も摘んで。茹でて。

 これからタケノコの処分?方法を検索です。

 刻んで冷凍、刻んで砂糖をまぶして冷凍、塩漬け、色々とあるけど、別の方法は無いかと。
 
 タケノコで冷凍庫がいっぱい、なんてイヤだから。


 
 

脳の活性化?

 我が家がやっと落ち着いてきたと思ったら、今度は「法要」の準備。
 万事怠り無く?と思っているのですが。


 10ヶ月目に入った弟君は、オッパイとオムツがちゃんとしていれば泣くことも無く、ご機嫌。

 年中組のお兄ちゃんは、今日初めての給食。
 元気におかわりが出来たそう。

 我が家にこんな、格言ではないけれど、なんて言うのかな?
 壁に掛けています。
 P1020101.jpg      P1020102.jpg
 日めくりのように、毎日変わります。

 昨夜のこと。

 これを見て、「ばぁば、これ読んで」
 「字が読めるんでしょ?」
 「漢字が読めない」

 「ふりがなをうってあるでしょ?」   「でも読んで」

 読むには読んだけど、その後が大変。

 「ばぁばやじぃじは、門に出会ったの?」から始まり、
 何で?どうしての?質問ぜめ。

 ちゃんと答えなくてはならないし、5歳にもならない子に説明するなんて?

 1時間以上質問ぜめにあったけど、お風呂に入ってくれて、ヤレヤレでした。

 今まで、ボヤ~ッと過ごして来たのに、何だかいっぺんに活を入れられた感じ。


 今日の3時頃。
 幼稚園から帰宅していた、お兄ちゃん。

 2階に上がって来て、「ばぁば、3時だよ」   「そう、3時になったね」

 「ばぁば、おやつを食べようよ」     「ありがとう、今降りるからね」

 自分で気を効かせて、呼んでくれて、チーズを出してくれ、二人でいただきました。
 
 「とっても美味しかったよ!」

 孫と一緒にいると、脳の活性化?になればいいんだけど。
 | ホーム |  page top