fc2ブログ

リンク


カレンダー

06 | 2022/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

プロフィール

どんぐりの介護日記

Author:どんぐりの介護日記
 80代の夫、70代の私、息子達。
 ある日突然、寝たきりになった夫の介護日記です。
 


最新記事


月別アーカイブ


水槽


検索フォーム

QRコード

QR

 7月 1日(金)   訪問看護と泌尿器科

 お天気は晴れ。暑過ぎて倒れそう。
 しかし部屋はエアコンで25度の設定。

IMG_4164.jpg
 自宅横のプランターに植えている「甘柿」、プランターだから大きくなっても、たかが知れている。
 いつまで持つか?

 自宅裏の屋根の下部分、余りにも暑いので温度計を持って出て計ってみたら
 なんと、32℃。  別の意味でビックリした。

 テレビで猛暑の気温など、放送しているけれど、32℃位でビックリしていたら、笑われそう。

 今朝は訪問看護の日。  9時にNさんが来てくださった。(9時~10時)
 今日から7月なので、ケアマネさんが遅くなりましたと言いながら「7月の予定表」を。
 まぁ色々と相談したい事が山積み。
 ほんとに頼りになる存在。

 昼食時、夫が「歯が又取れた」と。
 見れば、前の門歯?1本取れた。
 門歯の1本は入れ歯になっているのに。

 だいたい夫は親似て歯が悪い。それにしても「今、取れる?」

 午後またケアマネさんにTELして、訪問歯科医さんを紹介してもらう事になった。
 そうでなくても困っているのに、その上でまた。

 私がギックリ腰みたいになっていなければ、まだしも。
 腰痛で気分まで悪い。


 午後3時半には、介護タクシーがお迎え。
 腎泌尿器科クリニックへ、車で3分ほど。
 先生が「バルーンカテーテル」を入れ替えてくださった。
 予約だけど、今日はちょっと待ったので、往復で1時間かかった。
 でもこれで、2週間は安心かな? 

 夕食は5時半過ぎ。
 それから、花達に水やり。
 朝夕水やりをしていても、この暑さで、煮えたようになったり、
 葉が焼けてしまったり、枯れたり。
   IMG_4166.jpg
 大きなプランターに植えている「アジサイのアナベル」 葉が焼けて、黒くなっている。
 

 6月30日(木)  デイサービスと整形外科へ

 お天気は晴れ、暑い。

   IMG_4054.jpg


 今朝も朝イチは、水やりと草取りを少し。
 しかしやはり腰痛が。
   
 夫は8時半過ぎにデイサービスに。
 その時に、スタッフさんが「腰痛は如何ですか?」と尋ねてくださった。
 「まだ治らないので、今日整形外科へ行こうと思ってます」
 と答えた。

 それで、夫が出かけてすぐにM整形外科へ。
 9時に行ったのに、大勢の患者さん。

 診察を受けて、またレントゲンを2枚。
 その後又、診察。 次に電気治療。
 終わったのが、12時半。 計3時間半かかった。

 でもこの度は、本気で治さないとギックリ腰で動けなくなりそう、と思った。
 その後、夫が帰る3時半頃まで寝ていた。

 外に出れば、熱中症に罹りそうだけど、ちゃんと病院に通い、
 治そうと本気で思っている。

 

 6月29日(水)  デイサービスへ

 お天気は晴れ、暑い!

   IMG_4161.jpg


 今朝は5時過ぎから苗ものを植えた。
 と言うよりも、プランターへの土作り。
 早く植えないと萎びかけている。

 土の袋が案外重たい、「ギクッ、何?」
 ぎっくり腰? 痛い。

 早く朝食の準備をして、夫を送り出さないと。
 「腰が痛い」と言っているのに「ズボンを履き替えさせてくれ」と。
 「スタッフさんに頼むから大丈夫、それにウンチも出ていないから」と。

 自分の事ばかり要求してくるので、ホットイテ、自分の部屋のベッドに。
 しばらく様子をウカガッテいると、何も言わなくなった。

 8時半にお迎え。
 「ぎっくり腰のような痛みで、ズボンが穿き替えさせられない事、
 ウンチが出ていないので、もしかしたら宜しくお願いします」と。

 出て行った後、ずっとベッドで休んでいたら、マシになった。
 そこで、やはり「ショートステイを利用させてもらおう」

 それから最近、過去の認知症の家族会の事を思い出そうとするのだけれど、
 あれほど一所懸命に頑張った会なのに、いつ頃から始めて、いつ終わりにした?

