FC2ブログ

リンク


カレンダー

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

どんぐり

Author:どんぐり
 夫と私(70代の夫婦)と息子夫婦、孫2人の6人家族です。
私達二人は夫の生家である山の家へ通い、家族の健康を願って無農薬に近い野菜作りをしています。
 孫は、11歳(小5)、7歳(小1)の男孫二人。
 ボケ防止のための、日記です。
 


最新記事


月別アーカイブ


水槽


検索フォーム

QRコード

QR
まとめ

1月 12日(土)   長らくお付き合いいただき有難うございました

 
 4日ぶりの更新となりました。

 実は「管理画面」に入れないので、更新出来ませんでした。
 今までにも何回も同じ状態になり、その都度ママ、息子に直して?もらっていたのです。

 しかしどちらも忙しく、仕事、息子達の習い事にと、その上に色んな役も引き受けており、どう見てもこれ以上私の趣味に付き合わせるのは可哀そうになりました。

 今まで大勢の方々にお付き合いいただいて、黙って止めてしまうのは失礼と思い、今朝息子に話したら、どうにか?やってくれました。


 皆さま本当に有難うございました。
 これから寒さも厳しくなってまいりますが、どうぞお元気でお過ごしくださいませ。

 皆様のご健康とご多幸をお祈りいたします。

    平成31年1月12日

1月 8日(火)   パッチワーク教室

 
 今年初めての教室。
 今朝は、2名欠席で13名。


 美味しく出来た「牡蠣の佃煮」と「蕪の千枚漬け」を持って。

 「牡蠣の佃煮」は2名にあげた。
 

 息子さんが京都から帰省されるのに、お土産をたくさん買って帰られて、いつも頂く。
 この度は「呼吸チョコ、京都祇園、抹茶」を。

 それから、「干し柿」を巻いた物、手作りもいただいた。
 パッチワーク教室なんだけど、試食会?

 私達のグループは7名。
 私がこしらえて行った「蕪の千枚漬け」を出したら、皆で味効きをして。
 先生が見ておられたかどうか?何もおっしゃらなかった。

 好評だったので、今度はもっとたくさん持って行って、皆にあげよう。

 美味しい物を頂き、小物作りも真面目にした。

 私は窓際の席、お日様が当って暖かだった。


 お昼に帰ると、夫も何処からか帰って来た。


 午後も一所懸命に「お花、葉」作り。
 指の先程の小さな物、一番苦手な部類。


 夕食後も、同じ事。

 写真を撮ろうかな?と思うと「メモリー残量が足りません」だって。

 午後10時を過ぎたので、休もうかな?

1月 7日(月)   今日もパッチを少し

 
 明日はパッチワーク教室なので、少しでも縫って行こうかな?と思ったんだけど。
 
 中々前に進めない。
 作りたい物は山ほどあるのに。

 ママのお母さんから頂いた「牡蠣」
 プックリとしてとっても美味しい。

 T君が「ミジンギリ器」を買ってもらって、「バァバ何か切るものがある?」
 「そうなぁ、カブの葉っぱがたくさん有るから、切ってみて」

 七草粥、では無いけれど、牡蠣雑炊をこしらえて、ミジンギリの蕪の葉を入れたら、美味しいのが出来た。

 「ジィジも喜ぶよ、美味しいってね」
 ほんとに美味しかった。

 毎年まいとし、大根もカブも山ほど出来るのに、全部はおろか半分も食べられない。
 それで、サルが手伝って食べる?と言う事もあるまいが。

 春になると、それらすべてが一斉に花盛り。
 とってもキレイ!

 しかし、次の作物を作るためにすべてを引き抜いて処分する。
 これらの作業に手間暇がかかる。


 ところが今年はどういう訳か?私が蕪料理をよくする。
 身体にも良い気がする。

 歳をとったために、肉食系から魚系?草食系?

