FC2ブログ

リンク


カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

どんぐり

Author:どんぐり
 夫と私(70代の夫婦)と息子夫婦、孫2人の6人家族です。
私達二人は夫の生家である山の家へ通い、家族の健康を願って無農薬に近い野菜作りをしています。
 孫は、11歳(小6)、7歳(小2)の男孫二人。
 ボケ防止のための、日記です。
 


最新記事


月別アーカイブ


水槽


検索フォーム

QRコード

QR

10月18日(金)   休日

 天気予報が当たって、午後3時過ぎから雨。
 農作業に疲れて休み。

 夫は午前中、家周りの片づけをしてくれていた。

 テレビで『ハザードマップ』と、よく言っているので、我が市にも有るはず?と探して見たら有った。

 平成30年版なので、新しい。
 けど、大雑把な地図に見えるけど、これが正確?素人には分かり難い。
 裏が山だけど、擁壁の工事、2億円?と言ったと思う。
 それで少しは安心だけど、絶対という事はあり得ない。

 孫二人、なんでか?今日は2時ごろに帰宅。
 じきに「行って来ま~す!」と嬉しそうに出かけた。
 「行先は、書いているから」と。
 学校に行き、友人たちと遊ぶそう。雨が降って来たのに。

 5時過ぎには夕食も済ませた、あとはゆっくりと。

10月17日(木)   山の家へ

 今朝、夫は休みたいらしかったけど、行かなくちゃ。
 昨日の帰り、コメリに寄って『ブロッコリーの苗』を買っていた、8本。

 「明日は雨だと言うから、今日行って植えとかなくちゃ」 「それなら行こう」
 ほんとは昨日働き過ぎて身体中が痛かったんだけど。

 9時頃着、気温13℃。
 まずする事は、イノシシにヤラレテいないか?見回り。大丈夫。

      CIMG2973.jpg
 中心のネットの右はモロッコの後、左はネットの外側。入り口のネットを外して、
 『プチな』を入れ、肥料を蒔いてくれたので、耕した。

 左(外側)はコマツナのあと。
 土がホコホコ、よく肥えている。


 外側に一畝作り、ブロッコリーを8本植えた、もう1本有れば良かった。
       CIMG2974.jpg
 「もう1本買って来て植えようか?」と言ったら「ヤッチも無い」だって。

 それにしても、この害獣除けの器具、なんて名前だった?
 前を通る度に、ギャーギャーウルサイ、これで効果が有るのだろうけど。

 喧しいから、スイッチを消していたら夫、「?鳴らんようになった?」
 「ヤカマシイから消したのよ」
 「それが獣に効果が有るんじゃから」  「それはそうだけど」とスイッチを入れていたら、
 「喧しゅうてたまらん」と言って、自分も消した。

 イノシシにはどうだか?分からないけど、サルには効果有りだと思う。

 ニラは大量に有るけれど、だんだん細くなってくる。
 植え替えたら、又太くなる?そんな事は無いでしょうね。


      CIMG2977.jpg
 左は『綿の木』これも友人にもらった種を10粒撒いて大きくしたけれど、伸びすぎて倒れてしまう。
 サトイモの左側には、オクラだったけどもう終わったので処分した。     
  
     CIMG2980.jpg
  綿の実、2個分。
          

 隣りに『ミズナ』を蒔いてくれて、大きくなっていたのに、イノシシに踏みたたかれて、その内に全滅。
 ここも肥料を蒔いて、プチなで耕した、ホコホコ。
 此処は何を蒔こうかな?

 右のサトイモ、まだ掘るには早すぎる?



      CIMG2976.jpg
 菊が伸びて、倒れてしまっている。
 ツボミはたくさん付いているので、切り花の後は何処かに植え替えよう。
 家近くの平らな畑、野菜を植えなくちゃ、花にはモッタイナイ。

 向こうに見えるミョウガ、これも邪魔。
 これこそ植え替えれば良いけれど、掘り取る元気が無い。
 草枯らしで枯らすのが一番手っ取り早いのだけど、あとのために悪い、せっかく無農薬で頑張っているのに。 

 夫の今日は、蔵の下の柚子畑の草刈り。
 どこもかしこもイノシシに掘りうがされて、土地がデコボコ。
 その上に多草で、上から見ただけではその形状が見えず、とても危険。
 とっても疲れたそうである。
 昨日も草刈りだったし。 「歳には勝てない」のが一番の理由。

 10時には20℃。12時には22℃。
 仕事をしても、汗も出ない。
 だから無理をしているのか?疲れた!