 一緒に頑張った仲間のOさんにTELした。
 丁度、病院へ行かれている所だったので、後で。

 何年振りだろうか?
 電話をくださってビックリ!
 お互いに、義母さんの認知症で困ったのに、
 Oさん、現在は旦那さんが認知症で困っておられる。

 物忘れがひどいのに、「食事もトイレもお風呂もすべて、自分一人で出来る」と。
 側で世話をしている奥さんも分からない、そうなのに。
 介護度は、「介護 1」だそう。。

 我が家は、認知症は無くて、何でも私よりもよく覚えていて、それは良いのだけれど、
 手足が不自由で、食事は利き手で無い方の左手に装具をハメて、
 フォークかスプーンで食べている。

 足も歩けないので、車椅子。道路より1メートルほど上がっているので
 車椅子の昇降機を付けてもらって、出入りしている。


 家族会は解散しても、何度もお会いしていたのに、ここ数年は会っていなかった。
 
 そこで、「私達が活動していたのは何年頃だった?
 私は断捨離とか言って、ほとんどの物を処分したのと、よく忘れるので、分からない」

 すると、「Mさんが会長をしたのは平成6年、私が会長をしたのが平成7年」だと。
 そう教えてもらっても、思い出せないけど。

 介護保険制度が始まって、私達が立ち上げた「家族会」は解散した、
 のは覚えているのだが。

 お互いに、お世話をする立場だけれど、お世話をしてもらうよりは良いかな?
 あの頃の事を思えば、色んな制度が充実して来て、雲泥の差。
 「ショートステイを上手に利用して、倒れないようにしましょうね」

 ケアマネさんも訪問看護師さんも「上手に利用して、倒れないようにしてくださいね」
 と、言ってくださいます。有り難い事です。

 夕方、植え残りの苗ものを植えたが、コンクリートが熱くて、煮えそう。

 腰は、「いつギックリ腰」になるか分からない状態。
 明日は又、デイサービスの日。
 
 

 6月28日(火)  訪問看護の日

 お天気は晴れ。

   IMG_4162.jpg
 草刈り機を買ってもらって、滅多に使わないまま、夫が病気になり、
 使い方がよく分からない。
 息子に聞いてもイマイチ。
 夫の側へ持って行けば、教えてくれるんだから、持って帰った。


 今朝はゴミ出しの日。6時前から出しに行った。
 帰宅後、駐車場の草取りを少し。
 「トマト苗の色々」を支柱にやっと括り付けた、大雑把に。

 朝食は7時過ぎになった。
 実は昨夜、と言うか?今朝がた?
 午前2時頃「お~い、お~い」行って見ると「冷たい物をくれ」 アイスを口に入れた。
 (私が寝たのは1時ごろ)
 次に3時ごろ「チョコをくれ」  「チョコは無くなった」
 「そんなら、アイスでもええ」  「また、アイス」
 次に3時半頃、「冷たい飲み物をくれ」 少しだけ飲ませた。

 エアコンはかけたまま、そんなに次々と冷たい物を飲んでは身体に悪い。
 扇風機も弱で回して、換気扇も回している。


 今朝の食事時、パン(イチゴジャム)に牛乳、味噌汁。

 「夕べ冷たい物をくれ、言うたのに、くれなんだ」
 「少しは飲んだでしょ、それにアイスも食べたし」

 この時に思った事、認知症の義母の介護の時、
 家族会で色んな悩みが出る中、
 患者さんが、「食事を食べさせてくれない」 「お金を盗られた」 「叩かれた」等。

 今朝の夫の言動を聞いて、介護者が倒れる程の介護をしていても、
 患者本人が望む事を一つでもしないと、
 夫の言動ではないけれど、「飲ましてくれん」 「食べさせてくれん」となるのか?

 実際に、介護をされている方が先に亡くなられたケースだって有る。
 
 我が家はおかげさまで、息子家族と同居で、娘は91歳になる義母さんと同居でお世話をしている。


 今朝9時に訪問看護師さんが来てくださった。
 早速、ピコスルファートに付いてお聞きした。
 「Mさん、ピコスルファートは2日ほど出ない時に飲んでくださいね、
 毎日飲まなくていいんですよ」と。

 すると分かった風な顔をしながら、小さな声で「そんな事があるか」だって。
 
 それに今日一日、便意は無かったのに、忘れたかのように知らん顔。
 でも、「エアコンをつけて、掃き出し窓を開けて、扇風機を付けて、換気扇を回せ」は変わらない。
 
 でも、「掃き出し窓は絶対に開けない」(縦180㎝×横90㎝)はイヤイヤながら受け入れた?