 体重が減れば良いのだけれど。
 

 

1月 6日(日)   パッチを少々


 昨日の疲れが残っている。
 それに少し日焼けした、冬なのに。(昨日帽子も手袋も無しで4時間、日当たり)

 今日は、8日にパッチワーク教室なので、少しお花や葉っぱを縫った。

 蕪を持って帰っているので、「蕪の千枚漬け」を作ってみた。
 美味しければ、誰かにあげようと思って。

 孫達が3時半頃だったか?帰宅。

 夜は楽しみにしていた、「ポツンと一軒家」を見た。
 同じ年代の方々がお元気に活動なさっていた。(ちょっと上かな?)
 私も頑張らなくちゃ。

 その続きでテレビをかけたままで、日付が変わった。

1月 5日(土)   初仕事は大仕事

 
 今日は息子達4人、ママの実家へ年始に。

 ①  私達2人は、まず私の実家へ年始とお墓参り。(お墓は自宅から見える位置)
 ②  お寺へ年始と我が家の墓参り。

        CIMG1002.jpg     CIMG1000.jpg
        本堂とお寺。


 ③  それから昨日来てくださった従兄弟の家へ。
    昨日の間違い、県道から直線でテッペンまで200㍍。道路は曲がりくねって行くので1㌔以上。(標高が高い)

    CIMG1003.jpg    CIMG1004.jpg    CIMG1005.jpg
 お山のテッペンの従兄弟の家、トタンの囲いの中の大根、立派な大根を作っているのに、「サル」にかじられて、まともな物はわずか。

 向こうに見える家々は、県道を挟んだ向こうの山の上。
 標高は、向こうに見える家の方が高い。
 ロウバイの大木、花も見事。


 ④  いったん下界に降りて、10分程で我が山の家着。
  12月29日に行ってから、7日ぶり。

  まずシイタケのホダギ置き場へ行って見た、3か所。

  ものの見事と言うか?小指の先ほどのシイタケの芽?もマッタク有りませんでした。  

 夫「そりゃぁ1週間もホッタラカシじゃけぇ、サルも喜んで食べたんじゃろぅ」

 それから、家横の平坦な畑。
 大根が3本ヤラレテいた。


    CIMG1012.jpg    CIMG1010.jpg    CIMG1013.jpg
 キレイなのは「ナンテン」だけ、ロウバイも従兄弟の家の方が日当たりが良いのでキレイだった。



 下の大畑に降りて見た。

 どうせヤラレテいるだろうとは思っていたけど、ハクサイが20個ほど、かじられたり、抜かれたり。

 正確に測った事は無いけれど、20メートル角位にネットで囲っている。
 天井部分は、防鳥ネットで。


 何処から入られたのか?グルリと見回り。

 よくよく見ると、鉄パイプの支柱に泥の跡、縦ジクから横ジクに。

 私の力で引っ張っても外れない「パッカー」を外して、ネットを持ち上げて入っている。   
    

 それこそ「パッチワーク」のようにネットを繫いだ形になった。

 山の家に着いたのが11時ごろだったので、4時間かかった。

 でも万全と言う訳では無い。
 夫曰く「2~3日は大丈夫じゃろぅ」と。

 写真を撮る元気は残っていなかった。


 あとで気付いた事、年始回りをしたままの服装。泥だらけ、という事ではないけど。

 大畑のハクサイは200個ほどで、「1割ヤラレタだけじゃ」と。

 一所懸命サル対策をしたけれど、家横のハクサイだって、まだ50個位有る。
 ほっといた方が良かったかな?


 「飲まず食わず」という訳では無い。
 お寺でお茶を頂き、従兄弟の家では紅茶やお茶菓子も頂いたんだけど。


 最近こんな疲れた事は無い。

  
 午後4時過ぎに昼食。
 疲れたからと言って、すぐには休めない。
 夕食の準備をして置いた。


 今、午後7時を過ぎた。
 | ホーム |  » page top