FC2ブログ

リンク


カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

どんぐり

Author:どんぐり
 夫と私(70代の夫婦)と息子夫婦、孫2人の6人家族です。
私達二人は夫の生家である山の家へ通い、家族の健康を願って無農薬に近い野菜作りをしています。
 孫は、11歳(小5)、7歳(小1)の男孫二人。
 ボケ防止のための、日記です。
 


最新記事


月別アーカイブ


水槽


検索フォーム

QRコード

QR
まとめ

9月21日   ミニトマトをどうしよう?

 モッタイナイからと、たくさん持って帰ったのは良いけれど。
 どうしよう?
 ネットで調べて、作っても、出来上がった物を食べなければどうしようもない。

 青と赤と分けて、キレイに洗った。
 そこで止めてそのまま。


 今夕はいつものメンバーで食事会。
 だから夫の夕食の準備をしていた。

 午後4時を過ぎて、夫が私の部屋に入って来た。
 「エッ何事?」

 「今夜の食事会の会費はいくら?」   「○○」。

 まぁいつもくれるんだから、ちゃんといただきました。



 私は飲まないから、友人を迎えに行き、送って行く事にした。

 亡くなったり、体調が悪くなったりで、今夕の出席者は6人になった。
 元気な間に楽しんでおこう。


 スーパーで大根を買った。1本213円。
  レジの女性が「安くなりましたよね、前は368円だったから」と。
 「農家なのにね」って言ったら「まだ小さいですからね」と。

 少々高くても、大根も必要。

 昨日テレビで、「キャベツに栄養が有って身体に良い」との話をしていた。
 それを一緒に見ていたT君、「だったら、トマトを食べなくてもいいね」と。
 トマトが苦手ならしい。
 キューリが苦手なのもT君だったかな?


 今夜はR君がバレー、ママに連れて行ってもらうのでT君も一緒。(ちょっと遠い会場だから)
 息子もバレー、これは違う場所。
 私もお出掛け。

 夫が、「カギを閉めて行ってくれ、それに下に降りるのは面倒だから、キーを持って行ってくれ」と。
   

9月20日(木)   お彼岸の入り

 7時前、娘の家へ、お彼岸の花を。
 これから倉敷へ出かけるところだと。

 旦那さんは岡山へ。

 二人に会えた。


 自宅に帰ると、夫が駐車場で私の帰りを待っていた。
 すぐに隣の夫の車に乗り換えて。

 実家へお彼岸のお花を。
 鍵は開いているのに、誰も居ない、物騒な事。



    CIMG0566.jpg    CIMG0567.jpg    CIMG0568.jpg

 山の家の地区の「お堂」
 地区の方が草刈りをしてくださっているので、彼岸花がキレイ。

 雨がシトシト、その内にたくさん降って来た。

 
 柚子とオクラとニラを採って。


    CIMG0557.jpg    CIMG0555.jpg    CIMG0558.jpg
 カブ、大根、ニラ。


 お墓用のお花を切って、帰りに我が家の墓地へ。
 ビシャコになった。



  お昼は自宅で。

 風邪をひいたみたいで、咳が出る。
 午後はずっと休んでいた。

 夕方は孫を塾?まで送る。
 (勉強ではない)
 

9月19日(水)   南へ~北へ~

      CIMG0560.jpg    CIMG0569.jpg


 夫は一人山の家へ出かけた。
 いつもなら、「一緒に行こう」と言うのに、言わずに出かけた。

 
 さて、朝イチ、どうしよう?
 何から始める?

 取りあえず、7時半発、市場へ。
 こんな時間に市場は大丈夫?

 もう終わった時間じゃない?
 と、色々と考えながら行って見た。

 すると本当に、片付けられていた。
 係りの方に「ミョウガを持って来たんですけど?」と言ってみた。
 すると「はい、どうぞ」  伝票をもらった。
 こんな時間に来ても大丈夫だったんだ。(ミョウガだから?)


 何処かで買い物をして帰ろうか?(スーパー)
 色々と考えながら、途中2カ所も工事で信号待ちの区間が有る。(峠越えの信号が少な~い道を走って行くから)


 結局何処へも寄らずに、9時前には帰宅。
 ママが「早かったんですね~」


 夫に、行くとも行かないとも言ってなかったけど、山の家に行こう。


 途中、田んぼで「ホオズキ」を採っていたら、知人の男性。
 「ミョウガを採ってる?」

 「ホオズキを採ってる、此処は夏ミョウガだし、今年は夏ミョウガは採らなかった」


 その方の話によると、Kさんの畑のミョウガ、2~3アールだと思うけど、数年間、草取りだけして、ホッタラカシ。
 ミョウガの茎が、立錐の余地も無く、と言うほど込んで生えていた。


 ところが、そんな細~い茎だらけの中に、立派なミョウガが生えているそう。
 農協の地場産品売り場に出荷しておられると。


 「あんな細い茎だらけでも、ミョウガが生えるの?」と言ったら、
 「そりゃぁ生えるよ、我が家も荒らしてミョウガの茎も短くても、キレイな秋ミョウガが生えてるよ」だって。