 しかし今度は、「それなら、リビングのガラス戸を開けて、そっちの空気を入れてくれ」と。
 こちらは、夫の部屋の空気が流れて行かないか?心配。

 近くのスーパーに行き、食材を買う。
 「アイス、ジュース、牛乳、チョコは絶対に買い忘れないように!」との事。
 そうそう、パンも。(味付けのパン)
 元気な時とは、好みが変わった。

 外に出るのも勇気が要る、ような、お天気。
 エアコンは25度の設定、夫の部屋も私の部屋も。

 昨日、購入して来た花苗たち、植え替える元気が無い。
   IMG_4152.jpg
   IMG_4150.jpg
   IMG_4148_202206281945390b2.jpg
   IMG_4147.jpg
   IMG_4146_20220628194536b03.jpg


 
 明日朝、買いに行けば又、熱中症になりそうなので、今夕買い物に。
 ホームセンターへ。
   IMG_4160.jpg
   IMG_4159.jpg
 夫に「買い物にホームセンターへ行って来ます」と言って出掛けたのに、
 帰宅すると「何処へ行っとったんなら、誰もおらんのに、何か有ったらどうする?」と。
 「R君が2階に居るから大丈夫よと言うと、

 「2階に居る者は当てにならん」と。
 よく言えますね~?

 夜中に掃き出し窓を全開にして、手足が動けなく、不自由な者が寝ているのに。
 その方が余程、怖い!のが分からない?

 「意識は正常で、何事も理解出来る、手足が不自由なだけの病気」と理解しているのに、
 そこがそもそも間違い?
 で無ければ、掃き出し窓を全開で、冷気が逃げてしまうのが分からない、
 それに、夜中に窓を全開にして、みんな寝ているのに、物騒だと、
 子供でも分かりそうな事が、理解出来ない?うそでしょ!

 「病人に腹を立てても仕方が無い」とは分かっていても、腹が立つ。
 私の方が理解できない。

 でもまずは、土類も肥料も鉢も苗物も買って来た。
 ひま暇に、ユリの花に替わる物を咲かせましょう。 と、思ってはいるけど。

6月27日(月) 夫はデイサービスへ、私はホームセンターへ

 お天気は晴れ、暑い! 気温は測らず。
   
   IMG_4128 - コピー


   
 夫をデイサービスへ送り出したのが、8時半過ぎ。
 その直後、昨日の友人夫婦が、山の家へ行きしなに、
 ジャンボピーマン、キュウリ、ナス、ネギの苗を持って来てくださった。

 10時過ぎに、暑いけどホームセンターへ行ってこよう。
 軽トラはクーラーが付いているけど、効き目が出ない内に到着、近い。

 車から降りる時に、「来なければ良かった」と思う位。暑い!
 折角来たのだから、花苗を見て回り、2~3購入。

 野菜などの土も2袋、鹿沼土、他。

 暑い!ほんとにどうしようか?ここで倒れたらミットモナイし。

 やっと家までたどり着いた、という感じ。
 苗類は煮えてはダメなので自宅に入れ、土類は軽トラに積んだまま。

 又倒れたら、「家族に迷惑がかかる」。
 冷凍庫から氷嚢みたいな物を出して、マクラの上に置いて寝た。
 エアコンもガンガンに効かせて、布団をかぶり。

 しばらくしたら、もう大丈夫かな?と思えるぐらいに回復した。
 ヤレヤレ。後期高齢者である。
 ミットモナイ事にならずに済んだ!


 昨日の朝食後、夫が「ピコスルファート」を飲ませてくれ、と言うので10滴飲ませた。
 もっと少なくても良いらしいけど、夫の場合、10滴飲まないと効き目が無い。
 それで、午後4時頃1回目のウンチ、午後7時頃2回目が出た。
 それで本人は安心して眠った。

 ところが今日の夕食後に又、「ピコスルファートを飲ませてくれ」と。
 昨日の今日、なのに、そんなに飲まなくてもいい。
 すると「助けてくれ」だって。

 夕食は完食、だったけど、朝食は少し食べただけ。
 あれは何日も出ない時に、飲ませる、と聞いている。

 明日は訪問看護の日、看護師さんに聞いてから、決める。
 だいたい「助けてくれ」とは、何事。
   IMG_4126 - コピー

 | ホーム |  » page top