リンク


カレンダー

03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

Author:どんぐり
 私の部屋にはたくさんの布と古布の山。
 同居する孫との日々の出来事。
 時々、山の家に行って、夫に付いて農作業。
 自分達で作った野菜は安全、安心です。


最新記事


月別アーカイブ


水槽


検索フォーム

QRコード

QR
まとめ

今日からゴールデンウィークだそうだけど・・・

 自宅の片付けがまだ残っているのに、法要が近づいて、ゴールデンウィークだなんて。

 それでも、息子もお休みが続くので、何やかと仕事をしてくれて大助かり。

 夫は、まいにち毎日山の家の内外、畑や植木の世話、草刈りとこちらも大忙し。
 「草刈りまでせんでも」と言うのだけれど、キレイ好きなんだからどうしようもない。

 法要はお寺を使わせていただくので、そんなにまで?と思っても、「お墓参りに来ていただくんだから」と。

 近頃はお寺も変わったと言うか、前からかも知れないけれど、「お寺を使ってください」と住職から言ってくださって。
 お寺を使う方が多いんだそう。
 理由は、「最近では、昔のように続きの部屋を作っていないから」だとか。
 まぁどちらにしても、我が家を使わなくてもいいので、良いこと。

 
 昨日山の家に行った時の写真です。
 P1020095.jpg
 利休梅が知らぬ間に、開花してしまっています。
 ヒノキが邪魔なんだけど、切り倒したら片付けなくちゃならないので、出来ないまま。

 P1020099.jpg
 大好きな「シダレ桜」も開花を見ないまま、葉桜になって。
 何百年も生き続けてほしいです。

 
 P1020098.jpg
 八重桜が今満開。

 
 我が家だけのことかも知れませんが、早春には「黄色の花々」が多く、
 それが終わったら、今度は「ピンクの花々」

 ピンクの花と言えば、他にも、桃、かいどう、ハナミズキ、シャクナゲ、庭うめ、他。

 ツツジやサツキがもう少し先なので、墓参りの時には咲いてくれないのが残念。


 私の今日。
 午前中は告別式へ。
 午後は買い物、孫たちと遊んだり。
 9ヶ月になる孫の日々の変化には驚かされます。
 目が離せなくなってきました。

桜の花は見たけれど、花見をしないままに・・・・・

 今日はお昼前になって山の家へ。

 夫は朝から山の家。
 我が家から運んだ家具類は、家の中に入りきれず、母屋の軒下にも。

 5月3日には、昨年亡くなった義母の1周忌の法要。
 
 お墓参りがあるので、私の今日の仕事は「墓掃除」。キレイになった。


 やっとイノシシが食べ飽きて、人間様の口にも入るようになった「タケノコ」。
 サンショの芽を摘んで、シイタケも取って。

 
 夕方にはそれらを、友人宅へ。

 何年ぶりか?お店を始めたから、友人のもとには持って行かなくなっていた。
 今度は止めたので、又誰かに食べてもらわなければ、モッタイナイことになった。

 
 4,000円で2階に持って上がってもらった「ミシン」です。
 P1020085.jpg
 2階の方が眺めがいい。

 
 お気に入りのアイロン台。
 P1020082.jpg



 ミシンたち。
 P1020087.jpg



 90x150のカッティングボード。
 P1020094.jpg
 置く所が無いので、2枚重ねてます。


 P1020083.jpg
 趣味のパソコンとテレビ。

 以前よりも「格」があがったのか?下がったのか?
 