 私が、茎の間隔にこだわって、太い茎を作らなくちゃ、は何だったのか?
 ミョウガを収穫する時も、茎を間引きながら採っている。

 一番は、立地条件だと思うけど、土質にもよると思う。


 山の家へ着いて、「市場まで行って来て、それから此処へ来た」と言ったら、ビックリしていた。


 今日は、サルにヤラレルばかりして、ネットのグルグル巻きを取り外す事。
 グルグル巻いたのは、サルも困っただろうけど、私もミニトマトを採るのに苦労した。

    CIMG0490.jpg    CIMG0535.jpg    CIMG0550.jpg

    CIMG0551.jpg    CIMG0553.jpg
 まだ残りを片付けなくちゃ、なんだけど、もぅ熱中症になりはしないか?と途中だけど止めた。



 夫の今日の仕事。
    CIMG0542.jpg    CIMG0549.jpg
 ハクサイの苗を、トレーからポットに植え替えた。
 250個ほど有るらしいので、腰が痛くなったそうである。
 「そりゃぁ、サルのエサの分も作るからだわ」

 
 2時過ぎに帰宅、昼食。

 夕食は6時。

 よく働いて、そんなに大量の食事をした訳でも無いのに、体重は減らず。  



   


 

9月18日   別々に行った

 田んぼに寄ってから行くつもりで、別々に山の家へ。

 夫は別の仕事。
 私は、やっぱりミョウガの続き。

    CIMG0543.jpg    CIMG0544.jpg
 彼岸花が、彼岸を知らせてくれる、もっとキレイな場所を選べば良かった。
 シモツケも今頃咲く花だった?

 
 今朝は「イノシシ」。
 我が家の野菜は、トタンで囲っているだけで入って来ない。
 道路はそこかしこがヤラレテいる。

 トタンの外側の畑の中のあちこちを、まるでユンボで掘り返したよう。藏の下の畑、木小屋の下の畑。
 柚子の木の間。ミョウガ畑の中。
 

 掘り返されても良い事も有る。
 どちらにしても、大、多草の中。
 掘り返された箇所は、広~くて、明るい。

 イノシシも、雨で土が柔らかくなって、掘り易かったと思う。

 雨のおかげで、ミョウガが次々と生えて来る。
 もうヤメにしたいのだけど。

 
 又、勉強が待っている。
 頭に入り難いんだから、真面目にしないと付いていけない。

 夕方からR君はママとバレーに行っている。

 階下から、何か声がする?
 ェッ、T君は居るの?降りて行った。


 ママに電話を掛けようとしている、「バァバ、この番号でいいの?」(それで、私を呼んでいたのね)  
 「夕飯を食べたら、ママに電話してね、迎えに帰るから、ってママが言ったんだよ」


 テーブルの上に、アクセサリーの作りかけのような物がある。
 「これは何?」
 「これはね、敬老の日にプレゼントしようと思って作っていたんだよ、ちょっと間に合わなかったけど」
 「でも出来たらあげるね」


 「わぁ~嬉しいわ、でもお寿司ももらったのに、あのお寿司おいしかったわ、ジィジも喜んでいたよ」
 次に箱を持って来て、中身を見せてくれた。
 キレイな大、小の貝殻がいっぱい。
 「海へ行った時に、浜辺で拾った物や、買った物もあるんだよ」

 
 一人で居る時に、こうやって相手をしていると、色々と話してくれる。
 これも大事な事。
 自分の部屋で好きな事ばかりしていないで、孫の相手もしなくちゃ、と思うんだけど。

9月17日(月)   敬老の日

 夫は一人山の家へ。
 私は自宅で休養。
 もちろん朝食は一緒に済ませたけど。(朝食は下で二人一緒)



 今日は「ママの誕生日」、そして「敬老の日」。
 あさイチに「おめでとう」を。

 昨年ママが、「誕生日におめでとうを言ってもらったのは、お義母さんだけでした」と。
 もちろん日にちを過ぎてから、他の者も「おめでとう」は言ったんだろうけど。


 降りたら、T君がお風呂掃除をしていた。
 言っても小1の子供、後からキレイに仕上げたけど、「助かるわ~」


 お昼前に家族4人で色々とやっていた。(ママの誕生日の事は忘れても)
 R君も、T君も「バラ寿司」を作る手伝いをしていた。
 
 ママのお誕生日を忘れているとも思わずに、「誕生日用のお寿司」を作っているものと思っていた。

 
 昼食までに、夫は帰宅、昼食。


 午後私の部屋には、お兄ちゃんのR君、ジィジの部屋へはT君が「敬老の日おめでとう、これ食べてね」とお寿司を持って来てくれた。
 ママがキレイに飾り付けをして。
 美味しいのが出来ていました。(夕食にいただきました)

 ママが両方のお祝いに作ってくれたのでしょう。
 (息子に、ママが買い物に行っての留守に、Sちゃんの誕生日を覚えてる?って言っておいた)
 ただ孫坊主二人は、敬老の日のお祝いと思って作ってくれたらしい。


 夕方、一人で市場へ行って来た。


 何だか暑さがぶり返したような一日だった。


 たいした事もしないのに、疲れて早くに休んで、目覚めたら、日付が変わっていた。
 ブログをどうしよう?と思ったけど、覚え書きだから。
 
 
 | ホーム |  » page top