 今日も昼食は1時。
 午後は休み。 

10月16日(水)   山の家へ、たくさんの仕事をした

 今朝も到着は8時半になった、気温10℃、今までで一番低い。
 まず一番に、一昨日蒔いたウネに水やりを。
       CIMG2960.jpg       CIMG2961.jpg



 次にKさんが通る道端に有る『ムクゲ』の枝(直径10㎝)をノコで伐って、片付けた。ついでに漆の木も伐って。
      CIMG2958.jpg



 上の竹も伐って、支柱にしようと思って。
      CIMG2972.jpg


 モロッコ(豆)が終わったので、全部片付けたのだけど、ネットやら防鳥網に絡まり付いてドウシヨウモナイないほど。
 網目に全部絡まり、外し取るのに難儀した、こんどモロッコを植える時はキューリネット位にしないと。
      CIMG2962.jpg
 上がネットの内側、下がネットの外側。
      CIMG2965.jpg

 でもこれで、内にも外にも、一畝づつ何か植えられる。

 ネットを使う時にはよく考えて使用しないと、あとでひどい目に遭う事がよ~く分かった。



 イチジクを3か所に植えているけど、どれもイマイチ。
 一番小さいのを倒してみた。
       CIMG2967.jpg
 黒色は、水のタンク、倒れそうだけど、倒れない。上側はアジサイ。     



 キウイが美味しかったので気をよくして、30個ほど採って、バナナを入れておいた。
 山の家へ置いて、美味しくなった頃に持って帰ろう。
      CIMG2959.jpg




 私が一人で色々とやっている間、夫は手前の柚子畑の草刈り、多草で難儀していた。
      CIMG2956.jpg


 そのトタンの外側、道端の垂直に近い崖をイノシシが駆け下りている。
      
CIMG2957.jpg
 分かりづらいけど、二股に分かれている栗の木の側。
      CIMG2955.jpg


 最後に屋敷の角っこに植えていたナデシコ(アチコチに植えていた)、立ち上がらないので抜いて捨てた。
 ここにも青シソがたくさん、木のようになっていたので、ついでに捨てて片付けた。
 今度は何を植えようか?
 鳥が運んだのか?キウイが生えている。
      CIMG2971.jpg


 仕事をし過ぎて、また倒れないかと自分で心配したほど。
 12時の気温22℃、12℃上がった、でも汗も出なかった。

 帰宅して昼食は1時半頃。  つ・か・れ・た!やすみ。      

10月15日(火)   寒くなって来た

 今日は昨日の農作業の疲れが出て休み。

 昨日、野菜の残渣の片付けをし、プチなで耕しただけ。
 しかし青シソは木のように太く固く、ノコギリで引いたほど。

 プチなで耕した土は踏み固まって、すごく固くなっていたので、力が要った。
 まぁそれ位の事で疲れて休むのだから、ほんとに情けない。

 
 1週間ほど前だったか?キウイを3個採って帰り、リンゴを1個入れて置き、今日みたら食べられる柔らかさになって美味しかった。

 これで捨てることなく、キウイを食べられる。


 私の部屋の東の窓(2階の部屋)の側の机が所定の位置。
 真向いの家の2階の屋根の上に、テレビのアンテナがバランスを崩して今にも落ちそう。

 夫も気付いていたが、この度の台風被害をみて、あんな物が落ちて来たら、我が家の車4台がダメになる。
 下が我が家の駐車場や物置。

 今時、屋根の上にテレビアンテナが有るのも珍しいと思うけど。
 連絡して取り外してもらった、ヤレヤレ。

 机に座っていると(イス)肌寒い、部屋の気温を見ると22℃。
 つい先日まで、エアコンをかけて26℃にしていたのに。
 

10月14日(月、体育の日)  コマツナの種まき

 今朝もコマツナの種を蒔こうと思い付いて行った。

 道中、稲刈りをされている田んぼがいくつも有った。
 有り難い事に、19号台風の被害も無く、よく乾いて真っ直ぐに立っていた。
 自分達が苦労をしていたのは、数十年前の事なのに、人ごととは思えない。


 8時半着、気温13℃。仕事をするには丁度良い。
 せっかく種まきからして苗を作り、大事に育てた『なでしこ』、何が悪かったのか?物にならなかった。
 全部抜いて捨て、菊も移植し、イチゴの苗の残りも移した。

 青シソが木のようになっていたけど、それらも捨てた。
 シソの実を佃煮にでもすれば?と思ったけどやめた。
      CIMG2935.jpg




      CIMG2934.jpg
 全部片付けたらスッキリした。
 『プチな』で何回も耕した。
 右に一筋コマツナ。
 左に二筋大根をばら撒いた。(写真を撮るのを忘れた)



      CIMG2938.jpg
 イチゴの隣には、『菜花』を蒔いた、小っちゃな種でたくさん、全部ばら撒いた。
 次々に間引いていったら、どうにかなるだろう?と思って。(蒔かぬ種は生えないから)

     

     CIMG2939.jpg
 夫が家の手前の草刈りをしたので、撮ったのだけど、何がなにやら分からない。
 この右のゲシ、垂直に近い角度なのに、イノシシが上下駆け回って、上の畑がだんだん小さくなっている。
 これはKさんの管理分。

 そのKさんに久しぶりに会った、脳梗塞でちょっとの間入院していたそう。
 「イノシシ猟は止めた」と。「それがいいわ」。
 あんな危ない事、いつか大怪我をしそうだった。

 イノシシが減るのは有難かったけど、それどころでは無い。奥さんもホットされてると思う。
 我が家の夫は「イノシシ猟は絶対に出来ん!」と。それが良い。

 | ホーム |  » page top