 階は上がって2階。
 部屋は下がって、12畳間。
 でも、前は幅が360センチ(2間)だったのに、今度は270センチ(1間半)。
 長さが720センチ(4間)。

 使い勝手は幅が広いほうが良かった。
 しかしながら、残念なことに、儲けることは無いのである。

 捨てても、あげても、焼いても、まだまだ「布」に翻弄されている。
 まぁ、買わなくなっただけでも、1歩前進、と考えることにしよう。
 (我が身に甘~~い、私である)。

 息子が、私のこの部屋の屋根裏に、昇降式の階段を付けて、屋根裏収納が出来るようにしてくれた。
 と言っても、工事をしてくださったのは大工さん。

 最初は「ヤッチモナイ」と思ったけど、広々として何でも持って上がることになった。
 たくさんの布、トルソー、ストーブ、他色々と。

 いつからこの布が消費できるやら?
 


 


やっとブログの更新をする気分になりました。

 何もたいそうな事をした訳でも無いのに、疲れました。

 身体の調子が悪い時以外は、自分でも良く動くほう(働く?)だと思っていますが、
 こんなに一時に大勢のかたがたに気を使うことになろうとは。

 お店のお客さんとは又違いましたね。

 あと少しで終わりです。

 4月10日から息子一家4人と同居。
 4月11日は、4歳の孫の入園式。

 良い職人さん達に恵まれて、良かったです。

 私達夫婦も、住みながらの大改造で大変でしたが、職人さん達も大変だったと思います。

 大工さんが何度も「ご不便をおかけします」と言ってくださって。
 「こちらこそご迷惑をおかけします」と。

 ホームクリーニングも、さすがプロ。時々お願いしたいぐらい。

 
 孫が4歳と9ヶ月の二人なのと、私達がまだ少しは体力もあるので、1階は息子達4人、2階が私達に。

 
 最初は隣に3階建てでも建てて、別所帯?
 2世帯住宅?

 試行錯誤のあと、「大改造」。

 友人達から色々な話を聞かされて、参考になったのは「お風呂が二つは結局無駄、一つは全然使っていない」。

 なら、「ダイニングキッチンも使い方でどうにでもなるんじゃない?」

 トイレはもともと二つ作っているし。しかし一つは違う場所に移動。

 お風呂は今はやり?の物。
 快適です。
 洗濯物も干せるし。



 アイランドキッチンにはならなかったけど。
 P1020077.jpg      P1020081.jpg
 壁際に水屋の低いのと高いのを並べ、流しとの間隔が120センチ以上あるので、ママと一緒に料理をしても、全然不自由しません。
 これは二人で使い勝手を考えて、決めたそうです。

 左の3連の白いドアは「パントリー」です。これはママの希望です。これを作ってくれたのは大正解です。
 その奥に私とママの冷蔵庫を並べています。

 私はこれを機に冷蔵庫の買い替えをしようと思ったんですが、壊れていないのにと、やめました。


 食事は私とママと別々に作って、一緒に食べています。

 よく、「食事が元で、年寄りと若いものが喧嘩して、出て行った」と言う話を聞きますが、
 喧嘩をしない間に、別々です。

 でも、まったく別の物を作るので、もらったりあげたり。
 先に食べたら、ベビーに食べさせてあげたり。

 最初は違和感があるかな?と思っていましたが、別にどうと言うこともありません。

 だいいち、自分達の都合でよく、上手い事いくものです。


 もう一つ、このキッチン、思いのほか、ナベなどがたくさん入ります。
 私の水屋二つ無くなったのですが、低い水屋を買い足しただけで、ママのとで、食器類はお互いに使っています。
 たくさんの食器類は、山の家やコンテナの中。
 冷蔵庫も別々だし、お米も別。
 今は少ないけど、野菜は夫が作って持って帰ってくれるし。

 そうそう、夫が反対していた「オール電化」。
 まだ結果は分かりませんが、わたくし的には大正解。

 と言うのも、炎が出ないので、衣服に燃え移る心配が無い。
 お鍋の側が焼け焦げる、ということは、なさそう?


 世間では、「孫は来て良し、いんで良し」と言いますが、それも正解、しかし、疲れるけど可愛い。
 毎日まいにち、大にぎやかな日々を送っています。

 
  

  
 | ホーム |  page top